パワパーク@Wiki 第119回楽天


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

楽天ゴールデンイーグルス


総合訪問者数 -
今日の訪問者数 -
昨日の訪問者数 -












今回(第119回) 6位 51勝86敗3分 勝率.372 
前回(第118回) 5位 59勝73敗8分 勝率.446

チーム成績

打 率 防御率 得点率 本塁打 盗 塁 失 策
118回 .258( 6 3.69( 5 3.4( 5 133( 4 71( 5 30( 4
119回 .254( 6 4.15( 6 3.0( 6 116( 5 85( 5 28( 4
※()内の数字はリーグの順位です。

個人成績

タイトル獲得者
種類 選手名 記録
最優秀防御率 黄昏のハンター 2.33

野手ランキングTOP10入り選手
種類 選手名 記録 順位
本塁打数 仙桃 28本 9位
盗塁数 るぱん4世 26個 6位
mariru2 24個 10位

投手ランキングTOP10入り選手
種類 選手名 記録 順位
セーブ数 MEGADEATH 24個 5位
勝率 ビヨンド .750 4位
奪三振数 黄昏のハンター 147個 2位
ライス 102個 10位

オールスター出場選手
ポジション 選手名 回数
先発投手 黄昏のハンター 2回目

ベストナイン選出選手
ポジション 選手名 回数
選出者なし



☆選手紹介☆


野手能力紹介

打順 ポジ 選手名 作成者 年齢・年数 パワー ミート 走 力 肩 力 守備力 特殊能力
1 mariru2 名無し 23年目40歳 F D D E E
2 るぱん4世 abba 4年目25歳 E B B C C
3 仙桃 名無し 7年目28歳 B A E D C
4 俊俊闖江湖 俊俊 17年目38歳 C B E D C
5 DH 関羽 3年目24歳 B C E D D
6 慶志 3年目24歳 C B E D D
7 浅岡俊司 ルビ 4年目21歳 C B E D B
8 ジャス2 ジャスタウェイ 5年目26歳 E C C C B
9 九連 東花 4年目21歳 D D C B D

投手能力紹介

投順 選手名 作成者 年数・年齢 制球力 体 力 速 球 変化球 特殊能力
黄昏のハンター デズモンド 16年目37歳 C C 148km ナックル7
ライス 目印 7年目28歳 B B 149km カーブ7 フォーク6
夢幻 rita 5年目26歳 A C 144km フォーク6 スクリュー5
麒々麟々 阪神の14番 5年目26歳 B C 148km フォーク5 シュート3
ケンイチ マメてつ 3年目25歳 B C 141km カーブ6 スライダー2
ビヨンド ジェファーソン 6年目28歳 C D 157km カーブ4 チェンジアップ6
kaizarⅡ kaizarⅡ 1年目22歳 C F 147km スライダー4 フォーク5 スクリュー2
三井浩二 かつひこ 1年目22歳 C B 138km フォーク2 スクリュー3
MEGADEATH マーティ 8年目25歳 A E 153km スライダー5 ナックル7 スクリュー4

野手コメント

打順 ポジ 選手名 作成者 コメント
1 mariru2 名無し 名無しの為、省略。
2 るぱん4世 abba 今期は序盤1番バッターを任せられたが、シーズンを通して守りきれず、2番バッターになってしまった。しかし、盗塁26個(リーグ6位)や、安打数160本(チーム2位)など、徐々に成績が伸びてきているため、来期に期待したい。
3 仙桃 名無し 名無しの為、省略。
4 俊俊闖江湖 俊俊 攻守ともに能力が高いチームの中心選手。今季もショートを守り失策数が0と守備面ではチームを支えたが、昨季の本塁打王を獲得した彼にしては、本塁打24本(チーム2位)、打点59と物足りない成績になってしまった。しかし、来期こそは、本当の実力を見せてくれるだろう。
5 DH 関羽 昨季は2年目ながら本塁打チーム内2位という数字をマークし、今期も指名打者として打率.267(チーム3位)、本塁打16本(チーム3位)、打点60(チーム3位)とまずまずの成績を残した。しかし、いまだに三振数が多く、今後これを克服して主軸打者に成長してほしい。
6 慶志 昨季は、打率.215と自分の打撃が全くと言っていいほど出来なかったが、今期は、打率.260、打点62(チーム2位)とやっと本来の打撃が出来るようになってきた。早めに弱点の対左投手×を削除することで、さらに飛躍するだろう。
7 浅岡俊司 ルビ 巧打ながら名手である若手選手。課題であった三振数の多さも年々抑えることに成功し、今期は三振数62(チーム2位)という成績を残し、失策数も7と安定した守備も見せた。まだまだ若く、今後の更なる飛躍に期待したい選手である。
8 ジャス2 ジャスタウェイ パワーを除くと均衡の取れた見事な能力の持ち主。今期もセンターの守備を任され、失策数2と見事な成績を残したかと思えば、三振数106と散々な成績を残したりと安定した成績を残せなかった。しかし本塁打数10本とここにきて長打力がついてきて、来期は更なる飛躍が予想される。
9 九連 東花 俊足強肩の選手。若手ながら盗塁数を15個、失策数4個と見事な数字をマークした。しかし、安打数や打率がもう一伸び必要かと思われる成績だったが、存在感はしっかりと残った。ミートが低いため、今後はミートを上げることで、更なる飛躍につながっていくだろう。

