パワパーク@Wiki 第160回西武

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西武ライオンズ


通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -



コンテンツ


過去のトップページ

昔のトップページ兼名簿です。
71回 72回 73回 74回 75回 76回
77回 78回 84回 85回 86回 87回
88回 89回 114回 115回 116回 117回
118回 121回 122回 123回 124回 125回
126回 127回 128回 129回 130回 132回
133回 134回 135回 136回 137回 138回
139回 140回 141回 142回 143回 144回
145回 146回 147回 148回 149回 150回
151回 152回 153回 154回 155回 156回
157回 158回 159回


西武の軌跡

総評、戦跡と、チーム状況の過去ログ。
130~139期 140~149期
150~159期 160~期
総評部分は156期までは別ページに掲載していました。
~122,130期 131~140期 141~150期 153~156期

他球団考察(西武)

他球団対戦成績,軽い評価。シーズン終了時更新。

歴代野手成績(西武)

西武に在籍した野手の成績です。

歴代投手成績(西武)

西武に在籍した投手の成績です。

この成績に注目!(西武)?

パリーグ6球団のシーズン個人成績から毎回1つの項目に注目して分析するページ。奇数期終了後の更新になります。

西武引退選手一覧

引退した選手の紹介ページ。引退選手が出た次のシーズンに更新。




西武選手紹介

能力の欄の色はランクを表しています。
=S、 =A、 =B、 =C、 =D、 =E、 =F、 =G
白抜き文字になっている成績はリーグ一位の成績を表しています。

~野手紹介~



のっとあげいん(Mid)

伝説の一番打者,再び!?


1 のっとあげいん(Mid) 186(C) 7(A) 12(B) 8(D) 12(B) #ref error : ファイルが見つかりません (bantmaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (syubisyokunin.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (manrui.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (naiyaanda.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)

  • 151期に入団した巧打型選手。安打狙いのこんにゃく打法。
    入団直後は俊足を見込まれポジションは外野が中心だったが、156期に守備職人を取得してからは二遊間の内野の守備へ。
    ややパワーが伸びすぎた感もあるが、出塁重視の打撃で主に一番打者を担う。
  • 160期は.355の高打率を残し、三冠王の楽天・世界陸上大阪選手に続く打率2位となった。その他に220安打で最多安打を受賞している。
    打率は高い数字を残せるようになってきた。パワーもある程度あるので、今後は三番などを打つ機会があるかもしれない。


年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .355 220 18 71 44 0 27 0


生涯現役(生涯現役)

俊足巧打の若手バランス型選手!!


2 生涯現役(生涯現役) 147(E) 6(B) 12(B) 12(B) 10(C) #ref error : ファイルが見つかりません (manrui.gif)

  • 154期オフに入団。パワーは無いが、走攻守揃っているバランス型選手。
    捕手2年目などは捕手のポジションだったが、走力が伸びてきたため今は外野手として活躍している。
    西武では少数派の右打者のため、二番などでの活躍が期待される。
  • 今季は自己最高の打率を残した。盗塁数も33個で、チームトップの数字となっている。
    チームの貴重な右打者として、来期も二番打者を確保したい。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .298 180 6 53 63 1 33 4


小西愛斗(Dream)

俊足強肩攻守!鉄壁の守りを持つ選手!


3 小西愛斗(Dreaml) 124(F) 5(C) 10(C) 14(A) 12(B) #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (tourui.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (syubisyokunin.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (naiyaanda.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (katameuchi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (touki.gif)

  • 154期オフに王者ソフトバンクより移籍の選手。西武でもソフトバンクの時と同じくセンターを守っていたが、159期からは守備職人を取得しショートへ。
    かなりのベテラン選手だが、衰え知らずの強肩は健在。
    守りだけでなく盗塁も上手く、ここ数シーズンはチームトップクラスの盗塁数を記録し続けている。
  • 160期は前半戦の打線が好調な時期にやや出遅れたものの、後半戦はしっかり復活。今季も三割を達成している。
    ついにチーム盗塁トップの座を明け渡してしまった。しかし盗塁技術はまだまだ高いものを持っているため、今季取得した安定感とあわせ、来期シーズンを通した活躍ができれば奪回のチャンスはある。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .302 175 10 82 73 12 27 0


ウィーズ(ウィーズ)

豪打の四番打者、西武に移籍!


