パワパーク@Wiki 第156回ロッテ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

千葉 ロッテ マリーンズ #ref error : ファイルが見つかりません (LOTTE.gif)

  • 累積訪問者  : -
  • 今日の訪問者 : -
  • 昨日の訪問者 : -

< チーム史・昨季の戦績 >

  • 第73回からリーグ16連覇・日本シリーズ7連覇を成し遂げた かつての最強チーム。その間には他を寄せ付けない強さを誇る時期もあった。その後も常に上位争いに加わるチーム力を維持し続け、12季連続チーム総盗塁数200個超えや3季連続全員2桁盗塁など、輝かしい記録を残した。脚力 最重要視・小技も絡めた繋ぐ野球・中継ぎフル稼働がチームの特徴だった。
  • しかし、110季中頃に内紛が勃発し、一旦は収集したかに見えたものの、痼りを完全に取り除くことはできず、相次ぐ主力の移籍やチーム方針に背いた選手の入団により、チーム力が下降線を辿っていった。120回台半ばには遂にBクラスに転落し、暫く苦しんでいた。第130回台後半に漸く復活への道を歩み出した。
  • 第146回には3位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、日本シリーズも制して56季ぶりとなる日本一の栄冠を掴んだ。第148回には、28季ぶりの優勝も果たした。第153回には野手陣無失策、第154回にはチーム無失策の快挙を達成。
  • 前半戦は好調で首位、後半戦も踏ん張って最終順位は2位。チーム力から考えれば、すばらしい成績といえるだろう。そんな中、遂にチーム総盗塁数304個の輝かしい快挙を成し遂げることに成功したのは嬉しい限り。


< ロッテ野球 >

◇ チーム方針 ◇

☆ オレ流 ☆ フォア・ザ・チーム ☆ ~ 無形の力を培おう ~

◎ ロッテ野球の真髄 ◎

  • すばらしきプロ野球監督に倣って、それを あけペナ用にアレンジした野球です。
  • 勝てる監督には、勝利の裏付けが あるものです。あけペナでは、各選手の作製者全員がチームの監督。理論・論理に基づいた野球を徹底することが、常勝への近道です。

< オレ流落合野球 >

  • オレ流とは、各選手が自分流の方法で、チームに貢献するということ。能力以上のことを求めるのではなく、各々の できることを確実に こなすことが最も大切である、という考え方に基づく手堅い野球。
  • 各選手が、自分の置かれた立場や任せられた役割を認識し、すべきことをキッチリこなせるよう努めることが重要。

<統計バレンタイン野球>

  • 相性を重視した選手起用が その象徴。選手が持つ力、チームが出し得る力を存分に引き出す。自分たちの力を出しきることができれば絶対に勝てる、という考えに基づく統計野球。
  • そのためには、チーム・選手の状態を把握し、それに合わせて調整することが必要。

<野村ID野球>

  • データを最重視。データから導き出される結果を基に、表に現れた力だけではなく、相手が何を考えているかを読むことで、いかに自軍に力を発揮させ、相手の力を封じるか、を考える緻密な野球。
  • 「弱者が強者に勝つ野球」を実践することが肝要。

< 記録集 >

М 過去のトップページ







< 選手紹介 >

選手評価/昨季の成績/今季の成績/名選手への近道など

  • 「有効鍛錬」「有効未取得特殊能力」には、目標達成に必要なものを優先順に表記しています。
  • 「―」は、「特に指定なし」を意味します。

能力別色分けの見方

良・高 悪・低

野手紹介欄の見方・凡例

打順 〔 守備位置 〕 選手名 { 製作者名 } 打席・打法  年齢 ( 年数 )
[ 能力 / 強打: 巧打: 脚力: 肩力: 守備力 ]  一言コメント
寸評
昨季の成績: 打率 ( 安打 )   本塁打   打点   三振   犠打   盗塁   失策   
今季の成績: 打率 ( 安打 )   本塁打   打点   三振   犠打   盗塁   失策   
通算成績: 打率 ( 安打 )   本塁打   打点   三振   犠打   盗塁   失策   
現有特殊能力
〔1〕 有効鍛錬 ※ 
〔2〕 必要除去特殊能力 or 現時点での有効未取得特殊能力 ※
  • ※:有効鍛錬や有効未取得特殊能力は、成長過程や能力変遷などの影響により、優先順位や有効性に変化を生じることもあるので要注意。

