パワパーク@Wiki 第194回オリックス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリックス・バファローズ #ref error : ファイルが見つかりません (buffalose.gif)
ORIX DATE
194期 78勝62敗 勝率.557 (2位)
リーグ優勝59回 日本一31回
通算成績 9185勝7405敗350分 勝率.554   ※73~77、79期~の通算(公式戦のみ)

101期以降の通算成績:7457勝5456敗247分 勝率.577
リーグ優勝32回(102、104、105、107~111、121~123、127、132~145、147、165、168、171、185、187期) 日本一15回(110、111、121、122、130、132、136、138~142、147、186、187期)
球団史
リーグ優勝と日本一で両リーグ最多を誇るかつての名門チーム。30・40期台に第1次黄金期を築き、セの広島と並びあけペナ界1世紀の中で最強の呼び声も高い。
その後70・80期代は貧打線に喘ぐ暗黒時代だった。しかしこの80期代後期から徐々に力を付け、90期代になるとようやくAクラスに食い込めるようになり、100期代では6度の優勝を飾り第2期黄金時代を築いた。
110期代は常にAクラスと優勝争いに食い込むも優勝から遠ざかっていたが、120期代に入るとリーグ屈指の攻撃型チームとなり121~123期にかけ3連覇。さらに他チームの戦力低下や、ベテランユーザーの定着率の上昇等が追い風となり132期から145期にかけ14連覇(あけペナの最長記録はロッテの16連覇)し第3黄金期を築いた。この一時代で通算記録等で様々な記録を打ち立てた。142期に50度目のリーグ優勝を達成。101期から150期までの50シーズンの内、実に27度の優勝を数えた。

当時のオリックスの特徴として、人の入れ替わりの少ないチームであったこと。その為長く留まっているベテランユーザーが多いのが強み。また各々の好みのタイプもはっきりしており(パワー型しか作らない人や、毎回変化球は同じ等)、方針ははっきり無くても役割が絶妙に分担されていて崩壊する危険性が少なく、加えて海外ユーザーが投打の柱となってチームを引っ張っていた。しかしwikiに対し無関心という面もあり評価は万年Bランク。要するにここでコケているので他チームの追い上げには意外ともろい。
黄金期に幕を降ろすと、他チームが次々にwikiを建て直しリーグレベルは急上昇。オリックスは低迷期に突入し、優勝は150期代に1度、160期代に2度、170期代に1度と強くなっても長続きせず。ポストシーズンに弱く、日本一とは無縁の状態が続いた。179期には83期ぶりの最下位に転落と迷走。
しかし180期代中頃から投打のバランスが良くなり、185期にリーグ優勝、186期・187期は連続日本一となった。

#ref error : ファイルが見つかりません (batting.gif)    野手紹介

移籍4番を任されるも
ブーホールズ (ブーホールズ) 巧打
長打
走塁
守備
178(高)~192日本ハム、193~オリックス
新人王(178)
15年間日本ハムに在籍していたパワーヒッター。16年目にオリックスへ移籍し、4番を任された。しかし移籍前年から打撃不振に悩んでおり、結局2割5分を切る打率、本塁打も20止まりと期待外れの結果に終わってしまった。翌194期も更に前期を下回る成績となってしまった。大分衰えてきている印象で、大きな期待は掛けづらいといった感じか。
193 .247 139 20 83 1
194 .211 118 17 62 3

4番を外されたことで奮闘
ドットコムⅢ (芋) 巧打
長打
走塁
守備
186(大)~オリックス
ベストナイン(194)
打撃力が光る若手選手。2年目はわずか9本塁打だったが、翌3年目の188期、突如3倍増となる27本塁打を量産し6番に定着。能力を考えると想像以上の働きぶりで、翌シーズンは成績低下が見込まれたものの、翌189期は自身最多の84打点。打順も5番となり非常に順調な歩みぶりで、190期には不振の加茂に代わって、シーズン後半から4番に定着。打点も96と大台間近の成績を残した。その後も主軸を任されていたものの不振の状態が続いていた。193期は移籍のブーホールズが4番に座ったのでシーズン通して3番ということに。ここで大きく挽回し、自己最高の打率.297をマーク。来期は4番に復帰できそうな活躍だった。その194期、前期には及ばなかったがほぼ同等の成績をマークし、4番に返り咲いた。
186 .207 114 11 53 4
187 .203 108 9 60 3
188 .279 149 27 80 0
189 .257 142 21 84 1
190 .275 154 28 96 4
191 .238 136 24 78 4
192 .260 147 21 92 6
193 .297 161 23 77 3
194 .291 160 22 73 7

