パワパーク@Wiki 第199回ソフトバンク総評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#ref error : ファイルが見つかりません (総評.bmp)


ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。




◎第199回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
199 3 140 77 57 6 7 .574 .258 2.70 3.3 105 113 11
前半戦は好成績を残したが、後半失速して3位でフィニッシュ。
CSへは進出するもののどうしても勝ちきることが出来ない。
今季は投手防御率が昨年より1点台も減っていたが、逆に打撃成績は昨年より全て大幅に下回っている。
やはり投手成績が良くても打てなきゃ勝てないことが証明された1年であった。
ただここ数年はすっかり暗黒時代を抜け出しAクラス入りがもはや当たり前になってきている。
もちろん優勝も狙っていきたいが、名無しによる衰退はなんとしても防ぎたい。


☆今期のパ・リーグを振り返る

  • 優勝は、西武。本塁打数1位、防御率1位、得点率1位と脅威の存在だ。
  • 二位は、日本ハム。僅差でソフトバンクに競り勝った。打撃がわれわれより上手だった。
  • 三位は、 ソフトバンク 。先発陣は勝ち越しが多く、安定した投手陣が揃った。
  • 四位は、オリックス。打撃陣の調子は良かったが、投手陣のふんばりがきかず。
  • 五位は、楽天 一時期の暗黒時代を抜け出し5位に。
  • 最下位は、ロッテ 昨季の1位から最下位へ大転落。盗塁数は1位だったのだが。





☆プレーオフ展望

3位に入り、初戦は日本ハムと当たる。
第1戦 日本ハム9-8 ソフトバンク
第2戦 日本ハム10-4 ソフトバンク
2敗で初戦敗退。
いずれも8回に逆転を許した。




☆今期のオールスター

選手名 出場回数 成績
未記録。








☆野手陣総括

  • 199期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 エッジ .304 186 8 35 83 1 22 0
2 DH ヘンダーソン .307 175 1 36 91 1 15 0
3 多村仁 .277 158 24 72 88 1 16 0
4 青龍サンデー .248 130 14 58 97 1 12 1
5 機龍 .264 142 6 54 82 1 8 3
6 後藤光尊 .260 144 9 47 74 1 22 0
7 海野民子 .242 127 24 82 100 0 9 0
8 ROSE .205 104 7 39 83 1 5 4
9 麒麟 .202 105 12 43 99 1 4 0
【寸評】
繋ぎの野球が中心のため、得点力、長打力不足は否めない。今後の課題であろう。
失策数11は12球団NO1の数字を残した。今期は最少得点を鉄壁の守備力で守った印象にも見える。
★各選手能力はこちらです。





☆投手陣総括

  • 199期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 杉内2 1.78 14 6 0 131 78 10
11 大隣憲司 2.28 10 11 0 138 116 18
12 アーリー君 2.48 14 5 0 144 97 14
13 だれさき 3.30 13 11 0 128 98 15
14 我末 2.96 12 10 0 128 91 13
15 ドリーム7 4.73 7 8 1 51 55 9
16 上杉克也 2.81 3 1 2 60 39 8
17 島唄*島花 2.65 4 3 3 58 47 4
18 堂谷 1.93 0 2 24 26 18 3
【寸評】
今季は昨季とは見違えるような成績を多く残した投手陣。
先発陣で5人のうち4人が勝ち越した。
中継ぎ陣もそんなに試合を壊すこともなくまとめてくれた。
★各選手能力はこちらです。







☆チームWiki

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は他チームと遜色ない人数と思われますが、まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
そろそろwiki非協力者は切っていくので覚悟しておいてくださいね。






  • 最終編集者 : I.F
  • 編集内容 : 今季のパリーグ総評
  • 更新日時: 2008年09月08日 00時01分38秒 :
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -