パワパーク@Wiki 智弁和歌山VS宇治山田商


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

智弁和歌山VS宇治山田商


Result


試合開始10:41
試合終了13:06

- 10 11 H
智弁和歌山 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 9
宇治山田商 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 9

勝利投手:林孝至(智弁和歌山)
敗戦投手:平生拓也(宇治山田商)
本塁打:【大会第11号】木田晃太(宇治山田商)

戦評


宇治山田商は4回に木田が大会11号となるソロアーチを放ち先制します。
智弁和歌山は1点ビハインドで迎えた8回に9番林のヒットから1番森本バント失敗で1死、
2番浦田のバントで2死2塁というチャンスに3番勝谷がセンター前のタイムリーヒットを
放ち試合は延長戦へ突入。智弁和歌山は延長10回に宇治山田商は2死2塁の場面で
本塁打を放っている木田を打席に迎えますが、センターフライに抑えサヨナラを阻みます。
すると11回表に4番坂口の右中間を破る2塁打でチャンスメークすると、
6番高橋の当たりはレフト頭上を越えていき、坂口が生還し勝ち越しします。
智弁和歌山は5年ぶりにベスト8に進出しました。