まだまだ粗いが将来の主軸候補
天災地変 (天変地異) 巧打
長打
走塁
守備
190(大)~オリックス
打点王(194)、ベストナイン(194)、新人王(191)
190期に全く同じ名前で登録していたが、あまりの不振っぷりだったので転生。今度は能力も良くなり、打法もフルスイングタイプとなった。1年目の成績も上がり、打率は2分近く、本塁打はほぼ倍増させた。4年目となる194期、ここまで2割を少し超える程度だった打率が2割7分近くまで跳ね上がり、本塁打は30本の大台を突破、さらには100打点を達成、打点王に輝くなどブレイクした。今後この調子を維持できれば、怖いバッターとなるだろう。
191 .211 114 20 59 1
192 .204 111 21 60 2
193 .203 102 12 51 1
194 .267 143 34 109 4

パワーは既に主軸レベル
(perry) 巧打
長打
走塁
守備
191(大)~オリックス
打力が売りの若手。同期入団の天災地変とは全く同じ打撃タイプで、1年目に残した数字もほとんど同じだった。天災地変とほぼ同等の能力を持つだけに、ブレイク間近か?
191 .200 109 19 51 0
192 .231 123 15 57 3
193 .209 114 15 59 4
193 .238 121 14 48 2

チームで最も打率を残せる元リーディングヒッター
天谷宗一郎 (聡) 巧打
長打
走塁
守備
180~(大)オリックス
首位打者(191)、ベストナイン(187・191)
オリックスが最後に黄金期を築いた頃に在籍していた聡さんの復帰1号選手。実際でも今カープで売り出し中のトップバッターということもあり、将来1・2番を任せられそうな逸材と期待された。3年目からは2番に定着し、安定度の高い打撃ぶりを発揮。しばらくの間小さくまとまっていたが、7年目となる186期にブレイクし、2番を奪取。翌187期からは1番に座り初の3割をマークし、30盗塁突破を果たした。守っても広い守備範囲を持つ外野手として活躍する走攻守に置いて非常にハイレベル。189期は盗塁○習得し2期ぶり30盗塁をマークした。この頃はちょっと成績が頭打ちになってしまっていたものの、12年目191期は大きく巻き返し。打率.332で首位打者を獲得。安打数も199本と、4期ぶりに自身の成績を越えた。15年目194期は再び3割を突破、リーグ3位の打率をマークした。もはや2桁本塁打を打つ力は無いが、同期の同タイプである射命丸と今後も長くチームを引っ張っていってほしい。
180 .247 130 9 42 5 191 .332 199 26 82 28
181 .261 138 11 47 8 192 .293 177 8 43 32
182 .285 167 9 47 8 193 .293 180 8 39 32
183 .279 164 11 46 5 194 .320 190 8 54 28
184 .259 151 9 45 5
185 .254 132 8 58 7
186 .297 181 27 100 17
187 .319 197 23 70 38
188 .275 164 25 62 22
189 .296 183 19 47 30
190 .290 172 20 58 19

ホームラン量産能力が凄い若き主軸打者
ビーン (ビーン) 巧打
長打
走塁
守備
189(高)~オリックス
ベストナイン(191)
パワーで振り回す若手選手。入団時から既に威圧感を持っている逸材で、2年目には33本塁打をマークし、早くも台頭。しかしその後は打率も本塁打も低迷気味だったが、5年目の193期は29本塁打と再び量産態勢に入った。期待された翌194期は19本と一歩後退した感がある。2割そこそこという打率をもう少し上げれば怖い打者になれそうだが…。
189 .164 85 19 58 0
190 .235 125 33 88 0
191 .232 124 25 70 1
192 .200 107 18 73 3
193 .212 112 29 73 0
194 .206 104 19 60 1

