パワパーク@Wiki 第177回オリックス

The 50th league champion!!
オリックス・バファローズ #ref error : ファイルが見つかりません (buffalose.gif)
ORIX DATE
177期 71勝68敗1分 勝率.510 (4位)
リーグ優勝57回 日本一29回
通算成績 8003勝6258敗299分 勝率.561   ※73~77、79期~の通算(公式戦のみ)

101期以降の通算成績:6275勝4309敗196分 勝率.592
リーグ優勝30回(102、104、105、107~111、121~123、127、132~145、147、165、168、171期) 日本一13回(110、111、121、122、130、132、136、138~142、147期)
球団史
リーグ優勝と日本一は両リーグ最多を誇るかつての名門チーム。30・40期台はオリックス第1次黄金期を築き、セの広島と並びあけペナ界1世紀の中で最強の呼び声も高い。
70・80期代は打線が瀕死状態でこの頃は完全に暗黒時代。しかしこの80期代後期から徐々に力を付け、90期代になるとようやくAクラスに食い込めるようになった。そして100期代では6度の優勝を飾り久々の黄金時代を築いた(第2期)。
しかし全盛期の選手が抜けはじめた110期代は常にAクラスと優勝争いに食い込むも優勝から遠ざかっていた。
120期代に入るとリーグ屈指の攻撃型チームとなり121~123期にかけ3連覇。さらに他チームの戦力低下や、ベテランユーザーの定着率の上昇等が追い風となり132期から145期にかけ14連覇(あけペナの最長記録はロッテの16連覇)し第3黄金期を築いた。この一時代で通算記録等で様々な記録を打ち立てた。142期に50度目のリーグ優勝を達成。101期から150期までの50シーズンの内、実に27度の優勝を数えた。

当時のオリックスの特徴として、人の入れ替わりの少ないチームであったこと。その為長く留まっているベテランユーザーが多いのが強み。また各々の好みのタイプもはっきりしており(パワー型しか作らない人や、毎回変化球は同じ等)、方針は無くても役割が自動固定されていて崩壊する危険性が少ない。しかしwikiに対し無関心という面もあり評価は万年Bランク。要するにここでコケているので他チームの追い上げには意外ともろい。
黄金期に幕を降ろすとパの覇権はソフトバンクへ。さらに他チームが次々にwikiを建て直し、リーグレベルは一気に急上昇。オリックスは投打に置いて軸となる選手が不在。悪循環が続く世代交代等、147期の優勝を最後に低迷期に突入した。
160期代に突入するとwiki編集に積極的に携わる移籍・新規選手が入団し、なんとかAクラスを争えるチームになった。

#ref error : ファイルが見つかりません (batting.gif)    野手紹介

目指すは守備職人

アルフェード (ある)
176(大)~オリックス[1年目22歳]
守備に重点を置く、毎度おなじみあるさんの転生選手。守りでの貢献を掲げているだけあって既にチームトップクラスの守備力を誇る。入団以来ファーストを守り続け未だ無失策の堅守。2年目の177期は打撃好調で二・三番を打つことが多かったが、完成度はまだまだ低め。
176 .214 114 7 38 10
177 .276 158 8 51 12

順調に30ホーマーを突破した若き主軸選手

加茂光久 (ナンバ9)
173(大)~オリックス[5年目26歳]
フルスイングが身上のホームランバッター。入団以来毎期20本前後の本塁打数を稼ぎ、AA砲となった5年目の177期は32本塁打とついに大台突破。このシーズンは龍王が前半大不振で四番を任されていたが、後半は打率が大きく下がり、結局はいつも通りの低打率に。主軸を打つならもう少し確実性を身に着けたいところだ。
173 .223 112 13 55 6
174 .242 121 22 61 6
175 .250 134 19 76 2
176 .248 130 23 79 3
177 .256 139 32 85 0

