パワパーク@Wiki 第143回ヤクルト

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京ヤクルトスワローズ

                      

トピックス
140回~149回の成績?
140回~149回までの成績です。150回からは新規で書き込みます。
ヤクルト歴代引退選手
ヤクルト一筋の歴代選手です。
新人選手から最強選手への道
新人から一流を目指すことについて書いています。
リーグ戦必勝法
リーグ戦を勝つ方法です。必ず読んでください。
様々な注意点?
wikiや投手能力などの注意点です。しっかり読めば苦労することはありません。
要注意・注目選手(ヤクルト版)
要注意選手及び注目選手を書いています。
ひとことBBS
: 更新しましたら一言お願いします。


共に戦いましょう。TOTAL BASEBALL!で。





合計: -
今日: -
昨日: -

東京ヤクルト球団歌 東京音頭

踊り踊るなら チョイト 東京音頭 ヨイヨイ
花の都の 花の都の真ん中で 
サテ ヤ~トナ~ソレ ヨイヨイヨイ
ヤ~トナ~ソレ ヨイヨイヨイ



成績
143回 144回? 145回? 146回? 147回? 148回? 149回? 150回~159回?

今期のヤクルトニュース

kaito選手が野手新人王・山野Ⅱ選手が投手新人王・ベストナインを受賞。

第143季成績 89勝50敗1引き分け 最大連勝10  首位

同率首位を回避しての2季振りの優勝。・・・

リーグ戦総括
今季は、最終戦まで阪神との優勝争いだった。
ヤクルトは、先に全試合を終了して、阪神の結果待ちとなった。
最終戦に阪神が敗れて優勝となった。
仮に阪神が勝ったら、あけペナ史上初の同率首位で終えることになっていた。


ポストシーズン
リース優勝チームの為、2ndステージからの登場。
2季蓮連続で広島と対戦。
1戦目を制したが、2・3戦目を落として後が無くなった。
4戦目を完封勝ちして、5戦目は1点差勝利の厳しい試合を制して、4季連続日本シリーズにコマを進めた。
しかし、広島は非常に手強いチームだと認識した。

日本シリーズ
日本シリーズは4季連続でオリックスとの対戦。
1戦目を1点差勝ち、2戦目も1点差勝ちで連勝した。
3戦目は敗北したが、4戦目を8-3で勝利を収めて王手をかけた。
そして5戦目、9回に5点を取ったが、その裏に5点を取られたがアドバンテージが効いて4勝1敗。
ついに日本一を成し遂げ、オリックスのシリーズ連覇を5で止めた。
12球団で一番少ないシリーズ制覇回数で最も遠ざかっていた。
サクセスストーリーを完結した瞬間でもあった。

Wiki評価

年期 73 74 75 76 77 78 88 89 101 102 107 111 113 115 117 119 121 123 124 125 126
評価 C B D B A B B B C B B C B B C C C
A A A A
127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143
A A B B A A A A A A A A A A A A A


現在のチーム状況

A B A C C B

野手年俸 投手年俸 平均年俸
19400 6900 13200

今季オールスター出場選手

選手名 作成者 ポジション 成績 出場回数
たい焼き うぐぅ 遊撃手 .200(0本0点) 10回目
猿野天国 tomi 右翼手 .500(0本0点) 6回目
双海聖二 神代 三塁手 .363(0本1点) 2回目
どうっぱ どうっぱ 左翼手 .312(0本2点) 2回目
メッサーラ サザビー 二塁手 .285(0本1点) 3回目
駒宮宏明 矢ノ宮亮樹 中堅手 .166(0本0点) 3回目
蘿蔔頭 pptry 先発投手 10.80(0セ5奪)) 初出場
後藤大輝2 EAST 中継ぎ投手 1.59(0セ1奪)) 3回目
山野Ⅱ 山野 抑え投手 0.00(0セ1奪)) 初出場




昨季のチーム部門の成績
打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
.296 3.45 5.7 186 227 18


今季のチーム部門の成績
打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
.304 3.87 5.9 200 262 14

