パワパーク@Wiki 長野日大VS今治西

長野日大VS今治西


Result


試合開始14:18
試合終了16:51

-
長野日大 1 1 0 0 3 0 0 1 0 6 9
今治西 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 8

勝利投手:上村圭佑(長野日大)
敗戦投手:水戸洸太(今治西)
本塁打:なし

戦評


長野日大は初戦、愛媛の強豪今治西との対戦となりました。
長野日大は1回に四球で出たランナー盗塁・バントで3塁に進め、
4番小林が遊内野安打で先制をします。2回にも2つのヒットと
盗塁で1,3塁とするとパスボールでもう1点追加。
しかし甲子園では名の知られている今治西は4回に反撃。
5番大野の遊内野安打から始まった攻撃は、6番水安がまず三塁線を
破る適時2塁打で2-1にすると、7番加納も左中間へボールを運び
水安を返し同点。その後1死取られてから9番森山が四球を選び1,3塁
とすると1番檜垣がタイムリーを放ち勝ち越しに成功。
しかし長野日大も5回に相手のエラーと得意の盗塁を絡め無死1,3塁と
すると、1番池田が犠牲飛を放ち早くも同点に戻します。2番茅野がバント
でランナーを送った後、3番伊藤の中越えの3塁打で勝ち越し、4番小林の
右適時打で5-3とした所で先発の水戸君をノックアウトにします。
その後は長野日大のエース上村が5回以降は緩急をつけたピッチングで
今治西の打線をシャットアウトし、学校創立50周年に花を添えました。