後半戦に復調を来期に結びつけることができるか

龍王 (龍王)
166(社)~オリックス[12年目36歳]
打点王(169)、ベストナイン(172・173・175)
名前も能力もまさにパワー重視の怪力打者。ただし逆に言うと器用さからはかけ離れ、一発はあっても率には期待できない不安定さがある。165期に高卒入団した同姓の選手が活躍せず、わずか1期で転生。今度は非常に珍しい「社会人」出身のパワーヒッター。入団当時はチームには若手野手が多く、4年目の169期はランタンが抜け早くも五番のクリーンナップへステップ。とは言ってもまだ発展途上の中であったのでほとんど期待はされていなかったが、それが一転125打点を稼ぎ打点王を獲る大活躍。しかしその後は能力程度の成績に落ち着き停滞傾向に。パワーは既にリーグ屈指であったが、左×を除去しないままとどうもいまいち信頼性に欠けた。7年目に後半から四番に定着し初の3割突破に打点も99と、169期以来の復調を果たすも、9年目は20本塁打にすら届かない大不振で、チームの格下選手に本塁打数で抜かれてしまう有様。ここまでは活躍と言っても短期間で終わったり、四番を打つにしてはあまりに頼りない印象だったが、10年目175期に豪力習得で初の30本塁打突破で、打点王を獲得した169期以来となる100打点を軽く突破しようやく挽回。一気にチームの誇れるスラッガーとして巻き返し、成績も当分安泰かと思われた。しかし矢先、翌11年目は20本塁打80打点と不振に。12年目の177期も前半迷走し続け打順は下位まで落ちてしまった。それでも後半は復調し、なんとかチームトップの89打点をマーク。この状態が来期最初から出せるかが、ベテランスラッガー復活を左右しそう。
166 .206 112 14 75 3 177 .278 150 25 89 1
167 .254 139 15 76 5
168 .250 137 15 64 5
169 .294 165 28 125 6
170 .264 141 20 83 7
171 .269 142 25 80 6
172 .324 175 21 99 13
173 .296 158 27 98 10
174 .265 144 19 62 6
175 .308 175 34 118 8
176 .264 143 21 81 7

もう一歩進めば好選手へ仲間入り

中村信二Ⅱ (ディック)
166(大)~オリックス[12年目33歳]
入団時、走・守備力それぞれがCランクと俊足好守が持ち味の選手。守備力はチーム屈指であるが、関連特能は持っていない為、無失策とまではいかない。打撃のほうで少々弱い部分があり、節目の10年目となった175期に威圧感を習得し、2期連続2割8分以上をマークしたが、年齢の割にはちょっと今一歩か。
166 .255 137 6 37 17 177 .268 142 14 69 14
167 .251 136 5 54 12
168 .244 130 5 33 19
169 .290 159 10 58 14
170 .259 141 7 61 21
171 .256 130 10 43 15
172 .258 135 13 59 24
173 .291 164 10 71 18
174 .245 132 9 60 23
175 .295 165 16 72 14
176 .283 158 13 73 19

将来二遊間と主軸を任させられそうな逸材

チアプ (チアプ)
177(大)~オリックス[1年目22歳]
将来主軸候補のルーキー。この手の打撃型選手は拙守がありがちだが、この選手は意外と守備も巧い。
177 .257 136 14 49 2


フィンクス (―)
―[―年目―歳]


