パワパーク@Wiki ソフトバンク総評



◎第271回


☆今期のチーム最終成績(第271回)

順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1 140 83 55 2 23 .601 .284 2.99 3.9 141 141 24

★リーグ総評


★野手総評

★投手総評

一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

☆個々選手総評(第271回)

選手名 成績評価 評価点


☆今期のパ・リーグを振り返る(第271回)

☆今期のオールスター(第271回)

選手名 COLO(gold):出場回数 成績



☆プレーオフ展望(第271回)


☆今期のタイトル(第271回)

選 手 名 タイトル・回 数 成 績



☆チームWiki☆**

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。


◎第268回


☆今期のチーム最終成績(第268回)

試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1 140 91 45 4 12 .669 .288 3.34 5.0 204 144 21

★リーグ総評
今期で10連覇を成し遂げたソフトバンク開幕前は混戦が予想されたが勝ち星を昨季より少し伸ばし、2位西武に14.5ゲーム差をつけた。
原因として他球団も伸び悩んでいる事にあるようだ。しかしソフトバンクも名無しのスティーブ、一休に頼りきりの為このままでは駄目だろう。
有人選手を増やしていきたいところだ。その為、来季も絶対に首位に立つと言い切れない混戦のパとなるだろう。
★野手総評
得点率は5点ちょうど。ニョロモⅡが抜けた穴を四季映姫が埋めていて若手も段々育ってきている。
野手は8人が有人と調子を戻してきた。

★投手総評
防御率は3.3と高い。先発投手陣の防御率はリーグワーストに近く打線に頼っていた印象がある。だが中継ぎの名無しの二人とむねみっさんⅡが大活躍でなんとか投手陣を支えた。
若手が先発投手陣には多いので悲観する事はない。
一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

◎第267回


☆今期のチーム最終成績(第267回)

試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1 140 88 50 2 9 .637 .277 3.21 4.6 160 160 24

★リーグ総評
今期で9連覇を成し遂げたソフトバンクだが100勝ラインを切り、昨季までとは2位につけた差がだいぶ少なくなった。
引退ラッシュによるチーム力の低下で、来季は久しぶりに拮抗したパリーグを見ることになりそうだ。

★野手総評
ついに得点率が5を切ってしまった。しかし成長途上の選手も混じっており
悲観することはないがやはり次世代の主砲の育成が急務だ。

★投手総評
防御率は一気に跳ね上がり3点台まできてしまった。来季は2枚エースがともに引退なので苦しいがなんとかつないでいきたい。
一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

◎第266回


☆今期のチーム最終成績(第266回)

試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1 140 102 36 2 11 .739 .297 2.82 5.4 181 132 16

★リーグ総評
安定して100勝をマーク。序盤は出遅れたが8連覇を達成した。
2位以下は毎年の混戦。今季は楽天、オリックスの順でクライマックスシリーズ出場権をつかんだ。

★野手総評
若手を交えた打線で得点率5点台は立派だ。
まだまだ進化する可能性を秘めているが、主砲が軒並み衰退期に入るのでここからが重要

★投手総評
今年も2点台と安定していた。来季はエースの最終年となる
一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

☆個々選手総評(第262回)

選手名 成績評価 評価点
ニョロモⅡ 4.0
mokemet 9.4
フランク 5.2
TACHYON~超速~ 10.0
☆流星群☆ 9.5
カピィ 4.5
ピーナッツ型 5.5
影薄いエース 8.5
香車 9.5
K 9.0
ランパード 9.0
ターカ 7.0
建さん 7.0
かっつぁん 6.5


☆今期のパ・リーグを振り返る(第262回)

  • 優勝は、 勝率は驚異の.704。
  • 二位は、 打率は低いが投手が引っ張った。
  • 三位は、 ギリギリ勝ち越した。
  • 四位は、 投手陣は良いが貧打が目立った。  
  • 五位は、 なんとか5位に。
  • 最下位は、 大きく負け越した。

☆今期のオールスター(第262回)

選手名 COLO(gold):出場回数 成績
走攻守Ⅰ 1回目 .142(0本0点)
マイルドセブン 1回目 .090(0本0点)
ニョロモⅡ 13回目 .384(1本5点)
LoveEmpty 2回目 .363(0本1点)
ミッキーマウス 1回目 .181(0本0点)
ターカ 6回目 0.00(0セ2奪)
一休 6回目 0.00(0セ1奪)


今期も多くの選手がオールスターに選出された。
ニョロモⅡ選手、ターカ選手、一休選手が好成績を残した!

