パワパーク@Wiki 戦力分析・対戦成績(ヤクルト)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セ・リーグ5チームの戦力分析と対戦成績です。



&BR()は改行です。編集の時は、半角小文字で入力して下さい。

146回 セ・リーグ5チームの戦力分析


広島
投打共にレベルの高いチームで優勝争いに加わってくる。
野手は、1・2番出塁からクリーンアップで還すスタイルが特徴。
下位打線も繋がれば、脅威になる。
投手は、個々の能力が高い。
特に紅選手は、要注意の一人にあげられる。タイトル争いに必ず名が挙がる。
中継ぎは若手揃いだが、能力は高く、抑えも能力は折り紙付き。


阪神
Aクラス争いに割ってくる、1番手のチーム。
陳金鋒選手は昨季の野手MVP。彼を軸に打線を機能させるだろう。
また、1・2番も盗塁○を持ち四球すら許されない。出塁されると必ず二盗・三盗としてくる。
投手は、中継ぎが不安だが、それ以外は申し分ないレベル。
ベテランが多いが、能力は高い。橘子選手を中心に、勝ち星を積み重ねてくる。世代交代に成功するかがポイントだろう。


横浜
守備に不安を抱えるが、攻撃力はリーグ屈指。
タカ選手の復帰で、台風の目になりそうな予感も漂う。
1・2番のミートが高く、相手は厄介となりそうだ。
チャンスでのクリーンアップは、破壊力がある。どの打順で食いとどめるかがポイント。
投手は、先発のスタミナ不足が不安。
だが、中継ぎ・抑えが安定しているので、先発投手を叩くことで、チームの浮沈も関わってくる。


巨人
かつては優勝をしていたが、ここ最近は低迷している。
守備に大きな不安を抱えるので、攻撃がどこまで機能するかだろう。
打線のキーマンは、hero選手。闘気持ちで成績も安定している。
投手は、抑えのJ.J.プッツ選手の能力が高い。
先発投手は、松阪小輔選手が中心。楓選手は、UFO投法という新投法が武器。
打線が打ちまくらないと苦戦は必至。


中日
120回代は無類の強さを誇っていたが、130回以降は低迷している。
打線は、☆サイバー☆選手、中田翔選手が軸。
走力はBランクの選手がいるが、出塁しないと悪戦苦闘しそうだ。
投手は、蔡兆原選手・深深深選手が中心。
中継ぎ・抑えに名無し化が多い。
フォビ選手に注意することだろう。


146回 セ・リーグ対戦成績


VS広島  21勝 7敗 0分


VS阪神  22勝 6敗 0分


VS横浜  16勝 12敗 0分


VS巨人  14勝 14敗 0分


VS中日  23勝 4敗 1分



147回 セ・リーグ5チームの戦力分析


広島


阪神


横浜


巨人


中日


147回 セ・リーグ対戦成績


VS広島  勝 敗 分


VS阪神  勝 敗 分


VS横浜  勝 敗 分


VS巨人  勝 敗 分


VS中日  勝 敗 分



148回 セ・リーグ5チームの戦力分析


広島


阪神


横浜


巨人


中日


148回 セ・リーグ対戦成績


VS広島  勝 敗 分


VS阪神  勝 敗 分


VS横浜  勝 敗 分


VS巨人  勝 敗 分


VS中日  勝 敗 分




最終更新者:サザビー
合計: -
今日: -
昨日: -