パワパーク@Wiki 第122回楽天

楽天ゴールデンイーグルス


総合訪問者数 -
今日の訪問者数 -
昨日の訪問者数 -













今回(第122回) 4位 67勝69敗4分 勝率.492 
前回(第121回) 5位 58勝80敗2分 勝率.420

チーム成績

打 率 防御率 得点率 本塁打 盗 塁 失 策
121回 .279( 3 3.75( 4 3.7( 3 135( 4 132( 2 16( 1
122回 .274( 3 3.82( 5 3.5( 4 138( 2 146( 2 15( 2
※()内の数字はリーグの順位です。

個人成績

タイトル獲得者
種類 選手名 記録
首位打者 TSUYOSHI .347
最優秀防御率 夢幻 1.85
最多勝利 ライス 16勝
最優秀勝率 夢幻 1.000

野手ランキングTOP10入り選手
種類 選手名 記録 順位
打率 あぶら坂 .300 9位
安打 TSUYOSHI 200本 3位
るぱん4世 178本 5位
本塁 TSUYOSHI 24本 8位
あぶら坂 22本 10位
打点 あぶら坂 83打点 6位
TSUYOSHI 77打点 9位
盗塁 るぱん4世 36個 2位
TSUYOSHI 31個 4位
九連 21個 8位

投手ランキングTOP10入り選手
種類 選手名 記録 順位
勝利数 ケンイチ 13勝 7位
セーブ MEGADEATH 27セーブ 3位
夢幻 3セーブ 8位
勝 率 kaizarⅡ .777 3位
ライス .640 10位
奪三振 黄昏のハンター 128個 4位
ライス 121個 6位

オールスター出場選手
ポジション 選手名 回数
三塁手 TSUYOSHI 7回目
中継投手 夢幻 1回目

ベストナイン選出選手
ポジション 選手名 回数
三塁手 TSUYOSHI 7回目



☆選手紹介☆


野手能力紹介

打順 ポジ 選手名 作成者 年齢・年数 パワー ミート 走 力 肩 力 守備力 特殊能力
1 るぱん4世 abba 7年目28歳 E B A B B
2 M・ミーレル 蓮琥 13年目34歳 E B B A A
3 TSUYOSHI 西岡剛 11年目32歳 D A A D C
4 あぶら坂 あぶら 10年目31歳 A B D D C
5 浅岡俊司 ルビ 7年目24歳 C B E D A
6 慶志 6年目27歳 B A D D C
7 DH 関羽 6年目27歳 A C E D D
8 ジャス2 ジャスタウェイ 8年目29歳 D B C B B
9 九連 名無し 7年目24歳 D C B B C

投手能力紹介

投順 選手名 作成者 年数・年齢 制球力 体 力 速 球 変化球 特殊能力
ライス 目印 10年目31歳 B B 149km カーブ7 フォーク7
麒々麟々 阪神の14番 8年目29歳 B C 149km フォーク7 シュート4
朝倉健太 ブレイド 8年目29歳 A B 149km ナックル7
ケンイチ マメてつ 6年目28歳 B B 143km カーブ7 スライダー6
黄昏のハンター デズモンド 19年目40歳 D D 145km ナックル7
夢幻 rita 8年目29歳 A C 145km フォーク7 スクリュー6
ビヨンド ジェファーソン 9年目31歳 B C 158km カーブ5 チェンジアップ7
kaizarⅡ kaizarⅡ 4年目25歳 C E 150km スライダー7 フォーク5 スクリュー4
MEGADEATH マーティ 11年目28歳 A E 154km スライダー5 ナックル7 Hシンカー7

野手コメント

打順 ポジ 選手名 作成者 コメント
1 るぱん4世 abba 1番が定着した若手リードオフマン。今期は打率、盗塁数も安定し、成績としては申し分ない。しかし、失策が2つあるためせっかく定着してきたライトがやや心配である。リードオフマン、そして、安打製造機としてチームに欠かせない存在となってほしい。
2 M・ミーレル 蓮琥 昨期と違い打率が低迷している守備職人。能力の低下が若干見え始めたが、守備だけは健在でショートは定着している。本塁打は10本と割に多い。しかし、盗塁数もまた低迷気味。しかし、まだまだ若手選手には劣らない。能力が落ちきる前に野手最年長選手として2000本安打を達成してほしい。
3 TSUYOSHI 西岡剛 ロッテからやってきた即戦力中距離打者。打率、本塁打も多く、昨期はオールスターMVPにも選ばれた。走攻が揃った今チームの柱といっても過言ではないだろう。欲を言うならば、守備も兼ね備えてほしい。
4 あぶら坂 あぶら 打率は2割後半から3割前半を記録し続けている。長距離打者としては問題は全くないのだが、今期は本塁打数がおもわしくない。来期以降はあと5本いや10本ぐらい増やしたいところだ。
5 浅岡俊司 ルビ 今期、2シーズンぶりの失策を記録してしまった。打撃もまた、チャンス×の影響なのか低迷気味で能力と成績が比例していない。まずは、マイナスアビリティの削除からだ。
6 慶志 自慢の強打とミート力の高さからなる巧打も魅力。昨期課題となっていた対左投手×の削除も完了し、今期初の3割を記録しそうである。打点も多くあげている。チームの主軸である。
7 DH 関羽 昨期同様三振数が極めて多い。やはり、ミート力をつけてもらいたい。本塁打数はまずまずだが、打率が2割前半というまさに一発屋という異名がつきそうなほど能力が偏っている。特殊能力がつけば変わるだろうがまずはミート力が重要だ。
8 ジャス2 ジャスタウェイ ミート力の向上により打率も安定、また、盗塁数も増えている。バランスの良さが持ち味で守備職人取得によりM・ミーレル選手につぐ堅守である。センターも定着し、M・ミーレル選手引退後はほぼ確実にショートになるだろう。
9 九連 名無し 名無しの為、省略。

投手コメント

タイプ 選手名 作成者 コメント
ライス 目印 140km台後半の速球・2種類の大きく曲がる変化球が武器の投手。今期は3点台の防御率をキープし、10勝も軽く越している。チームのエースとして貫禄あるピッチングができてきた。来期以降もこの調子で他チームを抑えていきたい。
麒々麟々 阪神の14番 今期はかなりの負け越しをしたものの、鋭く落ちるフォークに加えシュートも成長してきた。シュートがカミソリシュートと化したときチームに大きな勝利すなわち優勝をもたらすだろう。
朝倉健太 ブレイド 早い速球と魔球ナックルを操る選手。制球力も自慢であり、ノビの悪さも解消したのだが、成績は不振だ。やはり、もう少し特殊能力が必要なのだろう。来期こそは3点台を目指す。
ケンイチ マメてつ 今期、勝利数と負け数がおなじくらいであり、チームとしては問題はない。カーブに加え、スライダーもたくましくなってきた。チームとしてとても重要な選手である。
黄昏のハンター デズモンド チームを支える右のベテラン。再び先発へ転向したが、能力落ちのせいか大幅な負け越しをしている。在籍期間ものこるは3年。良い成績を残して気持ちよく引退をしてほしい。
夢幻 rita 防御率1点台であり、勝利数も多く先発投手としても問題ないと思われる有望選手。左投手特有のシンカーであるスクリューは変化も抜群でこの防御率であることにも繋がっているだろう。先発にまわすと成績不振になっていたがもう大丈夫だろう。
ビヨンド ジェファーソン 豪速球を活かしたチェンジアップによる緩急にカーブも加わりなかなかの成績を残すと期待をしていたが、今期は成績は振るわない。来期にはカーブがさらに強力になりさらなる躍進は必定事項である。
kaizarⅡ kaizarⅡ 3種類の変化球と150kmの速球が武器の若手。今期は、この選手の影響で負けたことは少ないが防御率はあまりよくはなかった。来期は多彩な変化球と速球を活かしてほしい。
MEGADEATH マーティ 制球力・速球・変化球どれをとっても素晴らしい能力を持っている、楽天の守護神。防御率1点台でしかも1点台前半で救護数もなかなかであり守護神の名に恥じぬ結果を残している。このままの結果で来期以降も切り抜けていきたい。


野手成績

打順 ポジ 選手名 作成者 打 率 安打数 本塁打 打点数 三振数 犠打数 盗塁数 失策数
1 るぱん4世 abba .275 178 7 32 74 0 36 2
2 M・ミーレル 蓮琥 .273 161 14 45 69 0 15 0
3 TSUYOSHI 西岡剛 .347 200 24 77 42 3 31 3
4 あぶら坂 あぶら .300 162 22 83 62 3 11 2
5 浅岡俊司 ルビ .227 121 16 56 84 0 4 1
6 慶志 .279 152 12 51 80 3 9 2
7 DH 関羽 .236 127 22 59 97 5 5 -
8 ジャス2 ジャスタウェイ .261 138 10 38 80 0 14 0
9 九連 名無し .265 144 11 41 102 1 21 2

赤はチーム内1位、青はチーム内2・3位です。

投手成績

投順 選手名 作成者 防御率 勝利数 敗戦数 セーブ 投球回 奪三振 四死球 被本塁
ライス 目印 3.16 16 9 0 185回0/3 121 65 20
麒々麟々 阪神の14番 4.32 7 12 0 150回0/3 82 72 16
朝倉健太 ブレイド 4.50 7 16 0 162回0/3 91 70 20
ケンイチ マメてつ 4.20 13 10 0 175回2/3 90 79 19
黄昏のハンター デズモンド 4.51 6 13 0 135回2/3 128 47 27
夢幻 rita 1.85 7 0 3 170回1/3 96 43 17
ビヨンド ジェファーソン 5.10 3 6 3 125回1/3 91 60 22
kaizarⅡ kaizarⅡ 4.13 7 2 0 113回1/3 78 50 15
MEGADEATH マーティ 1.16 1 1 27 31回0/3 11 11 1
赤はチーム内1位、青はチーム内2・3位です。

今期入退団選手


入団
選手名 作成者
退団
選手名 作成者
今期入退団者なし



☆総評☆

評価
攻撃力 走 力 守備力 先発力 中抑力 総合力
121回 A B A B A A
122回 A B A B A A

野手能力平均
パワー ミート 走 力 肩 力 守備力 特殊能力
121回 C B C C C 1.1個
122回 C B C C C 1.2個
(マイナス特殊能力は-1個として計算)

投手能力平均
制球力 体 力 速 球 総変化 特殊能力
121回 B C 149km 11.4 1.1個
122回 B C 149km 12.4 1.9個
(マイナス特殊能力は-1個として計算)


★野手総評★

 繋ぎ野球を中心とした攻撃を心がけてきた。走攻守が揃っているが本塁打数は多いとは言えない。繋ぎ野球では途切れることが最も辛い。そのため野手が一体になりチームそのものでの攻撃、守備が欠かすことができない。その点なかなかまとまってきていると感じている。しかし、若手選手の育成を考えうるうえで世代交代という荒波が立ちはだかりそうだ。年々成長を見せる一方、若手中心になる不安というものもある。楽天選手陣はなんらかの能力でBクラス以上を1つ以上持っている。この点は大いに誉められるだろう。

★投手総評★

 3点台後半の防御率でまずまずなシーズンであった。しかし、勝ち星は思ったより得られなかった。そんな中、ライス選手が中堅エースの貫禄を見せ16勝をあげチームに貢献した。先発陣は4点台とピリッとしないところもあったが中継ぎの一部と抑えが奮闘し防御率1点台で抑えカバーした。全体的に年齢も高まり、能力も向上、特殊能力も増え、来期は各選手が大きな働きをするだろう。長年チームを支えていた黄昏のハンター選手もあと3年で引退するためしっかりと補っていきたい。

★全体総評★

 引き分け4つを含み勝率はほぼ5割になった。より厚みを増してきた野手層。そして、さらなる飛躍が期待できる投手陣。年々強化されている楽天選手団。大きな鷹となり攻め、守る。このチーム一丸となって最終目的である優勝を成し遂げたい。投手の能力の向上が「飛躍」の鍵である。一方野手も気を抜けばいつ崩壊してもおかしくないのでしっかりしたい。

★来シーズン以降に向けて★

 来期、それ以降の楽天にとって「世代交代」この一事が最も良し悪しを左右するものであり、かならず成功させなければならないものである。リードオフマン、守備職人、一発屋、といったバラエティー豊富な人材が“今”は揃っている。しかし、この「世代交代」の後どうなるかまだ全く見当もつかない。
 そして、楽天全盛期を迎えるためにより一層の積み重ねが必要であることは言うまでもない。よって、楽天の団結力もより深める必要がある。



新戦力募集中!!

新人選手

以下のタイプの選手を募集しています!
  • 野手では"俊足巧打巧守"の選手 理想能力 F C C E C
  • 投手は現在募集していません

トレード・移籍選手

以下のタイプの選手を募集しています!
  • 野手では"俊足巧打巧守の16年目くらい"の選手 理想能力 E C B D C
  • 投手では"中継ぎor抑え型・軟投派の15年目くらい"の選手 理想能力 A E 145km 総変化20



改革前の楽天の派生ページ





今期未更新地帯:

最終更新者:ジャス
最終更新日時: 2007年03月20日 11時19分28秒