☆プレーオフ展望(第262回)

CS第2ステージからとなる。
シーズン通りの力が発揮できれば、
日本シリーズ制覇も夢ではない。

☆今期のタイトル(第262回)

選 手 名 タイトル・回 数 成 績
ニョロモⅡ 首位打者(3) .426
ニョロモⅡ 打点王(2) .140
今期は二名の選手がタイトルを獲得した。
TACHYON~超速~選手は11回目の獲得となり、通算記録更新まで残り49となった。
ニョロモⅡは10年目にして初タイトルを獲得。今期の優勝に大きく貢献した。



☆チームWiki☆**

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は激減しています。まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
音沙汰なしは例外です。V奪回とともにSランクも奪回!皆さんがんばりましょう!





◎第265回


☆今期のチーム最終成績(第265回)

試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1 140 101 35 4 11 .742 .303 2.44 5.4 201 123 100

★リーグ総評
今期も100勝。まだしばらく黄金期は続きそうだ。
他球団が足ふみしている間にうまく世代交代を成し遂げておきたい。

★野手総評
シーズン200本塁打を記録した驚異の打線。得点率も5.4ということなし。
若手もしっかりと成績を残している。

★投手総評
先発陣はかなりご年配が多くなってきている。最終年のターカ選手が最優秀防御率獲得。おめでとうございます!
一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

☆個々選手総評(第262回)

選手名 成績評価 評価点
ニョロモⅡ 4.0
mokemet 9.4
フランク 5.2
TACHYON~超速~ 10.0
☆流星群☆ 9.5
カピィ 4.5
ピーナッツ型 5.5
影薄いエース 8.5
香車 9.5
K 9.0
ランパード 9.0
ターカ 7.0
建さん 7.0
かっつぁん 6.5


☆今期のパ・リーグを振り返る(第262回)

  • 優勝は、 勝率は驚異の.704。
  • 二位は、 打率は低いが投手が引っ張った。
  • 三位は、 ギリギリ勝ち越した。
  • 四位は、 投手陣は良いが貧打が目立った。  
  • 五位は、 なんとか5位に。
  • 最下位は、 大きく負け越した。

☆今期のオールスター(第262回)

選手名 COLO(gold):出場回数 成績
走攻守Ⅰ 1回目 .142(0本0点)
マイルドセブン 1回目 .090(0本0点)
ニョロモⅡ 13回目 .384(1本5点)
LoveEmpty 2回目 .363(0本1点)
ミッキーマウス 1回目 .181(0本0点)
ターカ 6回目 0.00(0セ2奪)
一休 6回目 0.00(0セ1奪)


今期も多くの選手がオールスターに選出された。
ニョロモⅡ選手、ターカ選手、一休選手が好成績を残した!

☆プレーオフ展望(第262回)

CS第2ステージからとなる。
シーズン通りの力が発揮できれば、
日本シリーズ制覇も夢ではない。

☆今期のタイトル(第262回)

選 手 名 タイトル・回 数 成 績
ニョロモⅡ 首位打者(3) .426
ニョロモⅡ 打点王(2) .140
今期は二名の選手がタイトルを獲得した。
TACHYON~超速~選手は11回目の獲得となり、通算記録更新まで残り49となった。
ニョロモⅡは10年目にして初タイトルを獲得。今期の優勝に大きく貢献した。



☆チームWiki☆**

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は激減しています。まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
音沙汰なしは例外です。V奪回とともにSランクも奪回!皆さんがんばりましょう!



