パワパーク@Wiki 第190回台楽天スポーツ新聞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第190回 7月2日発行

オールスターに楽天から7人が選出!
今期のオールスターが行われ楽天からは両リーグ最多の7人が選出された。
またDr.19投手が見事初のMVP投手に選ばれることになった。
また試合は3勝0敗でパリーグがストレート勝ちした。

第190回 7月3日発行

オリックスに後半戦全勝!
2位オリックスとの前半戦の勝敗は7勝7敗の五分だったが、
後半戦開始早々の激突で一気に14戦全勝のストレート勝ち!
前半戦あれだけ互角だったのが嘘のように後半戦は楽天の圧勝に終った。
結局対戦成績も21勝7敗で楽天の大勝になった。
まさに怒涛の快進撃だった。

第190回 7月3日発行

楽天リーグ連覇!
ついにこの時がやってきた。後半戦半ばで既にマジック1まで減らした楽天は、
シーズン後半で見事に優勝を決めた。まさに全員野球でもぎ取った栄冠だろう。
シーズンを終ってみれば107勝31敗2分という歴代チーム最高勝利数に迫りそうな
勢いでペースを締めくくった。

第190回 7月4日発行

チーム本塁打300本の金字塔を達成!
今期の楽天はチーム本塁打が301本とあけペナ史上初の300本の大台に乗せた。
これは並大抵の記録ではなく、過去最高はなんと前期の日本ハムが打ち立てた
275本という記録だったのだが、その記録も何と1期で破られることとなった。

その背景には二つの要因がある。
一つはレギュラー全員が20本塁打以上打ったということだ。
レギュラー全員が2桁本塁打というのならよく聞くことだが、
レギュラー全員が20本塁打というのは聞いたことがない。
それもこれもチームの打撃力が群を抜いているという証拠だろう。
そしてもう一つが野村克也の65本塁打である。
この個人歴代本塁打記録によりチームの本塁打数は格段に上がり、
また相乗効果ももたらし周りの主力クラスも本塁打を量産する結果となった。
まさに楽天野手陣がもたらした奇跡の記録と言えるだろう。

第190回 7月5日発行(速報)

クライマックスシリーズは日本ハムと対戦!
前期に続いてCS参戦となった楽天は第2ステージでオリックスを打ち破った
日本ハムを迎え撃つ。
公式戦での日本ハムとの対戦成績は20勝8敗と楽天が大きくリードしており、
オリックスよりも戦いやすい相手かもしれない。
しかし油断はできない。
日本ハムも公式戦では分の悪かったオリックスを撃破して勢いに乗っている。
その勢いだけで楽天をもしのぐ力が日本ハムには十分ある。
昨期の楽天はシーズン1位通過ながらCSでロッテに破れるというここ一番での
勝負弱さももっている。
その苦い経験を払拭するためにも日本ハム戦は全力で戦わなければ
乗り切れないだろう。

第190回 7月5日発行(速報)