1 〔 〕 参蝶清シ { がしえもん }  右打ち・普通 27歳 ( 6年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  飛躍に期待の若手選手
俊足巧打堅守の期待の若手。昨季は少々打率を下げたが、盗塁数は微増。守備面では無失策。成長により安定感が出てきている。脚力が向上した今季は、さらなる活躍を見込んで斬り込み隊長に抜擢。キャンプでは、上位を座を確実なものにするべく脚力を鍛え上げよう。また、盗塁技術を身に付けることも重要だ。守りでは、脚力と守備力を活かして今季も左翼に就く。何と5年目にして守備力を極めた。
率.272 ( 147 安打 )  19 本  78 打点  62 三振  1 犠打  23 盗塁  0 失策
率.318 ( 181 安打 )  14 本  75 打点  44 三振  0 犠打  48 盗塁  0 失策
率.277 ( 911 安打 )  75 本  366 打点  379 三振  54 犠打  146 盗塁  4 失策
威圧感
〔1〕 脚力 巧打  〔2〕 盗塁○

2 〔 〕 李柄圭 { 帶玉 }  左打ち・普通  32歳 ( 11年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  俊足巧打で上位定着
FA移籍入団5季目を迎える俊足巧打堅守の選手。昨季は3割50盗塁を達成し、チーム総盗塁数300個到達に大きく貢献。守りでも、俊足と守備力を活かして外野の要を務めて無失策。今季も打って走って守っての大活躍が見込まれている。今後のキャンプでは、脚力向上に努め、完成度を高めていこう。次に取得すべき特殊能力は、出塁率を高めるためのアベレージヒッターだ。将来の二遊間 候補。
率.312 ( 189 安打 )  12 本  73 打点  75 三振  2 犠打  51 盗塁  0 失策
率.333 ( 200 安打 )  22 本  98 打点  53 三振  4 犠打  45 盗塁  0 失策
率.297 ( 1926 安打 )  100 本  660 打点  697 三振  16 犠打  360 盗塁  30 失策
バント◎ 盗塁○ 送球○ 守備職人
〔1〕 脚力  〔2〕 アベレージヒッター

3 〔 〕 ☆サイバー☆ { 青き輝き }  左打ち・普通  35歳 ( 14年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  完全復活間近の快速巧打者
中日から移籍してきて4季目を迎える俊足巧打堅守の選手。昨季は、打率が3割を割ったものの、盗塁は30個を上回り、チーム総盗塁数300個到達に貢献。数字的には決して悪い訳ではなく、ベストナインにも輝いているが、持てる力を発揮しきれていない感が否めないのは残念。二塁手としての守りでは、堅守を披露し、無失策。能力的には何の問題もないので、攻撃面での派手な活躍に期待が膨らむ。今季もクリーンアップの一角を務めることになりそうだ。守りでは、極めた守備力で二塁手を務め、堅守ぶりを発揮する。そろそろ衰え期に突入するので、今後は脚力維持を第一にキャンプをこなしていくべし。出塁率を高めるアベレージヒッター取得も重要だ。
率.287 ( 156 安打 )  17 本  83 打点  66 三振  3 犠打  36 盗塁  0 失策
率.276 ( 149 安打 )  10 本  64 打点  65 三振  6 犠打  52 盗塁  0 失策
率.281 ( 2287 安打 )  200 本  886 打点  1227 三振  39 犠打  509 盗塁  12 失策
盗塁○ 守備職人 内野安打 威圧感
〔1〕 脚力 巧打  〔2〕 アベレージヒッター

