パワパーク@Wiki 第155回受賞者(ソフトバンク)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【第155回あけぼんペナント各賞発表】


<ゴールデングラブ賞>


ポジション 選手名(回) 球団 失策数 短評
捕手 双海聖二(初) ロッテ 0 強肩好守の守備職人。左利きの捕手と珍しい。
一塁手 早川(2) ロッテ 0 昨季の三塁手での受賞に続き、今季は一塁手でも受賞。守備職人といわれ、走力があり、守備範囲が広い。
二塁手 ☆サイバー☆(2) ロッテ 0 2年連続での受賞。守備職人といわれ、自慢の走力を使い、守備範囲が非常に広い。この選手の守備は一見の価値あり。
三塁手 ガーデニング(2) ロッテ 1 昨季の一塁手での受賞に続き、今季は三塁手で受賞。抜群の走力を駆使し、守備範囲が非常に広い。
遊撃手 55(初) オリックス 0 守備職人といわれ、走力は無く守備範囲は狭いが、自慢の肩で見せる。
外野手 李柄圭(2) ロッテ 0 守備職人といわれ、自慢の守備力、走力、肩力で抜群の守備を見せた。今季も『あけぺな界のイチロー』ぶりを見せた。2年連続での受賞。
外野手 参蝶清シ(2) ロッテ 0 肩こそ弱いが、守備力、走力は非常に高く、抜群の守備範囲で好守を見せた。2年連続での受賞。
外野手 小西愛斗(初) 西武 0 肩が非常に強く、走力、守備力もあり、相手ランナーを塁に釘付けにした。
  • 今回も、ロッテ勢が8人中6人受賞と、守備力の高さを見せつけた。2年連続での受賞は5名おり、全員がロッテに所属というのも、うなづける。受賞者には、中堅・ベテラン選手が多いが、その中でも、参蝶清シ選手は入団5年目と若いにもかかわらず、抜群の守備力をもっており、今後も楽しみな選手である。


<沢村賞>

選手名(回) 球団 防御率 勝利 勝率 投球回 奪三振
ルドルフ将軍(2) ソフトバンク 1.92 19 .730 211 104
  • 今季も、7項目中奪三振以外の6項目を満たしたルドルフ将軍の受賞となった。昨季に比べると、勝利数以外では軒並み数字を下げたが、チームを優勝へと導いた投球は圧巻だった。まだまだ働き盛りの年齢なので、来季こそは全項目を満たしての沢村賞を狙う。2年連続での受賞。


<ファイアマン賞>

選手名(回) 球団 勝利 敗戦 セーブ数 ポイント
エイドリアン(2) ソフトバンク 1 2 31 62
  • 最多セーブをマークしたエイドリアン投手が2年連続で、この賞を受賞した。ポイントには関係ないが、防御率も2点台と安定していて受賞は納得いくものである。まだ4年目と若く、来季も期待である。