パワパーク@Wiki 第145回オリックス

The 50th league champion!!
オリックス・バファローズ #ref error : ファイルが見つかりません (buffalose.gif)
リーグ優勝53回 日本一28回

101期以降の通算成績:3994勝2191敗115分 勝率.646
リーグ優勝25回(102、104、105、107~111、121~123、127、132~145期) 日本一12回(110、111、121、122、130、132、136、138~142期)

編集する際はページ更新時にページ全体をコピーしてエラー時に備えてください

また更新した人は一番下にある欄に名前を変えておいてください


球団史

リーグ優勝と日本一は両リーグ最多を誇る。
30・40期台はオリックス第1次黄金期で広島の黄金期と並びあけペナ界1世紀の中で最強の呼び声も高い。
70・80期代は打線が瀕死状態でこの頃は完全に暗黒時代。
しかしこの80期代後期から徐々に力を付け、90期代になるとようやくAクラスに食い込めるようになった。
そして100期代では6度の優勝を飾り久々の黄金時代を築いた(第2期)。
しかし全盛期の選手が抜けはじめた110期代は常にAクラスと優勝争いに食い込むも優勝から遠ざかっていた。
120期代に入るとリーグ屈指の攻撃型チームとなり121~123期にかけ3連覇を達成。さらに他チームの戦力低下や、ベテランユーザーの定着率の上昇等が追い風となり現在は長期連覇中でチーム史上絶頂期にあたると言われている(黄金期第3期)。
142期に50度目のリーグ優勝を達成。

過去オリックスの名選手というと、あけペナ球界唯一の通算防御率1点台・山吾、ミスター最多勝・唯讀、ドクターK・浪速四天王辻内、打点の神様・GoGoSnow、不惑の盗塁王・城戸、タイトル14度獲得のタイトルハンター・彪流姜維等々数多くのスーパープレイヤーがいた。

   派   生   リ   ン   ク
オリックス板-orix ita- オリックスの掲示板です/ *゚_>゚)
オリックス殿堂館 (更新休止)引退選手名鑑ですm9(゚∀゚)9m
オリックス退団選手名鑑(投手) (更新休止)エースや炎上投手の史跡帳です(全28人)ゝc!l゚ ヮ゚ノレ
オリックス退団選手名鑑(投手/part2) 永久保存版名鑑の投手版part2。300勝投手の飛玉丸からスタート
オリックス退団選手名鑑(野手) 偉大なるバットマンの記録集ンボー!(【゚∀゚)
オリックス・バファローズ・レコード・ブック 容量の関係で記録関連を別ページに移動しました
オリックス・保存ページ倉庫 トップページに残っていた一言回顧&保存ページのログです
オリックスバファローズ史 派生ページです♪

145期成績 95勝44敗1分 勝率.683 (1位)

通算成績 5667勝4058敗215分 勝率.583

※74~77、79期~の通算(公式戦のみ)

#ref error : ファイルが見つかりません (batting.gif)    野手紹介

※並びは50音順・個人タイトルの受賞記録は116期以降
12年目で初の3割打者に

アルファクト (ある)
135~オリックス
ベストナイン(141・142・144・145)、新人王(135)
バランスの良さが特徴の若手野手。走攻守ともに安定しているが、この中で打撃面だけはまだちょっと物足りない印象。1年目はいきなり.281の打率を残し新人王に選出されるも、その後3シーズンは2割5以下と低迷。しかし139期から成績は上がり続け141期は八番打者ながら100打点を達成。142期は打率.298をマークしいよいよ次は3割の期待を抱かせたが、143・144期はまさかの打率ダウンとまさかの大不振に。そしてアベレージヒッターを習得した145期に.310でついに初の3割を達成。河崎が不振に陥ってることもあり来期は上位を打つ可能性も出てきた。このまま上昇してほしいところ。
135 .281 173 12 85 19
136 .236 134 8 59 13
137 .231 133 8 52 18
138 .249 138 9 67 11
139 .277 160 10 64 24
140 .284 169 16 81 20
141 .291 170 19 103 14
142 .298 178 26 95 26
143 .244 138 16 61 13
144 .289 168 22 90 15
145 .310 180 11 99 19

通算でもシーズンでも最高打率保持の超アベレージヒッター

大田良祐 (ナンバ7)
131~オリックス
MVP(142・144)、首位打者(139・142・144)、盗塁王(142)、ベストナイン(133~145)、新人王(131)
142期に77シーズンぶりとなる史上2人目の4割打者となったアベレージヒッター。通算打率でも史上唯一の3割3分台をマークしている脅威の三番打者。最初から威圧感を所持しているラッキーなルーキーでいきなり打率.304、25盗塁とルーキーイヤーから持ち味を十二分に発揮し堂々新人王を獲得。翌2年目は前半戦大不振でいわゆる二年目のジンクスにはまってしまった。後半になり大きく巻き返し2割8分台にまで持ち直したのは力がある証拠か。結果的に不調に陥ったのはこの年だけで133期は2期ぶりに3割を記録し、20本塁打を打つなど長打力も徐々に発揮。134期はついに200本安打を記録し不動の一番に。138期にはチームでは恐らく初のトリプル3を達成しそれに加え100打点を突破する等凄まじい成績を記録。勢いは留まることなく翌139期もトリプル3&100打点を記録。そして.371のハイアベレージでついに首位打者を獲得。140期は打率こそ下がったが36本塁打を放ち長打力も非常についてきた。翌141期はこれまで30台が続いていた盗塁数を一気に50台へアップ。142期はさらに加速。打率.416を記録しduo3.0(西)が記録して以来となる4割打者となり77期ぶりにシーズン最高打率を更新。開幕時から凄い勢いで打ち続け、一番か三番かの起用法をめぐって起用変更合戦が勃発。結局は後半から三番に落ち着き、首位打者・盗塁王・MVPとタイトルを総ナメした。この快進撃でついに通算打率1位に立ち打率に関しては完全に極めたといった感じに。衰退期に突入した翌143期はさすがに打率3割4分とダウンしてしまったが2期連続の40本塁打100打点と中軸として完全定着。144期には3度目の首位打者を獲得。145期は久々に通算打率を下回る.332でさすがに全盛期のような超越した猛打はあまり見られなくなったが、まだまだクリーンナップの座は譲れない。
131 .304 162 14 56 25 143 .341 193 40 150 36
132 .287 162 9 73 20 144 .365 198 40 131 32
133 .307 187 20 89 31 145 .332 191 32 114 30
134 .313 201 15 67 38
135 .314 194 21 83 33
136 .333 212 22 81 38
137 .317 196 23 80 39
138 .328 205 31 109 36
139 .371 221 30 106 36
140 .328 202 36 105 34
141 .347 205 36 110 53
142 .416 243 43 149 69

超特能ゲットでタイトル争いに参戦したい

るぱん.Jr (abba)
135~オリックス
ベストナイン(136・137・139・142・144)
強打と守備という珍しい組み合わせが特徴のスラッガー。1年目から打順はほぼ下位だったものの打率.288に85打点と新人離れした成績を残した。さらに翌136期は本塁打を20本台に乗せると、137期は32本塁打と順調に本塁打数を伸ばしている。136期から五番に定着しているが2期連続100打点とクリーンナップの責務をしっかり果たしている。138期は不振だったが、139期から143期にかけ5期連続100打点をマーク。当初は攻撃型選手だったが守備面で大きく成長を見せ、今や不動のショート・ストップに。連続100打点は継続中も143期頃には成績が打ち止め傾向だったが、144期は闘気習得で打率.349の高打率をマークし、翌145期も自身2番目のベストとなる.328と怖い五番打者に成長。攻守に置いてスキは無くなった。
135 .288 169 13 85 7
136 .274 158 21 109 4
137 .285 168 32 115 10
138 .271 159 19 84 7
139 .324 188 31 112 8
140 .302 178 30 132 3
141 .280 164 27 113 12
142 .271 164 31 125 6
143 .283 163 21 103 9
144 .349 193 32 135 8
145 .328 176 20 104 9

さすがに前選手程の鮮烈デビューではないが

オチローⅤ (オチロー)
143~オリックス
新人王(143)
あけペナ史上五本の指に入る最強の四番バッター「オチローⅣ」の転生選手。今度は初期能力に威圧感は付いておらず、1年目は打率.254、21本塁打とさすがに再現とまではならなかったが新人王を獲得。しかし2年目3年目と成績は低下した。野手陣は中堅以上がズラリと並び、今後のチーム事情も考えると大事に育ってほしい若手。
143 .254 151 21 76 9
144 .236 136 23 88 2
145 .247 140 19 86 3

クリーンナップクラスの恐ろしい二番打者

ウミツバメ (Fish@HIAOC)
134~オリックス
MVP(145)、本塁打王(145)、ベストナイン(140~145)、新人王(134)
T.B.Bird改めFish@HIAOCさんの新選手。足の速さが武器で1年目は打線好調の影響を受け83打点をマーク。そこからは若干盗塁数は伸ばすも打撃面では停滞状態だったが、137期は打率3割台を記録し138期は97打点を記録。さらに翌139期は大台の100打点を突破し球史初の100打点セクステット最後の打者として名を刻んだ。次のシーズンも打点マシンぶりは変わらず前年を大きく上回る135打点をマーク。とはいえ打率は依然低い状態が続いていたが、威圧感習得の141期は自己最高の.322を記録。ようやく打順も二番になり光が当たりだしてきた。その二番で143・144期ともに35本塁打120打点をクリア。145期には河崎の不調で一番打者に定着した。出塁能力だけでなく強打も充分クリーンナップ級に値するので相手投手にとって非常に厄介な選手。
134 .265 150 10 83 14
135 .272 161 14 83 19
136 .264 149 12 71 21
137 .302 171 14 84 25
138 .290 168 15 97 16
139 .256 151 23 102 18
140 .279 166 26 135 14
141 .322 183 32 117 24
142 .311 187 35 109 39
143 .339 211 36 147 32
144 .329 194 38 128 28
145 .317 194 39 117 32

打線に谷間を作らない安打マシン

河崎 (聡3)
131~オリックス
盗塁王(143)、ベストナイン(139~141・143・144)
巧打と足の速さが特徴的な大田良祐と1・2番を組む同期入団の中堅選手。ルーキーイヤーとなる131期は打率2割半ば、盗塁は20に1つ届かなかった。2年目となる132期のキャンプで左投手に弱いと言う弱点を克服、すると開幕から別人のように打ちまくり、一時期は.350を記録していた。が、最終的には丁度.300。しかし盗塁を除く全ての打撃成績で前年を上回った。133期は本塁打・打点・盗塁数は増加したものの打率は2割半ばとやや後退し、それに伴い打順も9番に降格。134・135期はそこそこの成績を残すも強力打線にあって下位に定住したまま。ややじり貧状態だったが、136期は自己最高の打率.315をマークし成長の跡を見せた。翌137期も好調を維持しZenkの後釜として二番に定着。139期は長打が冴え二番という打順ながら100打点突破。140・141期は本塁打数はグンと減ったが.329の高打率をマーク。他球団ならまちがいなくトップか三番あたりを務めれる充分柱になれそうな選手だ。同シーズンのアベレージヒッター習得で打撃安定感がグッと増した感。守備でも進歩を見せ不恰好であった二塁守備も大分安心して見れるようになってきた。141期後半より1番に抜擢。それに伴い盗塁も142期から連続50個と大幅増。打率は4期連続で3割2分以上を記録してきたが144・145期ともに3割を割ってしまった。出塁機会が減ると盗塁数まで減ってしまうので挽回してほしいところ。
131 .258 145 6 48 19 143 .322 208 19 82 59
132 .300 178 10 56 15 144 .293 189 13 65 35
133 .265 156 12 70 23 145 .274 185 13 61 40
134 .292 163 9 81 23
135 .272 156 10 79 25
136 .315 181 11 73 22
137 .318 207 16 81 28
138 .269 176 13 67 24
139 .325 209 25 108 36
140 .329 212 15 84 27
141 .329 217 13 93 33
142 .319 212 14 93 51

将来は本塁打量産のスラッガー

Zenka (steve)
138~オリックス
ベストナイン(140)、新人王(138)
将来クリーンナップを打てる力のある若手。1年目は低打率に喘いだが15本塁打とそこそこ長打力を見せ、翌139期は本塁打数を20本に乗せて打率も若干ながらアップさせ、140・141期はおもに七番を務めながら100打点をマーク。143・144期は六番で100打点。145期は3割に到達し確実性が大分出てきた。チームの野手では唯一の高卒選手。世代交代の一番手として期待は大きい。
138 .236 134 15 82 1
139 .267 153 21 89 4
140 .279 163 18 105 4
141 .258 145 24 106 7
142 .258 153 24 93 6
143 .268 156 23 107 10
144 .283 160 24 102 6
145 .310 173 28 116 10

いまだ誰も踏み入れたことの無い800号の世界へ

彪流姜維Ⅲ (JASON)
127~オリックス
MVP(134・138)、首位打者(134)、本塁打王(134・137~139・144・145)、打点王(134・138・144)、ベストナイン(128~142・144)、新人王(127)
彪流3代目の選手で今度もスラッガータイプ。今までは台頭までに時間がかかっていたが、今度は1年目から25本塁打・82打点の活躍で早速力を発揮。テスト(ソ)を抑え野手新人王を獲得。翌2年目も同じ25本塁打でジンクスを打破。97打点はチーム最多でクリーンナップでは最高の働きを見せた。129期は後半の活躍で六番ながら120打点をマークし不振だったオチローとの評価を逆転するシーズンに。翌シーズンは不振だったが131・132期ともに打率3割30本塁打110打点以上と四番のオチロー以上の活躍を見せ、両シーズンともチームMVP(非公式)。133期は.343の高打率に初の40本塁打をマークし、全打撃部門で2位につけるという準三冠王になると、翌134期は三冠王に躍り出た。リーグ最高レベルの打者・オチローを抑えてのこの勲章はまさに圧巻でしかも特殊能力が安定感と威圧感だけの20代での達成。132期からは課題だった守備力も向上し指名打者解除。波の少ない選手でもあり打線の中核を打つにあって非常に頼もしい。135期は26本塁打94打点と彪流にしては物足りない成績だったものの、136期は40発130打点としっかり巻き返したところはさすが。137期はオチローとともに初の50本塁打コンビに。138期は2期連続の50本塁打で二冠王を獲得。139期は9期ぶりに打率2割台、本塁打も40台に落ち着いたが、それでも同僚のオチローを振り切っての3期連続本塁打王。140・141期は連続50本塁打160打点も、ソフトバンクのネイル選手が歴史的な数字を残す活躍っぷりでこの2期はタイトルに届かず。翌142期はオチローの引退を待たずに四番を奪取。記録では全ての面で前任者を下回ってしまったものの、ようやく戻った定位置で残りのシーズンで本塁打と打点の記録を狙う。143期は打率以外の成績で上回っていたのにも関わらずソフトバンクの中山がベストナインに選出され、入団2年目から続けていた連続選出がついにストップ。オチローの残してきたものがあまりにも圧倒的で三番時代が長かったが、見方を変えればあけペナ史上ではまちがいなく最高の三番打者と言える。144期は本塁打・打点の二冠をゲットし実に5期ぶりのタイトルホルダーとなった。
127 .274 25 82 4 138 .366 207 50 144 7
128 .285 25 97 1 139 .293 171 46 134 10
129 .285 161 31 120 3 140 .368 192 51 160 5
130 .280 160 29 90 5 141 .348 204 50 169 6
131 .306 168 31 112 8 142 .352 194 38 160 8
132 .306 181 36 122 6 143 .324 180 44 149 7
133 .343 200 40 123 7 144 .338 189 43 162 2
134 .356 205 43 138 15 145 .319 176 37 133 1
135 .310 179 26 94 10
136 .346 195 44 130 12
137 .312 179 52 135 17

打つほうは目を瞑りたい守備のスペシャリスト

あれ (あれ)
135~オリックス
広い守備範囲に精度の高い守備を魅せるオリックスの中堅手。若い頃はややボロも多かったが年数が経つにつれて今やリーグ最高の守備力を誇る。ただ打撃面では全くのいいところ無しで、入団以来ずっと九番定住状態。とはいえ「俊足堅守」タイプが多い中、それに「強肩」が加わっている選手は同リーグでは非常に貴重な存在。このままいけば「生涯完全9番打者」の可能性も。
135 .233 132 8 62 18
136 .225 127 7 52 23
137 .218 123 7 54 19
138 .244 138 10 65 22
139 .250 141 6 50 26
140 .256 150 11 71 18
141 .252 144 16 84 21
142 .288 172 8 66 43
143 .283 159 9 70 44
144 .252 145 9 53 22
145 .278 159 11 60 26

#ref error : ファイルが見つかりません (pitcher.gif)    投手紹介


先発転向後3シーズンのうち2シーズンが20勝

[先] UnderSnow (Snow)
137~オリックス
新人王(137)
投手でも打者でも俺ペナ界で様々な記録を打ち立ててきたSnowさんの新選手。元々オリックスに長年在籍していたこともあって非常に頼もしい復活戦力。その実力はやはり只者でなく、いきなり防御率3点台に二桁10勝と20人近くいた新人王レースをぶっちぎりで駆け抜けた。翌138期は防御率2点台前半とさらに安定感上昇。さすがに順調にいきすぎたか139期はそのツケが回ったかのような防御率7点台に被本塁打18と滅茶苦茶なシーズンに。それでも140期はしっかり防御率を3点台、141期は2点台に留め着実に成長を果たしている。予定より1期早く先発に回った142期は防御率2.75の好成績でなんと20勝をマーク。蛇魂王Ⅳが先発から外れながらそれ以上の貢献を果たしてシーズンを乗り切った。ただこのまま無事でいけるという確証は無く、被本塁打が20本を超えているあたりこの防御率を維持できるかが不安点。翌143期は18勝を挙げ、144期は2期ぶりの20勝。しかし被本塁打の多さは変わらず防御率は段々悪化傾向。145期は若干内容が改善したがもうちょっと安定してほしいところ。
137 3.56 10 4 4 83.1 48
138 2.21 4 2 2 85.2 52
139 7.79 5 3 3 67 31
140 3.91 11 4 4 92 42
141 2.31 4 3 6 93.2 55
142 2.75 20 2 0 216 129
143 3.69 18 6 0 190 85
144 4.17 20 3 0 190 114
145 3.51 15 3 0 195 113

昨日の友は明日の…

[中] 右近の橘 (蓮琥)
140~143阪神、144~145オリックス、146~楽天
ベストナイン(144)
元阪神の軟投型投手。わずか2年の在籍だったが中継ぎで大きく貢献。特に144期は防御率1点台10勝無敗の成績。前のチームではストッパーとして成功していたこともあり、若いながらピッチングスタイルがほぼ完成されていたのが魅力だった。自分の投球を磨くため、もがき苦しむ低迷中の楽天へ移籍。同リーグということもあり厄介な強敵になりそう。
144 1.68 10 0 6 107.1 46
145 3.91 12 6 4 117.1 58
(6年) 3.36 31 20 96 198