超特能習得も裏目に出てしまった感
\射命丸/ (紅下) 巧打
長打
走塁
守備
180(大)~オリックス
ゴールデングラブ(191)
足が武器の俊足選手で、早速2年目から4年目にかけ、9番という打順ながらともにチームトップの盗塁数をマーク。4年目まではタイムリーエラー持ちの為、指名打者起用が続いていたが、5年目の184期に除去して足を活かせる外野へコンバート。このシーズンは打撃も良く、シーズン終盤にはついにこれまでの9番から2番打者へと昇格した。その後6・7年目ともに不振に陥り打順も下位へ下がってしまったが、それでも足は健在で7年目には初の30盗塁を記録。そして8年目の187期、打撃好調で3割を記録し、182安打をマークした。12年目の191期にようやく初特能となる闘気を習得したが、その後打撃成績は上がらず。いきなり超特能というのは良くない順序だったか。それでも194期には5期ぶりの3割に到達した。ここから成績を上げられるか。
180 .222 114 5 24 8 191 .272 156 12 66 32
181 .255 130 3 39 16 192 .264 154 13 66 22
182 .215 115 1 28 21 193 .261 151 7 47 22
183 .241 126 6 45 18 194 .302 172 10 55 25
184 .279 143 9 50 14
185 .255 157 4 45 13
186 .250 146 9 45 30
187 .311 182 16 61 32
188 .270 165 11 32 32
189 .308 193 28 87 39
190 .269 167 12 60 25

将来のオリックス打線を担う若手
鄭先豐 (88050) 巧打
長打
走塁
守備
192(大・ド)~オリックス
ドラフト入団した海外ユーザー作成の選手。ビーン・天災地変・猴に続く打撃が特徴の選手で将来の打線の軸になれそうな逸材。3年目ですでに20本近くの本塁打と長打力の片鱗を垣間見せた。
192 .246 127 15 50 2
193 .230 117 11 49 1
194 .246 144 18 61 7

未来の主砲として期待
彪流姜維S (JASON) 巧打
長打
走塁
守備
194(大・転生)~オリックス
かつて大打者の名を欲しいままにしたJASONさんの選手。ルーキーイヤーは振るわなかったがこれからに期待。
194 .217 111 2 30 4

#ref error : ファイルが見つかりません (pitcher.gif)    投手紹介

通算セーブ数を塗り替えれるペースの守護神
[抑] ぐれん (saki) 球威
+
制球
緩急
安定
190(大)~オリックス
最多セーブ(190~192)
入団以来守護神として君臨し続けている若きクローザー。ルーキーイヤーから3期連続セーブ王の記録を持つ。当初はスタミナがチームで一番低い、という理由での抑え起用ではあったが、いきなり25セーブで1年目からセーブ王に。それでも防御率は5点台と内容は悪かったが、年々防御率は良くなる一方で5年目の194期にはついに0点台に。150㌔を超えるチーム一の速球投手で、それに高速スライダーにフォークを交える力で押すピッチング。制球力に不安はあるが、抜群の球威で牛耳るので崩れることが少ない。
190 5.08 0 4 25 33.2 19
191 2.54 1 3 35 39 21
192 2.38 2 2 34 45.1 31
193 1.81 4 1 37 44.2 34
194 0.98 0 0 23 27.2 14

速球とナックルが武器のポスト野球浪人
[先] 山内隆宏 (ナンバ) 球威
制球
緩急
安定
194(大・転生)~オリックス
最速150㌔にナックルを織り交ぜるスタイルの右腕。野球浪人とそっくりのタイプでポストとして期待。
194 3.55 9 6 4 111.2 59

次代の主力リリーバー
[中] 大伴陽介 (神代) 球威
制球
緩急
安定
192(大・転生)~オリックス
神代さんのオリックスでは2代目となる選手。左のアンダーハンドからカットにシンカーと左右の変化球で打ち取るのが身上。2年目には防御率3点台半ばの好成績を残した。3年目は調子が上がらず、チームワーストとなる5点台の防御率を喫する。
192 4.45 2 3 0 83 47
193 3.25 7 4 1 127.1 73
194 5.40 2 6 5 105 53

