パワパーク@Wiki 143回PS(ヤクルト)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

143回ポストシーズンの成績と総評です。


ポストシーズン2ndステージ 第1戦 ヤクルト×広島(神宮)

ヤ 2-0 広
[勝] 蘿蔔頭 1勝0敗0S
[負] 魔羽X 0勝1敗0S
[本塁打] なし
ポストシーズン第1戦の総評
ヤクルトの先発は、蘿蔔頭選手。広島の先発は魔羽X選手。1回表広島は、三者凡退。その裏のヤクルトは、1番どうっぱ選手、2番メッサーラ選手がヒットで出塁して、3番猿野天国選手が四球で満塁、4番が凡退して、たい焼き選手が先制タイムリー、ガル選手の押し出しで追加点。2回表の広島は、2死満塁で宝物だから選手が二フライでチャンスを生かせなかった。2回裏のヤクルトは、9番の双海聖二選手が、二盗・三盗に成功するも、メッサーラ選手が凡退。その後のイニングは、両チーム出塁はするが、後続が続かない。6回表に広島は、2死満塁でホームラン選手が遊ゴロで凡退。7回表も、併殺・盗塁失敗。8・9回はチャンスすらなかった。ヤクルトが1戦目を勝利した。


ポストシーズン2ndステージ 第2戦 広島×ヤクルト(広島)

広 10X-8 ヤ
[勝] 羽楓 1勝0敗0S
[負] 極悪 0勝1敗0S
[本塁打] [広] タカ1号 ハンカチ王子1号 コルト1号 assimilate1号 宝物だから1号

ポストシーズン第2戦の総評
広島の先発は、藍天客5選手。ヤクルトの先発は祈選手。1回裏広島は、1番の翠星石選手がヒットで出塁、2番・タカ選手が三振、3番のハンカチ王子選手の2Rホームランで先制。3回裏にassimilate選手の3Rで追加点。祈選手は、波に乗れずKO。その後も広島が攻勢。4回にリリーフした天才投手選手からタカ選手がソロ、コルト選手にも2Rホームランが出て3点を追加して、8点目。5回表にヤクルトは、双海聖二選手が遊内野安打で出塁、2・3番が出塁して満塁、4番駒宮宏明選手が右フライでチャンスを潰した。6回表に5番たい焼き選手がヒット・盗塁で2塁、CHARA3選手のタイムリーで1点を返し、メッサーラ選手がライト前にタイムリーヒットで2点を返し、3番猿野天国選手も続いて4点を取った。7回表に2死満塁から三者連続押し出しで7-8の1点差に迫る。8回表にカイト2選手のセンターへの二塁打でついに8点差を追いついた。ヤクルトは後藤大輝2選手が必死の粘りで、ゲームをコントロール。極悪選手も7回裏途中、8回裏と抑えたが、9回裏に宝物だから選手にサヨナラ2Rを打たれて、広島がサヨナラ勝ちを収めた。

ポストシーズン2ndステージ 第3戦 広島×ヤクルト(広島)

広 4X-3 ヤ
[勝] 謎樣 1勝0敗0S
[負] 山野Ⅱ 0勝1敗0S
[本塁打] [ヤ] 双海聖二1号
     [広] ハンカチ王子2号 assimilate2号

ポストシーズン第3戦の総評
広島の先発は、蔡兆原選手。ヤクルトの先発はレノン選手。3回表CHARA3選手の四球で、9番双海聖二選手が2Rでヤクルトが2点を先制。4回裏3番ハンカチ王子選手がソロホームランで1点を返す。5表裏は、チャンスを作るが決定機を生かせず。6回表にヤクルトは、カイト2選手・CHARA3選手の連続死球から、双海聖二選手がタイムリーで追加点。その裏に広島は、リリーフした後藤大輝2選手を攻めて、2死ながら二・三塁で宝物だから選手のレフトへの二塁打で1点差に。7回・8回裏に広島は得点圏まで走者を進めるも凡退。9回裏ヤクルトは抑えの山野Ⅱで必勝体勢。しかし、assimilate選手に逆転サヨナラ2Rを喫し、広島が日本シリーズ進出王手をかけた。

ポストシーズン2ndステージ 第4戦 広島×ヤクルト(広島)

