パワパーク@Wiki 履正社VS聖望学園

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

履正社VS聖望学園


Result


試合開始11:55
試合終了14:00

- H
履正社 0 0 0 0 0 0 4 1 0 5 14
聖望学園 1 4 0 0 0 1 1 0 × 7 7

勝利投手:大塚椋司(聖望学園)
敗戦投手:三村庸平(履正社)
本塁打:【大会第9号】大塚椋司(聖望学園)

戦評


聖望学園は1回にバント失敗があったものの2つの四球でチャンスが巡り、
4番篠崎の二塁ゴロを二塁手の送球を野手がはじいてる間に1点が入りました。
2回にもこの回の先頭打者近田が左中間を破る2塁打を放ちチャンスメークした
後、2つの四死球を挟み1死満塁の大チャンスで2番村田は右中間へタイムリー
2塁打を放ち2人生還し3-0とします。この回で投手が石井に代わりますが、
3番城戸の二塁ゴロを本塁へ悪送球し4-0、4番篠崎を四球でだし満塁となり
5番関口にセンター犠牲フライを打たれ抑え切れませんでした。
また6回に聖望学園は2死2塁から1番江藤の一塁強襲ヒットで6-0と
試合を大きくリードします。
しかし7回に履正社が反撃。2死ランナーなしから7番小谷の右中間への3塁打
でチャンスを作ると8番仮谷レフトの頭上を越える2塁打で小谷が生還し6-1。
9番石井のレフト前タイムリーで6-2。1番吉田の左中間フェンス直撃の
タイムリーで6-3。2番稲垣(公)のレフト前タイムリーで6-4と一気に
差を縮めます。追加点の欲しい聖望学園は7回裏に投手の大塚が
大会第9号のソロを放ち7点目を手に入れます。
8回に再び履正社が7番小谷のライト前タイムリーを放ち2点差にします。
残念ながらこの反撃も及ばず7-5で履正社は敗退。ベスト8に名を連ねることは
できませんでした。