パワパーク@Wiki 第150回ロッテ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

千葉 ロッテ マリーンズ #ref error : ファイルが見つかりません (LOTTE.gif)

  • 累積訪問者  : -
  • 今日の訪問者 : -
  • 昨日の訪問者 : -

< チーム史・昨季の戦績 >

  • 第73回からリーグ16連覇・日本シリーズ7連覇を成し遂げた かつての最強チーム。その間には他を寄せ付けない強さを誇る時期もあった。その後も常に上位争いに加わるチーム力を維持し続け、12季連続チーム総盗塁数200超えや3季連続全員2桁盗塁など、輝かしい記録を残した。脚力 最重要視・小技も絡めた繋ぐ野球・中継ぎフル稼働がチームの特徴だった。
  • しかし、110季中頃に内紛が勃発し、一旦は収集したかに見えたものの、痼りを完全に取り除くことはできず、相次ぐ主力の移籍やチーム方針に背いた選手の入団により、チーム力が下降線を辿っていった。120回台半ばには遂にBクラスに転落し、暫く苦しんでいた。第130回台後半に漸く復活への道を歩み出し、現在に至る。
  • 昨季は4季連続での80勝台に到達したものの、チーム方針を無視した野球が展開されたため、連覇を逃した。クライマックス・シリーズでは実力通りに勝ち上がったものの、日本シリーズでは僅か1勝のみに終わった。


< ロッテ野球 >

◇ チーム方針 ◇

☆ オレ流 ☆ フォア・ザ・チーム ☆ ~ 無形の力を培おう ~

◎ ロッテ野球の真髄 ◎

  • すばらしきプロ野球監督に倣って、それを あけペナ用にアレンジした野球です。
  • 勝てる監督には、勝利の裏付けが あるものです。あけペナでは、各選手の作製者全員がチームの監督。理論・論理に基づいた野球を徹底することが、常勝への近道です。

< オレ流落合野球 >

  • オレ流とは、各選手が自分流の方法で、チームに貢献するということ。能力以上のことを求めるのではなく、各々の できることを確実に こなすことが最も大切である、という考え方に基づく手堅い野球。
  • 各選手が、自分の置かれた立場や任せられた役割を認識し、すべきことをキッチリこなせるよう努めることが重要。

<統計バレンタイン野球>

  • 相性を重視した選手起用が その象徴。選手が持つ力、チームが出し得る力を存分に引き出す。自分たちの力を出しきることができれば絶対に勝てる、という考えに基づく統計野球。
  • そのためには、チーム・選手の状態を把握し、それに合わせて調整することが必要。

<野村ID野球>

  • データを最重視。データから導き出される結果を基に、表に現れた力だけではなく、相手が何を考えているかを読むことで、いかに自軍に力を発揮させ、相手の力を封じるか、を考える緻密な野球。
  • 「弱者が強者に勝つ野球」を実践することが肝要。

< 記録集 >

М 過去のトップページ







< 選手紹介 >

選手評価/昨季の成績/今季の成績/名選手への近道など

  • 「有効鍛錬」「有効未取得特殊能力」には、目標達成に必要なものを優先順に表記しています。
  • 「―」は、「特に指定なし」を意味します。

能力別色分けの見方

良・高 悪・低

野手紹介欄の見方・凡例

打順 〔 守備位置 〕 選手名 { 製作者名 } 打席・打法  年齢 ( 年数 )
[ 能力 / 強打: 巧打: 脚力: 肩力: 守備力 ]  一言コメント
寸評
昨季の成績: 打率 ( 安打 )   本塁打   打点   三振   犠打   盗塁   失策   
今季の成績: 打率 ( 安打 )   本塁打   打点   三振   犠打   盗塁   失策   
現有特殊能力
〔1〕 有効鍛錬   〔2〕 必要除去特殊能力 or 現時点での有効未取得特殊能力

