パワパーク@Wiki 全日本選抜VSブラジル選抜(第7戦)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第7戦


Result


開催地:ブラジル・ボン・レチーロ球場

- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全日本選抜 0 2 3 0 1 1 0 1 0 8
ブラジル選抜 0 0 0 2 0 0 1 0 0 3

投手
  • 全日本選抜:土屋(横浜)→斎藤(千葉経大付)→福島(大阪桐蔭)
  • ブラジル選抜:ワタナベ→シンドウ

本塁打
  • 全日本選抜:前田(常葉菊川)、土屋2(横浜)
  • ブラジル選抜:モリモト

総括

日本選抜が連勝で締めた。第7戦では横浜コンビが活躍。1番の松本が先制点を挙げるなど3二塁打。先発の左腕・土屋は2打席連続の本塁打で3打点。「どうなってるのか、甲子園のときより調子がいい」と松本がいえば、4回途中で降板後、守りに回った土屋は「投手は失格。もうセンター土屋です」。