パワパーク@Wiki 第171回オリックス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The 50th league champion!!
オリックス・バファローズ #ref error : ファイルが見つかりません (buffalose.gif)
ORIX DATE
171期 78勝59敗3分 勝率.569 (1位)
リーグ優勝57回 日本一29回
通算成績 7591勝5846敗283分 勝率.565   ※73~77、79期~の通算(公式戦のみ)

101期以降の通算成績:5863勝3897敗180分 勝率.601
リーグ優勝30回(102、104、105、107~111、121~123、127、132~145、147、165、168、171期) 日本一13回(110、111、121、122、130、132、136、138~142、147期)
球団史
リーグ優勝と日本一は両リーグ最多を誇るかつての名門チーム。30・40期台はオリックス第1次黄金期を築き、セの広島と並びあけペナ界1世紀の中で最強の呼び声も高い。
70・80期代は打線が瀕死状態でこの頃は完全に暗黒時代。しかしこの80期代後期から徐々に力を付け、90期代になるとようやくAクラスに食い込めるようになった。そして100期代では6度の優勝を飾り久々の黄金時代を築いた(第2期)。
しかし全盛期の選手が抜けはじめた110期代は常にAクラスと優勝争いに食い込むも優勝から遠ざかっていた。
120期代に入るとリーグ屈指の攻撃型チームとなり121~123期にかけ3連覇を達成。さらに他チームの戦力低下や、ベテランユーザーの定着率の上昇等が追い風となり132期から145期にかけ14連覇(あけペナの最長記録はロッテの16連覇)し第3黄金期を築いた。この一時代で通算記録等で様々な記録を打ち立てた。142期に50度目のリーグ優勝を達成。

オリックスの特徴として、最も人の入れ替わりの少ないチームであること。その為長く留まっているベテランユーザーが多いのが強み。また各々の好みのタイプもはっきりしており(パワー型しか作らない人や、毎回変化球は同じ等)、方針は無くても役割が自動固定されていて崩壊する危険性が少ない。しかしwikiに対し無関心という面もあり評価は万年Bランク。要するにここでコケているので他チームの追い上げには意外ともろい。
黄金期に幕を降ろすとパの覇権はソフトバンクへ。さらに他チームが次々にwikiを建て直し、リーグレベルは一気に急上昇。オリックスは投打に置いて軸となる選手が不在。悪循環が続く世代交代等、147期の優勝を最後に低迷期に突入した。
160期代に突入するとwiki編集に積極的に携わる移籍・新規選手が続々入団。チーム史上初のSランクを取った165期に12連覇中のソフトバンクとの争いを制して18期ぶりのリーグ優勝を決めた。以後は優勝戦線に毎シーズン食い込む常連となっている。

#ref error : ファイルが見つかりません (batting.gif)    野手紹介

3割前後の打率に期待できるオリックスの走り屋

アルヴィア (ある)
156(大)~オリックス[16年目37歳]
首位打者(166)、盗塁王(166)、ゴールデングラブ(165・168)
全体的なバランスの良さが身上の右打者。遅咲きではあったが何度かタイトルも獲得している好選手。威圧感を習得していたものの1年目はさっぱり不振。それ以上に目立ったのが27失策を記録した守備だったが、これは無理矢理セカンドを務めさせられたから(というより変更を忘れられていた)。翌157期は外野にシフトし失策数大幅減に成功し守備面の不安は一掃された。チャンス×を消去した159期には打率.270、翌160期には3割をマークし上位を打つことが多くなった。162・163期は盗塁が40を超え一番に定着。しかし打率がなかなか上がらず2割5分台に終わった164期はParkerにトップの座を譲ってしまった。毎シーズンチームトップの盗塁数をマークするように足は大きな武器だが、どうも打撃が向上してこなかった。それでも当時は打線が弱かった為、既に上位には欠かせない選手であった。10年選手となった165期は久々に打撃復調で自己最高の.314をマーク。160期の以来の好成績で優勝に貢献。チャンスメーカーを習得した166期はさらに安定感が増し打率.326の高打率。幸運にも首位打者となり、さらにはオリックスの選手には馴染みの薄い盗塁王の二冠の大活躍。もはやParkerとの一二番コンビはおなじみで13年目の168期からは守備職人習得で守りでも欠かせない選手に。ただここに来てさすがに全盛期の力は弱ってきており、171期は2割7分を切る不振に。かつては盗塁王争いの常連だったがここにきてちょっと落ち込んできている。
156 .216 115 2 33 12 167 .296 179 14 48 39
157 .248 136 4 31 8 168 .322 192 15 64 56
158 .244 126 5 39 9 169 .307 187 17 68 46
159 .270 157 12 60 7 170 .301 184 6 31 57
160 .310 192 12 57 23 171 .267 163 6 32 35
161 .237 129 7 31 22
162 .260 156 6 41 43
163 .272 161 6 35 40
164 .259 157 10 48 26
165 .314 185 11 58 31
166 .326 198 7 52 50

