パワパーク@Wiki 第151回~155回巨人最終成績

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

151期の結果



151期の成績

順位 勝ち 負け 引き分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策 wiki
1位 79勝 60敗 1分 9 .568 .278 3.42 4.4 127 224 71 A



151期個人成績


野手




打順 ポジ 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁
1 木根竜太郎 .334 21 79 52
3 ランタン .265 23 94 16
4 orbit .292 22 85 15
5 ラキティッチ .279 8 58 25
6 中村信二 .264 14 56 25
7 DH チワワ .245 10 47 21
9 咆哮 .251 5 54 28







投手


ポジ 選手名 防御率 勝ち 負け セーブ 奪三振
先発 松阪小輔 3.04 9 8 0 92
先発 001 4.38 10 11 0 87
先発 北大路輝太郎 3.05 15 6 0 139
先発 shun 3.78 12 11 0 89
中継ぎ 聖誕祭 4.19 7 5 2 41
中継ぎ きょん太 3.79 6 6 2 63
中継ぎ ポン吉 1.49 9 2 2 66
抑え H.ストリート 2.58 1 3 40 28


タイトル表彰


MVP
木根竜太郎

各タイトル

  • セーブ王
H.ストリート 40S

ベストナイン
ポン吉(初)
H.ストリート(初)
中村信二(初)
ラキティッチ(初)
木根竜太郎(2)


受賞された皆さんおめでとう~

152回の結果



152期の成績

順位 勝ち 負け 引き分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策 wiki
3位 72勝 64敗 4分 7 .529 .272 3.56 4.3 144 178 37 A



152期個人成績


野手




打順 ポジ 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁
1 木根竜太郎 .326 11 61 60
2 ラキティッチ .217 6 34 17
3 ランタン .295 22 74 11
4 orbit .321 24 78 25
5 チワワ .267 22 96 13
6 中村信二 .274 14 61 22
7 DH wu .242 10 46 4
8 ヨッシー緑 .264 23 77 17
9 逆鱗 .241 12 61 9







投手


ポジ 選手名 防御率 勝ち 負け セーブ 奪三振
先発 松阪小輔 4.21 7 11 0 83
先発 001 2.95 11 8 0 108
先発 北大路輝太郎 2.18 16 6 0 140
先発 shun 4.55 7 10 0 87
先発 きょん太 4.20 11 12 0 95
中継ぎ 聖誕祭 4.43 9 5 1 46
中継ぎ アルキメデス 3.61 8 7 2 47
抑え H.ストリート 3.72 0 3 34 21


タイトル表彰


MVP
北大路輝太郎

各タイトル

  • セーブ王
H.ストリート 34S

  • 盗塁王
木根竜太郎 60

  • 最優秀防御率
北大路輝太郎 2.18

  • 最多奪三振
北大路輝太郎 140

ベストナイン
北大路輝太郎(初)
H.ストリート(2)
orbit(初)
木根竜太郎(2)


受賞された皆さんおめでとう~




153期の結果



153期の成績

順位 勝ち 負け 引き分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策 wiki
2位 80勝 56敗 4分 11 .588 .279 3.44 4.5 177 151 28 A



153期個人成績


野手




打順 ポジ 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁
1 木根竜太郎 .305 16 61 38
2 ラキティッチ .300 12 45 29
3 ランタン .318 26 84 12
4 orbit .316 27 91 17
5 チワワ .281 27 96 9
6 中村信二 .249 26 70 14
7 DH wu .242 10 46 4
8 ヨッシー緑 .258 19 86 11
9 逆鱗 .250 9 37 17







投手


ポジ 選手名 防御率 勝ち 負け セーブ 奪三振
先発 松阪小輔 3.30 13 5 0 97
先発 001 3.05 14 7 0 98
先発 北大路輝太郎 3.08 14 9 0 113
先発 shun 4.70 10 12 0 106
先発 きょん太 3.34 12 8 0 93
中継ぎ 聖誕祭 3.16 5 3 3 54
中継ぎ アルキメデス 3.22 7 6 3 49
中継ぎ Zack 4.04 4 3 3 55
抑え H.ストリート 2.58 1 3 33 18


タイトル表彰



各タイトル

  • セーブ王
H.ストリート 33S

ベストナイン
チワワ(初)
ラキティッチ(2))
orbit(2)



受賞された皆さんおめでとう~




154期の結果



154期の成績

順位 勝ち 負け 引き分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策 wiki
2位 81勝 54敗 5分 7 .588 .277 3.75 4.8 182 162 31 A



154期個人成績


野手




打順 ポジ 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁
1 木根竜太郎 .317 17 72 41
2 ラキティッチ .275 15 70 32
3 ランタン .290 22 90 11
4 orbit .317 32 109 12
5 チワワ .260 22 70 10
6 中村信二 .281 28 76 15
7 DH 六本木ヒルズ .269 12 55 15
8 逆鱗 .268 18 62 8
9 ヨッシー緑 .208 16 63 18