楽天またもクライマックスシリーズで散る!
悪夢再び!
楽天が前期に続いてCSで敗退した。
相手はシーズン3位ながら第1ステージでオリックスを破り勢いに乗る日本ハム。
第1戦を取るも、第2戦第3戦を取られ先に王手をかけられてしまう。
第4戦を取り逆王手をかけるも、第5戦は投手陣が崩壊、自慢の一発攻勢を逆に
日本ハムにやられてしまいTHE END。
CSでの防御率は7.12と投壊。シーズン中の楽天はそこにいなかった。
(第1戦)【07/05 06:51】札幌ドーム[楽天1勝0敗]
楽   天 0 2 0 0 0 0 0 1 1 4
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
[勝] ミスプロ 1勝0敗0S
[S] コスギⅤ 0勝0敗1S
[負] 西村健太朗 0勝1敗0S
[本塁打] 松中信彦1号 ALEX1号
(第2戦)【07/05 08:02】札幌ドーム[楽天1勝1敗]
楽   天 2 0 1 0 0 3 0 1 0 7
日本ハム 0 5 0 0 2 0 1 0 x 8
[勝] Jeng 2勝0敗0S
[S] バタフラ~イ 0勝0敗2S
[負] スバル 0勝1敗0S
[本塁打] たわあ1号 誰崎1号 リベラ1号 越智2号 魔将1号
(第3戦)【07/05 09:05】札幌ドーム[楽天1勝2敗]
楽   天 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
日本ハム 2 0 1 1 0 0 3 5 x 12
[勝] 番長 1勝1敗0S
[S]
[負] 守屋 0勝1敗0S
[本塁打] Dr.191号 アイゼン3号 ?2号
(第4戦)【07/05 10:15】札幌ドーム[楽天2勝2敗]
楽   天 0 0 1 0 0 1 0 3 0 5
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
[勝] 赤鳥千鶴 1勝0敗0S
[S]
[負] 影松神事 1勝1敗0S
[本塁打] 誰崎2号 アイゼン4号
(第5戦)【07/05 11:32】フルキャスト宮城[日本ハム3勝2敗]
日本ハム 0 1 0 1 3 0 3 1 2 11
楽   天 4 0 0 3 0 0 0 0 0 7
[勝] KURODA 1勝0敗0S
[S] Jeng 2勝0敗1S
[負] 幻影の詩人 0勝1敗0S
[本塁打] アイゼン5号 ZIATAN1号 ZIATAN2号 ZIATAN3号 ZIATAN4号 ブーホールズ1号 魔将2号
誰崎3号 松中信彦2号

第191回 7月6日発行

190回オフは久々の入れ替えなし!
しかし名無し化が2人も!
191回直前のオフ最終日となった今日、今期の楽天の陣容がほぼ決まった。
今回のオフでは久々に入れ替えはなく、昨期とほぼ同じメンバーでの開幕を
迎えることになりそうだ。
しかし安堵のため息と同時にチームに新たな課題が出てきた。
野手のDr.19と投手のはぐれが名無し化することになり、今期の楽天は久々に
名無しを抱えてのシーズンとなるからだ。
この2人の名無し化を受けて、チームが新たにドラフトで新人を獲るかどうかの
方針は今のところ未定とのこと。
どのみち常勝気流に乗る楽天にとって、この問題がどう影響するのか来期の
オフが注目である。
また今期限りでの引退と噂されていた誰崎選手が現役続行を宣言。球団と2年
契約を結び首脳陣をホッとさせた。

第191回 7月6日発行

ネルソン現役最期の決意を語る!
「今日は現役最期の年を迎えているネルソン投手にお越しいただきました!」

「ど・どうも初めまして。よろしくお願いします。」

「さて通算300勝まであと15勝と迫ってますが自信のほどは?」

「歴代の偉大な投手しか成し得ていない記録ですから是非狙いたいです。」

「歴代最多奪三振の記録をもつモップ投手の記録まであと81と迫っており、
今期中の記録更新は確実と言われていますが?」

「もちろん奪三振は僕の武器ですから最初から全力でいきます。」

「では最後にファンに向けて一言」

「最期まで全力で投げぬきたいと思うのでどうぞ応援よろしくお願いします。」

第191回 7月11日発行

ネルソン大偉業達成!
ネルソンが念願の歴代最多奪三振の更新と、通算300勝の達成と
いう2つの偉業を成し遂げた。
開幕前に目標にしていた2つの偉業を成し遂げたネルソンはチーム
メイトから祝福を浴びて満足そうだった。
ネルソン「奪三振と勝利数2つの記録を残せるなんて夢みたい。この
記録達成は僕一人じゃ達成できないし、チームメイトのおかげだと
思っています。」と二重の喜びを表した。
怪物投手がまた一つ歴史に名を刻んだ。

第191回 7月11日発行

楽天ぶっちぎりの首位でリーグ連覇!
CSで前期のリベンジ誓う!
楽天が2期連続の優勝を決めた。パリーグの連覇となると第183回、第184回
の日本ハム以来17期ぶりの快挙となった。
前期に引き続き今期も2位に10ゲーム以上の差をつけダントツの優勝。
全球団にも勝ち越しての完全制覇だ。
そして目指すは日本一、そのためにも楽天は今期こそのCS突破を目指す!

