パワパーク@Wiki 他チーム戦力分析(広島)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第185回他チーム要注意選手

チーム 選手名 ポジション コメント
|BGCOLOR(navy): 中日 |QEEN|二塁手|LEFT:俊足巧打のリードオフマン。ミートが上手い。
|BGCOLOR(navy): 中日 |人形原黒絵|中継ぎ|LEFT:4年目の若手投手。多彩な変化球を武器に奪三振を量産。
総評
|>|>|>|抜群な攻撃力を持ち、どこからでも点が取れる。

|BGCOLOR(yellow): 阪神 |TAKA|遊撃手|LEFT:13年目のベテラン。34歳ながら高いミート、走力は今も健在。
|BGCOLOR(yellow): 阪神 |マルコメ|先発|5種類の変化球と抜群の制球力をもっている
総評
|>|>|>|LEFT:守備力が全体的にたかく守りからリズムを作りそう。

|BGCOLOR(cyan): ヤクルト |縛田|遊撃手|LEFT:全体的な能力が高く長打も打てる。このバッターは塁に出したくない。
|BGCOLOR(cyan): ヤクルト |エルトシャン|先発|37歳ながら大きく曲がるスライダー、ナックルを持つ。
|>|>|>|BGCOLOR(cyan): 総評 |打撃陣は若手が多く今後が楽しみな選手が多い。だが上位と下位の差が激しい。
|>|>|>|LEFT:

|BGCOLOR(orange): 巨人 |大阪学院高校|中堅手|2番ながら1番の役割もこなせる。
|BGCOLOR(orange): 巨人 |松坂小輔II|先発|縦に曲がるスライダーが武器。
総評
コツコツ繋いでクリーンアップで全て返すような打線。
中継ぎ陣に不安があり、先発がどこまで頑張れるかで勝敗が分かれる。

|BGCOLOR(blue): 横浜 |唐沢|左翼手|チャンスや左投手に強く横浜で最も注意しなくてはいけないバッター
|BGCOLOR(blue): 横浜 |伊藤智仁|先発|コントロールが武器。球速も早いので打ちずらそう。
総評
投手陣は比較的安定している。
打線はいまひとつ迫力に欠けている。

第174回他チーム要注意選手

チーム 選手名 ポジション コメント
中日 天弓一撃 中堅手 俊足巧打のリードオフマン。パワーもあるので長打も警戒しなければならない。
中日 団子 先発 18年目の大ベテラン投手。
粘り強いピッチングが持ち味。
総評
天弓一撃を出塁させてしまうと得点されやすい。
投手陣は若手主体なので、成長次第では将来化ける可能性もあり。

阪神 猿野天国 一塁手 ベテランとは思えないパワーの持ち主。
威圧感もあり、ランナーを置いた状況で回したくないバッター。
阪神 びーむ 先発 4種類の変化球を使い分け、ストレートも速い。
総評
パワーヒッターが多い打線なので、一発長打への警戒が重要。
投手陣は左投手が多いので、右打者の奮起が攻略の鍵。

ヤクルト 赤坂 中堅手 堅い守りに加え、ミートもうまい。
どの打順、どのポジションもこなせるオールラウンドプレイヤー。
ヤクルト 小江 先発 多彩な変化球を抜群のコントロールで操る。
付け入る要素が見つからない。
総評
前期セリーグチャンピオンだが、今期は世代交代が一部進み衰退。
しかし、堅実な守備は健在なので、ミスで失点することが少ない。

巨人 hua 遊撃手 チャンスでの勝負強さは一級品。
巨人打線の生命線とも言えよう。
巨人 松坂小輔II 先発 縦に曲がるスライダーが武器。
球質も重いので、飛ばすのが難しい。
総評
コツコツ繋いでクリーンアップで全て返すような打線。
中継ぎ陣に不安があり、先発がどこまで頑張れるかで勝敗が分かれる。

横浜 唐沢 一塁手 成長高い若き主砲。
打たせて乗せないように注意したい。
横浜 はんぺん 先発 ハマのエースと言ってもいいような能力の持ち主。
高いコントロールを9回まで持続することが出来る。
総評
投手陣は比較的安定している。
打線はいまひとつ迫力に欠ける。




第173回他チーム要注意選手

チーム 選手名 ポジション コメント
中日 鄭先豐3 遊撃手 再び4番へ。ショートとして守備でもチームを引っ張る。
中日 岡島秀樹 中継ぎ 大きな変化球を持つ中継ぎ左腕。
どんな状況でも冷静に投げ抜く。
総評
投手に若手が多く、場合によっては崩壊も在り得る。
野手陣はベテランが増えてきて、正念場を迎えている。

阪神 荒木 DH トラの4番。打席に立つと投手を震え上がらせる雰囲気がある。
阪神 びーむ 先発 若い投手陣をまとめるリーダー。
総評
中堅の先発3人がどれだけ頑張るかが鍵。
長打力に長ける打線は要注意。