今季ベスト10入り選手

(野手)
選手名 作成者 打率 本塁打 打点 盗塁
カイト2 kaito 29(5位) 104(3位)
猿野天国 tomi .337(2位) 34(1位) 111(1位)
ガル カル 94(7位)
双海聖二 神代 92(8位)
駒宮宏明 矢ノ宮亮樹 .329(3位) 96(6位) 44(7位)
CHARA3 CHARA 100(6位)
たい焼き うぐぅ .339(1位) 42(9位)
メッサーラ サザビー 47(5位)
どうっぱ どうっぱ .314(6位) 91(9位) 63(2位)

(投手)
選手名 作成者 防御率 勝利 奪三振 セーブ
蘿蔔頭 pptry 2.45(5位) 21(1位) 125(5位)
増渕竜義 ヤクルト 12(10位)
後藤大輝2 EAST 2.15(3位) 107(8位) 6(8位)
山野Ⅱ 山野 30(2位)


※ 名無し選手は成績のトップ10に加えません。



今季タイトル獲得者選手・ベストナイン・移籍・入退団・転生選手情報

143回 144回? 145回? 146回? 147回? 148回? 149回? 150回~159回?

今季タイトル獲得者

タイトル名
選手名

首位打者 本塁打王 打点王 最多勝
うぐぅ 猿野天国 猿野天国 蘿蔔頭

ベストナイン
ポジション
選手名
受賞回数

捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 外野手1 外野手2 外野手3 DH 先発投手 中継ぎ投手 抑え投手
メッサーラ 双海聖二 たい焼き 猿野天国 どうっぱ 駒宮宏明 カイト2 後藤大輝2 山野Ⅱ
&4回目 &2回目 8回目 4回目 2回目 4回目 初受賞 2回目 初受賞

移籍・新入団・転生選手情報

IN               
選手名 状況
山野Ⅱ 転生
極悪 ドラフト獲得
殘兵 新規
kaito2 転生
レノン 転生

OUT     
選手名 状況
山野 引退
kaito 引退
マケレレ 引退

第142回クライマックスシリーズの成績(通算成績42勝33敗)

ポストシーズンの対戦成績
チーム名
成績
Giants Dragons Tigers Carp Baystars
5勝3敗

後ほど編集するか、コピーする前に書きますので、ご了承を。



過去のトップページ集

73季最終成績
75季最終成績
76期最終成績
77期最終成績
78期最終成績
79季最終成績
89季最終成績
第101回最終成績 3位 72勝65敗3分
※第99回途中までチームWikiページにトラブルが生じていた為、表示できませんでした。編集具合についてはご了承ください。
111季最終成績
112季最終成績
113季最終成績
114季最終成績
115季最終成績
118季最終成績
119季最終成績
121季最終成績
123季最終成績
124季最終成績
125季最終成績
126季最終成績
127季最終成績
128季最終成績
129季最終成績
130季最終成績
131季最終成績
132季最終成績
133季最終成績
134季最終成績
135季最終成績
136季最終成績
137季最終成績
138季最終成績
139季最終成績
140季最終成績
141季最終成績
142季最終成績

~チームスローガン~ TOTAL BASEBALL!

言うまでも無く、総合力野球。
元々の由来は、TOTAL FOOTBALL!と呼ばれた、オランダの伝説的名選手、ヨハン・クライフが考案した。全員攻撃・全員守備で相手を震撼させ、オレンジ軍団は、当時は最強と呼ばれていた。
そして、ヤクルトはTOTAL BASEBALL!で、完璧と言っていい野球を目指し、相手を震え上がらせる。それは、投手・野手の能力を相応しくし、適応力を身に付ける野球をする。

打順 ポジション 選手名 {製作者名} 投打・フォーム 年齢(年数)
 [パワー ミート 走力 肩 守備]
得能
コメント
成績


選手紹介 (143回)

