パワパーク@Wiki 第119回ソフトバンク

福岡ソフトバンクホークス

         


通算: - 今日: - 昨日: -
   4000到達 ‐ 2006/07/01
   5000到達 ‐ 2006/07/30
   6000到達 ‐ 2006/08/31
   7000到達 ‐ 2006/10/28
   8000到達 ‐ 2006/11/21
   9000到達 ‐ 2007/01/02 

  みんなで協力してすばらしいページにしていきましょう!

チーム内外からの皆さんの意見・感想などお待ちしています

  祝!wiki復活!!

第94期~98期までの間、本ページが表示できない状態だったので、その間の編集はすべて省略されています

 ソフトバンク(あけペナ)BBS

・このページについて一言お願いします




チーム状況


◎ソフトバンクの歴史

 第64回まで12球団の中、唯一シリーズ制覇を成し遂げたことがなかったが、第64回でついにシリーズ制覇を果たす。その後は、主力選手が抜け再び低迷・・・
 以前は主力選手がごっそり首位チームに移籍するなどして、なかなか軸となる選手が育たない状況が続いていた。
 打線のほうは好打者が多く一発が少ないのが特徴的だったが、近年はパワー・ミートのバランスが取れてきており、強力な打線が自慢である。守備走塁は際立った点はないが、平均的である。
 第77回ロッテ黄金時代を繋ぎの打線と成長してきた投手陣で、ついに追い詰めるが、残り数試合のところでまさかの連敗。リーグ制覇を逃してしまい、それ以降、いいところまではいくが、あと一歩の詰めが足りず2位というパターンが長く続いていた。
 そして、第90回、日本ハムに僅差で競り勝ち、26シーズン振りの優勝を手にした。
 その後も好調を維持し、日本一こそ連覇は出来なかったが、6期連続でリーグ優勝し、ついに黄金期を迎えた。
 しかし110回前後よりWikiの更新が止まりがちになり、チーム成績も低迷。110回台後半はBクラスの常連になってしまった。
 Wikiの更新とあわせてまずはAクラス入りを目指したい。

◎昨期(第118回)総評

 KERORO(DX)や陳金鋒を中心に打点不足回復を図ることがかなりできてきた。全体的に少しずつではあるが、本塁打等、盗塁、守備が伸びてきている。来期にはさらなる躍進は必須だろう。しかし、まだまだ、守備は一部の選手が補っているにすぎず、外野はがら空き状態なのでカバーが大いに必要である。
 そして、めんたま、あり~♪6のような中堅投手の活躍が目立った。しかし、若手投手はまだまだ育成不足が見られるため、チーム全体の勝ち星としては負け星に劣る。抑えに井川慶を投入したのは大正解であった。いきなり、21セーブを記録するなど今後にも大きな期待が持てる。
 チームとして、全体的に世代交代がうまくできてきていると感じている。しかし、まだまだ、ベテラン勢に頼っているのが現状である。最有力ベテランのDarkSnowもあと2年しか時はない。刻々とせまる、投手陣の完全中堅体制。そして、やはり鍵なのは、野手の得点力と、中堅投手の勝ち数である。世代交代が終わったあとにも、上位を確実に狙っていきたい。

◎新戦力募集

 ただ今ソフトバンクでは以下のタイプの新戦力を募集しています。

野手 (2名) 投手 (0名)
外野手タイプ の選手を募集しています。
走力・肩・守備の3つの能力がある程度ある選手が理想です。
多少打撃力が低くてもかまいません。
現在募集しておりません
現在9人枠一杯です。




◎チームランク

最近十数シーズンのものを表示しています。
これ以前のものは、ソフトバンク過去のチームランクからご覧ください。

wiki 順位 攻撃 走力 守備 先発 中抑 総合
119
118 - - - - - -
117 - - - - - - - -
116 - - - - - - - -
115 -
114
113
112
111



◎第119回 タイトル獲得&ベスト10入り選手

☆野手

選手 作成者 成績
健太郎 名無し 安打数10位(177)
KERORO(DX) 軍曹 本塁打数4位(34)、打点7位(82)

☆投手

選手 作成者 成績
あり~♪6 まくび~る 防御率4位(2.58)、奪三振数5位(122)
安河内 安河内 セーブ数2位(26)