1 〔 〕 早川 { まーくん }  左打ち・普通  32歳 ( 11年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  斬り込み隊長 定着
第139回新人王に輝いた俊足巧打堅守の選手。昨季は2季ぶりの3割をマークし、3季連続40盗塁超えを達成。ベストナインに輝いた。今季も斬り込み隊長を担う。守りでは、脚力と守備職人を活かして中堅で美技を披露する。次期 二遊間 最有力候補。キャンプでは今後も脚力向上を目指して練習に取り組もう。
率.310 ( 191 安打 )  12 本  60 打点  57 三振  0 犠打  41 盗塁  0 失策
率.306 ( 192 安打 )  8 本  46 打点  74 三振  0 犠打  40 盗塁  0 失策
盗塁○ 守備職人 逆境○
〔1〕 脚力 巧打 守備  〔2〕 アベレージヒッター 闘気 or 緊縛 (闘気を取得しない場合のみ威圧感)

2 〔 〕 ガーデニング { 青空 }  右打ち・普通  23歳 ( 2年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  俊足巧打で期待の若手
俊足巧打の期待の若手。ルーキーイヤーの昨季は、能力を上回るような活躍ぶりを見せ、新人王に選ばれなかったのが不思議なくらいの成績を収めた。今後は、自然成長でミートがCに上がった今季は、上位を打つ選手として期待。今後は、脚力向上に努めよう。チーム方針に由来する俊足巧打の選手の特権を大いに活かして成長を早めるのが得策だ。
率.281 ( 151 安打 )  8 本  48 打点  75 三振  33 犠打  19 盗塁  5 失策
率.246 ( 141 安打 )  11 本  51 打点  71 三振  42 犠打  13 盗塁  0 失策
バント× 逆境○
〔1〕 巧打 脚力  〔2〕 盗塁○

3 〔 〕 鉄平 { 神速 }  右打ち・普通  24歳 ( 3年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  俊足巧打堅守で期待の若手
第148回の新人王。能力が大幅に上昇した昨季は、3年目にして打率3割を達成。盗塁数も20個に近づき、2番や3番を打つ打者として まずまずの成績と言えるだろう。今後は脚力向上を最優先で育成していこう。一塁手に転向。
率.305 ( 174 安打 )  13 本  58 打点  62 三振  36 犠打  17 盗塁  1 失策
率.282 ( 165 安打 )  14 本  60 打点  73 三振  15 犠打  13 盗塁  1 失策
バント× 安定感
〔1〕 脚力 守備 巧打  〔2〕 盗塁○

4 〔 〕 魂甲・濂 { がしえもん }  右打ち・振り子 23歳 ( 2年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  3拍子揃った期待の若手
俊足堅守の期待の若手。ルーキーイヤーの昨季は、一発屋の傾向が現れるなど、開幕前の予想通りか、それを上回るほどの苦しみを味わった。ミートを上げて臨む今季は、打率の向上が期待される。今後は、脚力向上に努めよう。チーム方針に由来する俊足巧打の選手の特権を大いに活かして成長を早めるのが得策だ。但し、パワーの上昇に備えて、ミートを先に上げる手もなくなない。
率.217 ( 115 安打 )  12 本  48 打点  87 三振  23 犠打  9 盗塁  1 失策
率.242 ( 125 安打 )  9 本  46 打点  77 三振  34 犠打  13 盗塁  4 失策
バント× 満塁男
〔1〕 巧打 脚力  〔2〕 盗塁○

5 〔 〕 KIN { YH }  左打ち・普通  39歳 ( 18年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  典型的な攻撃型選手
打力と脚力に優れており、攻撃面においては十分な力を持つ選手。昨季は全部門において、良い成績を収め、ベストナインに輝いた。特に盗塁技術を身に付けたことにより、盗塁数が大幅に増えたことは頼もしい限り。今季もクリーンアップに入り、走れるベテランとしてチームを支える。衰え期に突入しているので、脚力の維持に努めよう。脚力が落ちると打順降格の危機に直面しかねない。守備が厳しくなってきているので、今季も指名打者として出場。
率.326 ( 178 安打 )  26 本  97 打点  41 三振  1 犠打  29 盗塁  0 失策
率.316 ( 166 安打 )  20 本  88 打点  65 三振  2 犠打  24 盗塁  0 失策
バント× チャンス◎ 盗塁○ アベレージヒッター 威圧感 満塁男 安定感
〔1〕 脚力維持  〔2〕 ―