第191回 7月11日発行

楽天3期ぶり日本一!
CS突破の勢いでセの王者破る!
楽天が3期ぶりの日本一に輝いた。鬼門のCSでオリックスを3勝1敗で破り、
3期ぶりに日本シリーズに進出した。
またシリーズの内容も圧勝だった。初戦こそ落としたものの、その後は4連勝
でセの王者巨人を粉砕した。
実に第188期以来のシリーズとプレーオフの完全制覇に楽天ナインも3期ぶり
の美酒を味わった。

第192回 7月19日発行

192回オフは投打の柱が・・・
しかし独走で優勝
192回パリーグは2位西武と9.5ゲーム差をつけて独走状態で優勝。
今回のオフではネルソン、野村克也両選手がいなくなり、チーム状態は良くな
かった。
しかしZIATANの加入で、何とかチーム状態は保った。
そしてシーズンが開幕し、前半戦は西武が勝ち星を積み重ねねていく一方で、
楽天も負けじと何とか首位をキープ。
しかし後半戦は投打が噛合い、最終的には西武を突き放して独走状態でフィ
ニッシュ。全員野球で勝ち取った優勝だった。
打者ではドログバが首位打者を取り、他の選手も活躍。
また投手はミスプロが堂々の2冠を獲得し、新たなエースが誕生した。
次はCMと日本シリーズ。絶対に勝って日本一を取りたい。

第192回 7月19日発行

CMあっけなく敗退・・・
しかもwikiもAランク・・・
192回クライマックスシリーズ2回戦はオリックスが勝ち、楽天はあっけなく敗れ
てしまった。
やっぱり、チームの相性が表れてしまったせいだろうか。
次回は必ずV4&日本一奪還を目指す。そしてこれを実現する。
しかし、wikiがとうとうAランクになってしまった。
これが、のちのち引きずらなければいいのだが・・・。
でもオフは入れ替えはなさそうなので、今はV4&日本一奪還を目標に、レベル
アップするのみだ。

第193回 7月25日発行

チームはどんどん若手化・・・
しかし何とか優勝
192回パリーグは2位西武と5.0ゲーム差をつけてなんとか優勝した。
今回のオフでは、誰崎選手、たわあ選手がいなくなり、どんどん若返った。
そしてシーズンが開幕し、前半戦はロッテが順調に勝ち星を重ねていく
中で、なんとか首位をキープ。
そして後半戦は、西武が追い上げるもゲーム差は縮まらず優勝。
今期は打低投高の傾向にあり、3割打者がなんと2人しか出なかった。
投手はなんと防御率4点台のチームはなかった。
次はCMと日本シリーズ。絶対に勝って日本一を取りたい。

第194回 7月29日発行

前半戦が終わり
現在5位
今回のオフで選手3名が移籍、更に3人が名無しとなってしまった。
特に去年の最優秀防御率投手であるミスプロ選手と、
チームの3番バッターALEX選手が移籍したのとチームの主砲の一人である
橋本選手が名無し化がとても痛く若手に期待したいところだ。
今年は12球団中最も多い5名もの新人が入団し、チームの平均年齢も25、5歳と一気に若返った。
そしてシーズン開幕。やはり抜けた穴は大きかった。
ずるずると連敗を重ねていき前半戦が終わり、
5位と低迷し勝ち越しているチームは一つしかない状況だ。
5Vにはとても厳しい状況だが、まだ試合は70試合も残っており優勝を狙える。
一つずつ勝ちを積み重ね、5Vそして日本シリーズへと繋げたい。

第194回 7月31発行

CS出場ならず
Bクラスで終了
やはり主力流出で今季はBクラスに終わった。
しかし、まだ楽天の悲劇は終わらない。
今季、契約切れの守屋、コスギVの両投手、さらにドログバ選手の動向が気になる。
ドラフトでは、現在、祐介選手、m2の刺客選手両野手の獲得を検討している。
若返った楽天はどうなるのか?!

