パワパーク@Wiki 第162回西武

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西武ライオンズ


通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -



コンテンツ


過去のトップページ

昔のトップページ兼名簿です。
71回 72回 73回 74回 75回 76回
77回 78回 84回 85回 86回 87回
88回 89回 114回 115回 116回 117回
118回 121回 122回 123回 124回 125回
126回 127回 128回 129回 130回 132回
133回 134回 135回 136回 137回 138回
139回 140回 141回 142回 143回 144回
145回 146回 147回 148回 149回 150回
151回 152回 153回 154回 155回 156回
157回 158回 159回 160回 161回


西武の軌跡

総評、戦跡と、チーム状況の過去ログ。
130~139期 140~149期
150~159期 160~期
総評部分は156期までは別ページに掲載していました。
~122,130期 131~140期 141~150期 153~156期

他球団考察(西武)

他球団対戦成績,軽い評価。シーズン終了時更新。

歴代野手成績(西武)

西武に在籍した野手の成績です。

歴代投手成績(西武)

西武に在籍した投手の成績です。

この成績に注目!(西武)?

パリーグ6球団のシーズン個人成績から毎回1つの項目に注目して分析するページ。奇数期終了後の更新になります。

西武引退選手一覧

引退した選手の紹介ページ。引退選手が出た次のシーズンに更新。




西武選手紹介

能力の欄の色はランクを表しています。
=S、 =A、 =B、 =C、 =D、 =E、 =F、 =G
白抜き文字になっている成績はリーグ一位の成績を表しています。

~野手紹介~



小西愛斗(Dream)

俊足強肩攻守!鉄壁の守りを持つ大ベテラン!


1 小西愛斗(Dreaml) 119(F) 4(D) 8(D) 13(A) 11(B) #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (tourui.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (syubisyokunin.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (averageh.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (naiyaanda.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (katameuchi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (touki.gif)

  • 154期オフに王者ソフトバンクより移籍の選手。高い守備力を持つ選手で、センターやショートなど、守りの要というべきポジションを務めてきた。
    また、走力はベテランに入って衰えているものの、技術は西武一。何度もチーム盗塁数トップとなっている。
  • 162期はアベレージヒッターを習得。しかし打率はやや下がってしまった。
    今期もチーム盗塁数トップ。それだけでなく41犠打を決めるなど、チャンスを広げる役割を担った。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .275 147 10 50 62 41 46 0


のっとあげいん(Mid)

伝説の一番打者,再び!?


2 のっとあげいん(Mid) 196(C) 7(A) 12(B) 8(D) 13(A) #ref error : ファイルが見つかりません (bantmaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (syubisyokunin.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (manrui.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (naiyaanda.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)

  • 151期に入団した巧打型選手。安打狙いのこんにゃく打法。
    入団直後は俊足を見込まれポジションは外野が中心だったが、156期に守備職人を取得してからは二遊間の内野の守備へ。
    ややパワーが伸びすぎた感もあるが、出塁重視の打撃で主に一番打者を担う。
  • 162期は161期にくらべて各種成績は下がったものの、1番に座る小西愛斗選手がチャンスを広げてくれるので、打点は95と二番打者としてはかなり高い数字になっている。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .311 184 23 95 47 1 21 0


shun1234(shun1234)

順調な進化を続ける左の強打者!


3 shun1234(shun1234) 221(B) 6(B) 6(E) 10(C) 11(B) #ref error : ファイルが見つかりません (averageh.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (naiyaanda.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)

  • 西武の在籍年数だけなら最も長い野手。若い頃は一年おきに好不調の波が来る選手だったが、最近のシーズンでは安定して二割後半の打率を残している。
    セカンド・ライトを経てキャッチャーのポジションに。
  • 今期からキャッチャーのポジションに。
    打撃ではついに三番を獲得。本塁打数は自己最高の数字を更新した。
    しかしアベレージヒッターとしてはやや打率が物足りないか?来期は三割二十本を期待したい。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .289 164 26 89 81 2 13 1


セイバー(Fate)

貴重な強打の右打者!