3割を見込めるアベレージヒッター

Parker (steve)
158(大)~オリックス[20年目41歳]
首位打者(172)、ベストナイン(168・172)、ゴールデングラブ(170)
チャンスメーカー持ちで入団したシュアなバッティングが最大の売りの選手。この頃は安定感に欠け流動的になっていた一二番の定着が急務となっていただけに、待望とも言える選手。早速1年目からカモメとの併用で二番を打つことも。翌159期にはチームトップの打率を記録し(それでも.289)2年目ながらトップバッターに定着。しかしチャンスメーカー持ちの為稀にトップとして起用されるも、パワー不足が見え決定打に欠ける為、十分な結果は残せていない状態が続いていた。そして7年目の164期にようやく2年目に残した自身最高打率を更新。それからの成績はすっかり安定し、パワーも足も向上して、ホームランと盗塁も年々増え続け、すっかり万能型に。アルヴィアと全く似たタイプで高望みこそ出来ないが計算の立てる好選手。12年目の168期は3割4分と大覚醒。翌169期は1期限りのミートSとなったが3割届かず。その後は3割近い打率で収まりややとんとんしていたが、闘気を習得し三番定着の171期に27ホーマーと本塁打量産すると、翌15年目は4期ぶりの3割4分で初のタイトル首位打者を獲得。その後もしっかり3割をキープし続け、盗塁数こそ減り走れなくなったが、晩年期になり打撃安定感は上昇。三振が非常に少ない打者でもあり、なんとも厄介な選手。守備の貢献度も非常に高い。
158 .255 143 5 29 1 169 .294 173 17 43 32
159 .289 180 7 56 3 170 .296 171 18 71 17
160 .249 144 6 44 7 171 .299 167 27 83 15
161 .261 149 8 55 5 172 .342 192 15 63 16
162 .267 152 14 44 7 173 .346 189 17 77 13
163 .226 118 5 36 11 174 .309 171 15 71 10
164 .302 180 15 65 17 175 .308 176 11 43 14
165 .297 188 17 67 20 176 .303 172 19 67 9
166 .297 175 13 51 22 177 .302 183 16 63 4
167 .306 182 15 74 23
168 .341 205 17 84 26

低迷チームではクリーンナップも

GT (慶)
168(大)~176日本ハム、177~オリックス[10年目31歳]
節目の10年目にオリックスへ移籍してきたパワーヒッター。前所属の日本ハム時代はクリーンナップに定着していたが、移籍1年目の177期は前期程の成績は残せず20本塁打止まり。迷走中のチームに所属していたこともあって低年俸なのが少々痛い。
176 .273 142 27 92 4
177 .264 137 20 71 2

超特能習得でもう一花咲かせられるか

桐生悠一郎 (ZET)
161(大)~169阪神、170~オリックス[18年目39歳]
盗塁王1回、ベストナイン(170)
阪神で一番打者として活躍した俊足巧打の選手。10年目にオリックスへ移籍し、それと同時にアベレージヒッターを習得。移籍1年目からチーム一の打率を記録し、2期ぶりの50盗塁超を果たす大活躍。13年目の172期にはようやく一番に定着し213本安打をマーク。とにかくとことん短打で出るタイプでまさに理想的な一番打者。13年目の173期までは毎期50盗塁を稼ぎ、移籍後初の盗塁王も狙ってみたいところだったが、175期に久しぶりに30個に届かず脱線してしまうと、翌176期から打撃不振で、177期はついに打順九番まで後退。盗塁機会も減ってしまい急激に存在感が薄くなってしまった。2期連続ノーアーチに終わる等、打ち返せなくなってきた衰えが低打率に喘いでしまった原因かも。ここは新たな特能で厳しい状況を打破できるか。
168 .283 181 6 37 50
169 .258 158 0 30 35
170 .318 197 9 61 56
171 .323 196 9 51 44
172 .325 213 2 45 50
173 .292 188 3 29 52
174 .289 186 1 40 32
175 .308 197 1 45 28
176 .256 150 0 28 18
177 .267 154 0 38 15
161~167期の各年度成績は不明

#ref error : ファイルが見つかりません (pitcher.gif)    投手紹介


勝ち越しすら期待しにくいベテラン右腕

[先] FireSnow (Snow)
158(大)~オリックス[20年目41歳]
最多勝利(169)、ベストナイン(158)、新人王(158)
1年目からいきなり2点台の防御率に11勝の好成績を収めたSnowさんオリックス復帰後2代目となるピッチャー。当初はサイドから繰り出すフォークが決め球の不思議な右腕で、その変則っぷりが相手打者を幻惑させたのか。3年目の160期は早くも先発昇格を果たし防御率3点台の安定感ぶりを見せ、次期エース候補へと大きく名乗りを上げた。期待のホープとして一気に名実を高めていたが、5年目162期に防御率6点台に15敗の大乱調。悪化はシーズンを跨ぎ164期は再び6点台の防御率。リーグ優勝を果たした165期も貢献することなく、この4シーズンで実に60敗近くも喫してしまった。しかしこの不振を脱すると166期は先発で初の防御率2点台に14勝とようやく巻き返し、翌シーズンも15勝と勝ち頭に。球種もいつの間にか5つ目をマスターし、課題だった被本塁打も大きく下がった。12年目の169期は14勝ながら、パは先発難とあって初タイトルとなる最多勝を獲得。この頃は不安要所が消え、エース誕生かと思わせたが、13年目の170期からジリ貧傾向に。14年目171期には鉄腕を習得したものの、奪三振率は前期より低下。さらには与四球がぶり返して防御率も5点台近い大不振のシーズンに。15・16年目は2桁勝利に勝ち越しと復調したものの、その後は防御率も悪く大きく負け越し続き。176期の防御率4.03に11勝が良かったほうで、さすがにもう年齢的にもこれ以上高望みは難しい。超特能の選択が痛かったか。
158 2.82 11 5 2 137.1 75 169 3.10 14 8 0 206.1 112
159 4.90 3 3 3 112 53 170 4.35 10 14 0 186.1 102
160 3.86 11 11 0 174.2 97 171 4.85 9 11 0 176.1 91
161 4.97 13 8 0 172 100 172 3.55 10 8 0 187.2 100
162 6.87 6 15 0 145.1 69 173 3.50 10 8 0 182.2 86
163 5.15 9 14 0 173 88 174 4.00 5 13 0 171 74
164 6.56 7 15 0 157.2 97 175 5.13 7 13 0 156 88
165 4.88 9 15 0 179 94 176 5.99 7 11 0 148.2 69
166 2.92 14 8 0 203.1 98 177 4.03 11 12 0 158.2 81
167 4.28 15 5 0 185 96
168 4.32 9 8 0 181.1 78

53期ぶりに復帰したマジカルアンバーさんの新選手

[中] 千堂瑛里香 (マジカル鞍馬ー)
177(大・ド)~オリックス[1年目22歳]
当時「偽琥珀」いう名でオリックスに在籍していた方の新選手。下手投げから緩急で勝負するタイプ。
177 5.00 5 3 3 99 46

スタミナの不安を一掃し、安定感高い先発に

[先] 一寸法師Ⅱ (降誕祭)
165(大)~オリックス[13年目34歳]
新人王(165)
球種多彩な軟投派ピッチャー。前選手が不振でわずか1期限りでの転生だったが、今度は順位性に駆られたとはいえ、新人王を獲得しまずまずの出だしを見せた。飛玉丸が引退した168期は先発転向まで一歩近づいたものの、結局星塵が廻り一寸法師は中継ぎのままで開幕。この頃はすっかり中継ぎとしては優秀な投手となり、さすが一度は先発候補となった実力を見せた。そして6年目となった170期に蛇魂王と入れ替えで先発に抜擢。そのシーズンはわずか6勝と結果を出せなかったが、翌171期は防御率を3点台とし素材の良さをうかがわせた。しかし5回までしかもたないスタミナ面はネックとなっており、173期は再び中継ぎに。すると別人のように安定した投球内容で成績も回復。投球回数は先発時代と結局変わらず、勝ち星は自身初の二桁10勝。リリーフなら力を発揮できるが、スタートからだとどうも本来の姿からかけ離れてしまうと、なんとも微妙な立場。しかし翌174期は再び先発入り。投球回数は170回を超え、課題だった体力面の不安を完全に払拭。さらに11年目の175期は自己最多の14勝とステップアップ。翌12年目は3点台の防御率&2桁勝利と先発陣では一番結果を出している。今や移籍組の先発投手が投手陣を支えるようになったが、生え抜き選手として、もっと勝ってチームを引っ張っていってほしいところ。。
165 5.24 6 2 6 101.1 47 176 3.74 10 11 0 175.2 113
166 3.68 3 2 6 93  51 177 3.87 8 10 0 169.2 102
167 5.09 4 5 6 99  58
168 3.51 7 3 3 107.2 61
169 3.78 6 6 4 126.1 48
170 5.18 6 11 0 154.2 92
171 3.79 8 9 0 156.2 94
172 5.92 4 11 0 149  84
173 3.88 10 7 5 144  84
174 4.46 7 11 0 171.1 99
175 4.12 14 8 0 174.2 114

急遽ストッパーに廻った、ナックルボーラー

[抑] Ω野球浪人Ω (野球浪人)
176(大)~オリックス[2年目23歳]
前選手はバリバリの主戦投手だったが、突如引退し転生した今度の左腕投手。野球浪人さんなじみのナックルボーラー。ルーキーイヤーはとにかく制球難に泣かされ防御率6点台の惨状だったが、出番が多くチーム最多の12勝と幸運な一面を見せた。翌2年目は守護神不在という事情から抑えに抜擢され31Sをマーク。しかし6敗を喫するあたり急造ストッパーというのは否めない。来期はもう少し負け数を減らしたいところ。
176 6.16 12 3 1 130 46
177 4.38 0 6 31 39 8

将来のローテーション候補

[中] 蛇魂王Ⅶ (ナーガ)
177(大)~オリックス[1年目22歳]
ナーガさん7代目の選手。スタミナが高く将来は先発に食い込めそうな能力。武器が平凡なスライダー一本というのが心細い。
177 5.00 6 8 1 111.2 47

オリックスにはいないタイプの完成系投手

[先] 左京 (Lucky)
166(大)~170ヤクルト、171~174楽天、175~176ロッテ、177~オリックス[12年目33歳]
新人王(166)
球速・コントロール・スタミナ・変化球、どの能力をとっても高さが光るアンダーハンド左腕。これまで3チームを渡り歩き、それもwiki評価の高いチームばかりであり、非常に完成度が高い。エース級の働きを期待された移籍1年目であったが9勝止まりと期待はずれの結果に。来期は一気にタイトルを狙う勢いを見せてほしいところ。
166 3.20 12 8 0 169 102 177 4.16 9 9 0 188.1 102
167 4.12 9 7 0 162 77
168 4.58 8 8 0 157.1 87
169 3.44 9 10 0 180.1 89
170 4.09 13 5 0 185 104
171
172
173
174 2.23 11 1 0 105 78
175 4.64 12 11 0 182.1 114
176 2.89 14 6 0 209 124
176期以前の成績はヤクルト・楽天・ロッテさんの各ページを参考にさせていただきました。


[中] 阿姆羅 (―)
―[―年目―歳]


再び隔年のジンクス突入!?

[先] 星塵 (shingo)
164(大)~オリックス[14年目35歳]
MVP(175)、最優秀防御率(175)、最多奪三振(175)、ベストナイン(175)
フォークボールが武器の右腕。当初はかつての阿姆羅のように特徴に欠ける点がネックで、1年目は1イニング投げて1失点取られるというペースで起用泣かせの成績に。その後も不安定さは消えず、5年目168期は先発へ。さすがにまだ長いイニングを任せるのは早すぎで防御率は5点超。それでも年々防御率は良くなり170期は12勝挙げ、貯金7を叩き出した。翌シーズンは不調だったが9年目172期は初めて防御率を3点台に。ちょっと隔年の成績になってきており、10年目はチームワーストの16敗。この年は前半投手陣の崩壊が起きたが、唯一最後まで修正が出来なかった。隔年現象は依然続き、174期は順番の当たり年そのままでチームトップの12勝。となると翌175期は外れが来るはずだったが、ここでこの嫌な流れを払拭する活躍。シーズン通じて高安定を維持し自身の記録を一気に打ち破る防御率2.16にリーグ最多の16勝に168奪三振と大ブレイク。ノビ○を習得したことにより奪三振率も一気に上昇した。これで一躍エース投手へと上り詰めたが、さすがにそこまで甘くはなく翌176期は16勝から一転16敗を記録。それでもこのままズルズル行くこと無く、177期はチーム最多の14勝と巻き返し。全体的にまとまりがあり、今後当分は十分このあたりの成績を残せそう。昨期は奪三振ランク3位で、再びタイトルも狙ってみたい。
164 8.31 6 3 3 109.1 41 175 2.17 16 6 0 216 168
165 6.29 5 10 4 121.2 55 176 4.62 9 16 0 191 154
166 6.29 8 6 5 103 54 177 3.16 14 10 0 190.2 141
167 5.90 9 4 3 132.2 72
168 5.30 11 11 0 169.2 99
169 4.43 9 13 0 168.2 68
170 4.07 12 5 0 183.2 102
171 4.89 9 12 0 171 87
172 3.95 12 7 0 191.1 120
173 4.37 8 16 0 179 103
174 4.17 12 8 0 185.2 110

