パワパーク@Wiki 第178~181回ソフトバンク総評

◎第178回ソフトバンク総評

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
178 2位 140 84 53 3 7 .613 .282 3.87 4.2 151 141 5
昨季の1位上回る2位。シーズン80勝は14期ぶり。
やはり一番目立つのが失策数。昨季15個の失策数から9個も減少した。
本塁数・盗塁数・防御率すべてが5位へ転落した年から大きく上回った。
段々と力が付いてきているにもかかわらず、リーグ1位になれないのは、
確実な破壊力と精密な制球力が足りなかったのでは、ないだろうか。
今後のSB選手達は、あけペナに接する者全てに、夢と希望を与えるような選手達になるだろう。



☆今期のパ・リーグを振り返る

1位には、またもや楽天が。ココは「強い」…。あけペナ界では一目置かれる存在になりつつある。
2位には、我々SB!!更なる強大化で1位も目じゃないのだが…。
3位には、西武が、3位へ。1番~7番まで二桁本塁が目立つ。
4位には、ロッテが。総合力A+で悪くないはずだが、調子が悪い。
5位には、オリックスが。近頃は、お得意の攻撃力が発揮していないようだ…。
6位には、勝率.268の日ハム。wikiが再出発しだしたので、今後大きな存在となるだろう。





☆プレーオフ展望

CS出場!!!!。




☆来期を占う

 来期のパリーグは、今まで以上の熾烈な戦いが繰り広げられるに違いない。
まだまだ全盛期の楽天の連覇を止めるのは、至難の業か…。
そんなことより、来期のSBがAクラスに生き残れるのかが危うい。
楽天…ロッテ…オリックス…西武…強豪ばかりの中では、なかなか難しい所。

 しかし、決して諦めてはいけない。諦めてしまえば、全てがお終いになってしまう。
確かに、現在のパリーグには強豪揃いで、Aクラス入りだけでなく、1勝するのも難しく、
「優勝」は程遠いように思われる。だが、絶対諦めてはいけない!
どれだけ相手が強くとも、連敗続きで思うように実力が発揮されなくとも、
「気持ち」だけでは負けてはいけない。「気持ち」が勝利を分けるに違いない。

 来期は「Victory is caused by feelings」-勝利は気持ちによって引き起こる-をスローガンに
「優勝奪還」を目指し、1つ1つの試合を大切にしていくことが重要であろう。

 またwikiにも手を抜かず、1回1回のwiki編集、コツコツ更新を続けSランク維持で、
「優勝」へは確実に近づき、必ずゴールインするに違いない。

 また来期に一気に「優勝」を勝ち取るのではく、確実に上位に食い込み続け力を蓄えることで、
2,3期後に確実に「優勝」を勝ち取ることが可能だろう。それも、「連続優勝」だ。
これは、ただの机上の空論ではない。力を蓄え、蓄え、蓄え続けることが最も重要で、
それが、「優勝」への道しるべとなるだろう。

 来期は、確実に力を蓄え、上位に食い込むことが目標であり、使命である。





☆セ・リーグ

1位広島 2位中日 3位阪神 4位ヤクルト 5位横浜 6位巨人
1位広島を止めるチームは出てくるのか。
中日が陥ったように思われていたのだが、中日は2位に舞い戻ってきた。
さて、CSではどうなるのであろうか。「セリーグvsパリーグ」。






☆野手陣総括

MVP:かし選手 次点:幻影の野球狂選手 注目選手:本多雄一選手
  • かし選手はシーズン途中で4番に居座り、見事にその仕事をはたした。3割30本100打点はすばらしいの一言。来期は更なる活躍を期待。
  • 幻影の野球狂選手は3番に座りチーム2位の28本塁打をマークこの選手はやはりクリーンアップの柱。4番のかし選手とともにSBを引っ張って行ってほしい。
  • 本多雄一選手は2年目ながら2番に座り.296と高打率をマーク。盗塁もチーム2位と将来の1番に座るだろう。

☆投手陣総括

MVP:‡流‡選手 次点:柔らかい銀行選手 注目選手:なし
  • ‡流‡選手はチームの最多・リーグ2位の16勝をマーク。一気にエースに名乗り出た。ただ、防率・四球が高い。来期も期待できる。
  • 柔らかい銀行選手は中継ぎながらも、14勝を上げ、チーム2位の成績。防率は高いものの、中継ぎエースとして活躍が期待される。


☆今期のオールスター

選手名(出場回数) 製作者 成績 ポジション
かし(3) kasi .083(0本 1点) DH
後藤光尊(初) lazy .166(0本 0点)
幻影の野球狂(2) しょう .400(1本4点)
コスギⅣ(初) コスギ 防御率6.00 (0セ0奪)
クェス・パラヤ(2) ジオンタイグン 23.14(セ1奪)

かし選手は3番で出場。打率と打点1は少し寂しい。
幻影の野球狂選手は4割HR1本4打点となかなかの成績。
コスギⅣ選手は、まあまあと言った所か。


☆今期の野手最終成績

打順 選手名 製作者 打率 安打 本塁 打点 盗塁 失策
1番 CHO CHO .279 173 12 57 40 0
2番 本多雄一 篠田 .296 177 4 41 21 1
3番 幻影の野球狂 しょう .318 175 28 76 7 1
4番 かし kasi .316 174 30 110 8 2
5番 後藤光尊 lazy .295 160 25 79 16 0
6番 復活のチワワ チワワ .274 153 21 100 11 0
7番 如月 陽炎 .234 126 6 46 11 0
8番 wiki4 wiki4 .275 148 23 67 18 0
9番 南☆明奈♪ アッキーナ .245 130 2 29 9 0
  • 打率.300以上が1人
  • 200本安打到達者が0人
  • 盗塁成功数30以上が1人
  • HR30本以上が1人
  • 100打点以上が2人
1番を打つCHO選手が3割に届かず。だが盗塁40はアッパレ。
2番を打つ本田雄一選手が3割近い打率を残すなど好成績。盗塁が21と多く、来期はもっと走りたい。
打点を稼げる選手、盗塁10個以上と走れる選手が増えてきた。来季は更なるレベルアップと下位打線の充実が鍵になりそうだ。

☆今期の投手最終成績

投順 選手名 製作者 防御率 奪三振 被本
10番 辻内 山崎 3.77 10 11 0 119 20
11番 綾小路 おっ 3.30 13 7 0 142 16
12番 ‡流‡ 浪人 3.74 16 7 0 116 16
13番 杉内 俊哉 4.58 11 10 0 62 16
14番 大場翔太 ソフトバンク 6.30 5 11 0 50 16
15番 クェス・パラヤ ジオンダイクン 2.65 7 1 3 95 5
16番 柔らかい銀行 柔らかい銀行 4.06 14 4 4 81 17
17番 西クン 名無し 3.70 7 2 2 72 20
18番 コスギⅣ 小杉 1.33 1 0 33 17 0
  • 防御率3点未満は1人。
  • 10勝以上は5人。
  • 100奪三振以上は3人。
  • 今年の抑えのセーブ数は33S
‡流‡選手が躍進の16勝。更なる上積みを期待。
先発4人が10勝以上はお見事の一言。先発全員10勝以上は狙える。
リリーフ陣が安定した投球を見せた。中継ぎのクェス・パラヤ選手が2点台と素晴らしい成績。
柔らかい銀行選手は中継ぎながら14勝であった。
抑えのコスギⅣ選手は防率1点台・無敗・30S以上と素晴らしい成績。
抑え定着は決定か。

☆打撃10傑

部門 記録 選手名 所属球団 製作者
打率 4 .318 幻影の野球狂 ソフトバンク しょう
打率 5 .316 かし ソフトバンク kasi
本塁打 3 30 かし ソフトバンク kasi
本塁打 7 28 幻影の野球狂 ソフトバンク しょう
盗塁 1 40 CHO ソフトバンク CHO
CHO選手が貫録の盗塁王。切り込み隊長としての役割を果たした。
本塁打・打率とともに3・4番コンビがランクイン。

☆投手10傑

部門 記録 選手名 所属球団 製作者
防御率 3 2.65 クェス・パラヤ ソフトバンク ジオンタイグン
防御率 8 3.30 綾小路 ソフトバンク おっ
勝利数 2 16 ‡流‡ ソフトバンク 浪人
勝利数 5 14 柔らかい銀行 ソフトバンク 柔らかい銀行
勝利数 7 13 綾小路 ソフトバンク おっ
セーブ 1 33 コスギⅣ ソフトバンク 小杉
中継ぎのクェス・パラヤ選手が貫録の防御率3位。鉄腕ぶりを発揮した。
綾小路選手が防御率8位と力のある投球を見せた。
‡流‡選手は勝利数2位で16勝と安定感を見せた。
守護神コスギⅣ選手は33Sと申し分のない成績。



◎第179回ソフトバンク総評

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
179 4位 140 70 68 3 7 .507 .285 3.98 4.0 102 115 8
昨季のより順位が下がった。昨季の調子はどこへ。
打率が2厘上がるなど打撃陣の向上。しかし本塁数は結構減少してしまった。
本塁数・盗塁数・防御率すべてが転落。
4番のかし選手が抜けてどうなるかと思われたが、ひどい成績ではなかったのは幸い。
段々と力が付いてきているにもかかわらず、リーグ1位になれないのは、
確実な破壊力と精密な制球力が足りなかったのでは、ないだろうか。
今後のSB選手達は、あけペナに接する者全てに、夢と希望を与えるような選手達になるだろう。



☆今期のパ・リーグを振り返る

1位には、またもや楽天が。ココは「強い」…。あけペナ界では一目置かれる存在になりつつある。
2位には、ロッテが、2位アップの2位。本来の力発揮か。
3位には、西武が、またも3位。惜しいところまで追いつめた。
4位には、我々ソフトバンク。ロッテと順位が入れ替わり。
5位には、日ハムが、wikiをやっていたつけが来た。
6位には、オリックスが、最下位転落。どうしたものか。





☆プレーオフ展望

CS出場ならず。




☆来期を占う

 来期のパリーグは、今まで以上の熾烈な戦いが繰り広げられるに違いない。
まだまだ全盛期の楽天の連覇を止めるのは、至難の業か…。
そんなことより、来期のSBがAクラスに生き残れるのかが危うい。
楽天…ロッテ…オリックス…西武…強豪ばかりの中では、なかなか難しい所。

 しかし、決して諦めてはいけない。諦めてしまえば、全てがお終いになってしまう。
確かに、現在のパリーグには強豪揃いで、Aクラス入りだけでなく、1勝するのも難しく、
「優勝」は程遠いように思われる。だが、絶対諦めてはいけない!
どれだけ相手が強くとも、連敗続きで思うように実力が発揮されなくとも、
「気持ち」だけでは負けてはいけない。「気持ち」が勝利を分けるに違いない。

 来期は「Victory is caused by feelings」-勝利は気持ちによって引き起こる-をスローガンに
「優勝奪還」を目指し、1つ1つの試合を大切にしていくことが重要であろう。

 またwikiにも手を抜かず、1回1回のwiki編集、コツコツ更新を続けSランク維持で、
「優勝」へは確実に近づき、必ずゴールインするに違いない。

 また来期に一気に「優勝」を勝ち取るのではく、確実に上位に食い込み続け力を蓄えることで、
2,3期後に確実に「優勝」を勝ち取ることが可能だろう。それも、「連続優勝」だ。
これは、ただの机上の空論ではない。力を蓄え、蓄え、蓄え続けることが最も重要で、
それが、「優勝」への道しるべとなるだろう。

 来期は、確実に力を蓄え、上位に食い込むことが目標であり、使命である。





☆セ・リーグ

1位阪神 2位巨人 3位中日 4位ヤクルト 5位広島 6位横浜
1位がとうとう入れ替わり阪神優勝。黄金期到来か?
昨季最下位だった巨人が大きく前進。素晴らしい順位を残した。
さて、CSではどうなるのであろうか。「セリーグvsパリーグ」。






☆野手陣総括

MVP:幻影の野球狂選手 次点:本多雄一選手 注目選手:wiki4
  • 幻影の野球狂選手は、3番に座りチームトップの24本塁打をマーク。年齢が気になるが、まだまだやれそうという手ごたえは、今季で掴めたはず。
  • 本田雄一選手は、今季も2番に座った。期待通りの活躍で、CHO選手を上回る32盗塁と盗塁王のステップを踏み出せた。打撃も3割打つなど来季も十分期待できる。
  • wiki4選手は、今季から6番に。打撃も3割・15本を打つなど下位打線を支えた。来季はもっと爆発してほしい。

☆投手陣総括

MVP:大場翔太選手 次点:辻内選手 注目選手:‡流‡選手
  • 大場翔太選手はチームの最多の12勝をマーク。中継ぎへの転向が吉と出た。防御率を減らせば、先発復帰への道が近くなる。
  • 辻内選手は防御率2点台とチームただ一人。安定したベテランらしいピッチングを見せた。転生するのは惜しい選手。
  • ‡流‡選手は、去年あれだけの活躍だけあって今季の結果は寂しい。来季はもっと貯金を増やしたい。

☆今期のオールスター

選手名(出場回数) 製作者 成績 ポジション
幻影の野球狂(3) しょう .166(1本 1点) DH
辻内(5) 山崎 防御率5.40 (0セ3奪)
コスギⅣ(2) 小杉 0.00(0セ0奪)

幻影の野球狂選手は1番DHで出場。打率は低いもののHRを打った。
辻内選手はこれで5回目の出場。3奪三振と素晴らしい成績。
コスギⅣ選手は、防御率0点台となかなかの活躍でオールスターを終えた。


☆今期の野手最終成績

打順 選手名 製作者 打率 安打 本塁 打点 盗塁 失策
1番 CHO CHO .304 189 6 51 31 1
2番 本多雄一 篠田 .300 188 1 39 32 1
3番 幻影の野球狂 しょう .318 177 24 89 4 4
4番 後藤光尊 lazy .279 149 21 78 10 0
5番 復活のチワワ チワワ .262 145 13 63 3 3
6番 wiki4 wiki4 .316 165 15 67 12 4
7番 南☆明奈♪ アッキーナ .304 168 9 61 10 0
8番 リーサ たけはら .236 125 7 50 4 0
9番 如月 名無し .232 121 6 46 9 0
  • 打率.300以上が5人
  • 200本安打到達者が0人
  • 盗塁成功数30以上が2人
  • HR30本以上が0人
  • 100打点以上が0人
3番を打つ幻影の野球狂選手が3割・20本ただ一人達成。彼が打線を支えた。
2番を打つ本田雄一選手が3割という打率を残すなど好成績。盗塁が32とチームトップで、来期はもっと走りたい。
打点を稼げる選手、盗塁10個以上と走れる選手が増えてきた。来季は更なるレベルアップと下位打線の充実が鍵になりそうだ。

☆今期の投手最終成績

投順 選手名 製作者 防御率 奪三振 被本
10番 辻内 山崎 2.63 8 7 0 127 18
11番 ‡流‡ 浪人 3.77 10 9 0 109 20
12番 杉内 俊哉 4.27 10 12 0 80 15
13番 高瀬準太 4.95 7 10 0 76 26
14番 赤鳥千鶴 高速シンカー 4.42 7 10 0 50 23
15番 大場翔太 ソフトバンク 5.43 12 10 2 63 25
16番 柔らかい銀行 柔らかい銀行 3.29 5 5 2 63 15
17番 クェス・パラヤ ジオンタイグン 3.35 9 1 2 63 10
18番 コスギⅣ 小杉 4.12 2 2 32 13 5
  • 防御率3点未満は1人。
  • 10勝以上は3人。
  • 100奪三振以上は2人。
  • 今年の抑えのセーブ数は32S
先発陣の負け越しが目立つ。どうにかしたい。
先発5人のうち2人が勝ち越し、3人が負け越し。もっと勝てる力はあるはずだ。
リリーフ陣が安定した投球を見せた。1発を打たれる投手が少ないのが自慢だ。
大場翔太選手は中継ぎながら12勝であった。
抑えのコスギⅣ選手は防率4点台・4敗と不本意な成績。だが32Sはお見事。

☆打撃10傑

部門 記録 選手名 所属球団 製作者
打率 2 .318 幻影の野球狂 ソフトバンク しょう
打率 4 .316 wiki4 ソフトバンク wiki4
打率 7 .304 CHO ソフトバンク CHO
打率 8 .304 南☆明奈♪ ソフトバンク アッキーナ
盗塁 6 32 本田雄一 ソフトバンク 篠原
盗塁 7 31 CHO ソフトバンク CHO
CHO選手・本田雄一選手が6・7位でランクイン。自慢の1・2番になりそうだ
本塁打・打率とともに3・4番コンビがランクイン。

☆投手10傑

部門 記録 選手名 所属球団 製作者
防御率 3 2.63 辻内 ソフトバンク 山崎
勝利数 8 12 大場翔太 ソフトバンク ソフトバンク
セーブ 1(2) 32 コスギⅣ ソフトバンク 小杉
中継ぎの大場翔太選手が勝利数8位。
辻内選手が防御率3位と安定感のある投球を見せた。
守護神コスギⅣ選手は32Sと申し分のない成績。