平均投球回数が落ちてきている安定感高いサブマリン
[先] 千堂瑛里香 (マジカル鞍馬ー) 球威
制球
緩急
安定
177(大・ド)~オリックス
新人王(177)
昔「偽琥珀」いう名でオリックスに在籍していた方の新選手。下手投げから緩急で勝負するタイプ。3年目には早くも先発となったが、まだ能力は整っておらずわずか1勝に終わる屈辱的な成績に。翌シーズン以降、成績は良くなってきており、181期はシーズン10勝に到達。6年目の182期は防御率2点台の好成績をマークした。翌7年目は不調も、8年目184期は負け越しも2度目の防御率2点台。翌シーズンも2点台の防御率で自己最多の13勝を挙げ、どうやら安心して試合を任せられる先発になり、一本立ちを果たした印象。被弾数の多さがこの投手の泣きどころであるが、今は普通のレベルに落ち着いている。シーズン毎の成績変動のムラっ気も無くなり、先発の一人として重要な働きを見せている。189期以降は二桁勝利に防御率3点台前後と高い安定感を誇っているが、シーズンの投球回数が150回程度とここに来てスタミナ面での不安が見られるようになってきている。
177 5.00 5 3 3 99 46 188 5.42 4 13 0 147.2 87
178 4.17 4 6 3 136 71 189 3.33 7 7 0 167.2 106
179 6.25 1 13 0 116.2 68 190 2.71 15 5 0 172.2 95
180 4.75 9 10 0 149.2 81 191 3.28 12 7 0 156.1 94
181 4.56 10 12 0 154 71 192 2.71 10 7 0 166 89
182 2.89 9 5 0 162 93 193 3.35 12 6 0 153 78
183 5.17 6 12 0 151.1 95 194 3.28 10 5 0 151 68
184 2.94 11 13 0 189.2 106
185 2.95 13 9 0 186 113
186 4.00 8 7 0 155.1 104
187 3.42 11 8 0 173.2 103

抑え→先発→中継ぎと様々なポジションで活躍したユーティリティーピッチャー
[中] Ω野球浪人Ω (野球浪人) 球威
制球
緩急
安定
176(大)~194オリックス
前選手はバリバリの主戦投手だったが、突如引退し転生した今度の左腕投手。野球浪人さんなじみのナックルボーラー。ルーキーイヤーはとにかく制球難に泣かされ防御率6点台の惨状だったが、出番が多くチーム最多の12勝と幸運な一面を見せた。翌2年目から4年目まで守護神不在という事情から穴埋め要員として抑えを務めて、5年目は先発ローテへ。3勝・5勝と結果を残せていなかったが、7年目182期にルーキー年以来の12勝、防御率2点台の大活躍。翌183期はさらに成績アップし、一気に主力投手へと成長。特殊能力を未購入時から成績を残せたのは基礎能力が高いのが飛躍できた要因となっている。185期は自己最多の14勝を挙げ、チーム優勝のMVP投手に(チーム内選考の)。189期オフに気迫を取得。16年目の191期からスタミナ面で不安を見せるようになり、192期は規定投球回割れで5勝止まり。翌18年目の193期は中継ぎへと廻ったが、ここで8期ぶりの防御率2点台を記録。194期は自己最高の2点台前半を記録し、ショートイニングならばまだまだ行けるということを証明して見せた。しかしあと2期の契約を残していたが、前選手同様やはりここで力を残しておきながら転生に踏み切ることに。
176 6.16 12 3 1 130 46 187 3.07 11 11 0 187.2 135
177 4.38 0 6 31 39 8 188 3.51 8 9 0 161.2 110
178 8.27 1 7 28 41.1 17 189 4.09 7 12 0 163 96
179 4.53 1 3 20 45.2 24 190 3.33 10 8 0 151.1 106
180 5.46 3 13 0 125.1 57 191 3.79 12 6 0 142.2 83
181 4.93 5 14 0 133.1 65 192 3.61 5 8 0 139.2 74
182 2.92 12 8 0 172.1 100 193 2.83 6 6 3 155.2 82
183 2.41 12 5 0 182.2 125 194 2.13 9 4 6 139.1 97
184 3.86 7 13 0 177 93
185 2.98 14 9 0 175.1 130
186 3.07 11 9 0 182 113 (19) 3.65 148 154 89 1561

