パワパーク@Wiki ロッテ他チーム情報(第180回台)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロッテ他チーム情報

他チームの状況と対戦するときに気を付けるべき投手についてのページ

通算の訪問者 : -
今日の訪問者 : -
昨日の訪問者 : -


  • 入力例
チーム名
チームコメント
要 注 意 投 手 : 名前
要注意投手のコメント


第182回

楽 天
9連覇達成の楽天イーグルス!しかし引退者続出の為野手・投手共、顔ぶれがだいぶ変わった。それでもエース:ネルソン・主砲:漠然は健在なので大きく崩れ順位を落とすことはないだろう。
要 注 意 投 手 : ネルソン
この投手に対戦を挑むのは危険!2年連続MVP投手のネルソンは160kmの速球と5種類の変化球・制球・スタミナとどれを見ても超一流の能力を持っている。

ソフトバンク
毎期安定した成績を残しているチーム。しかし野手陣は若手が多く繋がりにかける。それでも1番の本多雄一・主砲後藤光尊とパリーグを代表する野手もいる。投手陣はセットアッパーのクェス・パラヤを中心に150kmを超える剛速球投手が5名在籍している。
要 注 意 投 手 : ‡流‡
制球・スタミナがパリーグ最高潮の投手。通算100勝を達成し波に乗っている。

日本ハム
投手・野手共荒削りな選手が多い成長段階のチーム。しかしその中で日ハムの核弾頭のごりたもうには注意しなければならない。
要 注 意 投 手 : RAIN
楽天より移籍入団のRAIN投手。楽天時代は5番手の投手だったが日ハムではエースとしてカットボールと制球を武器に安定した投球を見せている。

オリックス
最近、超重量級打線が影を潜めている、主砲加茂光久を中心としたチーム。しかし投手陣は神代悠投手が移籍入団したことにより投手陣は安定感を増した。今季は台風の目となるかもしれない。
要 注 意 投 手 : 神代悠
広島より移籍1年目の安定感抜群の投手。152kmの速球と制球力で勝負する。

西 武
リーダー的存在の選手が引退してしまいチームのまとまりに欠けている。救世主が現れない限り上位進出は難しいであろう。投手陣もエース的な投手も居らず若手の成長に期待。
要 注 意 投 手 : スバル
11年目の投手。152kmの速球と変化は少ないものの5種類変化球を投げる。あえて注意するのであればこの投手であろう。


第183回

楽 天
10連覇達成の楽天イーグルス!野手・投手共、顔ぶれがだいぶ変わりチーム力がだいぶ落ちてきた。それでもエース:ネルソンは健在なので要注意である。
要 注 意 投 手 : ネルソン
この投手に対戦を挑むのは危険である。3年連続MVP投手のネルソン!160kmの速球と5種類の変化球・制球・スタミナとどれを見ても超一流の能力を持っている。

ソフトバンク
毎期安定した成績を残しているチーム。野手陣は若手が多く繋がりにかけるがそれでも1番の本多雄一・主砲後藤光尊とパリーグを代表する野手もいる。投手陣はセットアッパーのクェス・パラヤを中心に150kmを超える剛速球投手が5名在籍している。しかしwiki評価が悪い為能力が減退ぎみである。
要 注 意 投 手 : ドリーム5
ロッテよりトレード移籍1年目のドリーム5投手。ベテランの変化球投手でロッテのエースからソフトバンクのエースへ!

日本ハム
投手・野手共荒削りな選手が多い成長段階のチーム。しかしその中で日ハムの核弾頭のごりたもうには注意しなければならない。若い選手が多い為波に乗ると恐い存在かも・・・
要 注 意 投 手 : RAIN
楽天より移籍入団2年目ののRAIN投手。日ハムではエースとしてカットボールと制球を武器に安定した投球を見せている。移籍1年目から結果を残し恐い存在に・・・

オリックス
最近、超重量級打線が影を潜めている、主砲加茂光久を中心としたチーム。投手陣は神代悠投手が移籍入団したことにより投手陣は安定感を増した。今季も台風の目となるかもしれない。
要 注 意 投 手 : 神代悠
広島より移籍2年目の安定感抜群の投手。150kmの速球と気迫溢れた投球が持ち味。なるべく対戦を避けたい所だ!!

西 武
救世主が現れない限り上位進出は難しいであろう。野手はチェロン4が主砲としてひっぱるものの投手陣にエース的な投手も居らず若手の成長に期待。
要 注 意 投 手 : スバル
12年目の投手。152kmの速球と変化は少ないものの5種類変化球を投げる。あえて注意するのであればこの投手であろう。


第184回

楽 天
最下位に転落してしまった楽天!しかし今季はFA獲得で2人の野手を獲得した。そしてエース:ネルソンで貯金がいくつ出来るか・・・
要 注 意 投 手 : ネルソン
4年連続MVP投手のネルソン!いまだに160kmの速球と5種類の変化球を投げる。

ソフトバンク
毎期安定した成績を残しているチーム。野手陣は若手が多く繋がりにかけるがそれでも1番の本多雄一・主砲後藤光尊とパリーグを代表する野手もいるが本多雄一選手は今季限りで退団か?投手陣はセットアッパーのクェス・パラヤを中心に150kmを超える剛速球投手が4名在籍している。しかしwiki評価が悪い為能力が減退中である。
要 注 意 投 手 : ドリーム5
ロッテよりトレード移籍2年目のドリーム5投手。ベテランの変化球投手で移籍1年目から結果を残しソフトバンクのエースへ!

日本ハム
投手・野手共荒削りな選手が多い成長段階のチームだったが投手陣は安定してきた。しかし特に野手陣は若い選手が多い為得点力不足か?・・・
要 注 意 投 手 : RAIN
日ハムのエースとしてカットボールと制球を武器に安定した投球を見せている。移籍1年目から安定した成績を残している。

オリックス
最近、超重量級打線が影を潜めている、主砲加茂光久を中心としたチーム。はなみずきⅣが引退の為得点力が一段と落ちてしまったか・・・投手陣は神代悠投手が移籍入団したことにより投手陣は安定感を増した。今季も台風の目となるかもしれない。
要 注 意 投 手 : 神代悠
広島より移籍3年目の安定感抜群の投手。150kmの速球と気迫溢れた投球が持ち味。なるべく対戦を避けたい所だ!!

西 武
救世主が現れない限り上位進出は難しいであろう。野手はチェロン4が主砲としてひっぱるものの投手陣にエース的な投手も居らず若手の成長に期待。
要 注 意 投 手 : スバル
13年目の投手。152kmの速球と変化は少ないものの5種類変化球を投げる。あえて注意するのであればこの投手であろう。


第188回

楽 天
チーム総評:個々の能力が非常に高く、それに比例して平均的な能力も高いチーム。優勝候補か?
要 注 意 投 手 :ネルソン 157km Sスライダー2 Hスライダー3 SFF4 Hシンカー4 シュート1
いわずと知れた楽天のエース。今期も楽天投手陣を引っ張る。

ソフトバンク
チーム総評:戦力的にはほかのチームに遅れをとっている。まずはwikiの再開、そして名無し化選手の減少が浮上の鍵を握る。
要 注 意 投 手 :杉内 150km カーブ3 スライダー5 SFF2 シンカー3
ソフトバンクのエース。高いコントロールをもち、4種の変化球を操る。


日本ハム
チーム総評:先発投手はリーグ最強といっても過言ではない。これに打撃陣がうまくかみ合えば、優勝もありうる。
要 注 意 投 手 :ファニキス 151km スローカーブ5 Hスライダー6 パーム6 シンカー5 シュート2
日本ハム先発陣の柱。150キロ超の速球に5種の変化球、さらにはすばらしいコントロール。ピッチャーとしての要素をすべて持っている。

オリックス
チーム総評:昨季のリーグ覇者。高い打撃能力を持つが、投手陣に不安アリ?
要 注 意 投 手 :神代悠 146km スローカーブ7 スライダー6 フォーク4 シンカー1
18年目のベテランピッチャー。能力は衰えてきていても、まだまだ現役。

西 武
チーム総評:総合的な打撃能力はリーグトップクラス。あとは投手陣が奮起するかが上昇の鍵を握る。
要 注 意 投 手 :ぎゃん 144km カーブ4 スライダー4 フォーク4 スクリュー3 シュート3
19年目のベテランピッチャー。まだまだ高いコントロールを持ち、5種の変化球を操る。


第189回

楽 天
チーム総評:個々の能力が非常に高く、それに比例して平均的な能力も高いチーム。優勝候補か?
要 注 意 投 手 :ネルソン 157km Sスライダー1 Hスライダー3 SFF4 Hシンカー3 シュート1
いわずと知れた楽天のエース。衰退期に入っているも、今期も楽天投手陣を引っ張る。

ソフトバンク
チーム総評:昨季までは戦力的にはほかのチームに遅れをとっていた。が、昨季はwikiの再開、そして主力級選手が移籍してきた。将来が怖いチームだ。
要 注 意 投 手 :杉内 149km カーブ3 スライダー4 SFF2 シンカー3 シュート2
ソフトバンクのエース。高いコントロールをもち、5種の変化球を操る。


日本ハム
チーム総評:リーグ最強を誇っていた投手陣は2人が名無し化、そしてほとんどが衰退期に入ってきている。そのため浮上には打撃陣が鍵を握る。
要 注 意 投 手 :ファニキス 150km スローカーブ5 Hスライダー6 パーム6 シンカー5 シュート2
日本ハム先発陣の柱。150キロ超の速球に5種の変化球、さらにはすばらしいコントロール。ピッチャーとしての要素をすべて持っている。しかし名無し化したため今期限りでの退団が濃厚。

オリックス
チーム総評:主力級選手が衰退期に入っており、戦力はやや厳しい。それでも力を持つ打線がチームを引っ張っていく。
要 注 意 投 手 :神代悠 145km スローカーブ7 スライダー6 フォーク4 シンカー1
40歳のの超ベテランピッチャー。能力は衰えてきていても、まだまだ現役。

西 武
チーム総評:主力の相次ぐ移籍により、総合的な能力は昨期と比べかなり落ちた。それにより若手がかなり多くなったので、これから強くなっていくチーム。
要 注 意 投 手 :ぎゃん 144km カーブ3 スライダー4 フォーク4 スクリュー3 シュート3
20年目のベテランピッチャー。まだまだ高いコントロールを持ち、5種の変化球を操る。
最終更新日時: 2008年06月29日 11時46分29秒
編集者:
  • hivs        (最終更新時期:第184回/更新箇所:第183回~第184回分他チーム考察、要注意投手)
  • hua       (最終更新時期:第188~第189回/更新箇所:全体)
  • いてまえ軍団団長 (最終更新時期:第190回/更新箇所:第188回、第189回分移動追加)