パワパーク@Wiki 下関商VS履正社


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

下関商VS履正社


Result


試合開始11:10
試合終了13:31

- 10 H
下関商 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 10
履正社 1 0 1 0 0 0 0 0 0 1x 3 10

勝利投手:三村庸平(履正社)
敗戦投手:島田拓(下関商)
本塁打:【大会第1号】西村卓郎(下関商)
     【大会第2号】島田拓(下関商)

戦評


今季初の延長戦は履正社に軍配が上がった。これで履正社は甲子園初勝利を
サヨナラ勝ちで飾った。履正社は1回に1死1,3塁から山本のスクイズが
捕手の失策を誘い1点を先取すると、3回には再び山本がタイムリーを放ち
2点目を手に入れ試合をリード。両者の均衡状態が続くが最終回となった下関商が
西村卓郎の今大会初アーチで1点差に詰め寄り1死後、島田拓が起死回生の一発により
同点とする。今大会初の延長戦にもつれ込んだ試合は10回裏、2死2塁で8番の仮谷が
センターフライを打ち上げるが、落球により2塁ランナーが生還しサヨナラ。