パワパーク@Wiki 駒大岩見沢VS成章

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

駒大岩見沢VS成章


Result


試合開始10:30
試合終了12:39

- H
成章 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3 7
駒大岩見沢 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 8

勝利投手:小川泰弘(成章)
敗戦投手:板木勇幸(駒大岩見沢)
本塁打:なし

戦評


21世紀枠での出場を果たした成章はエース小川が抜群の制球力を武器に
ヒグマ打線をことごとく凡退に抑え甲子園初勝利を飾る。
成章が失策がらみで先制するも、その裏に悪送球がからみ同点に追いつかれる。
5回裏にも失策により勝ち越しを許す。
しかし成章は8回に6番倉内の適時打で同点、その後内野ゴロの間に三塁ランナーが
生還しこの回に逆転に成功。
第80回センバツの開幕勝者は21世紀枠の成章となった。