野手&能力&成績

1 〔 〕 どうっぱ {どうっぱ}  左打ち・普通  31歳 ( 10年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
盗塁○ 満塁男 安定感
今期は序盤は2番を打ったが、中盤以降は、トップを打ち、盗塁数63をマーク。リードオフマンとして素晴らしい活躍だった。来季も3割60盗塁を達成し、得点のチャンスをつくってほしい。

シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .314 22 91 64 2 63 1
142回 .284 14 67 67 1 49 1
141回 .301 14 80 71 2 54 3
140回 .300 11 61 69 0 53 3


2 〔 〕 メッサーラ {サザビー}  左打ち・普通  31歳 ( 10年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
盗塁○ 送球○ 守備職人 奪力
今期は、3割でのフィニッシュができず悔しい結果に終わった。この悔しさを来季に晴らし、3割奪回を目指す。課題は打点を稼ぐことだろう。
シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .299 17 68 67 0 47 0
142回 .316 14 76 78 0 45 0
141回 .287 11 63 88 2 32 0
140回 .293 16 67 74 1 57 0


3 〔 〕 猿野天国 {tomi}  右打ち・普通  33歳 ( 12年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
バント× チャンス◎ 固め打ち 威圧感 安定感
今期は.337をマーク。100打点を超える、勝負強さ、繋ぎと完璧に備わっている。来季は衰退期に入るが、衰えを感じさせない活躍をしてくれるだろう。

シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .337 34 111 59 3 18 0
142回 .293 37 116 69 1 3 0
141回 .310 26 103 66 6 5 1
140回 .298 28 114 71 2 6 3


4 〔 〕 駒宮宏明 {矢ノ宮亮樹}  右打ち・普通  33歳 ( 12年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
バント× AH 逆境○
今期の序盤は3番を打ったり、5番を打っていた。終盤には4番を打ち、成績も向上した。悔やまれるのは、100打点に届かなかったことだろう。今期オフに闘気を取得し来シーズンへの更なる飛躍を期待したい。
シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .329 19 96 63 5 44 0
142回 .313 11 72 73 6 36 0
141回 .291 14 65 66 1 33 2
140回 .314 17 81 57 2 40 1


5 〔 〕 たい焼き {うぐぅ}  左打ち・普通  38歳 ( 17年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
バント× 盗塁○ 守備職人 AH 内野安打 固め打ち 威圧感 闘気
今期は主に5番を務めた。打率も3割中盤をマークが衰えは明らか。だが走力はまだまだ健在で歴代野手の選手にもランクインされた。残りも僅かなので打率を荒稼ぎし、盗塁数も歴代ランク選手よりも少しでも稼ぎたい。
シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .339 19 83 42 0 42 0
142回 .316 19 77 41 1 41 0
141回 .351 26 84 41 0 58 0
140回 .332 21 99 32 1 49 0


6 〔 〕 ガル {カル}  右打ち・普通  39歳 ( 18年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
対左投手◎・盗塁× AH 満塁男 威圧感 安定感 闘気
今期は、100打点、30本塁打をマークできず不本意な成績に終わった。こんな成績で終わる選手ではない。来季こそ雪辱を誓う。今期のオフには「チャンス◎」が買えるので、習得して成績をあげてもらいたい。
シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .292 23 94 60 4 3 2
142回 .293 37 116 69 1 3 0
141回 .310 26 103 66 6 5 1
140回 .298 28 114 71 2 6 3



7 〔 DH 〕 カイト2 {kaito}  右打ち・普通  22歳 ( 1年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
盗塁× 固め打ち 威圧感
142回のオフの転生選手。転生して初めのシーズンは、誰もが驚く104打点をマークした。30本塁打まではあと1本及ばなかったが、充分すぎる活躍だった。守備が不安な為、キャンプで、ノックを練習させ、守備力をアップさせたい。また、お金を貯めて得能も充実させていきたい。

シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .271 29 104 91 1 9 0



8 〔 〕 CHARA3 {CHARA}  左打ち・普通  26歳 ( 5年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
威圧感
今期は、打撃成績はやや下がったが、盗塁数は21をマークした。今後のクリーンアップを打たせる日はもう目の前まで来ている。特殊能力の獲得が課題となるでしょう。

シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .277 15 76 66 1 21 3
142回 .301 23 100 67 4 16 4
141回 .250 18 76 57 4 13 0
140回 .278 17 71 64 3 13 0


9 〔 〕 双海聖二 {神代}  右打ち・普通  27歳 ( 5年目 )
[ PW:  MT:  走:  肩:  守:
サヨナラ男
ようやく打撃が向上してきた。ゆくゆくは主軸を任せられるように育てたい。とりあえず、安定感が欲しい。

シーズン 打率 本塁打 打点 三振 犠打 盗塁 失策
143回 .272 22 92 80 1 15 3
142回 .261 18 72 84 1 17 2
141回 .266 17 90 78 5 16 3
140回 .251 19 72 80 12 10 3


※ 打順は変更することがあります。
※ AHはアベレージヒッターの略、PHはパワーヒッターの略です。

投手&能力&成績

10〔 先発1 〕 蘿蔔頭 {pptry}  右投げ・アンダー  29歳 (8年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:148km/h 球種:パーム7
威圧感 安定感
次期エース候補と呼ばれた投手が、今季は開幕投手に任命された。15勝以上もマークしたことがなかったこれまでとは違い、真のエースと呼ぶに相応しい21勝をマークした。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 2.45 21 5 0 202 1/3 125 104 13
142回 3.70 14 7 0 184 2/3 96 88 23
141回 3.88 13 5 0 174 0/3 99 93 26
140回 4.21 8 14 0 177 1/3 115 90 29


11〔 先発2 〕 祈 {alate}  左投げ・オーバー  24歳 (7年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:152km/h 球種:スクリュー4
対左打者× 打たれ強い 威圧感
先発の2番手投手。今季も二桁勝利をマークし、防御率も改善できた。速球の速さは群を抜く。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 3.88 11 8 0 176 1/3 89 83 20
142回 4.70 12 11 0 153 1/3 68 82 20
141回 3.42 11 5 5 115 2/3 46 50 19
140回 3.16 2 2 21 25 2/3 9 11 5


12〔 先発3 〕 レノン {のぐち}  左投げ・オーバー  22歳 (1年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:145km/h 球種:Hスライダー2  フォーク1  シュート2
負け運 安定感
142回のオフに転生した選手。12勝をいきなりマークしたが、防御率がよくなかった。まずは負け運除去と制球アップをしていきたい。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 4.43 12 7 0 148 1/3 69 87 23



13〔 先発4 〕  増渕竜義 {ヤクルト}  右投げ・サイド  26歳 (5年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:151km/h 球種:SFF4 シンカー5
クイック× 打球反応○
142回のオフに転生した選手。最優秀救援投手獲得投手が、今季は先発に回った。序盤の登板は、6連勝スタートだったが、徐々に失速してしまった。初めての先発で、12勝をマークしたことは、価値のある勝利数といえる。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 4.16 12 8 0 153 2/3 84 74 18
142回 3.60 0 3 23 25 0/3 14 9 3
141回 6.17 0 4 29 35 0/3 19 20 11
140回 4.17 10 4 3 112 1/3 60 67 18



14〔 先発5 〕 殘兵 {okwap}  右投げ・オーバー  22歳 (1年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:147km/h 球種:ナックル3
一発病 威圧感
142回のオフに新規入団した選手。コントロール・スタミナはまずまずだが、一発病が致命傷。今季のオフに一発病を除去して、来季へ躍進したい。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 5.16 7 9 0 142 1/3 79 87


15〔 中継ぎ1 〕 天才投手 {J博士}  右投げ・スリー  23歳 (2年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:149km/h 球種:スライダー5
キレ× 打たれ強い
今季は9勝3敗5セーブだったが、防御率が改善されなかった。キレ×を除去して、防御率を大幅に改善させたい。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 5.05 9 3 5 123 0/3 62 80 22
142回 5.03 4 4 6 98 1/3 65 56 18