広 0-2 ヤ
[勝] 増渕竜義 1勝0敗0S
[負] 紅 1勝1敗0S
[本塁打] [ヤ] 駒宮宏明1号
ポストシーズン第4戦の総評
広島の先発は、エース・紅選手。ヤクルトの先発は増渕竜義選手。2回表に駒宮宏明選手のソロで先制。増渕竜義選手は、初回にヒット1本を打たれるが、その後は抑え続ける。6回表にガル選手のタイムリーで追加点。8回表にも2死・二・三塁でガル選手のタイムリーで4点目。9回裏にタカ選手にヒットを打たれるが盗塁失敗でゲームセット。増渕竜義選手は三塁を踏ませない完璧な投球内容で2勝2敗のタイに。決着は最終5戦目に。

ポストシーズン2ndステージ 第5戦 広島×ヤクルト(広島)

広 3-4 ヤ
[勝] 殘兵 1勝0敗0S
[S] 山野Ⅱ 0勝1敗1S
[負] ファー 1勝1敗0S
[本塁打] [ヤ]ガル1号
     [広]コルト2号
ポストシーズン第5戦の総評
広島の先発は、ファー選手。ヤクルトの先発は殘兵選手。1回裏に3連打から5番・コルト選手のタイムリーで1点を先制。2回表にヤクルトは、CHARA3選手が二塁手のコルト選手の悪送球で二塁に。後続が凡退するが、8番・たい焼き選手がヒット、9番・双海聖二選手のタイムリーで1-1の同点。4回表にガル選手のソロで勝ち越し。5回表に、2死満塁でガル選手に打席が回るも中フライに終わる。殘兵選手は、3回に、2本のヒットを打たれピンチを迎えるが後続を抑える。4回以降は相手打線をノーヒットに抑える。7回表にどうっぱ選手・メッサーラ選手の出塁で、2死一・二塁。CHARA3選手の二塁内野安打でどうっぱ選手が生還で、追加点。9回表にも一死満塁で、CHARA3選手が中前タイムリーで4-1。しかし、後続が倒れる。9回裏にヤクルトの抑え・山野Ⅱ選手が登板。またも2Rを打たれ1点差に迫られる。その後、後続を何とか抑えて試合終了。ヤクルトが広島を辛くも振り切り、日本シリーズ出場権を獲得した。

日本シリーズ第1戦 オリックス×ヤクルト(大阪ドーム)

オ 5-6 ヤ
[勝] 極悪 1勝1敗0S
[S] 山野Ⅱ 0勝1敗2S
[負] ベロシティー 0勝1敗0S
[本塁打] [ヤ]猿野天国1号 ガル2号
     [オ]るぱん.Jr2号
日本シリーズ第1戦の総評
オリックスの先発は、山田久志選手。ヤクルトの先発は蘿蔔頭選手。1回裏に1死から三者連続ヒットで5番・るぱん.Jr選手の満塁アーチでオリックスが先制。2回表ヤクルトは、1死一塁で6番・ガル選手の2Rで2点を返す。その裏オリックスは、ヒットと四球が絡んでの押し出しで1点を追加。3回表に無死満塁から4番・駒宮宏明選手のタイムリー。なおも満塁だったが、後続が凡退で追いつくに至らなかった。その後は中継ぎ投手の踏ん張り合いで膠着状態に。6回表にヤクルトは、双海聖二選手、メッサーラ選手の二塁打ヒットで、3番・猿野天国選手の3Rで6-5で逆転。8回裏に極悪選手が2死まで漕ぎ着けて投手交代。四球2つでピンチを迎えるが、天才投手選手が踏ん張る。9回裏に抑え・山野Ⅱ選手が登板。三者凡退で、ヤクルトが日本シリーズ初戦を制した。

日本シリーズ第2戦 オリックス×ヤクルト(大阪ドーム)

オ 2-3 ヤ
[勝] 山野Ⅱ 1勝1敗2S
[負] 蛇魂王Ⅴ 1勝1敗0S
[本塁打] [オ] アルファクト1号
日本シリーズ第2戦の総評
オリックスの先発は、UnderSnow選手。ヤクルトの先発は祈選手。1回表に、2番・メッサーラ選手が二塁内野安打で出塁。その後、二盗・三盗に成功して、3番・猿野天国選手がセンター犠牲フライで1点を先制。1回裏に祈選手が二死満塁のピンチを何とか抑える。4回裏オリックスは、8番・アルファクト選手のソロで1-1の同点。この後は、お互いチャンスを広げられない、決定機が出ないまま延長戦に。10回表にどうっぱ選手のタイムリーで勝ち越し、その裏に抑え・山野Ⅱ選手が登板も、7番・オチローⅤ選手に同点タイムリーを打たれるが、三塁はタッチアウトに漕ぎ着ける。その後、二死一・三塁ピンチを辛うじて抑え、サヨナラのピンチを脱出。11回表に3番・猿野天国選手のタイムリー、メッサーラ選手が走力を生かしての生還。その裏、山野Ⅱ選手がオリックス打線を三者凡退に抑えて、ヤクルトがシリーズ2連勝を飾った。