4 ウィーズ(ウィーズ) 209(B) 5(C) 7(D) 12(B) 14(A) #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (chancemaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (hidaritomaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (powerh.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (gyakkyo.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (gouriki.gif)

  • 154期オフに日本ハムから移籍の選手。当時強打者が次々に流出していた西武に、強打者としての最盛期に来てくれたのは非常に心強い。
    移籍してからの6シーズン連続で三桁の打点をたたき出すなど、今や西武の四番打者は彼以外に考えられない存在。
  • 今季は低打率ながらも130打点を記録。三冠王の世界陸上大阪選手に続く打点2位だったが、3位に19もの差をつけている。
    16年目になり、ミートもCまで落ちてきたが、やはり彼以外の四番打者は考えられない状況だ。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .269 152 37 130 78 2 11 0


shun1234(shun1234)

順調な進化を続ける左の強打者!


5 shun1234(shun1234) 232(A) 7(A) 8(D) 10(C) 12(B) #ref error : ファイルが見つかりません (averageh.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (naiyaanda.gif)

  • 西武の在籍年数だけなら最も長い野手。若い頃は一年おきに好不調の波が来る選手だったが、最近のシーズンでは安定して二割後半の打率を残している。
    158期にセカンドを経験して、再び外野のポジションへ。
  • 160期も二割後半の打率を維持。打順はクリーンアップの5番に移動した。
    高卒選手のため衰えが早くにやってくる。13年目となる来期はそろそろアベレージヒッターの特能を活かした三番奪取を狙いたい。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .287 154 13 73 70 3 9 0


チェロン3(黒兎)

威圧感を持つ巧打型ルーキー!!


6 チェロン3(黒兎) 132(E) 6(B) 10(D) 6(E) 8(D) #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)

  • 鉄壁の遊撃守備を誇ったチェロン2選手が巧打型で転生。
    1年目はやはり守備に不安があるので指名打者での出場となる。
    期待の打撃では打率.259と悪くない数字。また盗塁数も20個近い数字を残している所に注目したい。
    二年目の159期はほぼ横ばいといった感じ。158期に続き盗塁数が多い所に期待がかかる。
  • 3年目の160期は一気に打率をあげて六番打者に。
    巧打型のためクリーンアップは狙いづらいが、高打率の下位打者として未来の一番打者になるための経験を積んでおきたい。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .288 162 12 71 65 2 17 0


祈2(alate)

打撃だけじゃない!守りでも魅せる若手選手!


7 祈2(alate) 219(B) 6(B) 7(D) 7(D) 12(B) #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (katameuchi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (sayonara.gif)

  • 将来のクリーンアップとして期待される155期オフ入団コンビの一人。高卒ルーキーとしては攻守共に高い能力を持つ。
    守備力もあるため、二遊間を守るクリーンアップの選手となる可能性も。
  • 160期は159期からほぼ横ばいといった感じの成績。shun1234選手とチェロン3選手が高打率を維持したため一つ打順を下げた七番に座った。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .278 151 18 68 80 1 11 2


セイバー(Fate)

貴重な強打の右打者!


8 セイバー(Fate) 221(B) 7(A) 7(D) 8(D) 8(D) #ref error : ファイルが見つかりません (touruibatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)

  • 将来のクリーンアップとして期待される155期オフ入団コンビの一人。西武では貴重な右の強打者。
    早くにミートがAランクに達し、安定感も所持しているため、よほどのことが無い限り低迷することは無いだろう。
  • 160期は二割七分を維持した157~159期から一歩後退した打率だった。それでもチーム2位の21本塁打を放っている。
今季の打順は八番だったが、また二割後半の打率を残せばすぐにクリーンアップに入るだろう。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .250 132 21 61 84 0 3 4


欧米か!3(タカ&トシ)

名外野手が打撃型で転生!!


