パワパーク@Wiki ロッテ他チーム解析(第200回台)

ロッテ他チーム解析

他チームの状況と対戦するときに気を付けるべき投手についてのページ

通算の訪問者 : -
今日の訪問者 : -
昨日の訪問者 : -

第200回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 若手選手が少しずつ成長し始めている。だが戦力とまではいかない選手が多い。
ソフトバンク 総合力はトップクラス。打線は上手く回っていないが投手陣は要注意。
西武 現在2季連続日本一に輝くチーム。だが戦力が衰えてきている。
オリックス 長距離砲が多い。ここ最近は守備や投手も力をつけてきた。
日本ハム 近年Aクラス入りを続ける優勝候補。チームバランスはリーグ1かも知れない。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 ベテランではあるが昨季は防御率2点台キープ。まだまだ侮れない。
ソフトバンク 大隣憲司 制球スタミナは高く変化球も素晴らしい。エース候補。
西武 幻影の詩人 速球に多彩な変化球、さらに超特能を兼ね備える西武の現エース。
オリックス 大伴陽介 安定した能力、成績をもつ選手。
日本ハム コスギⅤ 高い能力に良特能を複数持つ。要注意。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 沖田 先発の中でも基礎能力が低め。直球には注意。
ソフトバンク ドリーム7 あまり能力は低くないが、他選手が強いのでこの選手に絞る。
西武 裸の王様 直球は速いが制球スタミナが低い。
オリックス アンソニー 1年目の投手だが能力が中途半端なため狙い目。
日本ハム Campus 能力は低いというより良い方だがチームの中では狙いやすい。


第202回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 下位からは抜け出せないが徐々に力をつけてるチーム。野手評価は高め。
ソフトバンク 総合力トップ。優勝を狙うには十分な戦力が揃っている。
西武 世代交代の時期。しばらくはBクラスを低迷するだろう。
オリックス かつての常勝球団だった頃の輝きが消えてしまった。復活する日は来るのか。
日本ハム 1,2を争う実力をもつチーム。優勝も近年果たしている。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 岩瀬 多方面へ投げる変化球を正確に投球できる正統派。
ソフトバンク 杉内2 11年目の絶賛ピーク中の選手。通産防御率からみても注意すべき相手。
西武 幻影の詩人 毎期素晴らしい成績を残すエース。キレの良すぎる変化球を中心に三振の山を築く。
オリックス 大伴陽介 今のオリックスの柱。対戦するときはこの選手だけは避けたい。
日本ハム あるしゃーびん 能力、成績良好。wiki活動も積極的な日ハムの中心人物。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 作り直し 能力自体は悪くないが成績が思わしくない。
ソフトバンク 中継ぎ投手 変化一球種に制球が低めと、狙うには十分な投手。
西武 涌井秀章 制球が低く変化も微妙な上、ノビ×持ちという狙いやすそうな名無し投手。
オリックス アンソニー 制球が物足りない感じの能力。キレ×持ちなので変化球に絞っていきたい。
日本ハム 朱色 球速以外能力が低い中継ぎ投手。慎重に攻めていきたい。


第203回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 先発投手陣の力がグンと伸びた。リリーフ側と野手が頑張ればAクラス入りも可能になるだろう。
ソフトバンク 総合力トップ。他球団とは違い中抑力も高く近いうち優勝してもおかしくない。
西武 ベテラン選手が主に球団を引っ張っている。だが昨季は6位と低迷中。
オリックス Bクラスを彷徨い続けている。転機を迎えられるか。
日本ハム リーグ3連覇、昨季は日本一に輝いたNo.1チーム。若手の頑張りも目立ち、穴がない。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 岩瀬 様々な変化球を投げられ、抜群の制球力を持つ選手。
ソフトバンク だれさき ノビのある剛速球に制球力Sは反則的な強さ。
西武 幻影の詩人 能力の劣化は隠せないが自慢の変化球と特能でカバー。成績は衰えを知らない様子。
オリックス 大伴陽介 今のオリックスの柱。対戦するときはこの選手だけは避けたい。
日本ハム あるしゃーびん 能力、成績良好。wiki活動も積極的な日ハムの中心人物。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 利器 威圧感持ちだが変化球があまり良くない。成長次第では良い投手に成りかねないが・・・
ソフトバンク 中継ぎ投手 少しずつ成長してきてはいるが若いということもあり狙われてしまう状態にある。
西武 ts 制球が低くピンチにも弱くなるため比較的点を稼ぎやすそうな投手。
オリックス みー ノビ×が痛そう。変化球も良いとは言えないので狙われる傾向にある。
日本ハム 朱色 制球が低いうえ名無し化してしまったこの選手を狙う他ない。


