パワパーク@Wiki 第161回受賞者(ソフトバンク)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【第161回あけぼんペナント各賞発表】


<ゴールデングラブ賞>


ポジション 選手名(回) 球団 失策数 短評
捕手 欧米か!3(初) 西武 0 30歳を前にして、初受賞。投手陣を巧みなリードで引っ張った。
一塁手 祈2(2) 西武 0 158期の最年少での受賞から、3期ぶりに受賞。卓越した捕球技術を持つ。
二塁手 ガーデニング(8) ロッテ 0 一塁手、三塁手、外野手での受賞があり、今季は二塁手で受賞した。守備職人と呼ばれ、抜群の走力で守備範囲が非常に広い。8年連続受賞。
三塁手 バレンティア(初) 日本ハム 0 入団3年目での初受賞。守備力が高く、将来に期待!
遊撃手 55(7) オリックス 0 守備職人といわれ、守備力、肩の強さはリーグ屈指。7年連続受賞。
外野手 参蝶清シ(8) ロッテ 0 肩こそ弱いが、守備力、走力は非常に高く、抜群の守備範囲で好守を見せた。8年連続受賞
外野手 鉄平(初) ソフトバンク 0 35歳にして初受賞。安定した守備を見せる。
外野手 日本エレコム(初) 日本ハム 0 守備力、走力が高く、入団3年目で初受賞。
  • 今期は、初受賞選手が4名と半分を数え、新しいスターが続々、誕生した。その中でも、日本ハムの入団3年目コンビは安定した守備を見せ、今後に期待である。そして、3年続けて、受賞者全員が失策数0個での受賞とレベルの高い争いを見せている。

<沢村賞>

選手名(回) 球団 防御率 勝利 勝率 投球回 奪三振
岸孝之(2) ソフトバンク 2.16 19 .826 221 152
  • 今季は、3期ぶりに7項目全てを満たした岸孝之選手が受賞した。昨季も素晴らしい投球を見せたが、惜しくも届かず、今季は見事に雪辱を果たした。156kmのストレート、多様な変化球を駆使して、シーズン通して安定した投球を披露した。
  • 次点として、ルドルフ将軍選手が防御率1.82、19勝、勝率.826と三冠を達成したが、投球回、奪三振ともに足りず、惜しくも受賞とならなかった。

<ファイアマン賞>

選手名(回) 球団 勝利 敗戦 セーブ数 ポイント
兎塚茉莉(初) オリックス 0 8 33 58
  • 入団3年目の若さで兎塚茉莉選手が初受賞した。しかし、防御率6.39、0勝8敗と安定感に欠けた。来季は、文句なしの受賞となりたい。