日本シリーズ第3戦 ヤクルト×オリックス(神宮)

ヤ 4-7 オ
[勝] 蛇魂王Ⅴ 2勝1敗0S
[S] ユウタⅣ 0勝0敗2S
[負] レノン 0勝1敗0S
[本塁打] [オ] 大田良祐1号 彪流姜維Ⅲ1号
日本シリーズ第3戦の総評
オリックスの先発は、飛翔選手。ヤクルトの先発はレノン選手。1回表に、オリックスは二死・三塁で4番・彪流姜維Ⅲ選手の2Rで先制。その裏ヤクルトもどうっぱ選手・メッサーラ選手のダブルスチールをキッカケに3番・猿野天国選手の中前タイムリーで2-2の同点。その後、無死満塁のビッグチャンスで、ガル選手が凡退、カイト2選手が併殺でチャンスを生かせなかった。3回裏に相手の失策からCHARA3選手のタイムリーで、勝ち越し。4回裏にも駒宮宏明選手のタイムリーで1点を追加。5回表オリックスは、1死から9番・あれ選手、1番・河崎選手、2番・ウミツバメ選手のヒットで満塁。3番・大田良祐選手のグランドスラムで逆転。レノン選手はここで交代。後藤大輝2選手が登板。7回表にウミツバメ選手の二盗・三盗から大田良祐選手が犠牲フライでオリックスが1点を追加。そのあとのイニングは、チャンスを作れずオリックスが勝利を収めた。

日本シリーズ第4戦 ヤクルト×オリックス(神宮)

ヤ 3-8 オ
[勝] 天才投手 1勝0敗0S
[負] ベロシティー 0勝2敗0S
[本塁打] [オ] 大田良祐2号
     [ヤ] メッサーラ1号 カイト21号
日本シリーズ第4戦の総評
ヤクルトの先発は、増渕竜義選手。オリックスの先発は飛玉丸選手。1回表に、オリックスは3番・大田良祐選手の二盗・三盗から5番・るぱん.Jr選手のタイムリーで先制。3回裏に駒宮宏明選手の二塁内野安打で1-1の同点にヤクルトが追いついた。4回表にアルファクト選手の出塁で二盗成功。三盗失敗も9番・あれ選手が二盗・三盗で、1番・河崎選手のタイムリーでオリックスが勝ち越しで1-2。その裏ヤクルトも、1死満塁からどうっぱ選手が同点タイムリー。なおも満塁で、メッサーラ選手が凡退、勝負強い猿野天国選手も凡退で勝ち越せなかった。 極悪が奮投するも7回表に大田良祐選手が勝ち越しアーチで2-3。その裏、1死満塁でカイト2選手が満塁ホームランで逆転。8回裏にメッサーラ選手の2Rで、ダメ押し。9回表、オリックスは天才投手選手の前に三者凡退でゲームセットとなった。

日本シリーズ第5戦 オリックス×ヤクルト(大阪ドーム)

オ 5-8 ヤ
[勝] 殘兵 2勝0敗0S
[負] 趙雲子龍 0勝1敗0S
[本塁打] なし
日本シリーズ第5戦の総評
オリックスの先発は、趙雲子龍選手。ヤクルトの先発は殘兵選手。先制点はヤクルト。3回表に4番・駒宮宏明選手の2点タイムリー。7回表にガル選手のタイムリーで0-3。9回表に先頭のメッサーラ選手の四球からビッグイニングのキッカケとなる。ガル選手・カイト2選手・たい焼き選手の連続タイムリー。更に、双海聖二選手の押し出し四球。どうっぱ選手が凡退で、メッサーラ選手二度目の打席でタイムリーで一気に5点を追加。しかし、オリックスもその裏に打者一巡の猛攻で5点を返すも時既に遅かった。日本シリーズは、ヤクルトの4勝1敗で、143回シーズンを終えた。