パワパーク@Wiki 第158回受賞者(ソフトバンク)

【第158回あけぼんペナント各賞発表】


<ゴールデングラブ賞>


ポジション 選手名(回) 球団 失策数 短評
捕手 ゼラ(3) 日本ハム 1 捕手としては2年連続で受賞。年々、守備力を上げてきている。3年連続での受賞。
一塁手 祈2(初) 西武 1 若干20歳で初受賞。堅実な守備をベースに、見事な捕球を見せる。
二塁手 ☆サイバー☆(5) ロッテ 0 5年連続での受賞。守備職人と呼ばれ、自慢の走力を使い、守備範囲が非常に広い。この選手の守備は一見の価値あり。
三塁手 早川(5) ロッテ 0 一塁手でもゴールデングラブ賞を受賞したことのある選手。守備職人と呼ばれ、衰えを経験でカバーする。5年連続受賞。
遊撃手 55(4) オリックス 0 守備職人といわれ、守備力、肩の強さはリーグ屈指。4年連続受賞。
外野手 ガーデニング(5) ロッテ 0 一塁手、三塁手での受賞があり、今季も外野手で受賞した。抜群の走力で守備範囲が非常に広い。5年連続受賞。
外野手 参蝶清シ(5) ロッテ 0 肩こそ弱いが、守備力、走力は非常に高く、抜群の守備範囲で好守を見せた。5年連続受賞。
外野手 李柄圭(5) ロッテ 0 守備職人といわれ、自慢の守備力、走力、肩力で抜群の守備を見せる。衰えが見えだしてきたが、経験でカバーしている。5年連続受賞。
  • 今期も7名が連続で受賞と、安定した守備力を見せ続けている。唯一の初受賞となった祈2選手は20歳と、史上最年少での受賞となった。今後のゴールデングラブ賞の常連となってくるだろう。

<沢村賞>

選手名(回) 球団 防御率 勝利 勝率 投球回 奪三振
岸孝之(初) ソフトバンク 2.41 17 .772 197.2 135
  • 今季は、7項目中5項目を満たした岸孝之投手が初受賞となった。まだ20代と若く、これから更に良くなっていくことは容易に想像がつく。Max155kmのストレートを主体に多種多様な変化球を駆使し、相手バッターをキリキリマイさせた。安定感もあり、滅多なことでは崩れない。


<ファイアマン賞>

選手名(回) 球団 勝利 敗戦 セーブ数 ポイント
森沢優ちゃん(3) ロッテ 3 3 38 79
  • 3年連続で森沢優ちゃんがファイアマン賞を受賞した。今期は、38セーブで最多セーブも獲得している。防御率は3点台とちょっと高く、安定感に欠ける。しかし、ポテンシャルは高いものをもっており、今後のさらなる飛躍が期待される。