パワパーク@Wiki 163~165回までの総評(阪神)

第163回タイガース総括


野手総評

MVP:台北人 次点:猿野天国 注目選手:しょう
  • 台北人選手がリーグ2位の打率.348を記録。
  • しょう選手、影賊選手の両選手の二遊間は失策0と守備面でチームに貢献。

投手総評

MVP:たくみ 次点:坂元竜也 注目選手:ふな
  • たくみ選手がリーグトップの18勝を上げ最多勝に。
  • 坂元竜也選手は防御率2.12と安定しオールスターMVPにも輝いた。

シーズン総括

  • 中日に大きく負け越し、他の5チームに大きく勝ち越した。先発投手陣はとても安定し、全員が9勝以上をマーク。野手陣は、本塁打157本、盗塁154個と長打と機動力を生かせたが首位の中日には及ばなかった。開幕はいいスタートを切ったが、中盤中日に大きく離された。終盤戦は追い上げたが、惜しくも及ばなかった。中盤打順が流動的となり、打順を固定することが課題となった。


来季の課題

  • 打順を固定できるようにしたい。
  • 野手の三振数をもっと減らしたい。


第164回タイガース総括


野手総評

MVP:世界陸上大阪 次点:okko 注目選手:桐生悠一郎
  • 世界陸上大阪が打率は.299ながらも本塁打41、打点138、盗塁48で3冠を達成。この組み合わせの3冠は過去にも例がなく、史上初の快挙である。
  • okkoは世界陸上大阪につなげる役割として3番打者の仕事をまっとうし、3割20本を記録した。
  • 桐生悠一郎も若手ながら3割を残すなど伸び白のある働きをみせた。

投手総評

MVP:勇壯 次点:ふな 注目選手:将来はエース、ジョーギブソン
  • 勇壯が先発ながら防御率2点台を残し、勝敗数でも12勝をあげ先発陣の勝ち頭となった。
  • ふなも安定したリリーフで防御率2点台を残した。登板機会に恵まれず25Sに終わったが、登板回数がもっと増えればセーブ数ももっと伸びていただろう。
  • 将来はエース、ジョーギブソンの2選手は13勝をあげるなど新人らしからぬ働きをみせた。しかし防御率がまだまだ悪く、来期の課題となった。来期のジンクスが気になるところ。

シーズン総括

  • 今シーズンはチームの打撃力が高まり得点率がアップした。さらに投手陣も新人も含めて皆が頑張り、チームとしては相乗効果をもたらしている。しかしチーム防御率はまだまだわるく、ここさえ改善すれば首位中日との差も縮まることであろう。
また盗塁数もリーグ№1になっており、機動力野球を追求していく攻撃ができた一年であった。

来季の課題

  • 世界陸上大阪の加入によりチーム力は高まった。さらに既存選手の活躍が加わればさらなる飛躍が望めるだろう。投手陣の底上げを行いさらなるレベルアップを望みたい。

第165回タイガース総括


野手総評

MVP:世界陸上大阪 次点:skill5 注目選手:桐生悠一郎
  • 世界陸上大阪が打率は.398ながらも本塁打43、打点128、盗塁37と大爆発。首位打者のタイトルは奪還したものの、今期は1冠のみに終わった。
  • skill5は本塁打37本を記録し移籍一年目ながらその実力を発揮し3番に定着した。
  • 桐生悠一郎も若手ながらも打率3割2分、盗塁43を記録し、リーディングヒッターとしての輝きをみせ始めている。台北人との1,2番コンビは他チームからすれば脅威である。

投手総評

MVP:勇壯 次点:ふな 注目選手:馬原孝浩
  • 勇壯が先発ながら唯一防御率3点台を残し、勝敗数でも13勝をあげ先発陣の勝ち頭になるなど投手陣を引っ張った。投手陣にとって彼の存在はお手本となるもので、その存在感は大きい。
  • ふなも安定したリリーフでチームとップの防御率2点台を残した。登板機会に恵まれず21Sに終わったが、登板回数がもっと増えればセーブ数ももっと伸びてくるだろう。
  • 馬原孝浩は12勝5Sをあげるなど新人らしからぬ働きをみせた。しかし防御率がまだまだ悪く、来期の課題となった。来期のジンクスが気になるところ。

シーズン総括

  • okkoの抜けた穴は痛かったが、skill5が加入することで野手は気持ちを入れ替えて戦うことができ、チームの得点率の向上をもたらした。
  • しかしチーム防御率は非常にわるく、全体的なチーム力は低下しているように思える。軟弱な投手陣さえ改善できれば首位中日との差も縮まることであろう。
  • また今期も盗塁数もリーグ№1になっており、機動力野球を生かした攻撃をすることができた一年であった。

来季の課題

  • 投手陣が軒並み崩壊しており、投手陣の底上げをしたい。まだまだ若手の台頭にも期待したい。




最終編集者:世界陸上大阪
最終更新日時: 2008年01月12日 10時56分15秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -