パワパーク@Wiki 第159回受賞者(ソフトバンク)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【第159回あけぼんペナント各賞発表】


<ゴールデングラブ賞>


ポジション 選手名(回) 球団 失策数 短評
捕手 長打(初) ソフトバンク 0 36歳で初のゴールデングラブ賞に輝いた。今季は、安定した守備を見せた。
一塁手 X・あろんそⅢ(初) 日本ハム 0 30歳で初受賞。卓越した捕球技術を見せる。
二塁手 タムタム(初) 日本ハム 0 ☆サイバー☆選手の独壇場だった二塁手の部門で初受賞。守備力は☆サイバー☆選手以上のものを持っている。
三塁手 wiki3.5(2) ソフトバンク 0 前回の一塁手での受賞に続き、3期ぶりの受賞。基本に忠実な守備を見せる。
遊撃手 55(5) オリックス 0 守備職人といわれ、守備力、肩の強さはリーグ屈指。5年連続受賞。
外野手 ガーデニング(6) ロッテ 0 一塁手、三塁手での受賞があり、今季も外野手で受賞した。抜群の走力で守備範囲が非常に広い。6年連続受賞。
外野手 参蝶清シ(6) ロッテ 0 肩こそ弱いが、守備力、走力は非常に高く、抜群の守備範囲で好守を見せた。6年連続受賞。
外野手 ウィーズ(初) 西武 0 自慢の守備力と肩力を駆使し、ランナーを釘付けにする。
  • 今期は8名中4名が初受賞と、フレッシュな顔ぶれとなった。これまでロッテの独壇場となっていた、この賞だが、今季は楽天以外の5球団から選出され、ロッテ以外のチームでも守備に目を向ける選手が増えてきた。そして、5期ぶりに受賞選手全員が失策数0とハイレベルな争いとなった。

<沢村賞>

選手名(回) 球団 防御率 勝利 勝率 投球回 奪三振
該当者なし
  • 今季は、7項目中5項目をルドルフ将軍が満たしたが、投球回、奪三振共に物足りなく、該当者なしとなった。来季こそは、すばらしい成績を残して沢村賞を受賞する選手が出てきて欲しい。


<ファイアマン賞>

選手名(回) 球団 勝利 敗戦 セーブ数 ポイント
エイドリアン(3) ソフトバンク 0 1 34 67
  • 3期ぶりに、エイドリアン選手が受賞した。防御率も1.54と安定していて納得の受賞である。
  • 次点として、楽天の新人ディアラ選手が防御率1.59、1勝0敗30セーブと素晴らしい成績を残したが、後一歩届かなかった。