投手


ポジ 選手名 防御率 勝ち 負け セーブ 奪三振
先発 松阪小輔 3.91 10 8 0 78
先発 001 5.30 8 10 0 79
先発 北大路輝太郎 2.81 11 4 0 126
先発 shun 4.04 12 9 0 92
先発 きょん太 3.41 12 6 0 99
中継ぎ 聖誕祭 3.44 9 7 2 62
中継ぎ アルキメデス 2.97 11 3 4 87
中継ぎ Zack 5.07 6 5 1 50
抑え H.ストリート 2.27 2 2 30 9


タイトル表彰



各タイトル

  • セーブ王
H.ストリート 30S

ベストナイン
ラキティッチ(3)
orbit(3)



受賞された皆さんおめでとう~



155期の結果


ここでは前期のチーム成績、個人成績、タイトル表彰などを行います。

155期の成績

順位 勝ち 負け 引き分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策 wiki
1位 95勝 42敗 3分 12 .693 .286 3.35 5.1 172 173 17 A


プレーオフの結果


セリーグ優勝決定戦

対阪神 3勝2敗

実力伯仲。両者とも一歩も譲らない中迎えた第五戦チワワのホームランで上げた二点を何とか守りきった巨人が阪神へのリベンジに成功。
久方ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

日本シリーズ

対ソフトバンク 4勝0敗

巨人の投手陣が大奮起。シーズン通じて調子の良かった巨人投手陣が強力ソフトバンク打線の前に立ちはだかり4戦して僅かに失点は2。
予想外の4連勝で巨人がこちらも久方ぶりの日本一に輝いた。

155期個人成績


野手




打順 ポジ 選手名 打率 本塁打 打点 盗塁
1 木根竜太郎 .314 13 68 39
2 ラキティッチ .276 11 57 26
3 ランタン .296 25 87 22
4 orbit .335 28 101 24
5 チワワ .291 36 118 13
6 中村信二 .301 15 80 13
7 六本木ヒルズ .273 12 62 14
8 逆鱗 .237 12 54 11
9 DH ヨッシー緑 .238 20 67 11






投手


ポジ 選手名 防御率 勝ち 負け セーブ 奪三振
先発 アルキメデス 3.37 14 7 0 101
先発 001 3.17 15 5 0 114
先発 北大路輝太郎 2.63 17 3 0 122
先発 shun 3.08 13 7 0 116
先発 きょん太 4.65 12 19 0 87
中継ぎ 聖誕祭 4.09 2 3 5 48
中継ぎ 松阪小輔 3.56 13 3 2 47
中継ぎ Zack 3.67 9 4 3 49
抑え H.ストリート 0.27 0 0 33 16


タイトル表彰


  • MVP
H.ストリート

各タイトル

  • 最多勝
北大路輝太郎 17勝

  • セーブ王
H.ストリート 30S

ベストナイン
北大路輝太郎(2)
松阪小輔(初)
H.ストリート(3)
木根竜太郎(4)
orbit(4)
チワワ(2)


受賞された皆さんおめでとう~

155期回顧と総評


【野手総評】
攻撃面に関しては今回は合格点を与えて良いだろう。
本塁打数・盗塁数ではずば抜けた数字を残したわけではないが得点率は12球団中阪神に次いで2番手と
各打者がそれぞれの役割をしっかり果たし上手く打線が機能した。来期もこの良い流れのままいきたいところ。
盗塁に関しては盗塁意識を挙げたことにより昨シーズンより数が増え結果的に攻撃面に厚みを加えることに繋がった。
今後もそれほど増やす必要もないがシーズン盗塁200程度まで上げられると良いかなといった感じ。
守備に関してはもう問題はないだろう。シーズンエラー17(うち野手のエラー13)なら十分合格点を与えられる。
センターラインの守備強化、守備位置変更が上手くいったようだ。


【投手総評】
投手陣に関しては今回は前期の憂さを晴らすような見事な活躍ぶりばかりが目立った。
今回の日本一達成は投手の力で勝ち取ったと言っても過言ではないだろう。
先発中継ぎ陣で防御率2点台以下を記録したのは一人だけであったが他が激しく炎上した前年と比べ
今期はそれらの投手が悪いなら悪いなりにしっかりと成績をまとめられたのが良かった。
成長が下降線になっている投手は9人中2人しか居ないため来期も今期のような活躍が期待できそう。



【チーム総評】
前回の目標通りレギュラーシーズンを1位で通過し、準備万端、満を持して迎えたリーグ優勝決定戦。
第5戦まで縺れたものの何とか阪神を振り切って久方ぶりの日本シリーズ進出を果たす事に成功した。
日本シリーズでも勢いそのままにソフトバンクを4タテでこちらも久方ぶりの日本シリーズ制覇。
言うことのない最高のシーズンとなった。
日本一になれたのはチームの選手全員が自分達の力をしっかり発揮できたから。
この優勝はチーム全員の力で勝ち取ったもので誰か一人の力でも欠けていたら為し得なかったものだっただろう。
来シーズンも全員が最高のパフォーマンスを発揮して日本一連覇を是非果たしたい。

今シーズンもチーム内での会話は相変わらず活発。
wiki編集に携わってくれる人についても編集に十分な人数が得られそうな雰囲気。
阪神に勝つためには阪神より良いwiki評価を常に得ることを目指しておきたい。
S評価を取れるように一人でも多くの人に更新に参加してもらいたい。


最終編集者:雛氷
最終更新日: 2007年11月10日 13時33分42秒