4 〔 〕 ガーデニング { 青空 }  右打ち・普通  29歳 ( 8年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  盗塁で飛躍の快速選手
俊足巧打堅守の期待の若手。昨季は、打率こそ下がったままだったが、盗塁数を一昨季より10個以上上積みに成功し、チーム総盗塁数300個到達に大きく貢献。三塁手に転向した守備では、惜しくも1失策。今季は、右翼手に転向し、脚力と守備力を活かして外野を駆け巡る。全体的に順調な成長を見せている。特に、5年目に脚力がAランクになったことは、大きな期待を抱かせてくれる。今後は、既に脚力が14になっているので、自然成長とプラスイベントのことを考慮してミートAランクを目指すのが良い。自然成長でミートもAランクになった場合は、守備練習にシフトし、効率良く育成していこう。守りでは、今季も一塁手を務める。次の特殊能力は、出塁率を高めて脚力を存分に活かすのに有効なアベレージヒッター取得がお勧めだ。
率.269 ( 151 安打 )  6 本  66 打点  73 三振  1 犠打  43 盗塁  1 失策
率.264 ( 150 安打 )  14 本  65 打点  77 三振  3 犠打  40 盗塁  0 失策
率.270 ( 1216 安打 )  88 本  509 打点  584 三振  120 犠打  200 盗塁  12 失策
バント× 盗塁○ 逆境○
〔1〕 巧打 守備  〔2〕 アベレージヒッター

5 〔 〕 早川 { まーくん }  左打ち・普通  38歳 ( 17年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  俊足巧打堅守のベテラン健在
第139回新人王に輝いた俊足巧打堅守のベテラン。アベレージヒッターを身に付けた昨季は、3季ぶりに40盗塁に到達。打率3割も達成し、役割を十分に果たした。守りでも一塁手として無失策。攻守に亘る活躍でベストナインに輝いた。今季は脚力の衰えが大きくなってきているので、闘気を活かして5番での出場が濃厚。各能力の衰えが限界に近づいてきているが、特殊能力で補うことができるので、ベテランとして担う役割は大きい。今後のキャンプでは、脚力、ミートの順に落ちた方を補おう。どちらも落ちなかった場合は、脚力を強化に励んで後の衰えに備えるべし。役割的に、次の特殊能力はチャンス○が良さそうだ。三塁手に再転向。
率.303 ( 188 安打 )  11 本  72 打点  40 三振  3 犠打  41 盗塁  0 失策
率.285 ( 164 安打 )  8 本  71 打点  61 三振  11 犠打  33 盗塁  0 失策
率.290 ( 2988 安打 )  173 本  978 打点  1096 三振  49 犠打  626 盗塁  9 失策
盗塁○ 守備職人 アベレージヒッター 満塁男 闘気
〔1〕 脚力 巧打  〔2〕 チャンス○

6 〔 〕 白鷹 { 黒鷹 }  左打ち・普通  22歳 ( 1年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  俊足巧打で期待の大卒ルーキー
俊足巧打の大卒ルーキー。新人としてのミートと脚力は及第点に達している。守備力も何とかなる値だ。今後は、まず最大の武器となる脚力から高めていこう。ネックにしかなり得ない守備力の低さを改称すべきではあるが、チーム方針に由来する俊足巧打の選手の特権を大いに活かして成長を早めるのが得策だ。暫く守備は、自然成長に任せておこう。
率.--- ( 0 安打 )  0 本  0 打点  0 三振  0 犠打  0 盗塁  0 失策
率.272 ( 144 安打 )  4 本  59 打点  61 三振  9 犠打  26 盗塁  1 失策
率.272 ( 144 安打 )  4 本  59 打点  61 三振  9 犠打  26 盗塁  1 失策
バント× 満塁男
〔1〕 脚力維持  〔2〕 盗塁○