投手コメント

タイプ 選手名 作成者 コメント
黄昏のハンター デズモンド チームを支える右のエース。今期は、防御率2.33で最優秀防御率に輝き、奪三振も147個でリーグ2位という成績を残した。もう16年目のベテランだが、まだまだ現役というところを見せてくれた。来期もチームの浮沈の鍵を握る重要な投手だ。
ライス 目印 7年目28歳の若手投手でバランスのとれた素晴らしい希望を秘めた選手。140km後半の速球と大きく曲がるカーブが武器だが、今期も16敗と未だその実力を発揮できていないのが残念だ。一方、無類のタフネスも大きな魅力で、チーム2位の投球回数をマークした。奪三振数も102個(リーグ10位)と決して少なくはないのは勿論の事、将来のエース候補の1人だ。
夢幻 rita 長期に渡って防御率が4,5点台をマークしてしまっていたが、昨季は防御率2点台、投球回数チーム内2位、中継ぎながら8勝を残し、暗雲が立ち込める投手陣を救う希望の光として飛躍できた。しかし、今期は防御率4.68とまた成績が逆戻りしてしまった。軟投派を代表する変化球と素晴らしい制球力を持っているため、なぜ活躍できないかわからない不思議な選手だ。
麒々麟々 阪神の14番 第115回の投手新人王に輝いた選手。昨季は中継ぎ陣として防御率3点台、6勝4敗2セーブと万遍無い活躍を見せ、今期はだまれ中継ぎ選手の移籍のため、先発を務めた。初の先発にもかかわらず防御率3.56、9勝と見事な成績を残し、今後の成長が楽しみな選手の一人だ。
ケンイチ マメてつ 1、2年目の課題は防御率を抑えることだったが、3年目の今期は若干抑えることに成功した。しかし、与四球の多さなどの課題を露呈してしまったのが非常に残念だ。軟投派らしいピッチングを披露し、大きな活躍を遂げるのはまだまだ時間が掛かりそうだ。それには球のノビの悪さの解消が重要であろう。来季に期待したい。
ビヨンド ジェファーソン 157kmの豪速球とチェンジアップ、カーブによる緩急が大きな武器である投手。昨季は先発を任されたが、課題のスタミナが露呈したのか、大きく負け越してしまった。そのため、今期は再び中継ぎを務め、防御率3.18(チーム2位)、9勝3敗1S、勝率.750(リーグ4位)と昨季を払拭する活躍を見せた。ウィークポイントは、しっかり取り除いたので左のエースとして活躍してほしい。
kaizarⅡ kaizarⅡ 昨季、最優秀救援投手に輝いたikazar選手の転生選手。今期は1年目ということもあって、防御率5.67、4勝8敗1Sと活躍できなった。しかし、147kmの速球と三種類の変化球を持っていて、今後の成長が期待される選手だ。
三井浩二 かつひこ 今期、新規入団した選手。今期は、防御率5.94、4勝8敗3Sとあまり活躍できなかったが、制球C、スタミナBと今後、先発を任されるだろう期待の選手。早めに対左投手×を削除することが、今後の飛躍につながっていくだろう。
MEGADEATH マーティ 注目の若手抑え投手。昨季は、多彩で大きく曲がる変化球と150km前半の速球が功を奏したのか、防御率2点台をマークしチームトップタイの9勝を残す大車輪の活躍を見せた。そのため、今期は抑えを任され、セーブ数24個(リーグ5位)という成績を残したが、防御率4.32、6敗と本来の力を出しきれなかった。来期こそは、本来の投球ができることを期待している。