第204回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 力をつけてきた投手陣を高い守備能力を誇る野手陣がサポートする。打撃力に欠ける。
ソフトバンク MVP選手や成績上位者が多い。若手の踏ん張りで結果は変わる。
西武 主力選手が頑張っていながらも連続6位となった。若手の成長があまり見られない。
オリックス 他球団の衰退もありCS出場を果たし、さらに優勝まで駆け上がった。運も実力の内。
日本ハム 主力がまだ若いので数季の間は優勝候補として名乗りを上げれるだろう。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 岩瀬 昨季は防御率1点台と好成績。今が旬の恐ろしい投手。
ソフトバンク だれさき 完璧なピッチングで勝利に大きく貢献している。
西武 幻影の詩人 衰えを知らない投手。限界を全く知らないと思わせるような成績を残す。
オリックス 大伴陽介 現在のオリックスの不動のエース。常に安定した投球で勝ち星を増やす。
日本ハム あるしゃーびん 昨季最多勝を獲得。今が絶頂期の要警戒投手。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 I.V 1年目の先発型投手。制球が低い。
ソフトバンク おィ!!其処の君 先発の中で唯一狙いやすい投手。
西武 ts 1年目ながらも成績はまずまずといったところ。だが西武の中では一番狙いやすい。
オリックス みー 未キャンプで名無し化。特能からしても狙い目と言えるだろう。
日本ハム 原田巧 試合を有利に進めるチームにとって負け運持ちは痛い。また制球も低く狙われやすい。


第205回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 昨季は遂にAクラス入りを達成。投手力が衰えたが警戒する必要がある。
ソフトバンク 野手投手共にバランスがとてもいい。だが優勝が中々出来ない。
西武 ベテラン選手が抜けてしまったらチームが完全に崩壊してしまいそう。移籍組の力を借りるしかない。
オリックス 急激に力を増してきた。だがwiki管理が出来ていないのが難点。
日本ハム 今季は実力で優勝。選手状況を見る限り選手入れ替えの時期がこのチームにとっての恐怖か。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 セリーグから移籍してきた選手。岩瀬投手との2TOPは強力。
ソフトバンク だれさき エース級投手が複数いる中で輝かしい成績を残す。
西武 コスギⅤ 絶対的エースも歳が目立つので世代交代の時期。負けず劣らずの成績を誇る選手である。
オリックス moemoe 楽天から移籍してきた選手。トップクラスの実力を誇る。
日本ハム あるしゃーびん 日ハムの大黒柱。この選手を崩すのは厳しい。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 宮条 先発の能力として不十分すぎる1年目投手。
ソフトバンク おィ!!其処の君 先発の中でも成績が悪く、チームの唯一の穴ともいえる。
西武 名無し投手。制球も低めで成績も悪い。
オリックス 烏龍茶 制球Bもあるが、変化球の少なさが裏手に出るか。
日本ハム ノームデュー 1年目から制球スタミナBが評価され先発入りするが成績不振。現在の狙い目。