7 〔 〕 双海聖二 { 神代 }  左打ち・普通  40歳 ( 18年目 )
[ 強  巧:  脚:  肩:  守: ]  不惑を迎える堅守のスラッガー健在
横浜から移籍してきて6季目、不惑を迎える堅守のスラッガー。昨季は復調し、打率3割、30本塁打、90打点を達成し、ベストナインに輝いた。打率3割は4季ぶり、打点93は3季ぶりだ。転向した捕手としての守備も完璧。遊撃手に戻り、勝負強さを増した今季も下位で走者を還す役割に徹し、堅守を披露する。キャンプではミート維持に努めよう。守備力も維持したいところだが、ミートの衰えが限界値に達しているので、何とか1年でも長くC以上を保ちたい。引退を仄めかしているが、衰えは隠せないとは言え総合力は高いので、強制引退を迎えるまでチームを支え続けてほしい。
率.305 ( 159 安打 )  30 本  93 打点  57 三振  4 犠打  11 盗塁  0 失策
率.281 ( 149 安打 )  21 本  89 打点  69 三振  9 犠打  4 盗塁  0 失策
率.282 ( 2730 安打 )  408 本  1552 打点  1154 三振  114 犠打  237 盗塁  44 失策
チャンス◎ 対左投手◎ 守備職人 アベレージヒッター サヨナラ男 安定感 闘気
〔1〕 ミート維持  〔2〕 チャンス○

8 〔 〕 ジョンスミス { 森乃進 }  右打ち・普通  42歳 ( 20年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  力任せのベテラン・・・
一発屋の傾向を持つ大ベテラン。何度も進むべき方向を間違えたことが影響し、年によって打撃成績の上下が激しい。チャンスメーカーを取得し、ミートとパワーのバランスが取れた状態で臨んだ昨季は、打率も本塁打も復調気配を見せ、ベストナイン指名打者に選出された。打点は一昨季と殆ど同水準。ムラが収まり、役割を果たすことができた。今季も基本的には下位を打つことになるだろう。チーム事情により、4季ぶりに守備に就く。キャンプで落ちた守備力の回復に成功したことが活きる形となる。
率.274 ( 145 安打 )  25 本  75 打点  95 三振  17 犠打  4 盗塁  0 失策
率.298 ( 159 安打 )  28 本  97 打点  69 三振  25 犠打  5 盗塁  2 失策
率.288 ( 3130 安打 )  560 本  1831 打点  1408 三振  25 犠打  159 盗塁  41 失策
チャンス◎ 対左投手◎ 固め打ち チャンスメーカー 威圧感 安定感 豪力
〔1〕 ミート維持  〔2〕 アベレージヒッター

9 〔 〕 サブロー { ぐっさん }  右打ち・普通  23歳 ( 1年目 )
[ 強:  巧:  脚:  肩:  守: ]  巧打で強打の大卒ルーキー
巧打で強打の大卒ルーキー。打撃型の新人としての能力は、守備力が少々劣るものの、まずまずか。今後は、パワー偏重型になるのを避けるために、まずはミート向上に努めた方が良さそうだ。ある程度成長した後に、守備力にも目を向ければ何とかなるだろう。左投手を苦にしているのはネックなので、除去可能になり次第、即克服すべし。
率.--- ( 0 安打 )  0 本  0 打点  0 三振  0 犠打  0 盗塁  0 失策
率.222 ( 121 安打 )  14 本  59 打点  99 三振  10 犠打  4 盗塁  0 失策
率.222 ( 121 安打 )  14 本  59 打点  99 三振  10 犠打  4 盗塁  0 失策
対左投手× 満塁男
〔1〕 脚力 守備  〔2〕 対左投手×克服

< 野手総評 >

  • 今季は、名無し化と想定外の任意引退によって2人退団した入れ替わりで、大卒ルーキー2人を迎えた。2人とも即戦力ではあるが、抜けた2選手がかなり高い能力を有していたため、大きな戦力ダウンに見舞われる形となった。それでも、元々の戦力値が高かったことで、何とか凌げる可能性は残されている。あとは、各々次第である問題解決意識に、持てる力をどれだけ発揮できるかが懸かっている。
  • 今季の打線は、ある程度 融通が利くので、調子や状態次第で適宜 打順を入れ換えて、その時々に発揮可能な打線の力を最大限に引き上げる工夫が必要不可欠だ。