第195回 8月6日発行

前評判通り
楽天の強さどこへやら
前半戦の70試合が終了し、楽天は借金19で最下位。このままではシーズン50勝すら危ない。
このチームが一昨年まで4連続優勝した強豪だったとは、誰もが信じれないだろう。なぜここまで急激に弱くなってしまったのか?
楽天の弱体化の原因は主力選手の移籍。2期の間に6名もの主力選手が移籍してしまったのである。先発の主軸だった守屋・ミスプロ、抑えのエースコスギⅤ、最年長バッターZIATAN、昨年の首位打者でもあるドログバ、走攻守3拍子揃ったALEXとチームのベテラン勢がほとんどいなくなってしまった。
球団関係者は語る。
「とても頭が痛い状態ですよ。これだけ主力に抜けられると、勝ちようがないですから^^;。経営陣も頑張って、外国人選手を雇ってるんですが彼らがいつチームから去ってしまうのかもわからないんですから困ったものですよ。若手に期待したいんですが、去年の新人王でさえ今年は打たれてますから。数シーズンはBクラスと覚悟してますよ。」
前期のオフで更に、3人が名無し2人がスーパー名無しとなり、平均現役年数と平均年齢が12球団中最も低くなった。なにしろ5年目以上の選手が18人中5人しかいない状況なのだ。
今期横浜から移籍してきたカルシウム選手と、林・裕介・加藤2新人野手三選手に期待したいところ。
後半戦は、中継ぎ・抑えがどれだけ頑張れるかがポイントだろう。

第196回 8月13日発行

前半戦大敗
このままでいいのか楽天!?
前半戦の70試合が終了。楽天は21勝44敗と借金23で最下位独走中。失策22、得点率2.2、打率.219、防御率3.09と他球団と比べると悪すぎる。前期ではなんとか50勝はできたが、今期は無理だろう。
オフで麩臣獏、赤鳥千鶴、アーリー君ら3選手が移籍。更に前期楽天を引っ張ったカルシウム投手が急遽引退で戦力は低下した。この結果、平均現役年数3.6という異常ともいえる数値を出している(12球団の平均現役年数は約7.5)。
楽天の現状は最悪であるといえる。
まず投手、先発投手が5人中4人が助っ人のスーパー名無しであり、スーパー名無しを除けば中継ぎ&抑えは3~5年目の若手という状態だ。
次に野手、ここ数期ドラフトで野手をとってきたためか、名無し化は2名と投手に比べるとだいぶマシ。しかし、主砲のリベラ、松中信彦両選手が今期で契約切れという事態だ。この事について、球団関係者に取材を試みたが回答は得られなかった。
今後楽天の現状を打開するような救世主が出てくる事に期待したい。

第196回 8月14日発行

2年連続の最下位決定
松中信彦FA行使決定・リベラ残留か?移籍か?
2年連続の最下位が決定。移籍続出が響くのも当然。そして、今オフ松中信彦選手がセリーグ移籍が決定的となった。よくぞ13年間楽天をプレイしてくれた。なお、リベラ選手については現在は白紙状態。もし、この2人が移籍すれば打撃は12球団最低になるだろう。来季のクリーンナップ候補としては
高須洋介・林が有力。なおドラフトでは、Ganju選手・ジェン選手の獲得を目指している。松中選手本当にありがとう。