4 セイバー(Fate) 226(B) 7(A) 7(D) 8(D) 8(D) #ref error : ファイルが見つかりません (touruibatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (anteikan.gif)

  • 将来のクリーンアップとして期待される155期オフ入団コンビの一人。西武では貴重な右の強打者。
    早くにミートがAランクに達し、安定感も所持しているため、よほどのことが無い限り低迷することは無いだろう。
  • 162期は安定した打撃で四番打者に。チーム最多の107打点を記録し、四番の勤めを果たした。
    打率も三割を超えているので、後は本塁打が増えれば安定して四番に座り続けることになるだろう。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .305 176 26 107 72 1 8 0


欧米か!3(タカ&トシ)

強打堅守!打撃でも守備でも中心選手となれるか?


5 欧米か!3(タカ&トシ) 216(B) 6(B) 8(D) 11(B) 11(B) #ref error : ファイルが見つかりません (sayonara.gif)

  • 名選手の三代目。今回は打撃型のようだ。
    1・2年目は守備に不安がある状況が続いたが、今は守備がBランクまで上がり不安は無い。
  • 162期は前半戦に高い打率を残しクリーンアップに昇格。しかし後半戦はやや失速してしまった形になった。
    打率・本塁打・打点などは自己最高記録となっているが、今後も安定して五番を務めるには更なるレベルアップが必要とされる。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .269 148 21 74 72 1 14 1


ウィーズ(ウィーズ)

豪打の四番打者、西武に移籍!


6 ウィーズ(ウィーズ) 198(C) 5(C) 7(D) 12(B) 13(A) #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (chance5.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (hidarito5.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (powerh.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (gyakkyo.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (ninkimono.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (gouriki.gif)

  • 154期オフに日本ハムから移籍の選手。当時強打者が次々に流出していた西武に、強打者としての最盛期に来てくれたのは非常に心強い。
    移籍してからの6シーズン連続で三桁の打点をたたき出すなど、今や西武の四番打者は彼以外に考えられない存在。
  • しかし162期は前半戦の不調からついにクリーンアップから外れてしまった。
    それでも最終的にはチーム最多の本塁打数となるなど打力は健在。来期に期待だ。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .250 142 29 85 88 0 6 2


生涯現役(生涯現役)

俊足巧打の若手バランス型選手!!


7 生涯現役(生涯現役) 147(E) 7(A) 12(B) 12(B) 11(B) #ref error : ファイルが見つかりません (manrui.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)

  • 154期オフに入団。パワーは無いが、走攻守揃っているバランス型選手。
    捕手2年目などは捕手のポジションだったが、走力が伸びてきたため今は外野手として活躍している。
    西武では少数派の右打者のため、二番などでの活躍が期待される。
  • 今期ついに威圧感を取得。更にミートもAとなり三割近い打率を残した。
    盗塁数も小西愛斗選手に続く数字となっており、来期こそは上位打線定着を狙いたい。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .292 166 11 59 80 1 32 1


祈2(alate)

打撃だけじゃない!守りでも魅せる若手選手!


8 祈2(alate) 226(B) 6(B) 7(D) 8(D) 12(B) #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (katameuchi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (sayonara.gif)

  • 将来のクリーンアップとして期待される155期オフ入団コンビの一人。高卒ルーキーとしては攻守共に高い能力を持つ。
    守備力もあるため、二遊間を守るクリーンアップの選手となる可能性も。
  • 今期はチームトップの打率だった161期から大きく打率を下げてしまった。本塁打数も半分となっている。
    打撃もだが、引退が近づく小西愛斗選手に代わるショートのポジションも期待されている。守備のレベルアップも必要か。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .267 143 12 59 66 0 8 0


チェロン3(黒兎)

威圧感を持つ若手俊足巧打型選手!!


9 チェロン3(黒兎) 147(E) 7(A) 12(B) 7(D) 9(C) #ref error : ファイルが見つかりません (bantbatsu.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)

  • 鉄壁の遊撃守備を誇ったチェロン2選手が巧打型で転生。
    毎シーズン安定した打率と盗塁数を残しており、未来の一番打者定着を狙う。
    ポジションは指名打者を経て現在サードを守っている。
  • 今期は三割近い打率を残している。盗塁数も前期に続き20個越え。
    九番打者ではあるが、高い出塁率で小西愛斗選手につなげ、チャンスを広げる裏の一番打者といった活躍だった。

年度 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
162期 .297 156 10 62 50 2 23 0




~投手紹介~

普通のP(普通の指導者)

気迫の投球!西武の先発陣を引っ張るベテラン投手!