投手紹介欄の見方・凡例

〔 投順・役割 〕 選手名 { 製作者名 }  利き腕・投法 年齢 ( 年数 )
一言コメント
球速:   制球:   スタミナ:
変化球:
寸評
昨季の成績: 防御率   勝ち星   敗戦   セーブ   投球回数(小数点以下は3分の○(○/3)の意)   奪三振   与四死球   被本塁打
今季の成績: 防御率   勝ち星   敗戦   セーブ   投球回数(小数点以下は3分の○(○/3)の意)   奪三振   与四死球   被本塁打
通算成績: 防御率   勝ち星   敗戦   セーブ   奪三振
現有特殊能力
〔1〕 有効鍛錬 ※ 
〔2〕 必要除去特殊能力 or 現時点での有効未取得特殊能力 ※
  • ※:有効鍛錬や有効未取得特殊能力は、成長過程や能力変遷などの影響により、優先順位や有効性に変化を生じることが少なくないので要注意。

先発① 〕 茜色の約束 { 白夜 }  左斜め  27歳 ( 6年目 )
魔球遣いの期待の若手左腕
球速: 146 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: スローカーブ7 スライダー2 フォーク7
魔球スローカーブが得意球の若手左腕。フォークに磨きをかけて臨んだ昨季は、防御率を若干改善させることに成功し、2季連続で規定投球回数に到達。しかし、2季連続4度目の2桁敗戦を喫した。フォークの変化幅を最大まで引き上げて臨む今季は、さらなる防御率の改善と2桁勝利・1桁敗戦を目指す。次のキャンプでは、変化球の効力を高めるべくフォークからパームを編み出そう。三振狙いの球を身に付けているので、将来的には三振奪取型の先発投手になるべく鉄腕取得を目指してみる手もありだ。
防 4.58   9 勝  10 敗  0 S  155.1 回  93 奪三振  87 与四死球  23 被弾
防 3.58   8 勝  8 敗  0 S  168.1 回  94 奪三振  99 与四死球  25 被弾
防 5.53   36 勝  62 敗  0 S  420 奪三振
打球反応○
〔1〕 フォーク → パーム  
〔2〕 重い球・逃げ球・打たれ強い・威圧感 or 鉄腕

先発② 〕 たまちゃん { ガル }  左ヒールアップ  25歳 ( 4年目 )
特殊投法を身に付けた期待の若手左腕
球速: 148 km/h  制球: スタミナ:
変化球: カーブ2 パーム4 シュート7
特殊投法の若手左腕。打たれ強さを克服し、パームに磨きをかけて臨んだ昨季は、防御率を2点以上改善することに成功。しかし、まだまだ満足行く数字には程遠い。さらにパームを磨いて臨む今季は、規定投球回数到達と防御率改善を目指す。今後も奪三振狙いのパームの強化に励もう。将来的には鉄腕を取得して、三振奪取型の投手に成長するのが理想か。
防 5.85   5 勝  11 敗  0 S  130.2 回  56 奪三振  78 与四死球  24 被弾
防 4.68   6 勝  12 敗  0 S  150.0 回  79 奪三振  91 与四死球  27 被弾
防 5.98   23 勝 43  敗  0 S  240 奪三振
打球反応○
〔1〕 パーム強化  〔2〕 重い球・逃げ球・打たれ強い・威圧感 or 鉄腕

先発③ 〕 右近の橘 { 蓮琥 }  左上  38歳 ( 17年目 )
左殺しの本格派左腕エース
球速: 146 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: Sスライダー7 スライダー2 パーム7 シンカー2 シュート2
中日から移籍してきて5季目を迎えるチーム内で最高の完成度を誇る左の本格派エース。シンカーを身に付けて臨んだ昨季は、4季連続での投球回数200回に僅かに届かなかったが、防御率は2点台半ばの安定感を発揮した。今季も先発の柱として大きな期待を背負ってマウンドに上がる。球の伸びを良くすれば、最高球速の速さとパームを存分に活かして、奪三振量産型の投手に変貌できたはずなのだが・・・。やはり、鉄腕を取得し辛いのが難点か・・・。衰え期に突入しているので、今後は最大変化球の曲がり幅を落とさないことが重要。落ちなかったときは、制球力を補おう。変化の小さい変化球は、曲がらないままで問題なし。
防 2.48   12 勝  7 敗  0 S  199.2 回  106 奪三振  94 与四死球  11 被弾
防 2.83   12 勝  7 敗  0 S  190.2 回  112 奪三振  98 与四死球  16 被弾
防 2.82   182 勝  103 敗  99 S  1401 奪三振
左打者○ 打たれ強い 逃げ球 重い玉 威圧感 安定感 気迫
〔1〕 最大変化球のみ変化幅維持・制球力維持  〔2〕 ピンチ○・ノビ○(?)