6 〔 〕 X・あろんそⅡ { はーがとん }  右打ち・普通  37歳 ( 16年目 )
[ 強  巧:  脚:  肩:  守: ]  万能型のベテラン スラッガー
中日から移籍してきて8年目を迎えるスラッガー。打撃の基礎能力は申し分なく、守備走塁も まずまず。緊縛を取得して臨んだ昨季はシーズンを通して好調を維持して優勝に貢献し、3割30発100打点を達成。首位打者にも輝いた。今季は5番が濃厚で、勝負強い打撃への期待がかかる。守りでは、守備職人による堅実さを活かして遊撃手を務める。守備力自体の低下が痛いので、今後は守備力維持はもちろん、できれば向上させることを心掛けて不惑を超えるまで頑張ってほしかったが、名無し化により退団が濃厚。
率.350 ( 190 安打 )  34 本  119 打点  52 三振  1 犠打  9 盗塁  3 失策
率.291 ( 161 安打 )  23 本  84 打点  52 三振  3 犠打  16 盗塁  10 失策
チャンス◎ 守備職人 内野安打 緊縛
〔1〕 ミート維持  〔2〕 アベレージヒッター 威圧感

7 〔 〕 ジョンスミス { 森乃進 }  右打ち・普通  36歳 ( 15年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  昨季2冠王のクラッチヒッター
打って守れる選手。方向性が定まりきっていないのか、年によって打撃成績の上下が激しい。衰えの影響でミートが落ちてパワー先行の悪い形で臨んだ昨季は、3季連続となる3割30発100打点を達成し、ベストナインに輝いた。バランスは崩れていたものの、悪影響が殆ど現れなかった。衰えによりパワーが落ちてバランスが良くなったので、今季も活躍が見込まれる。そろそろ守れるスラッガーへの道から外れずに歩みを進めることができるか?今後もミート維持に努めることが重要。また、確実性を高めるためのアベレージヒッターの取得が有効であり、守備も上手いので守備職人取得を優先してもらいたいところ。今季も三塁手を守る。
率.303 ( 160 安打 )  37 本  118 打点  60 三振  6 犠打  7 盗塁  0 失策
率.279 ( 145 安打 )  27 本  93 打点  68 三振  3 犠打  4 盗塁  1 失策
チャンス◎ 対左投手◎ 威圧感 安定感
〔1〕 巧打 守備  〔2〕 守備職人 アベレージヒッター

8 〔 〕 @林@ { LAYAK }  左打ち・神主  40歳 ( 19年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  巧打堅守の大ベテラン健在
巧打堅守の不惑を迎える大ベテラン。昨季は衰えもあって全体的に数字を落としたとは言え、年齢を考えれば十分な成績を収めた。バランス的な問題はないが、衰えの影響が顕著になりつつある中で迎える今季は どんな成績を残すだろうか。晩年まで活躍するための能力維持、即ちミートと守備が落ちないよう努めることが重要。守備職人を活かせる守りでは、今季も二塁手を務め、守備でも大いに貢献する。不惑を迎え、現役最終年でもある今季も攻守に活躍して、有終の美を飾ろう。
率.289 ( 152 安打 )  20 本  90 打点  55 三振  4 犠打  7 盗塁  2 失策
率.265 ( 138 安打 )  24 本  75 打点  69 三振  5 犠打  7 盗塁  1 失策
守備職人 パワーヒッター アベレージヒッター 逆境○ 威圧感
〔1〕 守備 巧打  〔2〕 チャンス○