本塁打王4度、打点王4度のタイトルキング

村山重喜 (ナンバ8)
152(大)~オリックス[20年目41歳]
MVP(164・166)、本塁打王(166・169~171)、打点王(164・166~168)、ベストナイン(158・162・164~171)
一発不足に陥ってきているチーム事情の中で入団したホームランバッター。チームでは唯一の特殊打法(一本足)。長打の才能が開花したのは4年目の155期、一時は四番も打ち28本塁91打点はチーム最高の数字だった。翌156期も25ホーマーを放ち97打点。158期は初の100打点を記録し順調な成長ぶりを見せた。パワーMAXとなった159・160期は不振だったが、翌161期は中軸を打つ選手の目標でもある「3割・30本塁打・100打点」を達成。しかし162期は前半本塁打王で折り返すも後半チームとともに大失速。ここまでシーズン成績にややムラがあったが、超特能を習得した164期は134打点を叩き出し大ブレイク。終盤まで同僚のクリーンナップの中村・ランタンらと三冠王争いを演じ、闘気習得で一気にハイアベレージを残せる主砲へと成長した。これ以降、不動の四番として完全定着。166期は初の40本塁打で2度目のMVP。打率は同僚アルヴィアにわずか1厘差及ばず三冠王を逃した。167期は後半に入って本塁打を量産し3度目の打点王。この間打率が下降傾向だったが168期は.350の高打率で挽回。満塁時に強さを発揮し本塁打は30に留まりながら140近い打点を稼いだ。169期はこれも減少傾向にあったホームランを40本とし、これを始め171期まで3期連続本塁打王獲得。衰えはたしかにあるのだがうまく特能でカバーしており、尚且つこの間チームの打線が良くなってきたのが幸いになって長く活躍できた。シーズン毎の調子の振り幅も、高い位置で揺れる程度であり安定感があった。来期はいよいよ契約最終年であり、その後はチームは後継者が育ってないという問題に立ち向かうことになりそう。
152 .206 113 12 57 3 163 .279 148 29 85 12
153 .300 156 11 61 5 164 .341 176 38 134 7
154 .219 117 14 49 6 165 .331 177 31 111 19
155 .262 149 28 91 1 166 .325 171 42 139 13
156 .289 151 25 97 0 167 .309 159 37 123 21
157 .272 142 20 88 3 168 .350 188 30 138 13
158 .313 167 29 104 0 169 .343 174 40 117 10
159 .272 141 27 76 0 170 .303 160 34 109 15
160 .267 143 22 71 6 171 .323 176 36 101 9
161 .304 156 37 111 9
162 .294 156 28 87 13

そろそろ芽を出してもらわなきゃ困る中堅選手

龍王 (龍王)
166(社)~オリックス[6年目30歳]
打点王(169)
165期に高卒入団した同姓の選手が活躍せず、わずか1期で転生。今度は非常に珍しい「社会人」出身のパワーヒッター。1年目は打率2割強の成績だったが、2年目は2割5分と急成長。若手野手が多くこの時点で既に不動の六番打者となっていたが、4年目の169期はランタンが抜けた為いよいよクリーンナップの五番へステップ。これまでの成績から考えれば成長途上とはいえさすがに厳しいと予想されたが、それが一転打点王を獲る大活躍。上位打線の掃除屋として120打点突破を果たした。しかしその後は能力程度の成績に落ち着き停滞傾向。パワーは既にリーグ屈指であるがもっと確率を高めないと持ち腐れだ。中軸打つにあって文句を付けられない数字を叩き出してほしいところ。翌170期はさすがに成績は落ち、.260に20本塁打と能力通りの結果に。対左×を今後どうするかが焦点。
166 .206 112 14 75 3
167 .254 139 15 76 5
168 .250 137 15 64 5
169 .294 165 28 125 6
170 .264 141 20 83 7
171 .269 142 25 80 6