先発④ 〕 凛奈 { ゆう }  左あっち向いてホイ  27歳 ( 6年目 )
先発転向の特殊投法魔球遣い左腕
球速: 146 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: スローカーブ7 スライダー3
特殊投法の期待の左腕。スローカーブに磨き上げて臨んだ昨季は、防御率を3点台半ばまで改善することに成功し、3季連続4度目の規定投球回到達を果たす働きを見せた。スライダーに磨きをかけて臨む今季は、先発に転向。順調に成長してきているので、先発としての地位を確立したいところだ。今後も、外野フライ狙いのスライダーに磨きをかけて、投球の幅を広げよう。
防 3.71   9 勝  3 敗  7 S  150.1 回  81 奪三振  65 与四死球  17 被弾
防 4.58   11 勝  8 敗  0 S  159.0 回  85 奪三振  91 与四死球  25 被弾
防 4.82   49 勝  40 敗  20 S  423 奪三振
逃げ球
〔1〕 スライダー強化  
〔2〕 重い球・打たれ強い・威圧感(それぞれに対応する徴特殊能力も可)

先発⑤ 〕 小松聖 { プロの洗礼 }  左斜め  35歳 ( 14年目 )
先発転向で奪三振量産なるか魔球遣い左腕
球速: 150 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: カーブ2 パーム7
魔球パームを操る主力中継ぎ左腕。昨季も、中継ぎながら3季連続3度目となる規定投球回数に到達。しかし、防御率は4点台のままだった。しかし、能力的な問題はない。鉄腕を取得した今季は、遂に先発に転向。最速150キロの球と、三振狙いの変化球で、どれだけ三振を奪うことができるか楽しみだ。衰え期に突入しているので、得意球の変化幅が落ちた場合は その回復を優先し、落ちなかった場合はスタミナ増強に励もう。制球力は多少落ちても問題なし。
防 4.63   9 勝  4 敗  3 S  178.2 回  80 奪三振  86 与四死球  11 被弾
防 3.16   16 勝  7 敗  0 S  185.0 回  140 奪三振  67 与四死球  23 被弾
防 4.12   97 勝  80 敗  45 S  1068 奪三振
クイック○ 威圧感 鉄腕
〔1〕 変化幅維持・スタミナ増強  〔2〕 重い球・打たれ強い・逃げ球

中継ぎ① 〕 starryskyⅥ { オレ }  左上  36歳 ( 15年目 )
ロングリリーフ可能な最高峰 中継ぎエース左腕
球速: 149 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: カーブ7 スライダー3 ナックル7 スクリュー5 シュート2
スタミナ満点の中継ぎ左腕。昨季は、すばらしい働きを見せた。5季連続で規定投球回到達は もちろんのこと、防御率1点台で最優秀防御率のタイトルを獲得し、中継ぎ投手としてベストナインに輝いた。さらに、勝ち運も手伝って5季連続5度目の2桁勝利をマーク。しかも、貯金を10個も作った。スクリューを磨き、シュートも身に付けて臨む今季も、もちろんフル稼動だ。衰え期に突入しているので、ナックルかカーブの変化幅が落ちた場合に限り その回復を優先し、それ以外のときは制球力を補おう。スクリューを磨き上げる手も考えられるが、少々厳しいかもしれない。
防 1.76   17 勝  7 敗  2 S  178.2 回  101 奪三振  86 与四死球  11 被弾
防 2.22   14 勝  5 敗  4 S  166.1 回  90 奪三振  70 与四死球  10 被弾
防 4.02   130 勝  86 敗  49 S  1213 奪三振
勝ち運 打たれ強い 威圧感 打球反応○
〔1〕 最大変化球のみ変化幅維持・(スクリュー強化)・制球力維持  
〔2〕 逃げ球・重い球(対応する超特殊能力も可)

