パワパーク@Wiki 第171回他球団分析(楽天)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

♪ノムさんの他球団分析【第171回版】♪

通算訪問者: - 今日の訪問者: - 昨日の訪問者: -





西武

攻撃力■■■■■□□□
走_力■■■■■■□□
守備力■■■■■■□□
先発力■■■■□□□□
中抑力■■■■□□□□
総合力■■■■■□□□
【昨季成績】76勝63敗1分  

昨シーズンのパリーグ王者。若手とベテランが上手くかみ合い、バランスの良いチーム。
野手陣は、1番チェロン3選手、2番普通の野手選手が足を使った攻撃で相手投手を掻き
乱し、2人合わせて本塁打750本以上の3番祈2選手、4番セイバー選手が返すという
スタイルが確立している。後続にも期待のパワーヒッターぶらいあんと。選手や今季で引退となる
のっとあげいん選手などが控えており、怖い打線となっている。
投手陣は、今季で引退となるベテランSK選手、油の乗り切った時期に差し掛かっている
彩選手という左右のエースを軸とした先発陣となっている。
このチームを穴をあげるとすれば、中継ぎ陣だろうか。まだまだ若い投手が多いため、
接戦になってくると弱いか・・・

ロッテ

攻撃力■■■■■■■□
走_力■■■■■■■□
守備力■■■■■■■□
先発力■■■■■■■■
中抑力■■■■■■■■
総合力■■■■■■■■
【昨季成績】73勝61敗6分

パリーグNO.1戦力。走攻守3拍子揃い、穴のない好チーム。
ロッテといえば、俊足巧打堅守といった野手を好むことで知られているように、名無しと
なっている選手を除いて、全選手がどの打順でも任せられるような陣容となっている。
投手陣も、制球力を重視したチーム戦略をとっているため、名無しの選手を除いて、全員が
高い制球力をもち、加えて多様な変化球をもっており、非常にレベルの高い投手陣となっている。
穴はほとんどないが、強いてあげるとすれば、投手陣が左投手に偏っているため、
左投手◎の特能を持つチームだと、簡単に攻略される可能性があるぐらいか・・・

オリックス

攻撃力■■■■■■□□
走_力■■■■■■■□
守備力■■■■■■□□
先発力■■■■■□□□
中抑力■■■■□□□□
総合力■■■■■□□□
【昨季成績】74勝63敗3分

あけペナ界の名門球団。製作者がほとんど変わらないことで有名。
野手陣は、これまで本塁打王3回、打点王4回、野手MVP2回獲得の4番村山重喜
選手を軸とし、パワーヒッターが多かったが、ここ最近は、走力型の選手も増えて、
バランスの取れたチーム編成となっている。
投手陣は、鉄腕FireSnow選手、阿姆羅選手、β野球浪人β選手、蛇魂王Ⅵ選手と過去
に最多勝を受賞した経験を持つ選手が4名おり、この四天王がチームを引っ張る。
穴は、まだ若い抑え投手か。9回に奇跡が・・・

日本ハム

攻撃力■■■■■■■□
走_力■■■■■□□□
守備力■■■■■■■□
先発力■■■■■■□□
中抑力■■□□□□□□
総合力■■■■■■□□
【昨季成績】65勝73敗2分

攻撃&守備力のチーム。パリーグで唯一wikiが滞っている・・・
野手陣は、守備力が高い選手が多く、投手陣にとっては助かる。しかし、いかんせん走力
を持つ選手が日本エレコム選手しかおらず、機動力が無いのが悔やまれる。
投手陣も、中日から移籍してきた武田燕選手を軸に、先発陣は高い能力をもつ選手が多数
在籍しているため、確実に計算できる。
しかし、中継ぎ陣がまだ10代と若く、安定していないため、ここも接戦となると弱いか・・・

ソフトバンク

攻撃力■■■■■■□□
走_力■■■■■■□□
守備力■■■■■■□□
先発力■■■■■■□□
中抑力■■■■■□□□
総合力■■■■■■□□
【昨季成績】63勝73敗4分

160期代最強のチーム。ここ最近は、低迷中・・・
野手陣は、4番wiki3.5選手を除いた全選手が成長途中であって、これからのチームであるため、
あと5季くらいは育成が重要となってくる。
投手陣も、エースと言える存在がいなく、まだまだ若いため、これからの育成が大事となって
くるだろう。個人的には、ドリーム5選手や辻内選手がおもしろい存在か。



過去の他球団分析



171期編集:Lucky
最終更新日時: 2008年03月01日 12時04分55秒