◎第263回


☆今期のチーム最終成績(第263回)

試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1 140 119 20 1 25 .856 .321 1.30 5.6 191 154 10

★リーグ総評
今期はソフトバンクのためのシーズンといっても過言ではない。防御率大幅更新、打率更新、連勝タイでパリーグ頂点に立った。
今期は1届かなかった最多勝利更新も視野に入れて来季を戦いたい。

★野手総評
有人選手の活躍は凄まじく、打率の更新を果たした。また、運のいいことに名無しの成績も足を引っ張ることがなかったのも要因だろう。
クリーンナップ以外でも十分な得点力を望める打線で言うことがなかった。

★投手総評
先発陣、中継ぎ、抑えのそれぞれが持てる力を存分に発揮した。この1.30という記録はおそらく残り続けるであろう
一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

☆個々選手総評(第262回)

選手名 成績評価 評価点
ニョロモⅡ 4.0
mokemet 9.4
フランク 5.2
TACHYON~超速~ 10.0
☆流星群☆ 9.5
カピィ 4.5
ピーナッツ型 5.5
影薄いエース 8.5
香車 9.5
K 9.0
ランパード 9.0
ターカ 7.0
建さん 7.0
かっつぁん 6.5


☆今期のパ・リーグを振り返る(第262回)

  • 優勝は、 勝率は驚異の.704。
  • 二位は、 打率は低いが投手が引っ張った。
  • 三位は、 ギリギリ勝ち越した。
  • 四位は、 投手陣は良いが貧打が目立った。  
  • 五位は、 なんとか5位に。
  • 最下位は、 大きく負け越した。

☆今期のオールスター(第262回)

選手名 COLO(gold):出場回数 成績
走攻守Ⅰ 1回目 .142(0本0点)
マイルドセブン 1回目 .090(0本0点)
ニョロモⅡ 13回目 .384(1本5点)
LoveEmpty 2回目 .363(0本1点)
ミッキーマウス 1回目 .181(0本0点)
ターカ 6回目 0.00(0セ2奪)
一休 6回目 0.00(0セ1奪)


今期も多くの選手がオールスターに選出された。
ニョロモⅡ選手、ターカ選手、一休選手が好成績を残した!

☆プレーオフ展望(第262回)

CS第2ステージからとなる。
シーズン通りの力が発揮できれば、
日本シリーズ制覇も夢ではない。

☆今期のタイトル(第262回)

選 手 名 タイトル・回 数 成 績
ニョロモⅡ 首位打者(3) .426
ニョロモⅡ 打点王(2) .140
今期は二名の選手がタイトルを獲得した。
TACHYON~超速~選手は11回目の獲得となり、通算記録更新まで残り49となった。
ニョロモⅡは10年目にして初タイトルを獲得。今期の優勝に大きく貢献した。



☆チームWiki☆**

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は激減しています。まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
音沙汰なしは例外です。V奪回とともにSランクも奪回!皆さんがんばりましょう!


◎第262回


☆今期のチーム最終成績(第262回)

試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1 140 93 39 8 8 .704 .296 2.09 4.2 157 139 7

★リーグ総評



★野手総評



★投手総評

一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

☆個々選手総評(第262回)

選手名 成績評価 評価点
ニョロモⅡ 4.0
mokemet 9.4
フランク 5.2
TACHYON~超速~ 10.0
☆流星群☆ 9.5
カピィ 4.5
ピーナッツ型 5.5
影薄いエース 8.5
香車 9.5
K 9.0
ランパード 9.0
ターカ 7.0
建さん 7.0
かっつぁん 6.5


☆今期のパ・リーグを振り返る(第262回)

  • 優勝は、 勝率は驚異の.704。
  • 二位は、 打率は低いが投手が引っ張った。
  • 三位は、 ギリギリ勝ち越した。
  • 四位は、 投手陣は良いが貧打が目立った。  
  • 五位は、 なんとか5位に。
  • 最下位は、 大きく負け越した。

☆今期のオールスター(第262回)

選手名 COLO(gold):出場回数 成績
走攻守Ⅰ 1回目 .142(0本0点)
マイルドセブン 1回目 .090(0本0点)
ニョロモⅡ 13回目 .384(1本5点)
LoveEmpty 2回目 .363(0本1点)
ミッキーマウス 1回目 .181(0本0点)
ターカ 6回目 0.00(0セ2奪)
一休 6回目 0.00(0セ1奪)


今期も多くの選手がオールスターに選出された。
ニョロモⅡ選手、ターカ選手、一休選手が好成績を残した!