16〔 中継ぎ2 〕 後藤大輝2 {EAST}  右投げ・スリー  31歳 (14年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:148km/h 球種:Hスライダー6 ナックル6 シンカー5
ピンチ○ クイック× 打たれ強い 威圧感 打球反応○
今季は、スタミナが足りない為、中継ぎ投手の層の薄さをカバーする為、配置転換した。6敗こそ喫したが、防御率は非常に安定していた。来期も安定したピッチングを期待したい。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 2.15 10 6 6 171 1/3 107 63 11
142回 3.02 14 8 0 172 2/3 105 88 12
141回 2.09 18 3 0 189 2/3 91 75 15
140回 3.38 15 3 0 175 2/3 79 90 16


17〔 中継ぎ3 〕 極魔 {名無し}  左投げ・アンダー  22歳 (1年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:144km/h 球種:スライダー4 フォーク5
負け運 安定感
名無しの為、省略。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 6.25 6 3 4 93 2/3 38 62 16


18〔 抑え 〕 山野Ⅱ {山野}  右投げ・スリー  22歳 (1年目 )
[ 制球:  スタミナ: ] 球速:145km/h 球種:カーブ4 フォーク5
クイック× 威圧感
142回オフに転生した投手。ここ最近のシーズンは抑えが固定できず苦しんでいた。何と転生選手がいきなり30Sをマークして、他チームを震えさせる大車輪の活躍をした。抑え投手はこの選手で決まりだろう。
シーズン 防御率 投球回 奪三 四死球 被本
143回 1.21 1 1 30 37 1/3 23 14 3



ドラフト選手・新人選手

野手
①俊足巧打の選手
②守備重視の選手

投手
①先発投手
②変化球とコントロールの能力が高い投手
③中継ぎタイプ

希望球団は、どこでもを選択した選手でもキャンプをして下さい。

FA選手

野手
①一発があり、チャンスに強い選手。
②俊足巧打の選手

投手
①エース級の選手
②コントロールがBランク以上の選手
(いずれも空き枠次第)

野手総評

3割を大きく超えた選手が5人。
打点もアップし、得点率が5.9と更に上がった。


投手総評

転生選手が多い中で、不安視されたが、蘿蔔頭選手が21勝をマーク。
レノン選手、初めて先発を務めた増渕竜義選手も12勝をマークした。
中継ぎは後藤大輝2選手が、経験の浅い選手をカバー、特に抑えの山野Ⅱ選手は、30Sをマーク。これまでの抑えの不安を払拭させる大活躍だった。
盗塁数も250を超え、更に加速するチームとなった。

総合総評

18季連続の勝ち越し。
野手が攻撃で投手をカバーした。
投手は若手が多く、かなり不安だったが、蘿蔔頭選手が大車輪の活躍。
抑えの山野Ⅱ選手も大崩れすることなく見事な活躍だった。


来季の課題

Sランクを目指すには、編集者を増やさないといけない。
野手・投手が世代交代に突入するので、能力アップが必要になる。



評価の対象の時は、自選手のコメントの書き込みをお願いします。Sランクを目指して、皆さんで協力しましょう。編集者は、7名以上必要です。書き込みましたら、チームコメント内に「編集しました。」と書き込まないと評価の時に、1名が書き込んでいないとみなされます。


編集者
  • サザビー  (最終更新:第143回/更新箇所:全体及び修正など)
  • カル    (最終更新:第143回/更新箇所:野手1人のコメント)
  • EAST    (最終更新:第143回/更新箇所:投手1人のコメント)
  • 矢ノ宮亮樹    (最終更新:第143回/更新箇所:野手1人のコメント)
  • どうっぱ  (最終更新:第143回/更新箇所:野手1人のコメント)
  • kaito   (最終更新:第143回/更新箇所:野手1人のコメント)
  • 神代    (最終更新:第143回/更新箇所:野手1人のコメント)
  • のぐち   (最終更新:第143回/更新箇所:投手1人のコメント)
  • CHARA (最終更新:第143回/更新箇所:野手1人のコメント)
  • うぐぅ   (最終更新:第143回/更新箇所:野手1人のコメント)