◎第119回 オールスター出場&ベストナイン受賞選手

☆オールスター出場選手

選手 ポジション 成績
陳金鋒 捕手(2回目) .230(0本2点)

☆ベストナイン受賞選手



◎第118回オフ 選手入退団状況

☆退団
今期退団者はいませんでした
☆入団
野/投 選手/作成者 年齢 状況 利き腕 PW/球速 MT/制球 走力/スタミナ 肩力/変化 守備/球種 特能
投手 めんたま氏
真めんたま
22歳 ルーキー 138km C
191
D
175

カーブ4
フォーク4
投手 くれないあきは
Mid
22歳 ルーキー 140km C
191
D
155

スクリュー4
SFF3
スローカーブ3
投手 シベリア
小笠原
22歳 ルーキー 148km C
181
B
206

スライダー2
カーブ2
フォーク2


◎過去のページ






選手紹介


ソフトバンク引退選手


◎選手説明


☆野手


ポジ 選手名 作成者 年齢 年数 批評
健太郎 名無し 27歳 10年目 ミートと走力がBランクでソフトバンクの一番打者最有力候補。
しかし今期開始前に名無しとなってしまった。
ナベッチⅢ ナベッチ 38歳 21年目 21年目の大ベテラン選手。
流石に基礎能力は衰えてきたが、豪華な特殊能力はソフトバンク1の充実度である。
陳金鋒 勇哥 32歳 11年目 高い打撃能力と威圧感の特殊能力を持つソフトバンクの三番打者。119回は打率.289と、チームトップの数字を残した。
健太郎選手と霊魔選手が抜ける来期は外野手転向が予想される。
KERORO(DX) 軍曹 35歳 14年目 チーム最高のパワーと豪力の特殊能力を持つソフトバンクの4番打者。
119回はリーグ4位となるシーズン34本塁打を放つ活躍だった。
wiki wiki 31歳 10年目 打撃・守備共に穴の無いバランス型選手。今期は5番に座り、チーム3位の16本塁打を放っている。
守備はBランクだが、難しい遊撃手を任されているためエラーが多くなっている。このまま遊撃手を続けるのなら守備職人が欲しい。
JUN YH 24歳 3年目 3年目の若手選手でありながら高い守備能力を持つ選手。
威圧感の特殊能力を持ち、打撃でも好成績を残している。
霊魔 皐月翡翠 30歳 9年目 Sランクのミートを持つ巧打型選手。
打撃だけではなく走力と肩も悪くなく、外野手として期待されていたが、残念ながら名無しとなってしまった。
功希 功希 23歳 2年目 満塁男の特殊能力を持つ若手選手。
守備系能力も上を狙える素質があるので、タイムリーエラーの克服が期待される。
ポップスター マリンガンSH 31歳 10年目 Bランクの守備能力を持つバランス型選手。
今期の打率は低迷したが、長打力も悪いわけではないので、中心打者に成長する可能性を秘めている。

☆投手

ポジ 選手名 作成者 年齢 年数 批評
あり~♪6 まくび~る 35歳 14年目 制球・スタミナ共にAランクの先発型投手。
今期は惜しくも二桁勝利とはならなかったが、先発陣トップとなる防御率2.58を残した。
シベリア 小笠原 22歳 1年目 1年目のルーキー選手でありながらBランクの高いスタミナを持つ選手。
やや四死球の多い投球だったが、見事二桁勝利を達成した。
EvilSnow Snow 26歳 5年目 鋭いSFFが武器の若手先発型選手。
制球やスタミナなど、基礎能力は充分。後は2つめの変化球や特殊能力の強化が期待される。
高橋聡 32歳 15年目 チーム最高のスタミナを持つ15年目のベテラン投手。
今期は四死球が多い傾向にあったが、200イニングを超える投球回を投げて二桁勝利を達成している。
踊る大観覧車 あらめいん 32歳 11年目 Sランクのコントロールを持つ選手。
速球やシュート・スライダーの変化球も威力充分。欲を言えば、落ちる球を覚える事ができれば更なる活躍が望めそうである。
めんたま氏 真めんたま 22歳 1年目 レベル4のカーブとフォークを持つ新入団選手。
スタミナも低いわけでは無いので、将来的には先発の可能性もある。
燒仔2 pily 24歳 3年目 チーム最速の150kmを投げるリリーフ型選手。
スタミナが低いためリリーフ中心に投げる事になるが、安定感の特殊能力を持つ為短いイニングで多くの試合を投げる事ができそうだ。
くれないあきは Mid 22歳 1年目 3種類の変化球を持つルーキー選手。
今期は前半戦に防御率が1点台に到達するなど好調だったが、後半失速。来期はシーズン通して3点台の防御率を目指したい。
安河内 21歳 4年目 陽炎選手の後釜。若いながらも変化球中心投球で確実に成績は上がってきている。MAX147kmの速球との相性は抜群である。今期も20セーブをし、チームを勝利へ導いている。来期も抑えとして、ソフトバンクの勝利を確実なものにしていきたい。