伸び悩みに喘ぐ巧打の選手

中村信二Ⅱ (ディック)
166(大)~オリックス[6年目27歳]
入団時それぞれがCランクと俊足好守が持ち味の若手。入団以来ほとんど八九番あたりを務めている。既に6年が経過してしまったが打率は2割5分前後とどうも伸び悩みの様相を呈してきた。4年目に3割近い打率を残した頃のバッティングが蘇ってきてほしいところ。
166 .255 137 6 37 17
167 .251 136 5 54 12
168 .244 130 5 33 19
169 .290 159 10 58 14
170 .259 141 7 61 21
171 .256 130 10 43 15

続行?転生?

Zack (Zack)
170(大)~オリックス[2年目23歳]
同名の前選手が伸び悩みとあって転生した新選手。今度も劇的には変わらなかったが、1年目から15本塁打を放った。2年目は10本塁打止まりで打率も2割強と沈んだが、じっくり経験を積めばホームランバッターとして歩めそう。
170 .228 114 15 61 5
171 .203 107 10 49 4

オリックス移籍後はどうも本来の力を出せず

六本木ヒルズ (六本木ヒルズ)
154(大)~166巨人、167~オリックス[18年目39歳]
ベストナイン(169、他6回)
トレードで巨人からやってきた中距離ヒッター。巨人時代はアベレージヒッターとして鳴らし、通算打率は3割超で移籍前年も打率リーグ4位を記録。衰えが始まり全盛期ほどの力はないが、豊富な特殊能力の持ち主であり、打撃だけでなく走塁・守備での貢献も期待できる選手。しかし三番打者として期待された移籍1年目の167期は一向に打率が上がらず、不調なシーズンに。巻き返しを図った168期は豪力を習得。しかし本来が率を残すタイプだったせいか、長打を狙うことでどうも歯車が狂ってしまった。本塁打はわずかの増加で打率がさらに低下。最も注目されていた打撃で期待に応えることが出来ないままだったが、移籍3年目の169期はようやく3割30本塁打と復活。このシーズン前半戦だけで20ホーマーを稼ぎ一時は本塁打王争いに参戦したほど。ようやく迷走から脱却したと思われたのも束の間。翌170期は前半不振、171期は低打率に喘ぎ巨人時代に見せた打撃職人ぶりが影を潜め安定感が無くなってしまった。移籍後本来の働きが出来たのは169期の1シーズン限りというのは何とも寂しい。
154 .269 12 55 15 165
155 .273 12 62 14 166 .317 180 21 86 18
156 .264 10 54 10 167 .293 172 17 75 19
157 .297 19 97 13 168 .267 155 21 92 18
158 .306 7 73 20 169 .317 189 30 91 20
159 170 .283 159 17 85 14
160 .310 22 96 27 171 .253 140 25 75 13
161
162
163
164
154~166期の各年度記録は巨人さんのページから抜粋しました(空白は記録なし)

ホームランと盗塁数を逆転させた選手

Parker (steve)
158(大)~オリックス[14年目35歳]
ベストナイン(168)、ゴールデングラブ(170)
チャンスメーカー持ちで入団した巧打が最大の売りの選手。早速1年目からカモメとの併用で二番を打つことも。この頃は安定感に欠け流動的になっていた一二番の定着が急務となっていただけに、待望とも言える選手。翌159期にはチームトップの打率を記録し(それでも.289)2年目ながらトップバッターに定着。しかしチャンスメーカー持ちなので稀にトップとして起用されるも、パワー不足が見え決定打に欠ける為、十分な結果は残せていない状態が続いていた。そして7年目の164期にようやく2年目に残した自身最高打率を更新。それからの成績はすっかり安定し、パワーも足も向上して、ホームランと盗塁も年々増え続けてきており、すっかり万能型に。アルヴィアと全く似たタイプで高望みこそ出来ないが計算の立てる好選手。12年目の168期は3割4分と大覚醒で初のベストナインを獲得。翌169期は1期限りのミートSとなったが3割届かず。ここ3シーズンは惜しくも3割未達だが171期は自己最多の27ホーマーとこれまでの出塁型から中軸型へと変身してみせた。ホームランと引き換えに盗塁数は減少を辿っている。
158 .255 143 5 29 1 168 .341 205 17 84 26
159 .289 180 7 56 3 169 .294 173 17 43 32
160 .249 144 6 44 7 170 .296 171 18 71 17
161 .261 149 8 55 5 171 .299 167 27 83 15
162 .267 152 14 44 7
163 .226 118 5 36 11
164 .302 180 15 65 17
165 .297 188 17 67 20
166 .297 175 13 51 22
167 .306 182 15 74 23

