パワパーク@Wiki 第154回受賞者(ソフトバンク)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【第154回あけぼんペナント各賞発表】


<ゴールデングラブ賞>


ポジション 選手名(回) 球団 失策数 短評
捕手 カイト2 ソフトバンク 0 強肩好守の捕手。肩力はリーグでも1、2を争う強さで盗塁阻止率はおそらくリーグトップ!
一塁手 ガーデニング ロッテ 0 守備職人といわれ、一塁手にもかかわらず、走力があり、そのため守備範囲が広い。
二塁手 ☆サイバー☆ ロッテ 0 守備職人といわれ、自慢の走力を駆使し、守備範囲が非常に広い。
三塁手 早川 ロッテ 0 守備職人といわれ、走力を使い、守備範囲が広い。
遊撃手 トリスタン 日本ハム 0 抜群の守備力を持ち、走力もあり守備範囲が広い。
外野手 李柄圭 ロッテ 0 守備職人といわれ、守備力も高く、球界で1、2を争う守備力を持つ選手。肩も強く、あけぺな界のイチローと言っても過言ではない。
外野手 近衛騎士 ロッテ 0 守備力が高く、自慢の走力を使い、外野を駆け巡る。
外野手 参蝶清シ ロッテ 0 守備力が高く、自慢の走力を使い、外野を駆け巡る。
  • 今回は、8人中6人がロッテからの受賞となった。それもそのはず、今季のロッテの失策数は0個と完璧であった。これはあけペナ史上初の快挙かもしれない。今回の受賞者はすべて失策数0個のため、今後も失策数0個が最低ラインとなるかもしれない。


<沢村賞>

選手名(回) 球団 防御率 勝利 勝率 投球回 奪三振
ルドルフ将軍(初) ソフトバンク 1.14 19 .863 237.2 124
  • 今季は、7項目中奪三振以外の6項目を満たしたルドルフ将軍の受賞となった。リーグでも防御率、勝利、勝率、奪三振で1位となり投手4冠を獲得した。5種類の変化球とMax158kmのストレート、抜群の制球力をもつため、打者にとっては打つのが相当困難だったと言える。
  • 次点として、右近の橘(ロッテ)も7項目中6項目を満たす、防御率2.11、17勝、勝率.680、投球回212.2、124奪三振という成績を残したが、あまりにもルドルフ将軍の成績が良すぎたため、受賞とはならなかった。


<ファイアマン賞>

選手名(回) 球団 勝利 敗戦 セーブ数 ポイント
エイドリアン(初) ソフトバンク 1 2 33 66
  • 最多セーブをマークしたエイドリアン投手がこの賞も受賞した。ポイントには関係ないが、防御率も2点台と安定していて受賞は納得いくものである。