◎能力詳細&今期(119期)成績


☆野手

野手 打席 PW MT 走力 肩力 守備 特能 打率 本塁 打点 盗塁
健太郎 D
160
B
6
B
11
D
8
C
9
.279 11 40 20
ナベッチⅢ F
86
C
5
D
7
E
6
D
8
.284 5 40 16
陳金鋒 B
221
A
7
D
8
C
9
D
8
.289 26 75 11
KERORO(DX) A
249
B
6
E
6
D
8
C
10
.267 34 82 4
wiki C
191
B
6
C
10
B
11
B
11
.271 16 63 10
JUN E
147
D
4
C
10
B
11
B
11
.266 7 38 11
霊魔 E
153
S
8
C
10
C
10
D
8
.259 4 33 15
功希 F
127
C
5
D
8
D
7
D
8
.244 4 36 8
ポップスター C
196
C
5
C
10
C
9
B
12
.239 7 38 9


☆投手

投手 速球 制球 スタミナ 変化球 球種 特能 防率 勝ち 負け セーブ 奪三
あり~♪6 142km A
239
A
242

カーブ2
スライダー3
ナックル7
2.58 9 11 - 122
シベリア 148km C
181
B
206

カーブ2
スライダー2
フォーク2
3.88 10 15 - 88
EvilSnow 148km B
216
A
232

SFF7 4.46 9 14 - 93
高橋聡 141km C
181
A
249

Vスライダー7 3.23 10 14 - 99
踊る大観覧車 149km S
255
B
226

スライダー6
シュート5
4.06 7 13 - 87
めんたま氏 138km C
191
D
175

カーブ4
フォーク4
6.26 5 4 1 55
燒仔2 150 km C
186
E
132

Hスライダー5 4.64 5 2 3 53
くれないあきは 140km C
191
D
155

スローカーブ3
SFF3
スクリュー4
4.21 5 1 1 54
安河内 147km B
216
E
150

スライダー3
フォーク6
シュート4
2.91 2 1 26 18



119回チーム全体評価

☆野手

 チームの主砲、陳金鋒選手・KERORO(DX)選手の2人を中心とした戦い方になっている。
 言い換えれば2人に頼りきった打線であり、2人の前になんとか走者を出し、2人が出塁した時に後に続く選手が欲しい。
 今期限りで中堅世代のの健太郎選手・霊魔選手が退団するというのも、それに拍車をかけている。

☆投手

 15年目の高橋聡選手から1年目のシベリア選手まで、先発陣は年齢バランスが良い。そのシベリア選手も1年目で二桁勝利を達成するなど、先発陣の能力は上位チームに劣らないものを持っている。
 抑えの安河内選手はまだ4年目と若いが、リーグ2位の26セーブを挙げるなど実力は確かだ。

☆チーム

 今期は118回から順位を一つ上げた5位だった。
 4位の西武とは4ゲーム差だったが、その数字以上に力の差を感じた。
 西武は4点台の得点率など、上位に劣らない攻撃力を持っている。ソフトバンクも走攻守のうち一つでも上位に劣らないものを作っていきたい。

☆来期以降に向けて

 今期限りで退団する健太郎選手・霊魔選手は、打撃は勿論、守備の面でも大きな影響力を持っていた。
 今のソフトバンクでは外野手タイプ選手が少なく、来期以降の外野守備に不安を残す。


編集者:Mid
最終更新日: 2007年03月04日 01時35分59秒