野手成績

打順 ポジ 選手名 作成者 打 率 安打数 本塁打 打点数 三振数 犠打数 盗塁数 失策数
1 mariru2 名無し .240 144 4 29 98 0 24 1
2 るぱん4世 abba .255 160 8 38 79 0 26 3
3 仙桃 名無し .289 161 28 74 60 1 2 1
4 俊俊闖江湖 俊俊 .269 136 24 59 63 2 2 0
5 DH 関羽 .267 146 16 60 97 2 2 -
6 慶志 .260 140 11 62 77 1 2 3
7 浅岡俊司 ルビ .249 134 10 42 62 0 3 7
8 ジャス2 ジャスタウェイ .245 133 10 42 106 0 9 2
9 九連 東花 .214 118 5 22 106 0 15 4
赤はチーム内1位、青はチーム内2・3位です。

投手成績

投順 選手名 作成者 防御率 勝利数 敗戦数 セーブ 投球回 奪三振 四死球 被本塁
黄昏のハンター デズモンド 2.33 11 8 0 181回2/3 147 77 13
ライス 目印 4.24 4 16 0 165回2/3 102 63 24
夢幻 rita 4.68 6 15 0 142回1/3 66 51 31
麒々麟々 阪神の14番 3.56 9 10 0 151回2/3 88 62 22
ケンイチ マメてつ 4.46 3 12 0 155回1/3 60 70 23
ビヨンド ジェファーソン 3.18 9 3 1 158回1/3 99 59 13
kaizarⅡ kaizarⅡ 5.67 4 8 1 100回0/3 48 50 16
三井浩二 かつひこ 5.94 4 8 3 156回0/3 70 84 39
MEGADEATH マーティ 4.32 1 6 24 33回1/3 19 13 7
赤はチーム内1位、青はチーム内2・3位です。

今期入退団選手

選手名 作成者
三井浩二 かつひこ 新規入団
kaizarⅡ kaizarⅡ 新規入団(転生)
ikazar ikazar 引退
だまれ中継ぎ 明後日 中日へ移籍



☆総評☆

評価
攻撃力 走 力 守備力 先発力 中抑力 総合力
118回 C D C B A C
119回 B D C B B C

野手能力平均
パワー ミート 走 力 肩 力 守備力 特殊能力
118回 D C D D C 1.1個
119回 D C D D C 1.2個
(マイナス特殊能力は-1個として計算)

投手能力平均
制球力 体 力 速 球 総変化 特殊能力
118回 B D 148km 11.3 1.1個
119回 C C 147km 9.9 0.7個
(マイナス特殊能力は-1個として計算)


★野手総評★

今期は各々の能力が向上し、昨期以上の活躍が期待されたが、昨期を下回る結果となってしまった。特に打率と得点率がリーグワーストと課題を残す形となった。しかし、盗塁数は昨期よりも増加し、機動力を活かした攻撃もできるようになった。また、失策数も減少し、総合的に守備力は増加したといえるシーズンだった。

★投手総評★

今期はだまれ中継ぎ選手の移籍、ikazar選手の引退などで、戦力ダウンが懸念されたが、その予想通り防御率はリーグワーストとなってしまった。また、新たなエースとなった黄昏のハンター選手は好成績を残したが、先発陣にはまだまだ不安が残る。昨期活躍した中継ぎ陣も若返りのため不甲斐ない結果となってしまった。

★全体総評★

今年は野手、投手共に物足りない結果となってしまった。特に投手陣は一方的に打たれてしまうなど、まだまだ経験不足であった。ただ、野手のほうは守備、機動力のアップが見られ、それを来期も活かして投手陣の負担を軽減して欲しい。

★来シーズン以降に向けて★

野手は以前に比べたら能力は確実に上がってはいるが、結果が出せていない。来期は結果も残し、若い投手陣を支えていって欲しい。そして、投手陣は今期の反省を活かし、投打噛み合った試合を見せれるよう頑張って欲しい。



新戦力募集中!!

新人選手

以下のタイプの選手を募集しています!
  • 野手では"俊足巧打巧守の選手" 理想能力 F D C E C
  • 投手は現在募集していません

トレード・移籍選手

以下のタイプの選手を募集しています!
  • 野手では"俊足巧打巧守の12年目くらい"の選手 理想能力 E A A D A
  • 投手では"中継ぎor抑え型・軟投派の12年目くらい"の選手 理想能力 A E 145km 総変化20



改革前の楽天の派生ページ





今期未更新地帯:

最終更新者:マメてつ
最終更新日時: 2007年03月02日 13時29分22秒