ヤクルト 小島よしお 三塁手 走攻守3拍子揃った4番。
両打ちでこれといった弱点も見当たらない。
ヤクルト 奈々嬢 先発 七色の変化球のベテラン右腕。
崩れることはまずないだろう。
総評
クライマックスでやぶれたものの、圧倒的な戦力は相変わらず。
手がつけられそうにない。

巨人 CHARA4 捕手 打撃に長ける大型捕手。
一度ヒットが出るともう止まらない。
巨人 魔術師 先発 名前の通りのまさに魔術師。
総評
先発陣は能力が非常に高い。
また、打線は若手が育ち上位打線は手ごわい。

横浜 盗塁 左翼手 俊足巧打の1番。その名の通り盗塁能力も長けている。
横浜 土撥 先発 独特の投法。
成熟期を迎えコントロール、スタミナとも申し分なし。
総評
wikiを安定して更新していない。
主力も徐々に高齢化してきた。




第172回他チーム要注意選手

チーム 選手名 ポジション コメント
中日 霜降 DH 4番を務める打者。DHとして打撃に専念している。
中日 岡島秀樹 中継ぎ 大きな変化球を持つ中継ぎ左腕。
どんな状況でも冷静に投げ抜く。
総評
投手に若手が多く、場合によっては崩壊も在り得る。
野手陣はベテランが増えてきて、正念場を迎えている。

阪神 荒木 DH トラの4番。打席に立つと投手を震え上がらせる雰囲気がある。
阪神 旻軒 先発 トラの精密機械。落差のあるフォークは要注意。
総評
中堅の先発3人がどれだけ頑張るかが鍵。
長打力に長ける打線は要注意。

ヤクルト クインマンサ 捕手 走攻守3拍子揃った5番。
その運動神経から捕手も務める。
安定感ある打撃は燕の得点源。
ヤクルト 奈々嬢 先発 七色の変化球のベテラン右腕。
崩れることはまずないだろう。
総評
クライマックスでやぶれたものの、圧倒的な戦力は相変わらず。
手がつけられそうにない。

巨人 CHARA4 三塁手 打撃に長ける大型三塁手。
一度ヒットが出るともう止まらない。
巨人 アルキメデス 先発 魔球パームと効果の高い得能で相手を翻弄。
晩年を向かえ能力に陰りが見えるが、まだまだ健在だ。
総評
先発陣は能力が非常に高い。
また、打線は若手が育ち上位打線は手ごわい。

横浜 やすけん 中堅手 圧倒的な守備力と安定して打てる安打製造機。
横浜 麻生岬 先発 球界きっての人気者。
成熟期を迎えコントロール、スタミナとも申し分なし。
総評
wikiを安定して更新していない。
主力も徐々に高齢化してきた。




第171回他チーム要注意選手

チーム 選手名 ポジション コメント
中日 鄭先豐3 右翼手 4番を務める打者。外野として打撃に専念している。
中日 団子 先発 昨期のベストナイン下手投げ右腕。
序盤に打っておかないと調子を上げてくるので非常に厄介。
総評
。先発、中継ぎにやや難がある。
野手陣はベテランが増えてきて、正念場を迎えている。

阪神 荒木 打席に立つと投手を震え上がらせる雰囲気がある。チャンスに弱いところが唯一の欠点。
阪神 慶龍 先発 トラの精密機械。多彩な変化球に惑わされそうだ。
総評
ベテランがどれだけ若手を引っ張るか。
長打力に長ける打線は要注意。

ヤクルト クインマンサ 捕手 走攻守3拍子揃った4番。
その運動神経から捕手も務める。
安定感ある打撃は燕の得点源。
ヤクルト hivs 先発 七色の変化球とはまさにこのこと。
変化球だけでないところも注意が必要。
抑えとしてオーラも出てきた。
総評
昨期の日本一は今年も磐石。
手がつけられそうにない。

巨人 CHARA4 遊撃手 打撃に長ける大型遊撃手。
一度ヒットが出るともう止まらない。
巨人 アルキメデス 先発 魔球パームと効果の高い得能で相手を翻弄。
晩年を向かえ能力に陰りが見えるが、まだまだ健在だ。
総評
先発陣は能力が非常に高い。
また、打線は若手が育ち上位打線は手ごわい。

横浜 やすけん 中堅手 圧倒的な守備力と安定して打てる安打製造機。
横浜 麻生岬 先発 球界きっての人気者。
成熟期を迎えコントロール、スタミナとも申し分なし。
総評
wikiを安定して更新していない。
主力にも高齢化が目立ってきた。




第170回他チーム要注意選手

チーム 選手名 ポジション コメント
中日 鄭先豐3 右翼手 4番を務める打者。外野として打撃に専念している。
中日 岡島秀樹 先発 大きな変化球にコントロールもある。
バテさせ他の中継ぎを登板させるほかない。
総評
。投手陣が大きく若返りをしたため今期はやや苦しくなりそう。
野手陣はベテランが増えてきたような気もするが、まだまだ強力。

阪神 skill5 DH 21年目を迎える大ベテラン。
打席ではオーラを感じさせる。
阪神 慶龍 先発 トラの精密機械。多彩な変化球に惑わされそうだ。
総評
投手は若手投手に付け込むスキあり。
長打力に長ける打線は要注意。

