パワパーク@Wiki ロッテ他チーム情報(第150回台)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロッテ他チーム情報
他チームの状況と対戦するときに気を付けるべき選手についてのページ
累積訪問者  : -
今日の訪問者 : -
昨日の訪問者 : -

第150回
他チーム考察
チーム名 コメント
ソフトバンク もう手のつけようがなくなってしまったチーム。中継ぎに少々不安があるが、それ以外は安定しているので当分の間は上位にいそうなチームである。
西武 守備力と中継ぎに自信を持つチーム。ただし走力がない。しかも、投手に三人の名無し、そのうち一人は抑えピッチャーとかなり不安があるチームだ。新たな抑えが現れたら強敵になるだろう。
オリックス 昔ほどの強さはなくなったチーム。しかし、昨季は4位ながら勝ち越しとまだ強さを誇っている。名無しはおらず、投手力に自信を持っているチームだ。
楽天 一時はAクラスの常連だった時期もあったが、今その輝きは完全に消えたチーム。全体的にはかなりいいが、中継ぎが崩れるパターンが多いのだ。さらに、名無し7人とかなり多い。名無しがいなくなり、中継ぎが安定すれば、とても手強いチームになるだろう。
日本ハム 打撃力が安定しているチーム。しかし、投手力が不安定な状況。楽天と同じように、名無しが8人とかなり多い。楽天同様、名無しがいなくなれば、手強いチームになるだろう。


第151回
他チーム考察
チーム名 コメント
ソフトバンク 昨季、ベストナインが6人出たチーム。名無しが二人いるが、支障はないようだ。圧倒的な強さでパ・リーグ制覇、そして日本一になった。衰え知らずのチーム。
西武 投手年棒が1億円未満と若手の多いチーム。この若手がどのようになるかとても気になる。まだまだ、ベテラン打撃陣は健在なのでとても手強い。wiki使いが2人もいるチーム。
オリックス 昨季、わがロッテと3位争いを演じたチーム。やはり昨季も4位ながら勝ち越しと、完全な4強時代となった。今年はどのくらい食らいついてくるのか?
日本ハム 昨季は、勝率2割・最多連勝3・失策数ダントツの48個・得点率3点台とひどかったチーム。しかし、名無しは一気に少なくなった。数季たてば若手は主力となっているだろう。
楽天 名無しが減るどころか、増えてしまったチーム。野手に関しては3人しかいない始末。お先真っ暗なチーム。wikiはかなり更新されている。
 第152回
他チーム考察
チーム名 コメント
ソフトバンク 予想通りの強さを発揮したチーム。しかし前期ほど強かったわけではない。全体的に若いので、当分の間上位に居座るだろう。
オリックス いまだ強さ健在のチーム。ここ最近3位より上は聞いたことがなかった。これといった特徴はない。前回2位だったが、別にこれと言って強かったわけではなかった。
日本ハム 予想以上に強かったチーム。野手、投手ともに日本ハムから新人王がでた。これから数季先、どのようなチームになっているか楽しみなチーム。
西武 若手が多かったせいか、惨敗したチーム。先発が崩れるパターンがとても多かった。若手がどのように成長するか、そこが勝負の分かれ目だ。
楽天 昨季も最下位だったチーム。名無しは減ったが、投手陣が崩れるパターンが多い。打撃陣にはそれほど問題はないので、後は投手しだい。
第153回
他チーム考察
チーム名 コメント
日本ハム 昨季パ・リーグ制覇したチーム。中継ぎがとても不安定だった。しかしそれだけに破壊力は侮れない。中継ぎがしっかりしたらどのようなチームになるか、恐ろしい存在である。
ソフトバンク 日本ハムに惜敗したチーム。しかし、総合力がSなのでどっちが優勝してもおかしくない。まだまだ強さ健在のチーム。
オリックス 昔の強さが感じられなくなったチーム。いつかの常勝軍団も今ではAクラスとBクラスを行ったり来たりしているチーム。決定力にかけるチーム。
西武 ここ数季、Aクラスから遠ざかっているチーム。まだまだ投手が若いため、成長期にあるようだ。まだまだ先の見えるチーム。
楽天 ここ数季ずっとBクラスのチーム。名無しはかなり少なくなってきている。攻撃力はあるが、投手がまだまだ成長期。とても恐ろしい存在である。
 第155回
他チーム考察
チーム名 コメント
ソフトバンク 隙のないチーム。昨季もパ・リーグ制覇、日本シリーズ制覇と強さを発揮した。昨季も大きく負け越した。が、世代交代が始まっていることは確か。黄金期はまだまだ続くだろう。
オリックス AクラスとBクラスを行ったり来たりしているチーム。そこまで強いとは思えないが、苦手なのか昨季も負け越した。そのうち勝てるようにはなるだろう。
西武 だんだんと力をつけてきたチーム。数季前の若手が主軸選手になっている。勝ち越しはしたが、まだまだ先は分からない。眠れる獅子とはこのことか。要注意である。
日本ハム 相次ぐ主力の移籍や引退により、突如としてBクラスに戻ってしまったチーム。昨季は大きく勝ち越すことに成功。FAやドラフト、若手の成長が鍵を握るチーム。
楽天 昨季もダントツの最下位に沈んだチーム。名無しが減らず、主力の移籍、高齢化とマイナスのことしかない。しかし、なぜか対戦成績が5割。まだまだ浮上は難しいだろう。

他チーム要注意選手
チーム名 選手名 コメント
ソフトバンク ルドルフ将軍 特殊投法から5種の変化球を投げ分けるピッチャー。球速も160km、制球力、スタミナともにずば抜けている。自分からは挑みたくない選手だ。
オリックス Undersnow オリックスを支える、19年目の大ベテラン。キレのあるSFFはまだ健在。生涯防御率も3点台となかなかな数字を誇っている。ベテランとはいえ侮れない。
西武 普通のP 制球力、スタミナともにずば抜けているピッチャー。球種こそパームだけだが、Sを誇る制球力で勝利を重ねている。いまでは弱くなった西武を支えている頼もしいピッチャーである。
日本ハム レノン 5球種を投げわけ、気迫で投げるピッチャー。球速も155km、制球力、スタミナともにずば抜けている。まだまだ先が長いため、今後も苦しめられるだろう。
楽天 田中将大 楽天の先発陣を支える大ベテランエース。楽天に長く貢献してきた大選手だが、その年棒の低さに驚かされる。なんとも可哀想な大エースである。
 第158回
他チーム考察
チーム名 コメント
ソフトバンク 昨季もペナント制覇をしたチーム。しかし、弱くなってきていることは目に見えている。ピッチャーの若手の育成に成功しただけに、打撃陣があればもっと強くなれるだろう。
西武 かなり力をつけてきたチーム。数季前に比べると、若手も育ち充実してきた。しかし、ペナント制覇出来るほどの力はないだろう。
楽天 なぜか浮上してきたチーム。BクラスとAクラスの差は歴然。はっきり言ってどこが最下位になってもおかしくはない時代だ。Aクラス浮上は難しいだろう。
オリックス 昔の強さを失ったチーム。今では、Bクラスの常連さんと化している。昨季は屈辱の5位を味わった。もう最下位は時間の問題だ。
日本ハム 強かったのも数季の間だけだったチーム。しかも、突然のエースの引退によりさらに弱体化していった。主力の高齢化が進むだけに、どうしようにもなくなってきた。

最終更新日時: 2007年11月18日 10時11分54秒
編集者: 
  • プロの洗礼      (最終更新:第158回/更新箇所:第158回他チーム考察)
  • プロの洗礼      (最終更新:第155回/更新箇所:第155回他チーム考察、他チーム要注意投手の新規追加 )
  • プロの洗礼      (最終更新:第153回/更新箇所:第153回他チーム考察)
  • プロの洗礼      (最終更新:第152回/更新箇所:第152回他チーム考察)
  • プロの洗礼      (最終更新:第151回/更新箇所:第151回他チーム考察)   
  • いてまえ軍団団長 (最終更新:第152回/更新箇所:内容整理に伴う移動、整形、細部修正など)