第206回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 バランスの良いチームが出来てきている。若手も増加したが育成環境は良いので暫しの辛抱。
ソフトバンク 実力派の日本ハムを破り遂にリーグ優勝、堂々の日本一に輝いた。今後の傾向に注目。
西武 駆け上がってくる気配はなく、むしろ下がり気味。ベテラン選手がなんとか頑張っている様子。
オリックス 打撃能力に長けた選手が多め。評価は低めだが投手力も十分にある。
日本ハム 波に乗っていた中で主力選手の一部が名無し化。痛手となるか。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 岩瀬 常に防御率2.00前後の成績を残す楽天の大黒柱。
ソフトバンク 大隣憲司 一流選手も手が出ないような変化球を投げる凄腕投手。
西武 コスギⅤ チーム内で唯一勝ち越しの投手。特能も多く要注意である。
オリックス moemoe 投手陣を支えてきた大伴選手の手助けとなる戦力。同時に此方からは脅威。
日本ハム あるしゃーびん 主力として活躍してから常に好成績を残し勝利に貢献している。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 ALIVE 多球種持ちの2年目名無し投手。制球も高いとは言えない。
ソフトバンク おィ!!其処の君 力はつけているものの、成績向上が見られない。
西武 神風 制球の低さが目立つ。出来ればこの選手の登板日に勝ちを狙いにいきたいところ。
オリックス 烏龍茶 この選手しか狙えそうなのが居ない。だが警戒は必要である。
日本ハム ノームデュー 3年目の割りに高水準だが直球が甘い。成長次第ではエース級に?


第207回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 投手陣に大きな穴が出来てしまった。今後空いた穴を埋めることが出来るか。
ソフトバンク 投手の高齢化が目立ち始めたが未だ投手大国として君臨。野手も勿論強い。
西武 野手が不安。育成環境は出来ているので成長を待つしかない。
オリックス 個々の選手能力は非常に高い。wiki管理が出来ていないのが欠点。
日本ハム 投手力は他球団に劣る部分もあるが力強い打撃力で常勝チームとして今に至っている。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 楽天の絶対的エースとも呼べる投手の引退により今後の柱となる投手。
ソフトバンク 大隣憲司 鋭いキレを持つ変化球が脅威。
西武 コスギⅤ 先発で登板するには少し厳しい能力にまで衰えたが実力は衰えず。
オリックス moemoe 選手能力は高くピンチにも強いため点を稼ぐには厳しい相手。
日本ハム あるしゃーびん 衰え始めてはいるが特能などにより好成績を維持し続けている。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 fuck 制球の低い名無し。
ソフトバンク おィ!!其処の君 成績向上が見られない。
西武 神風 チーム状況というのもあるが先発としては不十分な能力。
オリックス 烏龍茶 将来の先発予備軍。成績は伸び悩み気味。
日本ハム 日本代表. 制球は他選手と比べるとかなり低い。直球には注意。


第208回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 期待の出来る移籍選手や新規選手が入団した。だがAクラス入りは厳しくなった。
ソフトバンク 事情があるようだが主砲の移籍は痛手になりそうだ。黄金期の寿命も短くなっている?
西武 確実に力をつけ始めている。各球団の戦力低下に伴いAクラスも狙える地位へ。
オリックス 能力は良いのに空回りの打撃の改善があれば実力優勝も不可能ではない。
日本ハム 長距離打者が勢ぞろいの球団で力強い一発が多い。また先発陣はソフトバンクと同等の実力である。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 全てにおいて最高クラスの能力を誇る投手。
ソフトバンク 大隣憲司 超特能を取得し更なる成績向上を目指している。だれさき投手も要注意。
西武 コスギⅤ 能力劣化が酷くなる時期でも防御率1点台と好成績。その他の面では衰えを隠せずにいる。
オリックス moemoe 今後さらに衰えていく時期だが制球力は抜群。
日本ハム 山本昌 あるしゃーびん投手に並んで脅威の人物。変化球のキレは一流品。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 ゴースト 新規入団選手であり能力は低め。
ソフトバンク ハビース それほど能力は悪くは無いがキレ×がどう影響するかによる。
西武 神風 能力は少しずつ成長してはいるが成績があまり良くない様子。
オリックス 烏龍茶 制球力は中々のものだが成績伸び悩み中。今季振り切れるか。
日本ハム munemitsu 1年目から制球はあるものの、低速球なうえキレ×と厳しい様子。

最終更新日時: 2008年11月22日 10時36分52秒
編集者: 
  • Ganju         (最終更新時期:第208回/更新箇所:第208回)