パワパーク@Wiki 西武ライオンズ(あけぺな)球史(141~150期)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

150期   不安定

skill4選手が引退,skill5選手が加入。最高の爆発力を秘めた打者が引退した上,投手陣にはスーパー名無しとはいえ名無し。不安材料がいっぱいのなかシーズンが始まった。
中継ぎ三本柱は今期もフル回転。ベテラン二人と若手のかみ合いは見事で,三人とも二点台!これを軸に投手陣は踏ん張りを見せたが,やはり四点台では厳しい。首位を狙うためにも,来期は三点台が必須条件だ。ダンテ.Jr選手の引退は辛い。
打撃はなかなかの頑張りをみせてくれたが,ベテランに依存しすぎか。若手の躍進がこれからは必要になってくる。来期は最強の一番打者,らすとぷらいど選手を欠いてのシーズン。なんとか穴を埋めきりたい。
今期はチーム一団となって,二位をキープ。しかし,ソフトバンクには大きく離されてしまった。

149期   新時代

アフロ選手,友澤亮選手,ジロー選手が引退。新しく,shun1234選手,アフロⅠ選手,アンドロメダ選手,ダン・ハレン選手が加入。顔ぶれが一気に変わった。
それにより,やはりチーム能力は下降。特に先発陣の駒不足は深刻だった。打線は衰えに負けず,
まずまずの結果を残した。
踏ん張ったのが中継ぎ陣。3投手とも規定投球回を投げきり,三点台前半を割った。特にひょっとこ選手は最優秀防御率のタイトルを取得するという活躍。
何とかプレーオフに進出。しかし,強力投手陣に破れ一回戦負け・・・。

148期   屈辱

148期は少し好調だったが,後半戦でバテがきてしまう。やはり実力の格差は深刻なのか。期待のアウラ選手も名無し化してしまい,Bクラスに落ちてプレーオフも進出できず。それでも戦力は揃ってきている。衰えに負けず,まだ上を目指したい。

147期   大混戦

ひさびさに入れ替わり無しでシーズンが開幕。なかなか流れに乗れなく,BクラスとAクラスをさ迷う状態。しかし,前半戦終了時に大型連勝を果たし,2位でターン。
オールスター後,絶好調だった投手陣が疲れを見せ始める。これで流れを崩し,ロッテにかわされて結局は3位でシーズン終了。
優勝を目指し始めて数二十期。しかしいまだ果たせず。複数登録発覚後はソフトバンクやロッテといったニューウェーブにも苦戦中。そろそろ意地を見せたいところだ。

146期   あと一歩・・・

普通のP 選手がドラ1で入団。ようやく名無しが全て消え,あとは戦力を充実させるのみ。中堅選手が踏ん張りを見せて欲しい。
戦力は充実していたものの,昨年より悪い得点率,防御率が示す通り戦力がかみ合わない。 打率,本塁打 でタイトルを取った, あぶら川 選手をはじめとして, 桜井Ⅱ 選手が打点, らすとぷらいど 選手が盗塁, 欧米か!2 選手が安打と各部門でタイトルを取得。投手陣も粒ぞろいだったのだが・・・。

オリックスの連覇を止めるために数々の苦難を乗り越えてきた西武だったが,残念ながらその夢は達成できず,ソフトバンクに譲ってしまった。来期こそ選手全員が力を合わせ,シーズン優勝を目指そう!

145期   躍進!

ハヤブサ 選手が再入団。何故か若返っている。ドラ1ルーキーは名無し化。
開幕から投手陣が絶好調。シーズン終了時で 3.71 とさらに昨年より進化。まだまだ未完成の投手がいるなかで,しっかりベテランと若手が噛み合っている。とくにリリーフの 中竜 選手は素晴らしいピッチングだった。
打線はクリーンナップが強力!三人を軸として回す打線の得点率は 5.5 だった。数期前は6.0以上を記録したのだが,その時よりも個々の余白がある。まだまだ上昇が見込める。

前半戦を首位ターン!このとき,オリックスとは3.5ゲーム差だった。しかし,後半戦に先発投手全員が不調に陥るなど,停滞。後半から再び巻き返したものの,三位に転落。ソフトバンクにかわされた。
一時期はどうなるかと思ったチーム状況も,確実に良くなってきている。今一番油の乗っている 獅子軍団 !そろそろオリックスを首位から下ろせるか?