☆プレーオフ展望(第262回)

CS第2ステージからとなる。
シーズン通りの力が発揮できれば、
日本シリーズ制覇も夢ではない。

☆今期のタイトル(第262回)

選 手 名 タイトル・回 数 成 績
ニョロモⅡ 首位打者(3) .426
ニョロモⅡ 打点王(2) .140
今期は二名の選手がタイトルを獲得した。
TACHYON~超速~選手は11回目の獲得となり、通算記録更新まで残り49となった。
ニョロモⅡは10年目にして初タイトルを獲得。今期の優勝に大きく貢献した。



☆チームWiki☆**

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は激減しています。まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
音沙汰なしは例外です。V奪回とともにSランクも奪回!皆さんがんばりましょう!



◎第259回


☆今期のチーム最終成績(第259回)

順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
1 140 93 39 8 8 .704 .296 2.09 4.2 157 139 7

★リーグ総評
前半後半共に他チームを圧倒し我がソフトバングが覇者となった。
2位にはロッテ、3位は西武が入り以下オリックス、楽天、日本ハムとなる。


★野手総評
打率、得点率ともリーグで飛びぬけておりパリーグで屈指の野手陣といえる。
又半数が8年目以下とまだ若いため、これから黄金期に入れそうな予感すらある。


★投手総評
先発陣が優れており、12球団屈指といってもいいのではないだろうか。
先発全員が二桁勝利と安定しており、更に中継ぎ陣が全員防御率1点台頑張った。
唯一名無しの抑えがきちんと抑えられなかったのが残念なところだ。
一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

☆個々選手総評(第259回)

選手名 成績評価 評価点
ニョロモⅡ 4.0
mokemet 9.4
フランク 5.2
TACHYON~超速~ 10.0
☆流星群☆ 9.5
カピィ 4.5
ピーナッツ型 5.5
影薄いエース 8.5
香車 9.5
K 9.0
ランパード 9.0
ターカ 7.0
建さん 7.0
かっつぁん 6.5


☆今期のパ・リーグを振り返る(第259回)

  • 優勝は、 ソフトバンク 勝率は驚異の.704。
  • 二位は、 ロッテ 打率は低いが投手が引っ張った。
  • 三位は、 西武 ギリギリ勝ち越した。
  • 四位は、 オリックス 投手陣は良いが貧打が目立った。  
  • 五位は、 楽天 なんとか5位に。
  • 最下位は、 日本ハム 大きく負け越した。

☆今期のオールスター(第259回)

選手名 COLO(gold):出場回数 成績
あんぱん 6回目 .454(1本2点)
TiGER 1回目 .454(0本1点)
ニョロモⅡ 11回目 .100(0本0点)
メイドウ 1回目 .181(0本1点)
LoveEmpty 1回目 .100(0本1点)
ターカ 4回目 0.00(0セ2奪)


今期はソフトバンクから6選手がオールスターに選出された。
3選手が初選出されるなど、今後のソフトバンクが楽しみである。

☆プレーオフ展望(第259回)

CS第2ステージからとなる。
シーズン通りの力が発揮できれば、
日本シリーズ制覇も夢ではない。

☆今期のタイトル(第257回)

選 手 名 タイトル・回 数 成 績
ニョロモⅡ 首位打者(3) .426
ニョロモⅡ 打点王(2) .140
今期は二名の選手がタイトルを獲得した。
TACHYON~超速~選手は11回目の獲得となり、通算記録更新まで残り49となった。
ニョロモⅡは10年目にして初タイトルを獲得。今期の優勝に大きく貢献した。



☆チームWiki☆**

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は激減しています。まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
音沙汰なしは例外です。V奪回とともにSランクも奪回!皆さんがんばりましょう!



◎第258回


☆今期のチーム最終成績(第258回)

順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
3 140 80 57 3 6 .583 .291 2.81 4.2 145 97 11

★リーグ総評




★野手総評


★投手総評

☆個々選手総評(第258回)

選手名 成績評価 評価点
ニョロモⅡ 4.0
mokemet 9.4
フランク 5.2
TACHYON~超速~ 10.0
☆流星群☆ 9.5
カピィ 4.5
ピーナッツ型 5.5
影薄いエース 8.5
香車 9.5
K 9.0
ランパード 9.0
ターカ 7.0
建さん 7.0
かっつぁん 6.5


☆今期のパ・リーグを振り返る(第258回)