中継ぎ② 〕 時姫 { みくび~る }  左トルネード  24歳 ( 3年目 )
中継ぎ転向 期待のトルネード左腕
球速: 152 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: カーブ2 スライダー2 フォーク7
魅惑のトルネード投法を身に付けた三振奪取型の期待の若手。フォークを磨き、制球力も上がった昨季は、ルーキーイヤーの一昨季とは打って変わって安定した投球でを見せて、規定投球回数にも到達し、期待に応えた。スライダーを身に付け、フォークの変化幅を最大まで引き上げて臨む今季は、現在の力を存分に発揮すべく中継ぎに転向。威圧感を活かしてのピンチを断ち切る投球に期待。次のキャンプでは、フォークからパームを編み出して変化球の効果を高めよう。トルネード投法から繰り出される速球と落ちる球を持っているので、将来的には三振奪取型を極めるべく鉄腕取得を目指す価値あり。
防 3.69   9 勝  5 敗  0 S  144.0 回  93 奪三振  75 与四死球  14 被弾
防 3.11   7 勝  1 敗  4 S  110.0 回  57 奪三振  56 与四死球  12 被弾
防 4.03   18 勝  17 敗  4 S  214 奪三振
威圧感
〔1〕 フォーク → パーム  
〔2〕 逃げ球・重い球・打たれ強い or 鉄腕

中継ぎ③ 〕 山野 { 北城 }  右上  22歳 ( 1年目 )
威圧感を持つ期待の大卒ルーキー右腕
球速: 145 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: スライダー4 ハードシンカー6
威圧感を持ち、大きく変化するハードシンカーを投じる期待の大卒ルーキー右腕。そこそこ曲がるスライダーも投げ、制球力も良し。初期能力として及第点に達しているばかりか、欠けている部分すら見当たらない出来栄えだ。高い能力と威圧感を活かして中継ぎの一角を担う。弱みは消すに越したことはないが、クイックは苦手でも悪影響は少ないので、余裕が出てくるまで暫く放っておいても良い。三振狙いの球が得意なので、将来的には三振奪取型の先発投手へ変貌すべく、鉄腕取得を目指してみるのが面白いかも。
防 ---   0 勝  0 敗  0 S  0 回  0 奪三振  0 与四死球  0 被弾
防 3.76   7 勝  3 敗  0 S  91.0 回  56 奪三振  45 与四死球  7 被弾
防 3.76   7 勝  3 敗  0 S  56 奪三振
クイック× 威圧感
〔1〕 ハードシンカー強化  
〔2〕 (クイック×克服) 逃げ球・重い球・打たれ強い(それぞれに対応する超特殊能力も可) or 鉄腕

抑え 〕 森沢優ちゃん { ☆・いてまえ・☆ }  左UFO  22歳 ( 1年目 )
緩い球と多彩な変化球を武器にルーキー抑え宣言
球速: 138 km/h  制球:  スタミナ:
変化球: スローカーブ7 スライダー1 パーム2 シンカー1 シュート1
威圧感を持ち、特殊な投法を身に付けている大卒ルーキー。新人としての基礎能力は及第点に達しているはず。スローカーブを始めとする緩い球を得意としていて、5方向の変化球で相手打者を翻弄する投球が身上。期待大。
防 ---   0 勝  0 敗  0 S  0 回  0 奪三振  0 与四死球  0 被弾
防 4.93   1 勝  3 敗  37 S  49.1 回  18 奪三振   26与四死球  4 被弾
防 4.93   1 勝  3 敗  37 S  18 奪三振
クイック× 威圧感
〔1〕 パーム強化  
〔2〕 (クイック×克服) 逃げ球・重い球・打たれ強い(それぞれに対応する超特殊能力も可)

