パワパーク@Wiki 151~155回巨人派生ページ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は -
昨日は - 人  

155期派生ページ


チーム戦力分析


野手編

打撃に関しては一番の木根竜太郎の衰退が深刻ではあるが他の若手は皆底上げで全体的な戦力としても破壊力は昨年以上になったと思われる。
阪神打線のような圧倒的な破壊力とはいかなくとも、打撃戦で勝ちを拾っていくのに不自由するような打線にはならないだろう。
今後もじっくりと充実を図っていきたい。

走力は色つき選手が4人と徐々に力がついてきた。
盗塁成功率が半端ないあけペナでは走力強化は直接得点率の上昇に繋がる。
若手が多い野手陣だけに打撃同様こちらも更に充実を図りたいところだ。

守備はセリーグ随一の二遊間が自慢。今期は逆鱗選手が守備職人を取得し更に安定感が増すだろう。
その他の守備陣もD以下が2人だけと守備に関しては心配する事はなにもなさそうだ。


投手編

先発陣はエース北大路輝太郎がついに衰退期に。ただ衰えは始まったものの、まだまだその能力は目をみはるものがあり今後も数年はチームを引っ張っていってくれるだろう。
001投手はついに制球Sに到達、次期エース候補としての働きが期待される。きょん太投手、shun投手は順調に制球が成長。
今期から先発にコンバートのアルキメデス投手はどこまでやれるか。
全体的にみれば非常にバランスの良い先発陣になってきた感じ。
今期は能力通りの活躍を各人に期待したい。

中継ぎ陣はこれまで他に比べるとやや穴となっていた感じだが松坂小輔の中継ぎコンバートで昨シーズンより確実に層は厚くなった。
このペナントでは先発並みの投球回数を中継ぎ一人ひとりが投げているわけでこのポジションの重要性は非常に高い。
とりわけ中継ぎは先発が5試合に一回しか投げないのに比べ下手すれば毎日投げる可能性もある。
それ故に中継ぎ強化はチームの成績に大きなプラスの影響を与えるはず。
中継ぎ3人にはしっかりとその役割を果たしてもらいたい。

抑えのH.ストリートは3年連続セーブ王とこれまでの成績は申し分ないか。
もう少し防御率が下がれば言う事無しかな。


総合

野手陣、投手陣ともに若手から中堅の選手が多い中、数少ないベテランがしっかりとその役割を果たしてチーム戦力としては結構まとまった良いチームになってきているのでは無いかと思う。
特殊能力の部分で上のチームと比べるとさすがに見劣りするがチーム戦術でその差は十分埋められる位置に居るチーム。
しっかりとした戦術を整えてまずはセリーグ優勝・そして日本シリーズ進出を目指したい。


展望予想


セリーグ -Central League-


阪神一強、追う巨人、中日が遂にお目覚め?

今期は阪神にどれだけ巨人が迫れるかが焦点となる。

ますは阪神。12球団唯一打撃評価がSの強力打線にはもはや説明は不要。今期もありえない得点率をたたき出して他チームの投手成績を壊滅させることだろう。付け入る隙があるとすれば投手陣だがこちらも充実著しく簡単には崩れないだろう。この戦力で優勝を逃す姿は想像し難く優勝の大本命。

これを追うのが巨人。野手投手ともに徐々に戦力を整えてきている。戦力的には阪神にかなり見劣りするが逆転の可能性がゼロということはない。優勝を狙うためには上手く試合を組んで何とか付け入る隙を突いていきたいところ。

ここからはAクラス残り一つの席の争い。
このグループの中では遂にwiki更新が再開した模様の中日が一歩リードか。今年度も特にこれといった見所の無いチームではあるが総合力は決して悪くない。なんとか3位を死守してクライマックスシリーズ進出を果たしたいところだ。

これに続くのがヤクルト。戦力的にはAクラス入りを十分に狙えるレベル。特に投手陣は戦力十分。攻撃陣の頑張りと、上手な試合消化がAクラス入りの鍵となるだろう。

横浜も戦力では中日、ヤクルトに見劣りしない。ここ最近チームが上手く機能せず最下位に沈んでいるが、戦術をしっかり整えて上手くチーム運営できれば勝率5割も望めない事はないはず。

広島は苦しい。打線が別の意味で強烈で有人投手がかわいそうで仕方ない。とんでもないシーズンになることは間違いないと思うが腐らずに頑張って欲しいところだ。

パリーグ -Pacific League-


ソフトバンク包囲網発動?

本来の力を取り戻したソフトバンクをどのチームが止めるかが焦点。

優勝の大本命はやはりソフトバンク。昨シーズンは12球団唯一の100勝達成。日本シリーズでも強力阪神を寄付けず圧勝と完全に以前の力を取り戻した。
今期も普通に戦えば優勝の二文字はおのずと手に入るだろう。唯一の不安要素は若い下位打線のみ。

ソフトバンクを追う一番手は昨シーズン2位のオリックスになりそう。もともとバランスの良かった野手陣投手陣が順調に成長しチームも良い成長を遂げている。ただし戦力的にはソフトバンクと比べるとかなり見劣りする部分がある。上ばかりみていると足元をすくわれる可能性があるのが今のパリーグ。現実的な目標としてはやはりとりあえずAクラス確保といったあたりか。

これに続くのが西武か。しばらく下位で死んだふりをしながら戦力を整えていたがここに来て打撃陣が一気に充実してきた感じだ。投手力はまだまだだが打線が昨年並みに上手く機能すれば久々のAクラスも夢ではないだろう。

パワー系を徹底排除、足と堅守で守り勝つ野球に徹するロッテがこれに続く。攻撃陣は相変わらず健在だが投手陣の層がやや薄いのが不安要素か。時々はまる戦術が上手くフルシーズン続けばよいが果たして・・・

日本ハムも総合力ではAクラス入りを狙える位置にある。全投手が先発をはれるような強力投手陣は圧巻だが、如何せん打線が頼りない。ベテランが抜け再建の真っ最中といった感じか。ただし選手が皆若いので数年後はソフトバンクに対抗できる一番手になることは間違いないはず。

楽天は野手陣はそこそこ人が揃ってきたが投手陣がまだまだ。活気のあるパリーグの中ではwiki更新も含めて一チームだけ浮いた存在である。どなたかwiki更新したらどうですか。

他球団注目選手


ヤクルト


注目選手名 寸評
張I 磨きぬかれたスローカーブを絡めた緩急自在のピッチングが持ち味。現在ヤクルトで唯一制球・スタミナAAの可能性がある投手で将来のヤクルトの先発陣を引っ張る存在になる事は間違いない。

横浜


注目選手名 寸評
Ω野球浪人Ω 150kを超える速球とナックルが魅力でセットポジションも上手いバランス型投手。まだまだ荒削りな面があるがいずれローテ入りしてくるだろう。

広島


注目選手名 寸評
麦茶 6年目にしてミートAの巧打が魅力。守備Dで二塁を守らなくてはならない苦しい人員状況の中で広島を攻守で引っ張っていく存在になるだろう。

阪神


注目選手名 寸評
三ツ矢サイダー 多彩な変化球とバランスの良い制球・スタミナが魅力。高卒4年目の投手とは思えないマウンドでの存在感で既に阪神の先発陣で欠かせない存在になっている。

中日


注目選手名 寸評
ドリーム2 欠点のないバランス型野手。高卒5年目としてはかなりのパラメータを持つ。上手く成長すればかなり走攻守あらゆる面で危険な選手になるだろう。


最終編集者:雛氷
最終更新日: 2007年11月05日 21時12分45秒