順調すぎる成長を見せている野手では最高のホープ

ヤンデレ少女 (雛氷)
169(大)~オリックス[3年目24歳]
打撃に定評ある若手。2年目には18本塁打、3年目24本塁打と徐々に片鱗を見せてきている。この3年目は85打点を叩き出し、チーム2位の数字。主軸候補がモタついているだけに一気に抜いていきたいところ。
169 .230 118 11 45 9
170 .251 132 18 64 16
171 .246 128 24 85 14

これから絶頂期を迎えるリードオフ候補

桐生悠一郎 (ZET)
161(大)~169阪神、170~オリックス[12年目33歳]
盗塁王1回、ベストナイン(170)
阪神で一番打者として活躍した俊足巧打の選手。10年目にオリックスへ移籍し、それと同時にアベレージヒッターを習得。移籍1年目からチーム一の打率を記録し、2期ぶりの50盗塁超を果たす大活躍。翌171期も打率3割2分の高打率をキープした。今が最も脂の乗り切っている時期なだけに今後の活躍も非常に楽しみ。アルヴィア・Parkerらと組む上位打線トリオは魅力的な威力。
168 .283 181 6 37 50
169 .258 158 0 30 35
170 .318 197 9 61 56
171 .323 196 9 51 44
161~167期の各年度成績は不明

#ref error : ファイルが見つかりません (pitcher.gif)    投手紹介


超特能・鉄腕習得も三振奪取率は変わらず、さらには成績悪化に

[先] FireSnow (Snow)
158(大)~オリックス[14年目35歳]
最多勝利(169)、ベストナイン(158)、新人王(158)
1年目からいきなり2点台の防御率に11勝の好成績を収めたSnowさんオリックス復帰後2代目となるピッチャー。当初はサイドから繰り出すフォークが決め球の不思議な右腕で、その変則っぷりが相手打者を幻惑させたのか。相手が慣れてきたせいか2年目は平凡な成績に終わったが、翌160期は先発昇格を果たし防御率3点台の安定感ぶりを見せ、勝率イーブンだったものの11勝を挙げ次期エース候補へと大きく名乗りを上げた。期待のホープとして一気に名実を高めていたが、5年目162期に防御率6点台に15敗の大乱調。悪化はシーズンを跨ぎ164期は再び6点台の防御率。リーグ優勝を果たした165期も貢献することなく、この4シーズンで実に60敗近くも喫してしまった。しかしこの不振を脱すると166期は先発で初の防御率2点台に14勝とようやく巻き返し、翌シーズンも15勝と勝ち頭に。球種もいつの間にか5つ目をマスターし、課題だった被本塁打も大きく下がった。12年目の169期は14勝ながら、パは先発難とあって初タイトルとなる最多勝を獲得。この時点でもう不安要所の消えた投手だと思わせたが、13年目の170期から不振。171期には鉄腕を習得したものの、奪三振率は前期より低下。さらには与四球がぶり返して防御率も5点台近い大不振のシーズンに。貯めてきた貯金を使ってみればこの惨状ではあまりに空しい。171期は1イニングあたりにおける四球数が70%という不安定ぶりで、これをどうにかしないあたりいつまで経ってもエース候補のままだろう。
158 2.82 11 5 2 137.1 75 169 3.10 14 8 0 206.1 112
159 4.90 3 3 3 112 53 170 4.35 10 14 0 186.1 102
160 3.86 11 11 0 174.2 97 171 4.85 9 11 0 176.1 91
161 4.97 13 8 0 172 100
162 6.87 6 15 0 145.1 69
163 5.15 9 14 0 173 88
164 6.56 7 15 0 157.2 97
165 4.88 9 15 0 179 94
166 2.92 14 8 0 203.1 98
167 4.28 15 5 0 185 96
168 4.32 9 8 0 181.1 78