10 左斜 普通のP(普通の指導者) 143Km パーム 232(A) 198(C) #ref error : ファイルが見つかりません (nobimaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (utareduyoi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (omoitama.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (kihaku.gif)

  • 145期オフにドラフト指名で入団した選手。
    西武先発陣崩壊の時期に孤軍奮闘し、奪三振王も経験した現西武エース。
    そろそろベテランの域に入ってくるが、まだまだ先発投手としては衰えていない。
  • 162期は12勝を挙げ、前期の汚名返上に成功。奪三振数も前期に続き三桁を超えている。
    制球は悪くない選手なのだが、なぜか四死球が多い選手。これを減らすことで防御率は更に良くなるはず。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 3.43 12 10 0 170 2/3 111 102 17


藤原虹気(ブレイド)

西武の守護神が先発転向!!


11 右上 藤原虹気(ブレイド) 145Km カットボール 7 ナックル 7 255(S) 214(B) #ref error : ファイルが見つかりません (kachiun.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (goukyu.gif)

  • 150期オフに入団。入団から5期ほど抑えをつとめ、124セーブをあげた。
    中継ぎを経て157期から先発陣入り。抑えを経験していた事で年俸は十分。特能取得で頭一つ抜け出したい。
  • 162期はわずか5勝で終わってしまった。今期も被本塁打が多かった事が原因か。
    2方向の上位変化球がレベル7など、基礎能力は十分。剛球を活かし、四死球・被本塁打を減らすことで安定するはず。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 4.49 5 7 0 164 1/3 81 91 24


カゲロウSP(頭蓋骨)

フォークを得意とするサウスポー!


12 左斜 カゲロウSP(頭蓋骨) 151 Km Hスライダー 7  フォーク 7 232(A) 198(C) #ref error : ファイルが見つかりません (nobimaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (omoitama.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (hannoumaru.gif)

  • 153期オフに張Ⅰ選手とのトレードでヤクルトからやってきたサウスポー。当時から150kmを超える速球と大きなフォークは大きく評価されていた。
    西武に来た直後は成績が今ひとつ安定しなかったが、ノビ○を習得した158期からが本領発揮となった。
  • 162期は131奪三振でチームトップの成績。防御率も3点代前半で安定していた。
    今期も四死球が少なく安定した投球。被本塁打も多くなく、安定した活躍が今後も期待できる。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 3.11 12 5 0 177 2/3 131 78 18


ダルビッシュ(赤神)

レモネード投法の精密機械!


13 右檸檬 ダルビッシュ(赤神) 150 Km カーブ6 フォーク4 239(A) 186(C) #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif)

  • 154期のドラフトで獲得した変則投法の投手。西武のレモネード投法というとハヤブサ選手を思い出すが、彼のような大投手となれるか。
  • 162期は12勝をあげ159期以来の勝ち越しに成功。防御率は3.05でチーム先発陣一の成績だった。
    能力としてはスタミナがやや物足りない感じだが、自己最多の174イニングを投げぬいた事は大きい。


年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 3.05 12 8 0 174 0/3 83 87 15


SK(ブレイズ)

SFFと直球のコンビネーション!


14 左上 SK(ブレイズ) 153 Km SFF 255(S) 229(B) #ref error : ファイルが見つかりません (nobimaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)

  • 先発で活躍していたダンテ.Jr選手の転生選手。ダンテ.Jr選手に続きこの選手も先発型選手。
    若手時代は西武先発陣崩壊期と重なり結果が出せなかったが、中堅の年代に入り安定した結果が出せるようになってきた。
    高い制球を持ち、10年目にして制球Sに到達している。
  • 前期ほどの高い勝率は残せなかったが、今期も12勝をマーク。これで4年連続で12勝を超えていることになる。
    今期も奪三振が多く130個近い数字を残している。チーム一のスタミナを活かして再び奪三振王を狙いたい。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 3.75 12 9 0 180 0/3 129 94 20


田老(はいこう)

名リリーフ投手が転生!!


15 左斜 田老(はいこう) 149Km フォーク3 スクリュー3 252(A) 160(D) #ref error : ファイルが見つかりません (kachiun.gif)

  • 西武が誇る大投手・中竜選手の転生選手。非常に高い制球力が武器。
  • 5.40だった前期の防御率から一転、今期はチーム一の防御率となった。やはり被本塁打が大幅に減ったことが大きいか。
    天才投手選手が居なくなる来期はリリーフエースとして一層の働きを期待したい。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 2.74 9 6 4 118 1/3 65 58 13


彩(LP)

西武にマサカリ投法のピッチャーが誕生!!


16 右鉞 彩(LP) 148Km フォーク6 232(A) 175(D) #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)

  • 158期オフに入団のマサカリ投法が特徴のピッチャー。1年目からスタミナがDランクのため、将来的には先発もあるか?
    159期にいきなり中継ぎ陣トップの成績を残す。防御率は西武投手陣トップの2.49で、勝ち星は二桁を達成している。
    制球がマイナスとなるマサカリ投法だが、四死球数も多いわけではない。
    160期は一転、防御率が大きく悪化してしまった。
    1年目と比べて大きく増えた四死球が原因だと予想される。
    161期は更に一歩後退といった感じか。投球イニングも100を切ってしまった。
    四死球に加え、田老選手と同じく被本塁打が多かった点が苦しい。
  • 162期は苦手の左投手を克服し大きくレベルアップ。チームトップの14勝をマークした。
    リリーフ陣トップの122イニングを投げるなど、将来的には先発もあるかもしれない。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 3.23 14 4 3 122 2/3 62 72 8


天才投手(J博士)

気迫の投球!高い安定感を誇る大ベテラン!


17 左斜 天才投手(J博士) 141Km Hスライダー6 170(D) 163(D) #ref error : ファイルが見つかりません (nobimaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (kiremaru.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (utareduyoi.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (omoitama.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (iatsukan.gif) #ref error : ファイルが見つかりません (kihaku.gif)

  • 155期オフにヤクルトより移籍してきたベテラン右腕。気迫の上位得能を持ち、一年目から大活躍した。
    3シーズン先発をつとめた後はリリーフに転向。抑えでも中継ぎでもベテランらしい安定感を見せ続けている。
  • ラストイヤーとなる162期はわずか1敗の安定感を披露。防御率も3.03と好成績。
    西武で活躍したのはわずか7シーズンだったが、先発・中継ぎ・抑え、全てのポジションで欠かせない存在だった。
    通算成績は211勝120敗70Sと高い勝率を誇る。防御率も3.16と安定した成績だった。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 3.03 7 1 4 107 0/3 64 56 11


彗星(アンドロメダ)

速球が自慢!150km越えの新守護神!


18 左斜 彗星(アンドロメダ) 155Km SFF3 201(C) 163(D) #ref error : ファイルが見つかりません (nigedama.gif)

  • 158期のドラフトで獲得した150km超の速球を持つピッチャー。
    1年目の159期は不安視されていた制球難から崩れる事が多かったようだ。しかし高い奪三振率は期待できる。
    キレ×の除去とSFFの強化でさらに直球が活きてきそうだが…。
  • 162期は防御率4.97と打たれてしまった。
    高い威力の速球で被本塁打がわずかに1本という所は素晴らしいが、やはり制球が苦しいか。

年度 防御率 勝ち 負け セーブ 投球回 奪三 四死 被本
162期 4.97 2 3 23 29 0/3 13 26 1




トップページ更新チェック表
編集項目 野手コメント 投手コメント 野手能力・成績 投手能力・成績 前期保存とリンク追加 (その他自選手のコメント・成績だけ更新した人)
162期 Mid Mid Mid Mid Mid
161期 Mid Mid Mid Mid Mid

最終更新:Mid


更新した人は下の投稿フォームを使ってどこをどう編集したかを言ってください。
   投稿フォーム?