< 投手総評 >

  • 今季は、年齢制限による強制引退と任意引退により2人が抜け、入れ替わりで2人の大卒ルーキーを迎えた。その2人の新人としての能力は高いので、昨季と大きな変化はないと言えそうだ。むしろ、若手が順調に成長してきているので、プラス要素の方が多いと言っても過言でない。適性に合わせた先発・中継ぎの配置転換を敢行できたことが、その証である。これにより、各投手の持ち得る最大限の力が これまで以上に上手く発揮され、大いに活躍を見せてくれるはずだ。なお、先発投手陣の投順は、評価順に並んでいる訳ではない。あくまで戦略上の順番なので、気に留める必要なし。

<チーム総評>

評価:〔 攻撃力: 走力: 守備力: 先発力: リリーフ力: 総合力:

  • 評価的には攻撃力が1ランク上がり、リリーフ力が1ランク落ちた。しかし、実際は、2人の主力野手が抜けて入れ替わりで入ったのが大卒ルーキー2人なので、攻撃力はダウンしているはずだ。逆に、若手が3人いても能力的には見劣りしないリリーフ力は、それほど大きなマイナスではない。現有戦力については、底上げが上手く行っているので、若干プラスだ。全体的に見ると、抜けた選手の影響力は小さくなかったので、その穴を完全に埋めるには至らず幾分かマイナスであろう。
  • 作戦面における致命的な欠陥は、対象監督が抜けたため、解消に向かうことが期待される。しかし、いかに勝てる試合を増やすかは、まだ課題のままだ。
  • 投手陣・野手陣ともに、名無し化選手と方向性不明の選手の発生を防止できるかどうかがチーム浮沈の鍵を握っている。それに加えて、各監督が ある程度以上の野球観を持った上で、勝利への執念を燃やすことも必要不可欠だ。


< 禁止事項 >

  • 常勝軍団を目指すロッテでは、チーム方針に反する以下のような行為を お控えいただきますよう お願いいたします。

贔屓(ひいき)選手起用 無策野球

贔屓で起用する選手を決め、力量不足の選手を交代させず、痛恨の失敗を犯した選手に対して怒り心頭に発して首をかしげる行為がお似合いで、減らず口ばかり叩いている あの下品で無礼極まりない無能なプロ野球監督のような野球。
  • 能力に見合わない打順に変更する。
  • 調子を無視した打順を組む。
  • 打順を自己本位で動かす。
  • オフ時に守れない選手を守備に就かせる。
  • 投順を意味もなく いじる。
  • etc.

感情任せデタラメ野球

立腹したときに、怒りに任せて選手を交代させたり、周囲に当り散らしたり、時には暴力行為に出たりする あの人や、適当采配の あの人(共に元プロ野球監督)に通ずる野球。
  • データを無視して、対戦相手をデタラメに選ぶ。
  • 打順を感情任せでいじる、投順を怒りに任せていじる、など・・・etc.


あけペナwiki編集要項〔ロッテ編〕?

ロッテ所属の選手を持つ方または関係者は、wiki編集前に ご精読 願います。

安易な模倣厳禁!モラルを守りましょう。

最終更新日時: 2007年11月11日 20時12分25秒
編集者:
  • いてまえ軍団団長 (最終更新:第156回/更新箇所:下記以外、通算成績欄追加、細部修正、整形など)
  • 青き輝き       (最終更新:第156回/更新箇所:野手陣の年齢)
  • ガル          (最終更新:第156回/更新箇所:投手陣の年齢・年数)
  • 白夜           (最終更新:第156回/更新箇所:野手個人能力)
  • まーくん        (最終更新:第156回/更新箇所:投手能力)
  • オレ           (最終更新:第156回/更新箇所:野手今季成績)
  • 北城          (最終更新:第156回/更新箇所:投手今季成績、投手通算成績)
  • プロの洗礼       (更新箇所:他チーム情報(派生ページ))
  • みくび~る       (更新箇所:選手能力比較(派生ページ))
  • 黒鷹          (更新箇所:入退団選手情報(派生ページ))