パワパーク@Wiki 130回版分析(楽天)

他球団対戦成績&要注意人物(第130回)


順位表


順位 チーム 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率
優勝 楽天 140 105 34 1 13 .755
2 オリックス 140 75 63 2 6 .543
3 西武 140 71 68 1 6 .510
4 日本ハム 140 61 77 2 5 .442
5 ロッテ 140 51 85 4 4 .375
6 ソフトバンク 140 52 88 0 3 .371

他球団との対戦成績とコメント


球団 対戦成績 コメント
オリックス(2位) 17勝10敗1分 リーグ優勝39回・日本一20回を誇るあけペナ最強のチーム。野手9人中5人が超特殊能力を取得し、今季のリーグ1位の本塁打数からもわかるとおり、攻撃型のチームである。今季は、投手陣が防御率4点台と崩壊してしまったため、優勝には手が届かなかった。今季限りで、通算600本塁打以上の松江通選手、3000安打以上の焔聖選手、250勝以上の野球浪人X選手が引退のため、来季は苦戦が予想される。今季の対戦成績は17勝10敗1分と勝ちこす事ができたが、クライマックスシリーズ、そして来シーズンも気をつけて対戦したい。
西武(3位) 19勝9敗0分 リーグ優勝10回・日本一5回のチームワーク抜群の好チーム。まだ、チームの半数以上が成長途中の選手で、ベテランと若手が見事に融合している。今季は2位のオリックスにレギュラーシーズンで勝ち越しているため、クライマックスシリーズ第一戦は、波乱が起こるかもしれない・・・。今季限りで左右のエース、神高龍選手とダンテ選手が引退のため、ここも同様に来季は苦戦するかもしれない。今季の対戦成績は19勝9敗と勝ち越したが、もし、クライマックスシリーズで戦うことがあれば、慎重に戦っていきたい。
日本ハム(4位) 19勝9敗0分 リーグ優勝21回・日本一8回の急成長を続ける危険なチーム。数期前の楽天とそっくりで、今後一番怖い存在。今季は、3位に食い込んだ西武に勝ち越していて、チーム力的には、クライマックスシリーズに出場していてもおかしくなかったが、ソフトバンクに足をすくわれてしまった。今季の対戦成績は19勝9敗と勝ち越したが、徐々に勝ちが少なくなってきているのが、怖い。低迷期を支えた悪夢選手が引退する前に、優勝しておきたいところだろう。
ロッテ(5位) 24勝4敗0分 リーグ優勝34回・日本一17回のパリーグ二強の一角。数期前までは、走力Sランクで、チーム盗塁数200個を超えていた。しかし、ここ最近は、wikiの更新もままならず、チーム力が落ちてきた。それでも、以前の常勝メンバーが残っているうちに、チーム力を上げたいところだ。今季の対戦成績は24勝4敗とかなり勝ち越すことができた。このまま、wikiの更新もままならなかったら、来季もこのくらいは勝ち越すことができるはずだ。
ソフトバンク(6位) 26勝2敗0分 リーグ優勝12回・日本一4回のパリーグの古豪。このチームも、若手とベテランがうまくかみ合っていて、なぜこの位置に沈んでいるのかわからない。4位の日本ハムに勝ち越していることからもわかるとおり、かみ合えば強いチームである。今季の対戦成績は、26勝2敗とほぼ完璧な形で戦うことができた。来季で攻守を誇ったwiki選手が引退のため、来季もこの調子で勝ちたい。

他5球団の要注意野手


球団 選手名 ポジ コメント
オリックス オチローⅣ 今季、打率.312、42本塁打、127打点をマークし、見事、本塁打王を獲得した。まだまだ成長途中で、今後が楽しみな選手だ。今季は捕手として、投手を、そしてチームを支えた。まだ、ベストナインは発表されてないが、楽天の4番あぶら坂選手と同じポジションのため、どちらがベストナインに選ばれるか楽しみだ。
西武 アイス 今季、打率.294、30本塁打、120打点で西武の主砲として活躍した。西武の俊足軍団を返す選手として、今後も打線を引っ張っていくだろう。この選手も、ポジションは捕手のため、オリックスの4番オチローⅣ選手、楽天の4番あぶら坂選手とのベストナイン合戦が楽しみだ。
日本ハム ネイル 日本ハムの新四番に就いた選手。今季は、途中まで、打率トップを維持し続けて、その勢いで本塁打、打点も量産した。守備力もあり、今後の日本ハム、そして、球界を背負っていく存在になるだろう。打率.326、32本、102打点。
ロッテ 魔剣アンサラー ロッテのトップバッター。打率こそ、3割に届かなかったが、盗塁数47個と足で、チームを引っ張った。長打力がつけば、もっともっと怖いバッターになるだろう。次世代を担うスピードスター。
ソフトバンク 関羽 楽天から移籍してきたソフトバンクの新四番。打率.291、30本塁打、96打点という見事な成績で、シーズンを通して活躍した。楽天時代には4番バッターを任されることはなかったが、やはり潜在能力は計り知れなかった。移籍してしまったのが残念だ。

他5球団の要注意投手


球団 選手名 投順 コメント
オリックス 野球浪人X オリックスのエースとして長年君臨してきた投手。現役最後のシーズンとなった今季は、らしくない投球だったが、それでも最多奪三振のタイトルは獲得した。来季は転生すると思われるので、どのような選手になるか、とても楽しみだ。
西武 打たれ靖男 西武の先発陣の一角として、防御率3.29、16勝5敗と見事な成績を残した。投球回も、チーム一投げていて、クライマックスシリーズでの番狂わせを演じるとしたら、この投手にかかってくるだろう。
日本ハム 那須与一 最優秀防御率のタイトルも獲得した事のある日本ハムの右のエース。今季は、日本ハム先発陣で唯一の防御率3点台と安定した投球で、二桁勝利をマークした。まだ、特能が少ないため、今後、特能を取得してくると、危険な存在になるだろう。
ロッテ 片岡優希 ロッテの抑えとして、出番は少なかったが、防御率2点台で安定した投球を披露した。しかし、接戦の試合が少なかったため、セーブ数こそ12個だったが、今後もロッテの抑えとして活躍するだろう。
ソフトバンク にしたぁ ソフトバンクの中継ぎとして、防御率3点台前半の成績で、活躍した。中継ぎにもかかわらず、投球回が規定投球回に達していて、今後はソフトバンクの先発陣に抜擢される可能性もある。

最終更新者:abba
最終更新日時: 2008年03月05日 13時23分47秒