パワパーク@Wiki 第169回他球団分析(楽天)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◇第169回他球団分析◇




ロッテ

パリーグの中でも隋一の機動力・守備力・投手力をもつチーム。
特にエースとなる投手はいないが、抑えの森沢優ちゃんを中心に全員が変化球5種をマスターしつつある投手が多い。
また投手陣がベテランが多いため、ほとんどが円熟期か衰退期の投手であり、体力面で少しほころびが見られる。
打撃陣では主砲のチワワ以外はほとんど足で掻き回してくるタイプの選手で埋め尽くされている。
故にチーム打率も高く、どこからでも出塁してどこからでも盗塁してくる選手が揃っている。
しかし打撃陣も投手陣同様、主力選手の高齢化が進んできており、飛び抜けて能力の高い選手は見当たらない。
しかしながらソフトバンクから移籍してきたキッドの加入でクリーンナップの層は厚くなり、クリーンナップには警戒が必要である。
相手の弱点を見極めじっくり挑めば勝てない相手ではない。

西武

全体的にバランスのとれたチーム。
打撃では3番の祈2、4番のセイバー、5番のぶらいあんと。を中心に長距離ヒッターが揃っている。
また先頭打者のチェロン3は要注意である。俊足巧打で高い出塁率を誇っており、塁に出したら走ってくる可能性が高い。
しかし下位打線はそれほど脅威ではなく、普通に打ち取れるはずである。
投手陣では先発にベテラン投手がずらりと並んでいる。既に円熟期が衰退期の選手が多く、スタミナに不安を抱える投手が多い。
中継ぎ・抑えもあまり安定した成績を残している投手がおらず、不安材料を抱えている。
先発陣さえ攻略すれば勝機は生まれる。如何にして先発陣を早い回でひきずりおろすかが勝敗のカギを握っているであろう。

オリックス

パリーグの中でも屈指の打撃型チーム。
主砲の村山重喜を始めとして六本木ヒルズ、龍王など重量打線がずらりと並ぶ。
また1・2番は足を絡めた速攻をしてくるタイプであり、クリーンナップの前に塁に出さないよう注意が必要である。
また今期トレードで加入した桐生悠一郎も足を絡めてくるタイプの選手であり、さらに機動力を増してくると考えられる。
一方投手陣はベテラン選手がチームを引っ張っているが、若手の台頭もありバランスがとれている。
先発陣は皆スタミナも豊富であり、安定感は抜群である。中継陣も安定感をもっており、なかなか立ち入る隙がない。
なかなかいい攻略法はないが機を見て好不調の判断でいけば勝機が見えてくるやも。

ソフトバンク

案外機動力野球を仕掛けてくるチーム。
チーム内には若手が多く、台所事情には苦しい様子。
野手陣はキッドの退団でチーム一の高打率打者は消えた。
それほど注意する打者もおらず、打撃陣に対しては警戒は必要なさそうだ。
一方投手陣では西ポンとるろーが投手陣を牽引している。しかしSCARSが大ブレーキ。
若手が多いため安定感には欠けるが、前期のように台風の目となる可能性は高い。
若手などに狙いを定めて仕掛けていけば前期のように勝ち越せる可能性が高いチームである。

日本ハム

そこそこバランスはとれているチーム。
軸となる選手はおらず、全員野球を貫いている。
打撃では3割前後を打つ選手が多く、足も絡めてくる。
また長距離打者もいることはいるが層は薄い。
また守備面では守備力が高い選手が多く、守備には定評がある。
一方投手陣は若手が多いこともあり、安定性を欠いている。
ベテラン勢は10勝する力はもっているが、それ以上の力はない。
弱点に狙いを定めて仕掛けていけば大きく勝ち越せる唯一のチームである。