9 〔 〕 近衛騎士 { AoC }  左打ち・普通  25歳 ( 4年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  俊足巧打 活かし上位定着へ
俊足巧打で期待の若手。3年目の昨季は、一昨季より打率を2分以上上げ3割寸前まで迫ったが、盗塁数が減少。それに伴い序盤は2番、中盤までは3番を打っていたが、終盤は9番に入ることが多かった。今季は俊足巧打を活かしての活躍が期待されるが、左投手に弱い点が引っかかる。守りでは、今季も左翼を務める。走攻守、全てにおいて、大きな期待を抱かせてくれる有望選手になりつつある。今後も迷うことなく脚力アップに励んで、一流選手の座を掴もう。左投手を苦手としている点はネックなので、早めに克服しよう。得意になる必要はない。それより優先すべきこともあるので、遠回りは避けるべし。
率.299 ( 186 安打 )  6 本  48 打点  70 三振  9 犠打  12 盗塁  3 失策
率.291 ( 169 安打 )  11 本  64 打点  56 三振  1 犠打  19 盗塁  3 失策
対左投手× 安定感
〔1〕 脚力 巧打 守備  〔2〕 対左投手×克服 盗塁○

< 野手総評 >

  • 今季も入れ替わりなし。衰えの影響と成長の影響とが殆ど同じで、全体的なバランスは維持できているはずだ。しかし、弱点克服に努めない選手や強化ポイントを外している選手もいるので、マイナス要素も出始めている。持てる力を発揮しきれるかどうかは、各々の問題解決意識に懸かっている。

投手紹介欄の見方・凡例

〔 投順・役割 〕 選手名 { 製作者名 }  利き腕・投法 年齢 ( 年数 )
一言コメント
球速:   変化球:   制球:   スタミナ:
寸評
昨季の成績: 防御率   勝ち星   敗戦   セーブ   投球回数(小数点以下は3分の○(○/3)の意)   奪三振   与四死球   被本塁打
今季の成績: 防御率   勝ち星   敗戦   セーブ   投球回数(小数点以下は3分の○(○/3)の意)   奪三振   与四死球   被本塁打
現有特殊能力
〔1〕 有効鍛錬   〔2〕 必要除去特殊能力 or 現時点での有効未取得特殊能力

先発① 〕 大河破音 { REIMA2 }  右横  34歳 ( 13年目 )
最高水準の変化球を投じる技巧派エース
球速: 149 km/h 変化球: Sスライダー7 高速スライダー7 パーム7 制球: スタミナ:
3種の効果を持つ変化球を投じる変則右腕。高速スライダーを編み出して臨んだ昨季は、惜しくも3季連続での防御率2点台を逃したものの、3季連続での2桁勝利を挙げた。今季も、同様の働きを期待。衰え期に突入しているので、変化球が曲がり具合が悪くなったら、その回復が最優先。原則的には次いで制球力だが、最高水準まで達しているので、少々の落ちは問題ない。回復させるも良し、晩年に備えてスタミナ増強を行っても良し。(晩年のキャンプは変化球と制球力の維持に費やすことになるので、スタミナの落ちを食い止められるのは今のうち。)お勧めはしないが球速アップでも可。どれを選ぶかは、ご本人にお任せしても良いくらい余裕のある状態だ。
防 3.01   13 勝  6 敗  0 S  209.0 回  122 奪三振  90 与四死球  11 被弾
防 3.04   11 勝  11 敗  0 S  198.1 回  113 奪三振  105 与四死球  10 被弾
逃げ球 威圧感 安定感
〔1〕 変化球維持 制球力維持
〔2〕 打たれ強い・重い球(それぞれに対応する超特殊能力も可、鉄腕も可)

先発② 〕 姫凛 { みくび~る }  左斜め  36歳 ( 15年目 )
チーム最速左腕エース
球速: 151 km/h
変化球: Sスライダー7 スライダー7 フォーク7 スクリュー4  制球:  スタミナ:
4種3効果の変化球を投げ分ける速球派投手。スクリューを磨いて臨んだ昨季は、3季連続での防御率2点台は逃したが、4季連続となる2桁勝利を挙げた。今季は、防御率2点台での5季連続2桁勝利投手を目指す。衰え期に突入しているので、今後は変化球と制球力の維持に努めよう。但し、変化球が落ちなかった場合に限り、スクリューに磨きをかける手も考えられる。効率良く落ちる力を補っていこう。
防 3.14   14 勝  6 敗  0 S  169.0 回  96 奪三振  77 与四死球  12 被弾
防 2.29   15 勝  5 敗  0 S  177.0 回  110 奪三振  91 与四死球  9 被弾
対左打者○ 威圧感 安定感
〔1〕 変化球維持 制球力維持 スクリュー強化  〔2〕 逃げ球・重い球・打たれ強い(超特殊能力も可)

先発③ 〕 岡田 { 北城 }  右斜め  34歳 ( 17年目 )
気迫を前面に押し出す高卒エース
球速: 146 km/h
変化球: カーブ2 Hスライダー7 パーム7 シュート1  制球:  スタミナ:
3種の変化球を投げる右腕。昨季は、いまひとつ波に乗り切れず、6季連続での2桁勝利を逃した。今季は巻き返しに期待。既に高卒特有の早い衰え期に突入しているので、今後は変化球維持に努め、変化量が落ちなかった場合は制球力維持に努めるようにするのが、晩年まで活躍するための秘訣だ。
防 3.49   8 勝  7 敗  0 S  162.1 回  73 奪三振  95 与四死球  14 被弾
防 3.49   10 勝  6 敗  0 S  178.0 回  87 奪三振  113 与四死球  13 被弾
気迫 威圧感
〔1〕 変化球維持 制球力維持  〔2〕 逃げ球・重い球

先発④ 〕 流浪人 { 浪人 }  左斜め  29歳 ( 12年目 )
フリーエージェントを行使し移籍入団した期待の先発型左腕
球速: 149 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: カーブ4 スライダー6 パーム4 スクリュー5 シュート1
ソフトバンクから移籍してきて2季目を迎える先発型左腕。制球力抜群でスタミナも豊富。しかし、肝心要の変化球が いずれも中途半端なのが玉に瑕。移籍1季目の昨季は、防御率2点台で2桁勝利を挙げる大活躍。今季も活躍してエースの称号を手に入れよう。次のオフに、まずはスライダーを磨き上げて、縋れる球種を作っておこう。その次はシュートに磨きをかけよう。高卒なのが痛いが、基礎能力自体は高いので、変化球さえ上げれば晩年まで活躍できるはずだ。
防 2.89   14 勝  10 敗  0 S  208.2回  118 奪三振  90 与四死球  19 被弾
防 4.91   8 勝  13 敗  0 S  170.1 回  87 奪三振  107 与四死球  27 被弾
威圧感 打球反応○ 安定感
〔1〕 スライダー強化  〔2〕 逃げ球・打たれ強い・重い球

先発⑤ 〕 平井正史 { ブレイド }  右上  38歳 ( 17年目 )
本格派右腕エースのドクターK
球速: 145 km/h  変化球: カーブ2 パーム7  制球:  スタミナ:
移籍7季目を迎える本格派右腕。昨季も三振奪取型の投手の本領を発揮。2季連続での防御率2点台を記録し、6季連続での2桁勝利を挙げた。さらに、最優秀選手賞を受賞し、奪三振王のタイトルを獲得、ベストナインにも輝いた。いずれも2季連続の快挙である。年齢的な問題で力は落ちつつあるが、今季も大いに活躍を期待。今後の衰え対策は、パーム維持と制球力維持だ。考え方によってはスタミナ増強も可。
防 2.63   15 勝  7 敗  0 S  191.2 回  140 奪三振  80 与四死球  18 被弾
防 2.50   9 勝  6 敗  0 S  187.1 回  137 奪三振  65 与四死球  12 被弾
打たれ強い 逃げ球 鉄腕
〔1〕 パーム維持・制球力維持 (スタミナ維持)  〔2〕 威圧感・重い球

