パワパーク@Wiki 聖望学園VS沖縄尚学

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聖望学園VS沖縄尚学


Result


沖縄尚学9年ぶり2回目の優勝おめでとう!!


試合開始12:32
試合終了14:48

- H
聖望学園 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
沖縄尚学 1 1 4 0 3 0 0 0 × 9 15

勝利投手:東浜巨(沖縄尚学)
敗戦投手:大塚椋司(聖望学園)
本塁打:【大会第14号】伊古聖(沖縄尚学)

戦評


決勝には相応しい好カードとなりました。両者プロが注目するエース対決でした。
しかし聖望学園のエース大塚は沖縄尚学に立ち上がりを攻められ、
1回には1番伊古の三塁打の直後、2番伊志嶺にタイムリーを打たれ先制を許すと、
2回には7番嶺井にスクイズを決められ又1点取られるなどピリッとしませんでした。
投手は大塚から石田にスイッチしましたが、沖縄尚学の打線の勢いは止まりませんでした。
3番西銘にライトオーバーの三塁打の後、4番仲宗根のタイムリー、5番波照間のタイムリー二塁打、
7番新垣の右中間を破る三塁打、8番東浜にもタイムリー内野安打が飛び出し一挙4得点を刻みました。
投手は既に佐藤に代わってましたが、5回には1番伊古にランニングホームランを許し3点をいれて
沖縄尚学の9年ぶり2度目の優勝をもぎ取りました。

沖縄尚学のエース東浜は3連投の疲れも見せずに9回を1人で投げきり完封勝利。
一方聖望学園は早めの投手交代が裏目に出て大量失点に繋がりました。