パワパーク@Wiki 161回~170回まとめ(阪神)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

161回~170回の阪神


165期

今期は前期と打って変わって68勝71敗1分、借金3と非常に苦しいシーズンとなった。
前回3位の巨人に2位の座を奪われ、終わってみれば 今期は借金3、前期の貯金21 と比べると大きく下降した状態だ。
その原因として、相変わらず投手陣が安定せず、その負担を打線にきており、打線でカバーできない試合はことごとく落しているからである。
最終的には広島を 0.5ゲーム差 で振り切りどうにかAクラスを確保したが、終盤まで広島が3位にたつ状況が続き、Aクラス争いは最後の最後まで苦しい状況であった。
攻撃面では、桐生悠一郎、台北人が足を絡めた攻撃で得点圏に出塁し、クリーンナップのskill5、世界陸上大阪が帰すという形ができた。
また下位打線でも一発がある選手が多く、どこからでも得点が取れる打線となった。
しかし投手面ではエース勇壯を軸として先発ローテーションを回したが、結局最後まで先発陣は安定した働きはできなかった。中継ぎ陣も含めてまだまだ改善点が残る。
機動面では リーグ№1の盗塁数 を記録し、機動力野球を実践できた。これからも足で掻き回していく野球をすべきであろう。
王者中日との差はなかなか詰めることができないばかりか、下降気味の巨人にも抜かれ、広島の猛追にも脅かされている。阪神の来期以降の順位が危惧される。


164期

今期は序盤から安定した戦いぶりをみせ、序盤から最後まで終始Aクラスというシーズンであった。
打線では1~4番まで3割打線が続き息をつかせない打線が組めた。
下位打線でもハイアベレージの選手や長打力のある選手が並んでおり、どこからでも得点チャンスの生まれる打線といえるであろう。
走っては1番の台北人を抑え、4番の世界陸上大阪が走りに走りまくってなんと41盗塁をかっさらい、自身初となる盗塁王を獲得した。
世界陸上大阪は今期、本塁打王、打点王も獲得しており、めずらしい形の 3冠王 となった。
また守備職人がチームに3人いるということで、二遊間を始めとするセンターラインが安定しエラーが大幅に減っている。
くわえて、 今期の阪神は走りに走った 。今期は194盗塁とセリーグ1の盗塁数を記録しており、案外細かい野球ができることを証明した。

一方の投手陣は不調が響いた。
チーム防御率は4.34であった。これは 3位の巨人よりも1点も悪い
それなのに得点率は巨人とほぼ同じ4.9ということで、如何に阪神が 接戦をものにしてきた かが伺える。
投手では勇壯とふなが防御率2点台と奮闘し、先発の慶龍、俊俊654も防御率3点台と意地をみせたものの、他は軒並み防御率4~6点台と制球に苦しんだ。
それでも 先発陣は4人が2桁勝っている 。しかし負けがついているのは中継ぎや抑えではなく、ほとんどが先発陣である。
このことより、先発陣が序盤で試合を作れずに序盤に試合が終了してしまっていることが多いことが伺える。
その先発陣だが、唯一10勝できなかったたくみは ショックで退団 してしまった。速球派の奪三振タイプであったのだが残念な結果となった。
しかしながら中継陣は大健闘した。
ジョーギブソンと将来はエースの新人コンビが 2人揃って13勝 をしており、1年目ながら気を吐いた。あとは防御率さえ改善されればエースとなる日も遠くはないだろう。2年目のジンクスが心配である。しかしながら新人王は取れなかったものの今後の働きが期待される。

今期は終わってみれば貯金21と大きく勝ち越したが、首位中日とは大きく開いた。今後この差をどう埋めていくかが課題となるであろう。
そのためにも今の若手を育て上げなければならない。チームを引っ張っているのは主に高齢選手なので、早く若手を育成しないと世代交代が来ると一気に下位に落ちてしまうだろう。
今期のベストナインも中日や巨人は多いが、阪神は世界陸上大阪1人だけである。
今はまだまだベテラン選手に頼っている状態だが、いつの日かベテラン無しでもチームが勝てるよう、早くwikiを復活させて成長を早めたい。




最終更新日時: 2008年03月01日 23時30分48秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -