パワパーク@Wiki 鹿児島工VS平安


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鹿児島工VS平安


Result


試合開始14:34
試合終了17:41

- 10 11 12 13 14 15 H
平安 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 3 8
鹿児島工 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 3 13

勝利投手:なし
敗戦投手:なし
本塁打:なし

戦評


ラスト平安と鹿児島工との一戦。
1安打と完全に抑えこめられていた平安打線は7回に2死から
7番荒竹の2塁打で均衡を破ります。続く河野のタイムリーで2点目が入り、
試合をリードしますが、その裏にヒットと送りバントで2死2塁とします。
1番の大當の打球を二塁手が後逸し2-1とすると、2番福迫、3番梶丸と
連続でヒットが続き2-2の同点にされます。
今大会3度目の延長戦へと突入し、10回に平安は2死3塁のチャンスで
2番青木がショートへの内野安打の間に三塁ランナーが帰還し勝ち越しに成功。
そのまま勝利に持ち込みたい平安でしたが、その裏に死球で出たランナーを
3番梶丸が送りバントで2塁へ進め4番中道がレフト前を打ってランナーを返し、
同点にします。12回表にヒットエンドランが成功し2死1,3塁で1塁走者の
山口が盗塁に成功し2,3塁とすると4番小林は四球を選び満塁になります。
しかし5番福田が見逃し三振に倒れて得点ならず。
すると14回裏、鹿児島工は1番大當がレフト前ヒット、2番福迫のときに
暴投で2塁へ進み送りバントで1死3塁とサヨナラのチャンスを迎えますが、
梶丸、中道と共に外野フライに倒れ得点できず。
更に15回裏には5番内村がレフト前ヒットで出塁すると、6番田代が送りバント
で1死2塁とします。一打サヨナラのチャンスを再び作り、7番石神はセンターへ
ヒットを放ちますが、内村は本塁で憤死。8番橋本が二塁ゴロに倒れて
結局試合は決着付かず再試合決定。延長再試合はセンバツ史上4度目。