パワパーク@Wiki 第196回ソフトバンク総評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#ref error : ファイルが見つかりません (総評.bmp)


ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。




◎第196回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
196 2 140 75 56 9 7 .572 .255 2.88 3.5 108 165 11
開幕スタートダッシュに成功し、堂々の2位。
チーム勝率を昨期に比べ1割近く上げた要因は、間違いなく投手陣の躍進にある。
平均年齢25歳ながら、先発・中継・抑えと全選手が非常に安定感のあるピッチングを披露。
数期後の投手王国の完成が楽しみだ。
一方で野手陣には振り回し気味のバッターが多くいるため、テコ入れが必要になってくる可能性もある。



☆今期のパ・リーグを振り返る

  • 一位は、埼玉西武。終盤の10連勝でソフトバンクを振り切り優勝。
  • 二位は、我々ソフトバンク。
  • 三位は、千葉ロッテ。絶対的ストッパーの衰えが気になってくる。引退後は低スタミナの投手を抑えに回すのだろうか。
  • 四位は、オリックス。打線が重症か。若き抑えが孤軍奮闘の働き。
  • 五位は、日本ハム。得点率2点台では多少厳しいか。次期スラッガーの育成が今後の鍵になりそう。
  • 六位は、東北楽天。大量FA流出でチーム状況は最悪だが、這い上がる力は持っているはず。





☆プレーオフ展望

2位通過で出場。







☆今期のオールスター

選手名 出場回数 成績
機龍 3回目 .000(0本0点)











☆野手陣総括

  • 196期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 後藤光尊 .257 156 5 44 96 0 26 0
2 エッジ .294 178 4 37 73 2 35 1
3 機龍 .287 160 9 67 68 1 32 1
4 青龍サンデー .248 133 20 66 106 1 8 2
5 麒麟 .250 137 15 65 80 1 9 0
6 ここりこ .241 128 18 63 89 1 12 1
7 多村仁 .230 124 15 58 88 2 12 2
8 DH 海野民子 .226 114 18 53 100 0 9 0
9 レオピカ .251 133 4 28 75 1 22 0
【寸評】
得点効率こそ悪くないものの2,3番以外がほぼ.250前後というのは不味い。
ピーク時にミートBは物足りない。パワーを上げるならミートSが必須である。
★各選手能力はこちらです。





☆投手陣総括

  • 196期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 びーむ 2.18 11 5 0 75 87 9
11 大隣憲司 2.57 12 8 0 120 104 16
12 だれさき 3.21 11 10 0 103 105 16
13 杉内2 3.14 9 8 0 113 91 18
14 アーリー君 2.70 13 8 0 127 122 11
15 島唄*島花 3.50 8 3 2 57 69 13
16 我末 2.90 4 11 4 94 65 10
17 鼈魔人仮面 3.40 7 3 4 57 51 9
18 堂谷 0.33 0 0 27 22 8 0
【寸評】
投手陣はこの若さでチーム防御率2点台。
さらに防御率4点台が1人もいないという安定ぶり。
抑えの堂谷投手はシーズン自責点1という素晴らしいピッチングで球界を代表するストッパーに成長した。
★各選手能力はこちらです。







☆チームWiki

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は他チームと遜色ない人数と思われますが、まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
そろそろwiki非協力者は切っていくので覚悟しておいてくださいね。






  • 最終編集者 : だれさき
  • 編集内容 : 最終成績・パ振り返り・プレーオフ・AS
  • 更新日時: 2008年08月16日 12時30分58秒 :
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -