パワパーク@Wiki 巨人の総評

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

総評のページ

このページではシーズンの回顧と総評、そして今後への抱負などについて書き綴っていきます。

今日は -
昨日は -



174期回顧と総評


【野手総評】
打率5位・得点率はリーグ4位と打撃面では、どんどん下がってきている。
また、失策数では、昨季よりは改善化されたものの、リーグ4位の42個を記録するなど全体としてふがいない結果に終わった。
1番~4番をつとめる中堅選手達が、もうワンランク上の成績を残し、
下位を打つ若手陣を引っ張ることが必要とされる。
hua選手がリーグトップの42本塁打、リーグ2位の打率.325、リーグ3位の打点103と打線の中心として活躍した。
また、チーム全体で走力が高い選手が守屋Ⅱ選手以外にも新規入団選手で増えた。
しかし盗塁数は74ことリーグ最下位の数となった。
早急に改善が必要。
守備面では、守備職人を持っている選手がいないため、向上は期待できない。
若い野手陣なので成長に期待したいところ。
若手の早急な即戦力化、そして根本的に名無し化しないことが、チーム全体として更に上へ昇る条件だろう
【投手総評】
チーム防御率は4点代中盤と前期よりは改善された。
先発陣は能力は高いが、中継ぎが若手中心と不安が残る。
中継ぎと抑えは、まだまだ安定感にかける。でもまだ若いので、経験を積んで頑張ってほしい。
今後も、打線が絶好調ならば、投手陣も結果が出せるみたいだ。点が入るまで何とか踏ん張ってほしい。


【チーム総評】
今期は惜しくも5位と悔しいシーズンになった。
前半戦も後半戦もAクラス入りが果たせるかと思えば、結局行けなかった。
今の巨人は野手投手共にまだまだ成長期なので、今後は結果が出せないだろう。
今後は優勝を目指すにも年を追うごとに苦しい戦いを強いられるようになっていくだろう。
そのあたりをしっかり意識しながら上手く試合をこなして着実に勝利をもぎ取らなくてはならない。





最終更新日: 2008年03月13日 20時54分28秒
最終更新者:hua