  • 優勝は、 ロッテ
  • 二位は、 オリックス
  • 三位は、 ソフトバンク
  • 四位は、 楽天   
  • 五位は、 西武 >-最下位は、 {

☆今期のオールスター(第258回)

選手名 COLO(gold):出場回数 成績
ニョロモⅡ 9回目 .384(1本4点)
ターカ 3回目 3.86(0セ1奪)
一休 4回目 6.00(0セ4奪)
神威 3回目 18.00(0セ1奪)


9回目の出場となったニョロモⅡ選手。見事好成績を残した!
3回目の出場となったターカ選手。四死球6が気になるところ…。
4回目の出場となった一休選手。打たれはしたものの4つの三振を奪った!
3回目の出場となった神威選手。初戦で5失点してしまい、高い防御率になってしまった…。

☆プレーオフ展望(第258回)

CS第1ステージからとなる。
土壇場で楽天に競り勝った力を発揮し
今期こそ日本シリーズ出場を狙いたい。*


◎第257回


☆今期のチーム最終成績(第257回)

順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
3 140 80 57 3 6 .583 .291 2.81 4.2 145 97 11

★リーグ総評
優勝に輝いたのは柱を失いながらも戦力は整ってきていたロッテだった。
離れた2位には日本ハムが入り、安定した力を取り戻したことを示した。
3位には楽天が2期連続のクライマックスシリーズ出場を決めた。

★野手総評
得点率3.4。若手で構成される打線にしてはいい数字だ。しかし昨季に比べるとやはり劣ってしまう。
3拍子そろった選手がいないことが、後々どう響いてくるのだろうか。

★投手総評
新人選手2名を迎え入れた影響もあって、今季は防御率3点台に逆戻り。
しかしMVP級の活躍を見せる選手も多く、来期以降に期待が持てる結果となった。
一致団結して、wikiでS評価を取るとともにパリーグ優勝を狙っていきましょう。

☆個々選手総評(第257回)

選手名 成績評価 評価点
ニョロモⅡ 4.0
mokemet 9.4
フランク 5.2
TACHYON~超速~ 10.0
☆流星群☆ 9.5
カピィ 4.5
ピーナッツ型 5.5
影薄いエース 8.5
香車 9.5
K 9.0
ランパード 9.0
ターカ 7.0
建さん 7.0
かっつぁん 6.5


☆今期のパ・リーグを振り返る(第258回)

  • 優勝は、 ロッテ 1~3番の俊足トリオが脅威。投手ではゆっくーん選手が無敗の22勝と驚異的な数字を叩き出した。
  • 二位は、 ソフトバンク 野手と投手の平均年齢がバランスがとれている。黄金期も近い!?
  • 三位は、 楽天 X選手が抜け少し(Aクラスが)厳しいか!?。
  • 四位は、 オリックス 25.3と野手年齢が非常に若いのでこれからに期待。  
  • 五位は、 西武 投手陣に名無しが7人もいる。
  • 最下位は、 日本ハム 100敗は免れた。しかし全試合消化していれば・・・?

☆今期のオールスター(第257回)

選手名 COLO(gold):出場回数 成績
ニョロモⅡ 7回目 .571(2本5点)
一休 2回目 0.00(0セ1奪)


今期はソフトバンクからはニョロモⅡ選手と一休選手がオールスターに選出された。
見事な成績を残し、2選手ともMVPを獲得した!!

☆プレーオフ展望(第257回)

CS第1ステージからとなる。
土壇場で楽天に競り勝った力を発揮し
今期こそ日本シリーズ出場を狙いたい。

☆今期のタイトル(第257回)

選 手 名 タイトル・回 数 成 績
ニョロモⅡ 首位打者(3) .426
ニョロモⅡ 打点王(2) .140
今期は二名の選手がタイトルを獲得した。
TACHYON~超速~選手は11回目の獲得となり、通算記録更新まで残り49となった。
ニョロモⅡは10年目にして初タイトルを獲得。今期の優勝に大きく貢献した。



☆チームWiki☆**

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は激減しています。まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
音沙汰なしは例外です。V奪回とともにSランクも奪回!皆さんがんばりましょう!


ref(〔ソ〕.gif,『ソ』,http://www6.atwiki.jp/akebon/pages/433.html)}