中継ぎ① 〕 小松聖 { プロの洗礼 }  左斜め  29歳 ( 8年目 )
魔球遣いの若手中継ぎ左腕
球速: 151 km/h 変化球: パーム7  制球:  スタミナ:
魔球パームを操る主力中継ぎ左腕。威圧感を身に付けたことに加え、ナックルからパームを編み出して ものに して臨んだ昨季は自身2度目となる防御率3点台をマーク。いよいよ本物になりそうな感じだ。持ち球の変化量が最高水準に達しているので、今後の成長期の過ごし方が衰え期突入以後に大きな影響を与えることになる。まだ若いので、選択肢は多い。1つには、危険を伴うが球種を増やす方法。2つには、球速を上げられるだけ上げる方法。3つには、スタミナを高めて先発入りを目指す方法。岐路を迎えているので、正しい選択をすることが重要だ。パームを身に付けたことと、まだ時間的な余裕があることから判断して、4つ目の方法を選択することがお勧めだ。いずれにしても重要な判断を迫られていることに変わりはない。5年目に制球力が限界まで上がったことにより、それ以降の成長期に自然成長の恩恵を受け損ねるのが もったいない。これに懲りて、今後の育成と特殊能力取得は効率良く行うべし。
防 3.50   6 勝  4 敗  4 S  100.1 回  65 奪三振  44 与四死球  13 被弾
防 2.12   7 勝  5 敗  4 S  110.1 回  75 奪三振  52 与四死球  9 被弾
クイック○ 威圧感
〔1〕 スタミナ増強  〔2〕 逃げ球・重い球・打たれ強い(それぞれに対応する超特殊能力も可)

中継ぎ② 〕 starryskyⅥ { オレ }  左上  30歳 ( 9年目 )
ロングリリーフ可能な期待の中継ぎ左腕
球速: 150 km/h  変化球: カーブ4 Vスライダー6 スクリュー4  制球:  スタミナ:
中継ぎ型左腕。漸くフォークからの別球種ということで改善に取り組みVスライダーを身に付けて臨んだ昨季は一昨季と比べると役0.5防御率を改善させて3点台をマークし、汚名返上に成功。Vスライダーを強化した今季も活躍が見込まれる。実のところ、悪くはないとは言え勝ち運取得はもったいなく、外野フライを打たせる鳩首がないため落ちる球もナックルが良かったかも・・・。
防 3.39   7 勝  7 敗  3 S  111.2 回  65 奪三振  56 与四死球  12 被弾
防 4.32   6 勝  6 敗  4 S  102.0 回  69 奪三振  38 与四死球  13 被弾
勝ち運 打球反応○
〔1〕 Vスライダー強化  〔2〕 逃げ球・重い球・打たれ強い・威圧感(対応する超特殊能力も可)

中継ぎ③ 〕 愛の言霊 { SAS }  左上  30歳 ( 9年目 )
スタミナ十分の中継ぎ左腕
球速: 147 km/h  変化球: カーブ2 スライダー6 スクリュー7  制球:  スタミナ:
3種3効果の変化球を投じる若手先発左腕。中継ぎに転向した昨季も防御率4点台で、いまひとつ波に乗り切れないままだった。それまで3季連続で2桁勝利を挙げていたが、中継ぎを努めたことも影響し、連続2桁勝利も潰えた。一昨季から名無し化しているために、退団するものだと思われていたが、奇跡的に残留できたので今季も中継ぎを務める。名無し化したままなので、今季限りでの退団が濃厚。
防 4.29   9 勝  4 敗  4 S  95.0 回  44 奪三振  47 与四死球  18 被弾
防 5.68   2 勝  5 敗  5 S  117.1 回  72 奪三振  59 与四死球  19 被弾
打たれ強い
〔1〕 変化球強化  〔2〕 逃げ球・重い球・威圧感