9 欧米か!3(タカ&トシ) 206(B) 5(C) 7(D) 9(C) 10(C) #ref error : ファイルが見つかりません (sayonara.gif)

  • 名選手の三代目。今回は打撃型のようだ。
    1・2年目は守備に不安がある状況が続いたが、今は守備がCランクまで上がり不安は無い。
  • 160期もやや物足りない打撃成績だった。他の選手が打撃重視のため、打順的には九番が定位置か?
    7年目ということで、ある程度の貯金はある。ミートがBになり、特能を取得できれば一気にブレイクするだろう。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
160期 .236 122 9 41 94 0 11 1





~投手紹介~

普通のP(普通の指導者)

粘りの投球!西武のエース!


10 左斜 普通のP(普通の指導者) 145Km パーム 239(A) 209(B) #ref error : ファイルが見つかりません (kirebatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (utareduyoi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (omoitama.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (kihaku.gif)

  • 145期オフにドラフト指名で入団した選手。
    西武先発陣崩壊の時期に孤軍奮闘し、奪三振王も経験した現西武エース。
    そろそろベテランの域に入ってくるが、まだまだ先発投手としては衰えていない。
  • 160期の先発陣トップの成績はカゲロウSP選手に譲ったものの、13勝はそれに続く数字。
    貯金的にそろそろ次の特能の時期。チーム一番手奪還の材料になるか。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 3.81 13 8 0 179 1/3 96 93 18


藤原虹気(ブレイド)

西武の守護神が先発転向!!


11 右上 藤原虹気(ブレイド) 145Km カットボール 7 ナックル 7 244(A) 211(B) #ref error : ファイルが見つかりません (hidaridabatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (kachiun.gif)

  • 150期オフに入団。入団から5期ほど抑えをつとめ、124セーブをあげた。
    中継ぎを経て157期から先発陣入り。抑えを経験していた事で年俸は十分。特能取得で頭一つ抜け出したい。
  • 160期は二桁勝利を達成。しかし負け越してしまった。
    次のオフに取得が予想される上位特能で一気にブレイクとなるか。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 4.26 10 12 0 162 2/3 76 77 20


カゲロウSP(頭蓋骨)

フォークを得意とするサウスポー!


12 左斜 カゲロウSP(頭蓋骨) 153 Km Hスライダー 7  フォーク 7 237(A) 209(B) #ref error : ファイルが見つかりません (nobimaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (hannoumaru.gif)

  • 153期オフに張Ⅰ選手とのトレードでヤクルトからやってきたサウスポー。当時から150kmを超える速球と大きなフォークは大きく評価されていた。
    西武に来てからの成績は今ひとつ安定しないものの、ノビ○を習得した158期からが本領発揮となるはず。
  • 160期は二期連続で奪三振王を受賞。リーグ最多の投球回数を投げて、防御率・勝ち星も共にチームトップ。
    オールスターにも出場。5回を投げて僅か3安打・無失点の活躍。7つの奪三振も評価され、オールスターMVPを獲得した。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 2.09 14 7 0 206 2/3 158 92 16


ダルビッシュ(赤神)

レモネード投法の精密機械!


13 右檸檬 ダルビッシュ(赤神) 149Km カーブ5 フォーク4 232(A) 186(C) #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)

  • 154期のドラフトで獲得した変則投法の投手。西武のレモネード投法というとハヤブサ選手を思い出すが、彼のような大投手となれるか。
    ルーキーイヤーから続けて8勝以上の数字を残し、安定した勝ち星を重ねている。
  • 160期は初の二桁勝利を達成したものの、6年目でついに負け越してしまった。
    しかしそれも10勝11敗の非常に惜しい数字で、最終戦まで勝率五割を維持していた。


年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 5.22 10 11 0 150 0/3 72 90 16


SK(ブレイズ)

SFFと直球のコンビネーション!