2年目には抑えも経験した先発予備軍

[中] 小Q比 (小Q比)
168(社)~オリックス[4年目26歳]
新人王(168)
168期ドラフト入団した正統派右腕。スピードそこそこ球種はパームだけと平凡な能力だが、威圧感持ちで次期先発候補。2年目は兎塚の退団により抑えに抜擢。序盤は立て続けにセーブ失敗の炎上モードでシーズン戦い抜けるか不安だったが、最終的には防御率4点台にまで落ち着いた。この役割はわずか1シーズンだけで3年目は再び中継ぎへ。まだまだ投げてみなけりゃわからない投手であり、今はじっくり経験を積む時。
168 5.25 7 6 4 84.0 51
169 4.18 0 5 23 28.0 14
170 4.78 6 5 4 92.1 49
171 6.12 6 3 3 92.2 48

平均投球回を6イニング超えないようでは2桁勝てる可能性もしぼむ

[先] 一寸法師Ⅱ (降誕祭)
165(大)~オリックス[7年目28歳]
新人王(165)
球種多彩な軟投派ピッチャー。前選手が不振でわずか1期限りでの転生だったが、今度は防御率5点台で順位性に駆られたとはいえ、新人王を獲得しまずまずの出だしを見せた。飛玉丸が引退した168期は先発転向まで一歩近づいたものの、結局星塵が廻り一寸法師は中継ぎのままで開幕。この頃はすっかり中継ぎとしては優秀な投手となり、さすが一度は先発候補となった実力を見せた。そして6年目となった170期に蛇魂王と入れ替えで先発に抜擢。そのシーズンはわずか6勝と結果を出せなかったが、翌171期は防御率を3点台とし素材の良さをうかがわせた。来期は2桁の可能性も十分あるが、不安はスタミナ面であり先発2シーズンで150投球回クラスというのはかなり心細い。
165 5.24 6 2 6 101.1 47
166 3.68 3 2 6 93.0 51
167 5.09 4 5 6 99.0 58
168 3.51 7 3 3 107.2 61
169 3.78 6 6 4 126.1 48
170 5.18 6 11 0 154.2 92
171 3.79 8 9 0 156.2 94

6年目165期の成績を超えるどころか迫ることも出来ず、停滞状態

[先] β野球浪人β (野球浪人)
160(大)~オリックス[12年目33歳]
MVP(165)、最優秀防御率(165)、最多勝利(165)、ベストナイン(165)
150期以来実に10期ぶりにオリックスに帰ってきた野球浪人さんの新選手。当時消えた後は横浜で中継ぎを務めていたが、在籍期間が短く結果を出せず。そしてドラフト指名を経てようやくオリックスへ復帰を果たした。今度も速球型ナックルボーラー。中継ぎをやるにあって嬉しい勝ち運持ちで1年目から結果を出した。しかしその後は常に4点台といまいち冴えない投球が続いていた。5年目の164期に先発転向も中継ぎ時代とさほど変わない成績に終わり、しばらくはこの状態が続くと思われたが、165期に突然の大ブレイク。シーズン通じて防御率1点台の安定ぶりで勝利を重ね18勝をマーク。最優秀防御率に最多勝とMVPまで獲得し、建て直しが図れない先発陣にあって最高の働きを見せた。ノーヒットノーランも達成し非常に充実したシーズンを送った。しかしさすがにこの活躍は出来すぎで、その後はとんとん拍子。常に勝率5割前後の状態ですっかり印象が薄くなってしまった。169期開幕前には尻上がりを習得したのはちょっともったいない感じ。
160 3.71 5 2 1 102 48 171 4.16 10 11 0 175.1 103
161 4.52 5 3 2 99.2 47
162 4.50 6 4 6 138 70
163 4.26 8 4 1 133 68
164 4.72 8 9 0 152.2 79
165 1.82 18 3 0 197.1 94
166 4.04 7 8 0 171.2 97
167 3.38 10 11 0 178.1 96
168 4.41 10 11 0 173.1 94
169 3.68 12 6 3 173.2 104
170 3.25 11 8 0 182.2 107