抑え 〕 森沢優ちゃん { ☆・いてまえ・☆ }  左UFO  23歳 ( 2年目 )
目指せ抑えの切り札
球速: 139 km/h  変化球: スローカーブ7 パーム1  制球:  スタミナ:
2種の変化球を持ち、特殊な投法で3種の効果を生み出す投球術を身に付けている若手ストッパー。ルーキーイヤーの昨季は、登板機会に恵まれなかったものの、初登板から18試合目までブラウンセーブゼロの快投ぶりを披露。その活躍が認められ、オールスター出場も果たした。しかし、最終登板となった試合でセーブに失敗。その失点の影響が大きく響き、それまで1点台だった防御率も2点台に悪化。これがなければ新人王も濃厚だっただけに悔やまれる。球の伸びの悪さを克服し、スローカーブを限界まで引き上げて臨む今季も抑えを務め、セーブ量産を目指す。
防 2.66   1 勝  0 敗  18 S  20.1 回  4 奪三振  11 与四死球  0 被弾
防 7.78   2 勝  6 敗  21 S  37.0 回  20 奪三振  29 与四死球  5 被弾
ノビ× 打たれ強い
〔1〕 変化球強化  〔2〕 ノビ×克服

< 投手総評 >

  • 今季は入れ替わりなし。今季に限る話をするなら、全体的に不安要素は殆ど見当たらないと言っても良いくらい充実している。しかし、名無し化投手が残ったままで、来季以降の見通しを立てられないのが難点・・・。なお、先発投手陣の投順は、評価順に並んでいる訳ではない。あくまで戦略上の順番なので、気に留める必要なし。

<チーム総評>

評価:〔 攻撃力:  走力:  守備力:  先発力:  リリーフ力:  総合力:

  • 攻撃力評価は下がったものの、総合評価は上がった。年齢制限による引退や名無し化選手の発生、年齢的な衰えなどによるマイナス要素も少なくないが、若手の成長が著しいので、能力的な不安要素は将来的に見ても少ない。
  • しかし、作戦においては致命傷を負っている状態で、無謀な試合が絶えず、手の付けようすらない惨状が繰り返されていて、チームが崩壊の危機に立たされている・・・。
  • 投手陣・野手陣ともに、名無し化選手と方向性不明の選手の発生を防止できるかどうかがチーム浮沈の鍵を握っている。それに加えて、各監督が ある程度以上の野球観を持った上で、勝利への執念を燃やすことも必要だ。


< 禁止事項 >

  • 常勝軍団を目指すロッテでは、チーム方針に反する以下のような行為を お控えいただきますよう お願いいたします。

贔屓(ひいき)選手起用 無策野球

贔屓で起用する選手を決め、力量不足の選手を交代させず、痛恨の失敗を犯した選手に対して怒り心頭に発して首をかしげる行為がお似合いの あのプロ野球監督のような野球。
  • 能力に見合わない打順に変更する。
  • 調子を無視した打順を組む。
  • 打順を自己本位で動かす。
  • オフ時に守れない選手を守備に就かせる。
  • 投順を意味もなく いじる。
  • etc.

感情任せデタラメ野球

立腹したときに、怒りに任せて選手を交代させたり、周囲に当り散らしたり、時には暴力行為に出たりする あの人や、適当采配の あの人(共に元プロ野球の監督)に似た野球。
  • データを無視して、対戦相手をデタラメに選ぶ。
  • 打順を感情任せでいじる、投順を怒りに任せていじる、など・・・etc.


あけペナwiki編集要項〔ロッテ編〕?

ロッテ所属の選手を持つ方または関係者は、wiki編集前に ご精読 願います。

安易な模倣厳禁!モラルを守りましょう。

最終更新日時: 2007年09月30日 20時21分49秒
編集者:
  • いてまえ軍団団長 (最終更新:第150回/更新箇所:年齢・年数、個人成績以外)
  • まーくん       (最終更新:第150回/更新箇所:年齢・年数)
  • 北城         (最終更新:第150回/更新箇所:投手成績)
  • オレ         (最終更新:第150回/更新箇所:野手成績)
  • みくび~る     (最終更新:第150回/更新箇所:選手能力比較(派生ページ))
  • プロの洗礼     (最終更新:第150回/更新箇所:選手能力比較(派生ページ))