第196回 8月16日発行

プレーオフ特集
ドラフト結果は!?今年の新人は?
プレーオフ結果
ソフトVSロッテ一回戦3-1 後藤4安打!
ソフトVSロッテ二回戦1-4 雪野5回1失点!
ソフトVSロッテ三回戦3-5 huaⅢ決勝弾!!
西武VSロッテ一回戦8-2 二流バッター4打点の大活躍
西武VSロッテ二回戦3-5 アンゴル=モア3セーブ
西武VSロッテ三回戦9-1 大松1本塁打2打点!
西武VSロッテ四回戦1-3 西武絶好のチャンス生かせず
西武VSロッテ五回戦1-5 上杉乱調!西武悔しい負け
プレーオフはロッテが優勝!セリーグは巨人が広島を下し
て日本リーズ進出!
ドラフト速報!楽天は多彩な変化球が持ち味のジェン投手
!契約切れのグレンの変わりに入団。
大学時代は持ち味の制球力、多彩な変化級、
最速148キロの速球で打者を打ち取っていた。

第196回 8月16日発行

日本シリーズは巨人が優勝!
日本シリーズ第1戦 巨人 VS ロッテ 球場:東京ドーム(102m)
ロッテ 1 1 0 0 0 0 0 1 1 4
巨 人 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2
[勝]starryskyVⅢ
[S]アンゴル=モア
[敗]松坂小輔Ⅱ
【第1戦解説】 ロッテは一回、巨人先発内海から一番huaⅢが先頭打者ホームランで一点を先制。さらに2回にもhuaⅢのタイムリーで2点目。5回、2死ランナー1塁で内海から、松坂小輔Ⅱに交代。その裏、巨人隋風居のタイムリーで1点差。6回裏、無死で連続 デットボール、そして、6番の狂風のタイムリーで同点。しかし8回、ロッテは無死1、2塁からダブルスチールを成功させ、冬のタイムリーで勝ち越し!9回にもタイムリーが飛び出し、最後はアンゴル=モアが危なげながら、抑え勝利。
第2戦 5-3 隋風居3打点!!
第3戦 11-6 乱打戦を制した
第4戦 0-4 ロッテ完封劇!!7回RINOのホームラン!
第5戦 1-2 ロッペン無失点!天晴れ!
第6戦 1-0 巨人追い上げる!
第7戦 2-0 巨人日本一!!

第197回 8月21日発行

今期も大敗決定
不甲斐ない選手達
解説者が語る楽天の将来は!!
114試合が終了した時点で33勝78敗と借金45と去年のペースを上回る勢いだ。勝率も2割台と最悪な記録をたたき出しており、得点率2.4、打率.241、防御率4.45と12球団中最も悪い。
オフで承太郎、松中信彦両選手が移籍し、とうとう前回優勝時のメンバーは主砲のリベラ、抑えの岩瀬の2選手だけになってしまった。またに新人が7名(内1名は名無し化)も入団し、若手化が進む形となった。
この事について某解説者は、
「このまま、wiki評価Sをとり続け選手が移籍する等なければ6~7シーズン後には凄い戦力のチームになっているでしょうね。
例えば、1番打者のピノ選手。2年目で打率.286と立派な成績を残してます。しかも足が速い。数シーズン後には他球団に警戒される1番打者になっているでしょう。他にも裕介選手。この選手はチャンスを作るのがうまく、将来的には2番か3番と主砲の前に出塁する打者として活躍が期待できますし、投手でいえば岩瀬選手やmoemoe選手あたりが能力の絶頂期を迎え先発・抑え共に柱といえる存在が出ますし、他にも高須洋介選手や加藤2選手が絶頂期を迎えます。うまくいけばベテラン・中堅勢という楽天の黄金期がくるでしょうね。
この若手化を楽天がどう活かせるかに期待です。」
と語る。
将来的展望は明るいらしいが、果たしてこのままうまくいくのだろうか?今後、選手の動向に注目していきたい。



最終更新日時: 2008年09月06日 04時13分26秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -