パワパーク@Wiki 横浜 Sabermetrics

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Sabermetrics


セイバーメトリックス(Sabermetrics)とは
野球のデータを統計学の見地で客観的に分析しながら、選手の評価や戦略を考える研究を指しています。ここでは選手をまあ 出来る限り 評価したいと思います。

投手評価について

奪三振率

一試合投げきった時に何個程度の三振がとれるか 、といった目安。ただ、打たせて取る投手はこの数字が低くでるので、 この数値が低い=能力が低い とはならないので注意。

奪三振率=奪三振数÷投球回数×9

K/BB(Strike Outs per Walks)

投手が四死球を一つ与える間に、何個三振がとれるか 、の目安。数字は高ければ高いほど良い。制球の良い投手ほど、この数値は高く出やすい。メジャーリーグでは公式記録。

K/BB=奪三振数÷与四球数

DIPS(Defense Independent Pitching Statistics)

与四死球、被本塁打、奪三振で投手を評価。数値は小さければ小さいほど良い。

DIPS={(与四球数×3)+(被本塁打数×13)-(奪三振数×2)÷投球回数}+3.2

野手評価について


本塁打率

打席数にしめる本塁打数の割合を表す数字 。高い方が良いが、本塁打数が高いからといって、この数値が高くなる訳ではない。

本塁打率=本塁打数÷打席数
打席数=安打数÷打率

本塁打一本うつのにかかる試合数

そのまんま。これは、試合数が同じならホームラン数が多いほうが高いので、本塁打率との比較に入れました。

本塁打一本うつのにかかる試合数=試合数÷本塁打数

BABIP(Batting Average on Balls in Play)

打者が打った球がフェアゾーンに飛んだとき、安打になる確率。 当然大きいほうが良い。打率による評価も行われているらしいのですが・・・。

BABIP=(安打数-本塁打数)÷(打席数+犠牲フライ数+犠牲バント数-{三振数+本塁打数})

成績




このページには今までに - 人の人が訪れました。
本日 -
昨日 - 人です。


最終更新者:トシ
最終更新日: 2007年07月14日 12時16分12秒