バリバリの時期にオリックスへやって来た頼もしい右腕

[先] 趙雲子龍 (蜀)
125~133巨人、134~145オリックス
MVP2回(136・138)、最優秀防御率1回(134)、最多勝利3回(136・138・139)、ベストナイン4回(136・138他)
旬の時期に巨人から移籍してきた右腕。速球・変化球・制球とどれをとっても一級品レベルで、移籍初年度から防御率2.33と非常に安定したピッチングで15勝をマーク。136期はリーグ最多の17勝を挙げ防御率も3シーズン続けて2点台中盤を維持。137期は初めて防御率3点台とやや精細を欠いたが、翌138期は自己最高の防御率に初の20勝を挙げ2期ぶりのMVPに。さらに139期も連続20勝を達成。140期は防御率・投球回数ともに移籍後最悪でやや衰えが見え出してきたが、141・142期はともに16勝に防御率2点台としっかり修正。巨人時代から“負けの少ない”投手として活躍していたが、オリックス移籍後もそのスタイルは変わらず。唯一五番手がいなかったオリックス先発陣を穴埋めどころか完璧なものに仕立て上げた救世主ともいえる存在。ここまで高レベルの次元で安定していたが143期防御率4点台後半と大乱調。残す2年も成績こそ挽回したがスタミナ面等、全盛期にほ程遠い状態になってしまったのは残念。通算275勝を挙げ歴代14位にランクイン。これだけの勝ち星を挙げていながら負け数は2桁なのは見事。
134 2.33 15 7 0 193 113
135 2.72 15 7 0 191.2 111
136 2.48 17 4 0 196.1 112
137 3.30 13 8 0 185.1 92
138 2.14 21 3 0 202.1 120
139 2.18 20 2 0 198 101
140 3.52 17 5 0 174 83
141 2.79 16 4 0 187.1 96
142 2.72 16 1 0 175.1 95
143 4.65 12 5 0 151 72
144 2.63 12 4 0 157.1 89
145 3.80 13 7 0 147 70 (21年) 2.95 275 98 18 1833

これまで中継ぎでそこそこだった投手が先発転向した途端脅威のスタミナで24勝をマーク!

[先] ベロシティー (dumas)
134~オリックス
MVP(144)、最優秀防御率(144)、最多勝利(144)、奪三振王(144)、ベストナイン(144)
全ての能力において、平均的な能力のピッチャー。1年目は防御率7.07と派手に打ち込まれ、投球回数に迫る66個の四球病に悩まされたが、翌135期は投球回はそのままで与四球を35と大きく下げ、防御率も4.00ジャストと投球内容を大幅改善させ、ようやく戦力といった形に。136期はやや防御率悪化も137期は四球病の再発も初めて防御率を3点台に留め順調に成長しており今後の期待を抱かせる内容であった。138・139期には続けて防御率を2点台としたが、140期以降はいずれも3点台以上と成績に打ち止めがかかった模様。どうももう一歩抜けれない状況だったが144期に先発に転向したのが大当たり。チーム新の233投球回を投げ史上2人目のシーズン24勝をマーク。中継ぎにしてはもったいない無尽蔵のスタミナが職場を変えた途端に輝きだした。しかしさすがに出来すぎだったか翌145期は防御率3点台に16勝と一気に能力通りの成績に。20勝とまでは言わないまでも15勝は充分期待できる投手。
134 7.07 3 5 2 71.1 35
135 4.00 7 2 2 72 43
136 4.58 5 4 4 76.2 44
137 3.53 8 4 1 79 47
138 2.57 6 2 4 84 57
139 2.46 4 5 4 84 45
140 4.05 5 1 7 73.1 30
141 3.71 3 2 6 70.1 45
142 3.66 5 4 4 71.1 36
143 3.20 7 5 7 138 90
144 1.58 24 2 0 233 146
145 3.44 16 5 0 201.1 124

数シーズン後は先発をやっているかもしれない左腕

[中] 蛇魂王Ⅴ (ナーガ)
143~オリックス
143期入団のスクリューボールを武器とする左腕。まだまだ二線級ということを痛感させられる状態で、じっくり実戦を重ねていずれは先発といきたい。
143 5.51 5 4 4 83.1 34
144 6.69 3 7 6 74 36
145 6.88 6 4 5 103.1 64

