パワパーク@Wiki ロッテ他チーム情報(第130回台~第140回台)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロッテ他チーム情報
他チームの状況と対戦するときに気を付けるべき選手についてのページ
累積訪問者  : -
今日の訪問者 : -
昨日の訪問者 : -

第134回
他チーム要注意野手
チーム 選手名 コメント
オリックス 彪流姜維Ⅲ 天性のバッティングセンスの持ち主。4番のオチローⅣ選手をも上回る成績を残すまだまだ成長途中の怪物。
西武 ハチミツ パ・リーグでもトップクラスの1番打者。すさまじい盗塁成功率を誇る。
楽天 テスト バッティングに加え守備もそつなくこなせる選手。将来の4番候補。
日本ハム 鐵平 相次いで移籍した主力選手の穴を埋める4番。パワーがあるだけではなく、足を使った攻撃も出来る。
ソフトバンク 関羽 まだまだ成長途中の野手陣を引っ張るベテラン。全盛期に比べ、少し結果が出ていない。

他チーム要注意投手
チーム 選手名 コメント
オリックス 蛇魂王Ⅳ 150㎞の速球と洗練されたSFFで打者を翻弄するエースピッチャー。
西武 打たれ靖男 20年目のベテランナックルボーラー。
楽天 頑張って 5年目ながら先発の一角として十分な結果を残した。2つの変化球を使い分け三振の山を築く。
日本ハム 僕の手紙 自慢の変化球で中継ぎとして活躍。先発もこなせるスタミナの持ち主。
ソフトバンク マリオ パ・リーグ随一のスタミナの持ち主。相手打者を大きく威圧してくる。

最終更新日時:2007年06月08日14時18分55秒
編集者:凱(最終更新:第134回/更新箇所:第134回分全て)

第139回
他チーム考察
チーム名 コメント
オリックス 昨季も大きく負け越した。wiki使いが2人いるため、今季もひどい目に合わさせられるだろう。
西武 昨季も大きく負け越した。純粋に戦力差が大きく、今季も苦しい戦いを強いられそうだ。
楽天 昨季は大きく勝ち越しに成功。名無し選手が多いので、今季も勝ちを稼ぎたい。
ソフトバンク 昨季は大きく勝ち越した。名無し選手が多いので、今季も勝ちを稼ぎたい。
日本ハム 昨季は最も白星を稼げた。名無し化選手が多く戦力が落ちているので、今季もカモにしておきたい。

第140回
他チーム考察
チーム名 コメント
オリックス 総合力が非常に高く投打共に隙が無い、先発投手の年齢が高いが既に若手投手・野手共が力を付けているのでしばらくはこの状態が続くだろう。
西武 オリックスに次ぐ強さはうちのチームにとっては脅威、来季も同じような成績が予想される。
楽天 5球団の中で一番勝ち星を取ることが出来たチームだ。1~4年目の選手が多いので、しばらくは辛抱の成績が続くと予想される。
日本ハム 名無し選手の多いチームで、投打のバランスが悪く勝ち星を挙げやすいチームだ。
ソフトバンク 今季は調子が良かったのか、うちのチームよりも良い成績を叩き出した。能力はこちらの方が上なので来季は借りを返したい。

他チーム要注意選手
チーム 選手名 コメント
オリックス 彪流姜維Ⅲ 脅威のバッティングセンスの持ち主。まだまだ、バリバリ活躍できるので、この選手には苦しめられるだろう。
西武 奈教 フォーク・シュートで打者を翻弄する選手。今期は、16勝と3.02と言う安定した防御率を残した。だが、ピンチに弱いと言う欠点があるので来季はそこを狙っていこう。
楽天 カレン 楽天が誇る1番打者。ミート・走力共に、トップレベル。来季は、この選手に引っ掻き回されることが無い様気をつけよう。
日本ハム 鄭先豐6 ルーキーながらも、チームトップレベルの活躍。今後の成長によって、脅威な存在になる可能性も。
ソフトバンク ネイル 今季、彪流姜維Ⅲ選手の独走を止めた選手。今季見事三冠王に輝いた。来季19年目に突入するがまだまだ衰えを見せない選手だ。

第141回
他チーム要注意選手
チーム 選手名 コメント
オリックス 飛翔 今季、投手2冠を達成。勝利数は届かなかったものの、十分すぎる成績。今後も苦しめられるだろう。
西武 テレサ セ-ブ以外どの部門でもトップ10に入っている。今後、驚異的な存在になりうる選手。
楽天 ランボⅡ 名無し化しているが、素晴らしい能力を誇る。
日本ハム shun 日ハムの抑えの切り札。地味ながらも15セーブ。来季もコツコツとセーブを稼ぐだろう。
ソフトバンク ネイル ソフトバンクの頼れる選手。今季も三冠王達成。2連続三冠王はまさに、怪物級。