先発から中継ぎへ、その中継ぎでも苦しくなってきたチーム最年長投手

[中] 蛇魂王Ⅵ (ナーガ)
156(大)~オリックス[16年目37歳]
最多勝利(164)
前回の選手(Ⅳ)は13期在籍したのにも関わらずベテラン期突入後も成績が伸び悩み今度の転生に踏み切ることになった。2年目の157期はリード時・敗戦処理問わずとにかく投げまくり、防御率6点台ながら160弱のイニング数にチーム最多の10勝を挙げるタフな活躍をした。翌158期は前期多かった四球を大きく減らし防御率も一気に改善。159期はわずか2敗に再び規定投球回超と中継ぎ時代は無尽蔵のスタミナが際立っていた。実績を積んだところで5年目160期からは先発になり、負け越したものの防御率3点台12勝の活躍。162期まで3期連続の2桁勝利と防御率3点台とし、投壊現象が続いている中で安定感が輝った。150㌔オーバーの速球に高速スライダーを織り交ぜる本格派タイプでエースの貫禄を窺わせるようになり、163期は打線爆発の恩恵もあって防御率3点台ジャストで19勝を挙げ最多勝を獲得。200イニングを突破し、登板した中で勝敗がつかなかったのがわずか2試合と抜群の完投能力を見せ付けた。20勝目をかけた最終登板では相手もエース級で惜しくも大台には届かず。この頃は一線級投手として活躍していたが、翌165期は大きく勝ち星を減らすと途端に劣化。166期は先発転向後ワーストの防御率5点台に終わり、キレ○を習得した168期も5点台近い防御率、169期はチームワーストの13敗と不振続き。チーム長年の課題だった弱体先発陣がようやく力を付けてきたのに対してどうも足を踏み外してしまった印象。15年目の170期はついに先発から降ろされ中継ぎに。しかし16年目の171期は4点台後半の防御率と短いイニングでも力を出せなくなってしまった。球威はそこそこあっても四球数が異常に多くてはまともな投球は難しい。同期の阿姆羅がここに来て頑張ってるだけに是非とも負けずに発奮したいところ。
156 4.65 6 6 4 122 73 167 4.16 10 10 0 188.1 94
157 6.16 10 10 0 159.1 92 168 4.86 11 9 0 177.2 97
158 4.58 9 6 1 139.2 75 169 4.53 9 13 0 169.0 88
159 4.38 9 2 5 156 77 170 3.99 6 4 2 117.1 69
160 3.89 12 14 0 180.2 82 171 4.88 11 2 3 114.1 58
161 3.91 11 7 0 179.2 96
162 3.63 10 8 0 183.1 103
163 4.41 12 13 0 187.2 110
164 3.00 19 7 0 204.1 112
165 4.07 10 7 0 188 96
166 5.54 9 10 0 169 90

オリックスで36Sを挙げたのは金刃以来45期ぶり

[抑] Rivera (Rivera)
169(大)~オリックス[3年目24歳]
最多セーブ(171)、新人王(169)
150㌔の速球に大きく落ちるフォークボールが武器のリリーフにうってつけの右腕。ドラフト入団し成績はそれほどでも無かったが新人王を受賞。その功績を評価され2年目は小Q比に代わってクローザーに。29Sを叩き出したが5点台の防御率と苦戦したが、ストッパー2年目の171期は2点台前半と高安定。さらには126期の金刃以来となる36Sをマークし優勝に大きく貢献した。最優秀防御率を獲得したユウタとの鉄壁リレーは西武から僅差で逃げ切れた要因であり、驚異のものだった。オリックスの特徴でもある「歴代ストッパーに好ストッパー不在」という悪い伝説を跳ね除けることが出来るか。
169 4.73 3 2 2 70.1 37
170 5.45 0 4 29 38 27
171 2.43 1 3 36 40.2 16