これまで防御率2点台がわずか1度だった投手が、突如1.72のキャリアハイを記録

飛翔 (flyhigh)
127~オリックス
MVP(141)、最優秀防御率(141)、奪三振王(135~143)、ベストナイン(141)、新人王(127)
オリックスが目をつけた掘り出し物。コントロール・スタミナBに加え威圧感持ちと非常に高い完成度を誇ったルーキーで、蓋を開けてみても評判通りに高い素質は変わりなく13勝を挙げ堂々の新人王に。先発での防御率3点台というところが評価できる点で内容も良く、少ない球種ながら相手打者をのらりくらりとかわした。翌128期は14勝、さらに129期は16勝を挙げ、もう一歩で最多勝のところまできた。ただ順当に来ているとはいえ、打ちにくい投手といった感じではないので油断は禁物。130期はチーム最多の13勝も防御率4点台後半と不安定であった。さらに翌131期は絶不調で防御率5点台と大荒れでシーズンわずか4勝に終わってしまった。2桁勝利に届かなかったのは入団後初めてで、ここまで順調に来ていた分、ひとつ自分の投球を見つめなおすいい機会となったか。132期に16勝を挙げ復活すると以後完全に安定。134期は初めての防御率2点台で、135~143期までずっと奪三振王を獲得し今や堂々のタイトルホルダー。奪三振王独占というのは野球浪人Xを彷彿とさせる。131期は思わぬスランプだったが、再び快調な勝利数ペースに戻ってきた。137期を除いて134期から139期は毎年200投球回を突破し、まさに油の乗り切っている時期だった。11年目の137期に通算150勝達成。138期はチーム記録の194奪三振を記録。防御率は抜群に良くはなく安定感にはやや欠けるがチームには手薄な豪腕型といった感じの投手だったが、141期は初めて1点台の防御率を残し22勝をマークし自身初のMVPを獲得。突如成績が良くなったのは被本塁打が半減したのが大きいか。翌142期も自身2番目のベストとなる防御率2.50を記録し17勝。飛玉丸の引退、趙雲子龍に衰えが見え出してきていることを考えるとエースとしてこれ以上の働きを期待したいところ。9期連続奪三振王もさすがに年には勝てずここ2シーズンは奪三振120個台と往年のような球のキレは無くなってきている。300勝まで残り22。
127 3.72 13 8 0 162 138 3.88 14 7 0 201.2 194
128 3.80 14 11 0 177.2 139 3.07 15 4 0 205 181
129 3.55 16 8 0 190.1 87 140 3.55 17 3 0 198 179
130 4.71 13 10 0 179.2 92 141 1.72 22 2 0 219.2 189
131 5.59 4 11 0 161 86 142 2.50 17 4 0 198 151
132 3.06 16 7 0 197.1 108 143 2.95 13 6 0 180 143
133 4.14 12 8 0 116 144 2.98 17 3 0 184.1 125
134 2.67 16 5 0 202.1 106 145 2.91 13 5 0 173 126
135 3.13 15 6 0 204.1 149
136 3.17 17 4 0 210 166
137 4.14 14 5 0 193.2 146

12年の潜伏期間を経てスターターへ復帰

[先] 野球浪人α (野球浪人)
131~オリックス
ベストナイン(140・141)
131期入団の若手左腕。前回の選手はナックル一本の投手だったが、今回はそれに高速シンカーも交え投球の幅を広げることが狙い。だがそれと引き換えに非常にノーコンで投球内容は安定しない。1年目は6点台近い防御率で、2・3年目も防御率5点台で先発転向も7勝を挙げたのが精一杯。いずれのシーズンも規定投球回にすら届かず、戦力にはならなかった。投球回数に迫る四球の多さが致命傷だが最近は解消されつつある。134期からは先発陣の枠が埋まってしまい中継ぎのシーズンが続いているが最初2年は防御率3点台と好成績。しかし136期は防御率5点台と攻略されてしまい、137期は4点台。投手事情で起用機会が減りアピールする為には確実に抑えていくしかない。138期は3期ぶりに防御率を3点台に戻し、翌139期は防御率を初の1点台、140~142期は2点台としっかりと成長を見せている。先発をやめてから丁度10期が経過し144期からは再び先発に再挑戦し、防御率3点台に16勝と今度は実績も信頼も以前とは違う姿を見せた。選手としてのピークは過ぎており、ベテランらしい投球術が求められる。
131 5.70 7 6 2 102.2 48 143 3.07 9 3 3 135 83
132 5.19 7 7 0 130 66 144 3.03 16 6 0 181 111
133 5.26 7 9 0 71 145 3.68 10 7 0 161.1 92
134 3.67 4 2 9 88.1 45
135 3.87 8 2 7 102.1 69
136 5.61 2 6 3 69 44
137 4.10 8 3 5 101 70
138 3.51 4 2 3 59 41
139 1.86 5 3 4 77.1 42
140 2.82 8 2 5 99 61
141 2.25 7 4 3 80 52
142 2.19 8 1 2 94.1 48

まずは中継ぎで経験値を積む

[中] 山田秋親 (yamata)
144~オリックス
144期入団のシュートピッチャー。将来は先発の一角を担ってほしい。
144 5.18 5 4 3 83.1 44
145 4.32 9 6 6 127 66

なかなか進歩が見られない悩める守護神

(抑) ユウタⅣ (ゆうた)
140~オリックス
最多セーブ(140~142・144)、ベストナイン(141)
ルーキーながらいきなりセーブ王を獲得した若きクローザー。転生前の選手が抑えで入団後もその配置は変わることなくシーズンイン。武器はまだ何も持っておらず中継ぎでもひやひやするレベルで、案の定防御率5点台で抑えとしての役目はとても果たせなかった。四死球の多さがまだ地に足が付いていないことを物語っている。その後も起用法は変わらず、141期は防御率を3点台と大幅良化したものの、翌142期は6点台と炎上癖が収まる気配はまったく見えてこない。それでも他球団が勝ち星自体なかなか挙げれていないのが追い風となり、142期まで3期連続、144期とセーブ王をこれまで4度受賞しているほど運を味方につけているのは頼もしい。後ろを任せるにはあまりにもの足りないが、それでも務まるのが先発に自信があるというチーム状況の表れか。とはいえ先発陣は世代交代期に突入し、今後はこのポジションが重要され出してくる。それまでになんとか安定感を身に付けたいところ。
140 5.79 0 1 24 28 11
141 3.25 1 2 25 27.2 8
142 6.49 2 4 26 34.2 17
143 4.75 3 2 22 30.1 16
144 4.04 0 3 31 35.2 10
145 6.60 1 1 21 30 15

過去の保存ページログとシーズン回顧

第141回オリックス115勝でついに10連覇。100打点セプテット(7人)、20勝トリオ誕生。飛玉丸が新記録となるシーズン24勝を達成(無敗)。ASゲーム野手はオリックス勢が独占の快挙。SBネイル選手が61本塁打170打点
第142回オリックス新記録の118勝で11連覇となり通算50回目のリーグ優勝を達成。大田が打率新記録の.416にタイ記録の243安打。打点記録を更新したオチローⅣ、蛇魂王Ⅳが引退
第143回オリックスソフトバンクが100勝で連覇に赤信号が点ったがラスト19連勝が決め手となりV12達成。321勝の飛玉丸・298勝の山田が引退
第144回オリックス投手2人入れ替わりも安定戦力は群を抜き2位西武に27差つけ13連覇。先発転向したベロシティーが24勝
第145回オリックス投手陣の弱体化が進むがソフトバンクを振り切って14連覇。趙雲子龍引退

142期オフにページ容量削減の為、簡略化。回顧付verはこちら
73 75 76 77 78 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

過去のチームの画面

96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
141 142 143 144 145 146 147 148 149 150


これまでの観客数 -

カウンター設置2006/8/20

本日の観客数 -

前日の観客数 -

    lヽ+
    l::」 /⌒ヽ
    ∥,/ *゚_>゚)  低迷期とはおさらばだぜスキィ…
    ⊂ノ   /つ
     ( ヽノ
      ノ>ノ  ソローリ
     しU

最終編集者 ナンバ