パワパーク@Wiki 第160回受賞者(ソフトバンク)

【第160回あけぼんペナント各賞発表】


<ゴールデングラブ賞>


ポジション 選手名(回) 球団 失策数 短評
捕手 長打(2) ソフトバンク 0 昨季に続き、2年連続で受賞。今季も、安定した守備を見せた。
一塁手 ゼラ(4) 日本ハム 0 2季ぶりの受賞。年々、守備力を上げてきている期待の選手。
二塁手 ☆サイバー☆(6) ロッテ 0 守備職人と呼ばれ、自慢の走力を使い、守備範囲が非常に広い。この選手の守備は一見の価値あり。2季ぶりの受賞。
三塁手 岩沼なとり(初) 楽天 0 入団1年目で受賞。まだまだ荒削りだが、好守を見せた。
遊撃手 55(6) オリックス 0 守備職人といわれ、守備力、肩の強さはリーグ屈指。6年連続受賞。
外野手 ガーデニング(7) ロッテ 0 一塁手、三塁手での受賞があり、今季も外野手で受賞した。守備職人と呼ばれ、抜群の走力で守備範囲が非常に広い。7年連続受賞。
外野手 参蝶清シ(7) ロッテ 0 肩こそ弱いが、守備力、走力は非常に高く、抜群の守備範囲で好守を見せた。7年連続受賞。
外野手 ウィーズ(2) 西武 0 2年連続での受賞。自慢の守備力と肩力を駆使し、ランナーを釘付けにする。
  • 今季は、三塁手で入団1年目の選手が受賞した以外は、お馴染みの顔ぶれとなった。そして、おもしろいことに全球団から選手が選ばれており、バランスの良い選出となった。今季も、昨季に引き続き、受賞者全てが失策数0とハイレベルな争いであった。

<沢村賞>

選手名(回) 球団 防御率 勝利 勝率 投球回 奪三振
カゲロウSP(初) 西武 2.09 14 .666 206.2 158
  • 今季は、7項目中6項目を満たしたカゲロウSP選手が受賞した。惜しくも、勝利数は1つ足りなく、14勝止まりだったが、Max153kmのノビのあるストレート、高速スライダー、フォークなどの変化球を駆使し、打者をバッタバッタと切った。
  • 次点として、岸孝之選手が防御率2.05、18勝、勝率.750、投球回206.1、奪三振123個という成績で、同じく7項目中6項目を満たしたが、惜しくも受賞とならなかった。

<ファイアマン賞>

選手名(回) 球団 勝利 敗戦 セーブ数 ポイント
エイドリアン(4) ソフトバンク 1 3 31 61
  • 2年連続で、エイドリアン選手が受賞した。防御率は3点台と若干、不安定だったが、2年連続30セーブは立派の一言。