投手王国からやってきただけあって、抜群の成績

[先] poscam (melon)
164(大)~176ヤクルト、177~オリックス[14年目35歳]
14年目の177期にヤクルトから移籍してきた左腕。そのヤクルトでは中継ぎ時代が長く台頭までに時間を要したが、ここ数シーズンは好成績をキープ。移籍1年目の177期は高い能力を惜しみなく発揮しチーム最多の14勝に2点台の防御率といきなりエースの働きを見せた。来期も同じ移籍コンビの左京と何勝を叩きだせるか楽しみだ。
164 5.18 6 5 3 120 68 175 3.03 11 5 5 184.1 97
165 6.23 5 2 1 104 59 176 2.66 8 4 8 162.1 90
166 4.88 7 5 3 127 68 177 2.87 14 5 0 172.1 82
167 6.63 4 9 1 113 49
168 6.14 3 6 2 121.2 53
169 4.18 4 5 4 103.1 58
170 4.10 11 2 6 118.2 63
171 3.44 13 3 0 159.2 86
172 3.69 9 9 2 136.2 83
173 4.68 12 8 0 163.1 97
174
176期以前の成績はヤクルトさんのページを参考にさせていただきました。

過去の保存ページログとシーズン回顧

第175回オリックス投打ともに上向き同率3位。星塵が最優秀防御率・奪三振王に16勝とブレイク。豪力獲得の龍王が3割30本塁打100打点と巻き返し
第176回オリックスオフに転生2人に3が名無し化とチームの顔ぶれが大きく変わるシーズンに。同時にこの年限り引退者も3人発生。ルーキーの野球浪人が中継ぎでチーム最多勝投手に
第177回オリックス退団等の穴をposcam・左京・GTの移籍組ベテランがカバー。2期ぶりの貯金を果たすも終盤12連敗でCS出場逃す

142期オフにページ容量削減の為、簡略化。回顧付verはこちら
73 75 76 77 78 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
141 142 143 144 145 146 147 148 149 150
151 152 153 154 155 156 157 158 159 160
161 162 163 164 165 166 167 168 169 170
171 172 173 174 175 176 177 178 179 180

過去のチームの画面

96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 114 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
141 142 143 144 145 146 147 148 149 150
151 152 153 154 155 156 157 158 159 160
161 162 163 164 165 166 167 168 169 170
171 172 173 174 175 176 177 178 179 180

更新者チェック表(導入:164期)

更新したら下の表に名前を入れてください。複数名前を入れる際は・で区切ればおk
               175 176 177 178 179
トップ トップ成績入力等    降誕祭・ナンバ ナンバ ナンバ・降誕祭
トップ各選手コメント     ナンバ     ナンバ ナンバ
トップ自選手コメント等           
年齢・年数          ある      ナンバ
派生 オリックスバファローズ史        
レコードブック        ナンバ     ナンバ ナンバ
他球団注目選手              
退団選手名鑑         ナンバ     ナンバ
ベストオーダー       ナンバ     ナンバ ナンバ
保存ページ倉庫              
オリックス・バファローズ関連ページ一覧
掲示板 :オリックス板
過去の選手 :オリックス殿堂館退団投手名鑑Ⅰ 投手Ⅱ退団野手名鑑Ⅰ 野手Ⅱ
記録・チーム史 :レコードブックオリックスバファローズ史シーズン別ベストオーダー1(~140) 2(141~)?
etc :オリックス他球団分析&注目選手 過去ページ倉庫 :オリックス・保存ページ倉庫

これまでの観客数 - 本日の観客数 - 前日の観客数 -

(カウンター設置2006/8/20)

    lヽ+
    l::」 /⌒ヽ
    ∥,/ *゚_>゚)  低迷期とはおさらばだぜスキィ…
    ⊂ノ   /つ
     ( ヽノ
      ノ>ノ  ソローリ
     しU