144期   新しい血

阪神より,俊足巧打の らすとぷらいど 選手,凄まじい打棒を誇る あぶら川 選手が加入。油の乗り切っている先発投手だ。
また,ドラ1で アウラ 選手が加入。コントロールは新人離れしている。新人の ざきお 選手はバランスが良く,守備力は特に即戦力。同じく, ハヤブサ 選手も全体のバランスは良い。
新戦力を中心とした 上位打線 は見事にかみ合い, 一,二番コンビ は安定し, クリーンナップ がそれを返す,という野球が中心となる。投手陣は 序盤 に炎上したものの,後半戦にまとまりを得てきた。 ひょっとこ 選手がフル回転!
結果,久々の 二位 へ!しかし,残念ながら 数期前の西武 にはまだまだ遠い。あとは,ベテランがいるうちに若手がどれだけ成長できるかがカギとなる。やはり強いチームは下位打線も,中継ぎ陣も分厚い。来期は 勝率六割 を目標に走り続けたい。

143期   再浮上なるか

阪神より, アフロ 選手が加入。油の乗り切っている先発投手だ。また, ジロー 選手が入団。グラブ捌きは一流。
シーズン開幕から, skill4 選手が大暴れ。終わってみれば 三冠王,オールスター,シーズンMVP !恐ろしい活躍だった。
打線は skill4 選手を軸として,上位打線がしっかりと噛み合った。上位を目指すには,名無しの多い下位打線の改造が必要となってくるだろう。
投手陣は, テレサ 選手 アフロ 選手の二本柱が引っ張って, ひょっとこ 選手のセットアップも見事だった。
シーズン三位で プレーオフ 。苦戦しながらも ソフトバンク に勝利。しかし, オリックス に3タテをくらい,まだまだ差の大きさを感じる。

142期   再びの下降・・・

野手は,横浜より skill4 選手,中日より チェロン2 選手,ドラ1で 天弓 選手が加入。投手は 洛希 選手, 森下4 選手, 中本茂 選手が加入。新しい血が加わり,チームは一気に若返った。残念ながら, 花雲 選手が名無し化。
開幕から 投手陣 が大炎上。特に新人はしょうがないものの,全員がシーズン終わって六点台後半以上・・・。打線は多少の改善が見られ, 桜井Ⅱ 選手が三割,三十本,百打点を打ち, 欧米か!2 選手の打撃開眼が目覚しかった。
しかし,残念ながらロッテとの直接対決に多く破れ,なんと Bクラス 落ち。勝率も五割を切った。さらに来期は大エース 瑞本綾女 選手抜き・・・。まだまだ辛い戦いが続きそうだ。

141期   分かれ道!まさかの事態へ・・・

オリックス の独走を止めるのに一番近かった 西武 だったが,141期にバカバカしい事態が起きてしまう。あけペナ界の 黒い霧事件 というかなんというか・・・。兎も角,複数登録により,五人もの主力が退団。一人が名無し化。これでは勝てるチームも勝てなくなってしまうものだ。
ポジション変更 もろくに出来ぬまま突入した141期。打線もちぐはぐで,中継ぎ陣をはじめとした投手陣もパっとしない。今期,三割の残した選手は一人だけで,中継ぎ陣で四点台を割ったのも一名だけであった。
それでも残りのメンバーが一致団結。何とか 三位 の座だけは守り抜き, プレーオフ へ進出。 ソフトバンク に勝つのも苦しいだろうが,何とか意地を見せ付けたい。
オールスター出場選手 は0。タイトルは ハチミツ 選手の盗塁王のみ。