14 左上 SK(ブレイズ) 152 Km SFF 255(S) 219(B) #ref error : ファイルが見つかりません (nobimaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)

  • 先発で活躍していたダンテ.Jr選手の転生選手。ダンテ.Jr選手に続きこの選手も先発型選手。
    若手時代は西武先発陣崩壊期と重なり結果が出せなかったが、中堅の年代に入り安定した結果が出せるようになってきた。
    高い制球を持ち、10年目にして制球Sに到達している。
  • 160期は念願のノビ○を取得。念願の奪三振王をカゲロウSP選手と同時受賞した。
    奪三振数は同じだが、投球回は20イニングほどSK選手が少なく、奪三振率は上回っている。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 3.34 12 7 0 183 0/3 158 85 17


田老(はいこう)

名リリーフ投手が転生!!


15 左斜 田老(はいこう) 148Km フォーク3 スクリュー3 237(A) 150(E) #ref error : ファイルが見つかりません (pinchibatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (kachiun.gif)

  • 西武が誇る大投手・中竜選手の転生選手。ルーキー時からBランクの制球力が光る。
    157期はピンチ×の得能が苦しいか、大きく黒星が先行してしまった。しかし四死球の少なさは流石か。
    158期は勝ち越しに成功。しかし防御率は少し悪化してしまった。
    全体的に成績は悪くなっているものの、被本塁打は大きく減少している所に注目したい。
    159期は勝ち星は減らしてしまったものの、自己最高の防御率を記録。
    投球イニングは100イニングを越えた。そのなかで被本塁打数は更に減少し、3年目にして1年目の半分の数まで減らしてきた。
  • 160期は一歩後退といった感じの成績。
    しかし98と2/3イニングで72奪三振と、大きく伸びた奪三振率に注目したい。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 4.38 3 5 4 98 2/3 72 45 12


彩(LP)

西武にマサカリ投法のピッチャーが誕生!!


16 右鉞 彩(LP) 146Km フォーク5 214(B) 163(D) #ref error : ファイルが見つかりません (hidaridabatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)

  • 158期オフに入団のマサカリ投法が特徴のピッチャー。1年目からスタミナがDランクのため、将来的には先発もあるか?
    159期にいきなり中継ぎ陣トップの成績を残す。防御率は西武投手陣トップの2.49で、勝ち星は二桁を達成している。
    制球がマイナスとなるマサカリ投法だが、四死球数も多いわけではない。
  • 160期は一転、防御率が大きく悪化してしまった。
    1年目と比べて大きく増えた四死球が原因だと予想される。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 5.22 9 4 4 100 0/3 54 72 13


天才投手(J博士)

ヤクルトより移籍のベテランピッチャー!!


17 左斜 天才投手(J博士) 142Km Hスライダー6 178(D) 178(D) #ref error : ファイルが見つかりません (nobimaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (utareduyoi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (omoitama.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (kihaku.gif)

  • 155期オフにヤクルトより移籍してきたベテラン右腕。気迫の上位得能を持ち、一年目から大活躍した。
    156期・157期と続けてチームトップの防御率という安定感がベテランの味だろう。
  • 160期は若手ばかりの中継ぎ陣の柱となるため配置換え。2.47の防御率に10勝2敗と、期待通りの活躍を見せた。
    131イニングで9被本塁打と、ベテランらしい慎重な投球だった。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 2.47 10 2 4 131 1/3 84 57 9


彗星(アンドロメダ)

速球が自慢!150km越えの新守護神!


18 左斜 彗星(アンドロメダ) 152Km SFF1 186(C) 150(E) #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)

  • 158期のドラフトで獲得した150km超の速球を持つピッチャー。
    1年目の159期は不安視されていた制球難から崩れる事が多かったようだ。しかし高い奪三振率は期待できる。
    キレ×の除去とSFFの強化でさらに直球が活きてきそうだが…。
  • 160期はキレ×を除去し抑えのポジションを任された。
    4.13と不本意な成績だったが、リーグ2位の29セーブは評価されるだろう。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
160期 4.13 1 2 29 32 2/3 17 20 3




更新者,普通の指導者(トップページ自成績部分更新。) Mid(トップページ更新完了。)



更新した人は下の投稿フォームを使ってどこをどう編集したかを言ってください。
   投稿フォーム?