長きに渡り苦しみ、貯金を作れるようになった遅咲きの星

[先] 阿姆羅 (vgundum)
156(大)~オリックス[16年目37歳]
最多勝利(170)
入団時からコントロール・スタミナの高さが特徴の先発型。当初は球速は130㌔台、変化球はさほど落ちないフォークのみとやや苦しい能力だが、3年目から先発に定着。とにかく目立った弱点が明らかな球威不足で、ある程度の制球力はあるもそれ以上に平凡なストレートに少ない球種とあってすっかり伸び悩んでしまう。157期は中継ぎ起用にも関わらず、被本塁打28本を記録してしまい、翌158期の先発入りには大いに不安が募ったが、なんとその声を丸ごとひっくり返すチーム最多の13勝をマーク。あまりにノーマークだったのか衝撃的な先発1年目だった。しかし翌159期からは大きく低迷。先発1年目のブレイクははっきりフロックに終わってしまった。その後も足踏みどころか以前の状態に戻った感じで、全く改善の兆しは見られず。素質としては抜群の投手なのだがどうも打者に力負けしてしまっている感じ。ほとんどが負け越すシーズンで先発失格の内容が続いた。166期に自己新の防御率3.40の好成績を収めるも、翌167期はチーム史上ワースト記録となる18敗となかなかしっくりこない状態。長く暗い低迷期が続いていたが、13年目の168期に重い球習得で一気に安定感上昇。わずかな勝ち越しだったが自己ベストの3.26で優勝に貢献。するとその後も続けて3点台の防御率でまとめていくと、15年目の170期は14勝挙げ最多勝を獲得。翌171期は初の防御率2点台でチームでは唯一勝ち越した先発投手になった。シーズン毎のムラが無くなり、安定感が急上昇し最も頼れる先発へと上り詰めた。もうかつての乱調っぷりは収まった様子。長年活躍してなかったせいか、衰えの幅も少なく、今後は長く活躍できそう。
156 5.06 3 4 3 105 54 167 5.32 6 18 0 171.0 98
157 7.18 5 6 3 150.1 71 168 3.26 12 10 0 207.1 120
158 3.67 13 7 0 174 73 169 3.95 11 7 0 177.2 81
159 5.24 7 11 0 156.1 74 170 3.45 14 9 0 195.2 109
160 5.17 5 15 0 162 96 171 2.77 14 4 0 185 93
161 4.63 10 8 0 167 87
162 4.92 7 11 0 175.2 91
163 4.85 9 16 0 180 79
164 4.30 9 9 0 194.2 107
165 5.70 4 14 0 170.2 99
166 3.40 11 12 0 204 108

そろそろ一本立ちしてほしい右腕

[先] 星塵 (shingo)
164(大)~オリックス[8年目29歳]
164期入団の右腕。先発タイプだが、当初はかつての阿姆羅のように球種はフォークのみで特徴に欠ける点がネックだった。1年目は相手打者の絶好のカモとなり、防御率は8点台超。1イニング投げて1失点取られるというペースという起用泣かせの成績。翌165期は防御率をとりあえず2点良化させ、オフには対左×を除去。このままステップアップしていくかと思いきや、3・4年目とも不安定さは消えず。5年目168期は先発へ。さすがにまだ長いイニングを任せるのは早すぎで防御率は5点超。それでも年々防御率は良くなり170期は12勝挙げ、貯金7を叩き出した。しかし翌171期は5点近い防御率に終わりまだまだ安定性には欠けている。来期にはもう30の中堅であり「先発五番手」からは脱却したいところ。
164 8.31 6 3 3 109.1 41
165 6.29 5 10 4 121.2 55
166 6.29 8 6 5 103 54
167 5.90 9 4 3 132.2 72
168 5.30 11 11 0 169.2 99
169 4.43 9 13 0 168.2 68
170 4.07 12 5 0 183.2 102
171 4.89 9 12 0 171 87

