パワパーク@Wiki ヤクルト今期総評

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【第185回ヤクルト総評】


合計: - 今日: - 昨日: -
最終更新日: 2008年05月31日 08時02分07秒
担当:hua

〔185期〕 今季成績44勝944敗2分



ほかのチームに大きく差をつけられての最下位

順 位  チ ー ム  試 合  勝 ち  負 け  引 分  勝 率  打 率  防 率  本 塁  盗 塁 
1 位 中  日 140 87 52 1 .625 .300 4.85 218 112
2 位 巨  人 140 78 61 1 .561 .292 4.73 187 64
3 位 阪  神 140 73 64 3 .532 .267 3.57 116 105
4 位 広  島 140 72 65 3 .525 .277 5.05 184 97
5 位 横  浜 140 60 78 2 .434 .287 5.14 142 96
6 位 ヤクルト 140 44 94 2 .318 .264 4.92 132 85


リーグ総評:
{今期は中日がリーグを制覇した。その要因としてはなんと3割を超えた驚異的な打線だろう。防御率は5点台に近くても、自慢の打線で打ち勝った。
2位の巨人も打撃型で、ゆういつ防御率が3点台だった阪神は、逆に打率が低く、勝負どころで一発が出ずに勝ち星を落としてしまったようだ。4位の広島、5位の横浜も打率がかなり高く、打撃が他のチームが多い期だった。}


チーム総評:
今期も94敗を喫しダントツの最下位だった。しかし、主力選手が移籍して負け数を減らしたのは良かった。そんななかでなぜ勝てないか?ヤクルト以外のチームは打撃か投手力と何かしら長所を持っていた。しかしこのチームが打率最下位、防御率4位とどちらかを改善しなければならない。毎期のことながら問題の名無し選手の増加は改善される様子はない。毎期毎期選手が入れ替わっていたら絶対に勝てない。



野手総評:
打率、得点率と最下位と力の差をつけられた。しかし本塁打も減少し、まったくいいところがなかった。主力選手の移籍もあるが、それでもかなり悪い。失策も32個に増加。全体で守備への意識が必要だ。また名無し選手が増えてきている。



投手総評:
投手陣は防御率がリーグ4位の4.92と、わずかに向上。さらに、ベテラン2人をのぞいては全員が3年目以内とこれではいくらなんでも厳しい。防御率3点台が0人で、復調の兆しはなさそうだ。投手も名無し選手の多さが浮上の鍵を握る。




更新時期について
偶数回→更新も保存もオフ1日目
奇数回→最終日にシーズン成績を更新、オフ1日目にCS更新&保存