ヤクルト クインマンサ 捕手 走攻守3拍子揃った4番。
その運動神経から捕手も務める。
安定感ある打撃は燕の得点源。
ヤクルト hivs 先発 七色の変化球とはまさにこのこと。
変化球だけでないところも注意が必要。
昨期より抑えに転向した。
総評
昨期の日本一は今年も磐石。
手がつけられそうにない。

巨人 CHARA4 遊撃手 打撃に長ける大型遊撃手。
一度ヒットが出るともう止まらない。
巨人 アルキメデス 先発 魔球パームと効果の高い得能で相手を翻弄。
クイックに難点があり、付け込むならココしかない。
総評
先発陣は能力が非常に高い。
打線はスキが多く間違えなければ大量失点はなさそうだ。

横浜 やすけん 中堅手 圧倒的な守備力と安定して打てる安打製造機。
横浜 麻生岬 先発 成長著しい本格派右腕。
成熟期を迎えコントロール、スタミナとも申し分なし。
総評
wikiを安定して更新していない。
やはりまだ最下位は脱出出来ないのか。




第169回他チーム要注意選手

チーム 選手名 ポジション コメント
中日 鄭先豐3 右翼手 昨期より4番を務める打者。今期より外野として打撃に専念出来る。
中日 武田燕 先発 5種類の変化球があり、精密機械でもある。
粘ってバテるのを待つしかないか。
総評
総合力で他を上回り、スキを見せない。
ベテランが増えてきたような気もするが、まだまだ強力。

阪神 skill5 DH 20年目を迎える大ベテラン。
打席ではオーラを感じさせる。
阪神 慶龍 先発 トラの精密機械。多彩な変化球に惑わされそうだ。
総評
昨オフは若返りが目立った。
投手は若手投手に付け込むスキあり。
長打力に長ける打線は要注意。

ヤクルト クインマンサ 捕手 走攻守3拍子揃った4番。
その運動神経から捕手も務める。
安定感ある打撃は燕の得点源。
ヤクルト hivs 先発 七色の変化球とはまさにこのこと。
変化球だけでないところも注意が必要。
今期は抑えに転向した。
総評
若手が多いがwikiが活発なため成長が早い。
昨期クライマックスシリーズ進出を争ったチームだけに油断は禁物だ。

巨人 守屋Ⅱ 中堅手 今期より一番に抜擢された。
勝負強い打撃と安定した守備は攻守の要だ。
巨人 アルキメデス 先発 魔球パームと効果の高い得能で相手を翻弄。
クイックに難点があり、付け込むならココしかない。
総評
先発陣は能力が非常に高い。
打線はスキが多く間違えなければ大量失点はなさそうだ。

横浜 やすけん 二塁手 圧倒的な守備力と安定して打てる安打製造機。
横浜 麻生岬 先発 成長著しい本格派右腕。
成熟期を迎えコントロール、スタミナとも申し分なし。
総評
暗黒期も脱出の兆しあり。
wikiが活発になり、Aクラス入りは時間の問題か。




第168回他チーム要注意選手

チーム 選手名 ポジション コメント
中日 鄭先豐3 捕手 今期より4番を務める打者。超特も持っており、非常に怖い。
中日 岩瀬 抑え ドラの絶対的守護神。今期で引退だが、最後まで苦しめてくれそうだ。
総評
総合力で他を上回り、スキを見せない。
ベテランが増えてきたような気もするが、まだまだ強力。

阪神 世界陸上大阪 中堅手 名無し選手ではあるが、得能の多さは球界随一。
阪神 慶龍 先発 トラの精密機械。多彩な変化球に惑わされそうだ。
総評
野手はベテラン、投手は若手とバランスが良い。
投手は若手投手に付け込むスキあり。
長打力に長ける打線は要注意。

ヤクルト クインマンサ 中堅手 走攻守3拍子揃った4番。安定感ある打撃は燕の得点源。
ヤクルト hivs 先発 七色の変化球とはまさにこのこと。変化球だけでないところも注意が必要。
総評
若手が多いがwikiが活発なため成長が早い。
昨期クライマックスシリーズ進出を争ったチームだけに油断は禁物だ。

巨人 守屋Ⅱ 中堅手 2番だからと侮るなかれ。勝負強い打撃と安定した守備は攻守の要だ。
巨人 アルキメデス 先発 魔球パームと効果の高い得能で相手を翻弄。
クイックに難点があり、付け込むならココしかない。
総評
先発陣は能力が非常に高い。
打線はスキが多く間違えなければ大量失点はなさそうだ。

横浜 やすけん 二塁手 圧倒的な守備力と安定して打てる安打製造機。
横浜 麻生岬 先発 成長著しい本格派右腕。成熟期を迎えコントロール、スタミナとも申し分なし。
総評
暗黒期も脱出の兆しあり。
wikiが活発になり、Aクラス入りは時間の問題か。


過去の他チーム戦力分析

☆ミ 過去の他チーム戦力分析

最終更新日時 : 2008年05月27日 20時42分52秒 :篠田純平