第142回
他チーム考察
チーム名 コメント
オリックス 今季も何の問題も無くパ・リーグの覇者になった。超特殊能力を持った選手がたくさんいる、今季限りで引退する選手が出てくるので、少しは光が差し込んだと見られそう。
西武 若手選手が多いチームであり、これらが育ってくるとうちのチームを脅かす存在になるだろう。
楽天 なんとチームのなかで16選手が5年目以内の非常に若いチーム、まだ発展途上と言う事もあり、今季は最下位に終わったがその16選手が一人も名無しを出さずに熟すことになると考えるだけでも恐ろしい。
日本ハム 12球団の中で所属選手が一番少ないチーム、このままだと最下位になってもおかしくない。
ソフトバンク 西武の低迷や選手の調子の良さで2位の座を勝ち取った、このまま2位が続くのであれば若手の年俸が伸びるので、今より一層注意を深めないといけない。

他チーム要注意選手
チーム 選手名 コメント
オリックス 大田良祐 1世紀前のメジャリーガーの再来だろうか?打率4割越えは圧巻の一言だ。下手すれば三冠王にも手が届く位置にあった。まだ10期以上も活躍できるので今後が恐ろしい。
西武 桜井Ⅱ チームの4番を務め、30本塁打、100打点を残した、年俸が高いので今後、他チームにとっては脅威になる。
楽天 慶Ⅱ 足に関する特殊能力がないのに盗塁数57は立派、今後も打線を引っ張る存在になるだろう。
日本ハム 五指 優れた制球を誇りさらには超特殊能力を持っている。投手陣の中では比較的安定した成績を残している。
ソフトバンク ネイル チームの4番を務め、今季本塁打王になった。様々な得能が武器で、残り2年がとてつもなく長く感じる。

144回
他チーム考察
チーム名 コメント
オリックス 2位に27ゲーム差をつけ優勝した。うちのチームも能力が上がっているので実力差は縮まっているがそれは当分の話になるだろう。
西武 打線は1~5番のベテラン勢が得点源となっている。うち2人が超特殊能力を持っていて、残る2人も取得が近いので細心の注意を払いたい、投手のほうに目を向けると先発陣は基礎能力も高く得能もそれなりに揃っているので手強い。中継ぎ陣も制球力のある投手が揃っているため先発を打ち崩すないと不利な試合展開になるケースが多い。
楽天 将来を担うはずだった若手の多くが名無しかになってしまった。その影響が露出し無念の最下位に終わった。wikiの更新もされていないので、能力よりもwikiを操れる人が最優先だと思う。それが無ければこの現状を脱するのは非常に厳しいと予測される。
日本ハム 有力選手もいるので油断は禁物だが、名無し選手が非常に多い。特に投手の名無し化は深刻だ。とにかく根気のある人が欲しいところ。
ソフトバンク うちのチームと同じぐらいに力をつけ上位を狙えるチームとなった。今季は4位に終わったが、2位辺りを勝ち取ってもおかしくない能力だ。wikiの更新もトップクラスで若手の急成長に更なる促進が予測される、次に黄金期が来るのはこのチームか!?

他チーム要注意選手
チーム 選手名 コメント
オリックス 彪流姜維Ⅲ チームの4番を務め、本塁打、打点の2冠を獲得した。得能も効果の高い物ばかりで投手陣に威圧をかける。
西武 らすとぷらいど 俊足巧打の選手で能力も1番打者にふさわしい。毎回60個以上の盗塁を成功させるので塁に出たら仕掛ける確立は高い。今季はやや打率が低迷気味が救いだった。
楽天 ken將 ミートが高くパワーもそれなりにあるため、まずまずの成績は出せる。バランスも取れていてチームではなくてはならない存在だ。得能を1つも取得していないので、これ以上の成績はちょっと厳しい。
日本ハム 鄭先豐6 ミートとパワーが高い、5年目と若く成長が期待できる。まだ得能は無く、肩・守備がある一定に達していないので打撃で年俸を上げるしかないのか?。
ソフトバンク メロス 走・攻・守揃った選手で一番チームに貢献する能力型だ。能力の高さが気になるが、守備職人と送球○を所持しているため年俸が上昇しやすく得能の取得がスムーズに行く。

第145回
他チーム考察
チーム名 コメント
オリックス 今季も見事に優勝しこれでリーグ11連覇となる。しかし西武、ソフトバンク、ロッテ、との差は確実につまりつつある。特に2位ソフトバンクとの差が5ゲームに縮まっており、そろそろ黄金期にも陰りが見え始めた。
西武 投手は相変わらず油断できない選手が揃っていて、防御率がリーグ2位と安定さを見せているので、やはり失点を防ぐことが肝要だ。
楽天 大勢いた名無し選手も野手を中心に席を埋めることが出来た・・・・と言っても、それで成績を向上させることは難しいので、辛抱なシーズンが長期化することにはなった。試合を長期戦の試合は出来ない。
日本ハム 野手も投手もどこから手を着けて良いのか分からない状態だ。野手は守備力に難がある。投手も名無し選手が何とか頑張っている状態だ。wikiも136回辺りを最後に更新がなくそちらの方にも手をつける必要有り。
ソフトバンク 投手・野手・wikiの役割も最高で優勝の姿勢が強く伺える。ベテラン勢の活躍が良いが、その背中を追うように若手が活躍している。全体的に打率が高くどこからでも得点出切る打線は大きな魅力だ。投手陣は不安の残りそうなところがあるが10点取られたら11点返せる打線なので警戒したい。