重要なポジションを担うチーム一の好投手

[中] ユウタⅤ (ゆうた)
161(大)~オリックス[11年目32歳]
MVP(171)、最優秀防御率(171)、ベストナイン(171)、ゴールデングラブ(171)
ゆうたさん5代目選手。前選手は500セーブを挙げる不動のストッパーだったが、今度は兎塚という既に先客がいる為中継ぎスタート。やや制球力は低かったが経験を重ねていくうちに克服。それより目立つのが速球派ということ。150㌔を超えるストレートにSFFと技というより力で打たせて取るのが今回の投手。大きく成長を遂げたのが4年目の164期で、このシーズンは中継ぎに新人2人が入団し、1人救援陣を支えた。後半は崩れたが、前半はオールスターに選ばれるほどの安定っぷりだった。その後も役割は変わらず、ここから3期連続防御率3点台とすっかり中継ぎエースに。168期はシーズンは初めて2点台の防御率で優勝に貢献。先発陣が安定してきてからも重要な継投の一人。170期は終盤悪化したもののほぼ1点台の防御率で推移する高安定ぶり。さらに翌171期はその不調がシーズン通して訪れることなく1点台に突入。先発陣が阿姆羅以外全員負け越しという不調であったが、その負担を一人で補う鉄腕ぶりで規定投球回数に到達し、中継ぎ投手ながら最優秀防御率を獲得。ポストシーズンでも10回1/3を無失点と勢いを持続させ、MVPやベストナインも手にする神がかり的な一年であった。とにかく中継ぎで収まるようなレベルではない投手なだけ逆に相手にすれば非常に厄介な存在。チームの先発陣も出番をもう少し抑える洋、奮起してもらいたい。
161 4.47 6 5 2 96.2 56
162 5.78 6 7 1 129.1 65
163 6.05 1 2 2 93.2 48
164 3.29 11 7 2 136.2 68
165 3.55 9 5 6 109 54
166 3.48 9 7 2 98.1 57
167 4.28 5 7 6 115.2 57
168 2.90 8 3 5 115.0 66
169 3.31 8 7 4 119.2 62
170 2.09 9 3 1 107.2 69
171 1.65 10 4 3 147.1 78


過去の保存ページログとシーズン回顧

第166回オリックスアルヴィア・村山がそれぞれ二冠王と上位打線好調も投手陣足踏み揃わず貯金5の3位に
第167回オリックス防御率リーグ5位の投手陣が相変わらず安定せず、わずか2シーズンでBクラス転落。阿姆羅がチーム記録ワーストの18敗を記録
第168回オリックス大混戦の中、終盤の直接対決で連戦連勝で3期ぶりV。村山が3期連続打点王。移籍後6シーズン3割100打点をマークし続けたランタンが引退
第169回オリックスこのシーズンも終盤までもつれたがオリックスは決め手欠き3位。村山本塁打王、4年目の龍王が打点王、FireSnowが14勝ながら単独最多勝に
第170回オリックス首位西武とはわずか1差の3位。アルヴィア・新加入の桐生の一二番が50盗塁を記録し27期ぶりのチーム盗塁数200超。苦労人・阿姆羅が最多勝の初タイトル
第171回オリックス西武にわずか0.5ゲームのハナの差V。中継ぎのユウタがMVPに防御率1位の大活躍

142期オフにページ容量削減の為、簡略化。回顧付verはこちら
73 75 76 77 78 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
141 142 143 144 145 146 147 148 149 150
151 152 153 154 155 156 157 158 159 160
161 162 163 164 165 166 167 168 169 170
171 172 173 174 175 176 177 178 179 180

過去のチームの画面

96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
141 142 143 144 145 146 147 148 149 150
151 152 153 154 155 156 157 158 159 160
161 162 163 164 165 166 167 168 169 170
171 172 173 174 175 176 177 178 179 180

更新者チェック表(導入:164期)

更新したら下の表に名前を入れてください。複数名前を入れる際は・で区切ればおk
               168     169      170        171      172
トップ トップ成績入力等    降誕祭・Zack 降誕祭・ナンバ 降誕祭・ナンバ  降誕祭・Zack 
トップ各選手コメント     ナンバ   ナンバ    ナンバ ナンバ   
トップ自選手コメント等                                 
年齢・年数あわせ                         ナンバ    
派生 オリックスバファローズ史 雛氷    雛氷     雛氷       雛氷     
レコードブック        雛氷    雛氷     雛氷 雛氷     
退団選手名鑑         ナンバ                   
ベストオーダー       ナンバ   ナンバ    ナンバ   ナンバ    
保存ページ倉庫                    ナンバ         

オリックス・バファローズ関連ページ一覧
掲示板 :オリックス板
過去の選手 :オリックス殿堂館退団投手名鑑Ⅰ 投手Ⅱ退団野手名鑑Ⅰ 野手Ⅱ
記録・チーム史 :レコードブックオリックスバファローズ史シーズン別ベストオーダー1(~140) 2(141~)?
過去ページ倉庫 :オリックス・保存ページ倉庫

これまでの観客数 - 本日の観客数 - 前日の観客数 -

(カウンター設置2006/8/20)

    lヽ+
    l::」 /⌒ヽ
    ∥,/ *゚_>゚)  低迷期とはおさらばだぜスキィ…
    ⊂ノ   /つ
     ( ヽノ
      ノ>ノ  ソローリ
     しU