リリーフエースとして君臨した左腕は先発でも力を発揮
[先] 蛇魂王Ⅷ (ナーガ) 球威
制球
緩急
安定
181(大・ド)~オリックス
ナーガさん8代目の選手。7代目から1シーズンブランクを置いてから復帰。今度はいつもと違ってスタミナ値が低く、リリーフで勝負。勝ち運を持っており中継ぎはまさに天職とも言える場所だった。若い時期から活躍しており、2年目以降6年目を除き、常に防御率3点台を維持。防御率を初の2点台とした190期で完璧に中継ぎエースとしての立場を確立した。150㌔を超える速球に球種はフォークだけだが、いずれも一級品のレベルで打者はなかなか捉えることが出来ない。長らく中継ぎエースとして君臨していたが、先発が駒不足に陥った193期はさすがに先発へと廻ることに。転向初年はさすがに不慣れなポジションで結果を出せなかったが、翌194期は防御率2点台に12勝としっかりと復調した。
181 4.59 4 7 3 139.1 61 192 2.84 12 5 2 161.2 109
182 3.28 9 5 1 115.1 65 193 4.26 7 12 0 152 81
183 2.40 6 3 9 139 72 194 2.63 12 7 0 171 105
184 3.23 9 2 2 106 70
185 3.98 8 8 2 124 84
186 5.06 9 4 0 110.1 86
187 3.34 9 3 3 126.2 99
188 3.37 12 7 3 139 98
189 3.93 8 6 1 139.2 99
190 2.70 8 1 5 136.2 92
191 2.42 10 3 3 134 86

完投能力が高いのでチームで一番勝ち星を計算できるトルネード
[先] ユウタⅥ (ユウタ) 球威
制球
緩急
安定
182(大)~オリックス
中継ぎエース工場としてチームの投手陣を支えてきた、ユウタさんが7期ぶりに復帰。今度はいつもと違ってコントロールが低く、スタミナが高い先発向きの投手に。入団4年は低迷気味。それでも5年目にはローテーション入りし、自己最高の防御率4.02をマーク。以後4点台の防御率が続いたが、与四球は減り課題だった制球難は克服傾向。防御率は毎期4点台前後ながら、先発転向後5シーズンは勝ち越し無しという今一歩な成績が続いていたが、191期に自己最高の防御率3.07をマークして13勝を挙げ、ようやく先発転向後初の勝ち越しを決めた。トルネード投法にフォークボールピッチャーという野茂を思わせるピッチングスタイルだが、ストレートのほうはややいまいちの持ち味だった。しかし192期には被本塁打を削減。193・194期は200投球回近くを投げる完投能力に長けた投手で、194期は15勝を挙げた。
182 5.79 7 8 1 144.2 77 193 2.64 13 7 0 198 104
183 4.87 13 6 4 125.2 66 194 3.41 15 10 0 197.2 122
184 4.78 8 8 3 135.2 78
185 5.96 8 4 5 119.1 80
186 4.02 6 11 0 165.2 95
187 4.46 6 11 0 169.1 102
188 4.25 10 10 0 171.1 108
189 3.94 4 10 0 169 111
190 4.08 10 10 0 163.1 81
191 3.07 13 5 0 176 108
192 2.76 13 7 0 182.1 110

戦力になるまで時間のかかった苦労人
[先] ミカエル (天使) 球威
制球
緩急
安定
186(高・ド)~194オリックス、195~阪神
新人王(186)
ドラフト入団の、カーブ・フォーク・シンカーと多彩な変化球が持ち味の軟投派ピッチャー。入団当時はストレートの球威不足が響き滅多打ちにされる日々。被本塁打数は非常に多く、防御率はかなりひどいレベルだった。ロングリリーフ可能という便利屋であるがゆえに成績不振に拍車がかかっていたとも言える。そして7年目の192期、防御率3点台前半の好成績でルーキーイヤー以来の二桁12勝。不振の最大の原因だった被本塁打数も普通レベルにまで落ち着いた。8年目の193期は先発へ転向。翌194期に12勝を挙げる好成績。特殊能力を未だ習得していないのは不安が残るが、速球・変化球ともに一線のレベルなのであまり心配は不要か。オリックスには9シーズン在籍し、195期からは阪神へ移籍した。
186 4.47 10 3 6 104.2 40
187 7.06 9 5 4 116 59
188 6.57 8 7 5 122 68
189 5.27 9 9 1 138.1 65
190 4.79 2 8 8 133.1 91
191 4.68 7 12 2 138.1 102
192 3.06 12 7 4 150 98
193 4.43 5 14 0 168.2 108
194 3.28 12 10 0 181.1 100
(9) 4.71 74 75 30 731