他チーム要注意選手
チーム 選手名 コメント
オリックス 大田良祐 俊足巧打型の能力だがたよれる得能でホームランバッターとしてでも名を連ねられる。既に衰退期に入っているがまだまだ健在だ。
西武 あぶら川 ミート・パワーが非常に高く、チームの中で打率、本塁打は一位だ、チームの4番を務めるが打撃ではなく守備も基準以上を誇るので、チームにとっては必要不可欠だ。
楽天 堂上直倫 今季は結果不足なものの、能力に目を向けると全体的に高い、チーム事情を考えてもこの時点での功績は大したものだ、やや年俸に伸び悩みがあるのでどの特殊能力から取っていくか気になるところだ。
日本ハム 五指 超特殊能力を効果を持っているのでチームの投手陣のなかでは安定している。勝ち星に恵まれていないが全体的には良い方だと思う。
ソフトバンク ルドルフ将軍 速球と制球に定評がある、変化球が不安要素だが、高卒ながらこの能力は大した者だ。他の選手の功績を評価すべきだが、成績があまりにも衝撃すぎたのでこの選手を評価させて貰った。また、この事からwiki評価のAとSの違いをもっと考えるべきだと思う。

第149回
他チーム考察
チーム名 コメント
オリックス 3、4期前ほどではないが安定した成績を残している。チームの選手の高齢化もあり数期後が心配。しかし特殊能力を持つ選手が多く能力以上に怖い。
西武 今期は4位と終わった。しかし失策の少なさはパリーグ1であり、投手がもう少しふんばれば来期は怖い。
楽天 勝率.333というなんか気分的にはスロットで当たった感じがするものの実際は・・・。しかしチームは若く失策数は上位4チームと同じくらい少ないのでこれからが期待。
日本ハム すべてにおいてある意味キング。名無しが多く暗い時代が続きそう。とりあえず選手がはいらないことにはどうにもならない。
ソフトバンク 今最も怖いチーム。すべてにおいてグローバールスタンダード以上である。しばらくは安定し上位にいそうなチームである。
第150回
他チーム考察
チーム名 コメント
ソフトバンク もう手のつけようがなくなってしまったチーム。中継ぎに少々不安があるが、それ以外は安定しているので当分の間は上位にいそうなチームである。
西武 守備力と中継ぎに自信を持つチーム。ただし走力がない。しかも、投手に三人の名無し、そのうち一人は抑えピッチャーとかなり不安があるチームだ。新たな抑えが現れたら強敵になるだろう。
オリックス 昔ほどの強さはなくなったチーム。しかし、昨季は4位ながら勝ち越しとまだ強さを誇っている。名無しはおらず、投手力に自信を持っているチームだ。
楽天 一時はAクラスの常連だった時期もあったが、今その輝きは完全に消えたチーム。全体的にはかなりいいが、中継ぎが崩れるパターンが多いのだ。さらに、名無し7人とかなり多い。名無しがいなくなり、中継ぎが安定すれば、とても手強いチームになるだろう。
日本ハム 打撃力が安定しているチーム。しかし、投手力が不安定な状況。楽天と同じように、名無しが8人とかなり多い。楽天同様、名無しがいなくなれば、手強いチームになるだろう。
 第151回
他チーム考察
チーム名 コメント
ソフトバンク 昨季、ベストナインが6人出たチーム。名無しが二人いるが、支障はないようだ。圧倒的な強さでパ・リーグ制覇、そして日本一になった。衰え知らずのチーム。
西武 投手年棒が1億円未満と若手の多いチーム。この若手がどのようになるかとても気になる。まだまだ、ベテラン打撃陣は健在なのでとても手強い。WiKi使いが二人もいるチーム。
オリックス 昨季、わがロッテと3位争いを演じたチーム。やはり昨季も4位ながら勝ち越しと、完全な4強時代となった。今年はどのくらい食らいついてくるのか?
日本ハム 昨季は、勝率2割・最多連勝3・失策数ダントツの48個・得点率3点台とひどかったチーム。しかし、名無しは一気に少なくなった。数季たてば若手は主力となっているだろう。
楽天 名無しが減るどころか、増えてしまったチーム。野手に関しては3人しかいない始末。WiKiはかなり更新されている。お先真っ暗なチーム。

最終更新日時: 2007年10月01日 15時08分02秒
編集者: 
  • プロの洗礼  (最終更新:第151回/更新箇所:第151回他チーム考察) 
  • プロの洗礼  (最終更新:第150回/更新箇所:第150回他チーム考察)  
  • いてまえ軍団団長 (最終更新:第149回/更新箇所:細部修正、整形など)
  • 霊魔         (最終更新:第149回/更新箇所:第149回他チーム考察)
  • みくび~る     (最終更新:第140回/更新箇所:第140回要注意選手)
  • 謎の者       (最終更新:第145回/更新箇所:第145回全体)