2年目にして先発で通用できる投球を見せた期待の右腕
[先] SCARS (御堂筋@新庄) 球威
制球
緩急
安定
193(大・転生)~オリックス
変化球を駆使して打ち取るのが身上の右腕。1年目からいきなり先発を任され6勝16敗とさすがに結果を残すことはできなかったが、翌シーズンは3勝上積みし、防御率も3点台と大幅に良くなった。安定感に不安があるが、徐々に投球を磨いていきたい。
193 6.21 6 16 0 137.2 57
194 3.55 9 14 0 165 90

過去の保存ページログとシーズン回顧

第186回オリックス前半首位快走し前期同様の成績も、ロッテ戦に大きく負け越し2位。しかしCSで雪辱果たし、リーグ優勝出来なかったシーズンでは130期以来56期ぶりの日本一を達成。GT二冠、加茂首位打者、彪流防御率1位とタイトルホルダー多数輩出
第187回オリックス安定した戦いぶりで2期ぶりリーグ制覇。その後日本シリーズで阪神相手に4タテ4戦完封勝利を収め、147期以来40期ぶりリーグ優勝&日本一。しかし前期から一転タイトル獲得者はゼロ
第188回オリックス得失点差は前シーズンと変わらずも投打噛み合わず7期ぶり負け越し。最終年に初40本塁打のGTが引退
第189回オリックス年々悪化している得失点差に先発陣の不調が拍車となり借金14で7期ぶりBクラスに転落
第190回オリックス先発陣が全員2桁到達等、防御率改善で5期ぶりの80勝達成。しかし楽天が驚異的快進撃で106勝挙げ超大差の26差の2位に。新人ぐれんがセーブ王
第191回オリックス投手陣の抜群の安定感光り148期以来の勝率6割超。チーム防御率が3.2以下は144期以来。天谷首位打者、ぐれんが昨期に続いてセーブ王に
第192回オリックス実に103期ぶりにチーム打率が2割5分を切ってしまったが、投手陣の相変わらずの好成績で貯金20の3位。ぐれんが入団以来3期連続セーブ王
第193回オリックス先発の世代交代で投手陣弱体化。4期ぶりのBクラスに転落。打つほうも元気なく2期連続チーム打率2割5分以下に
第194回オリックス投手陣復調で最後まで西武・ロッテと優勝争いし2位。天災地変が打点王に

142期オフにページ容量削減の為、簡略化。回顧付verはこちら
73 75 76 77 78 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110
111 112 113 115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
141 142 143 144 145 146 147 148 149 150
151 152 153 154 155 156 157 158 159 160
161 162 163 164 165 166 167 168 169 170
171 172 173 174 175 176 177 178 179 180
181 182 183 184 185 186 187 188 189 190
191 192 193 194 195 196 197 198 199 200

更新者チェック表(導入:164期)

更新したら下の表に名前を入れてください。複数名前を入れる際は・で区切ればおk
               192 193 194 195 196
トップ トップ成績入力等    聡(野手)・ナンバ(投手) ナンバ(投手)・聡(野手) 聡(野手)・ナンバ(投手)
トップ各選手コメント     ナンバ ナンバ 聡(野手)・ナンバ(投手)
トップ自選手コメント等    神代
年齢・年数          ナンバ
派生 オリックスバファローズ史
レコードブック        ナンバ ナンバ
他球団注目選手      
退団選手名鑑         ナンバ ナンバ
ベストオーダー       ナンバ ナンバ
保存ページ倉庫      
オリックス・バファローズ関連ページ一覧
掲示板 :オリックス板
過去の選手 :オリックス殿堂館退団投手名鑑1 投手2 投手3退団野手名鑑1 野手2 野手3
記録・チーム史 :レコードブックオリックスバファローズ史ポストシーズン結果シーズン別ベストオーダー1(~140) 2(141~)?
etc :オリックス他球団分析&注目選手 過去ページ倉庫 :オリックス・保存ページ倉庫

これまでの観客数 - 本日の観客数 - 前日の観客数 -

(カウンター設置2006/8/20)

    lヽ+
    l::」 /⌒ヽ
    ∥,/ *゚_>゚)  低迷期とはおさらばだぜスキィ…
    ⊂ノ   /つ
     ( ヽノ
      ノ>ノ  ソローリ
     しU