パワパーク@Wiki 第77回オリックス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:
コメント:

オリックス



正式名はオリックス・バファローズ
昨季は順位が2つ上がって4位になった。
鉄壁の抑え高宮と絶大な破壊力のクリーンアップには定評。
若手が中心のチームになりつつある中で、どこまで順位を伸ばせられるか。やはり先発陣の成長が期待される。

野手紹介


ポジ 選手名 作成者 年齢 コメント
城戸円 杉本工場長 34歳 今期、広島から移籍してきたリードオフマン。13年目にしてミートB・走力A・肩、守備ともにCと能力に安定感のある選手。パワーこそないものの持ち前のミート力でチームの勝利に貢献するだろう。今期からは広い大阪ドームが本拠地になるので、彼女の機動力が存分に生きることだろう。
中川なん ナンバ4 33歳 12年目にしてパワー、ミートともにAのチーム1の主砲。その能力を12分にいかしてホームランやヒットを量産し、大量の打点をたたき出して欲しい。
ハイパー小倉 レッド 24歳 俊足攻守の選手。ようやく守備力が安定してきた。エラーが少なくなったことで失点も防げるだろう。あとは攻撃力。多少のパワー不足だが十分に3割を狙える。今シーズンは3割30盗塁を狙う。若いので数年たてば日本を代表する打者にもなれるかもしれない。
ジョンソン ジョン 35歳 足の速い巧打者。そのうえチャンスにも強く、特に満塁では恐ろしい存在に。
クロサギ 黒崎 25歳 4年目。昨リーグは、一年目より思った成績を残せず。巻き返せるか。
イトケン イトケン 29歳 打撃は、パワーC、ミートCでバランスの取れた能力であり、調子もいい。打撃向上の期待あり。しかし、昨リーグは良い成績が残せていない。しかし、守備面に関しては、肩B,守備B、しかも通算失策たったの3と文句無し。今年の目標は、打撃面だ。
DH 周杰倫.. rto428 22歳 今季入団した新人。前選手のような活躍に期待。
アルク ある 23歳 今年で2年目となるルーキー。昨年は、打率はチーム内でも上位にランクインするほどでチームの勝利に大きく貢献したといえる。これからの成長にも期待できる。
黒詐欺 アカベー 26歳 今年で3年目となる俊足ランナーの選手。ミートもそこそこあるので、俊足で相手チームをかき回すとともに、ヒットの量産も期待できる。



投手紹介


選手名 作成者 年齢 コメント
10 前田公輝 Bill 31歳 そろそろ衰えが見え始めた、どん底時代を支えた14年目のエース。能力バランスは良い。コンスタントに防御率をマークして行けるか。
11 アルクェイド 偽琥珀 26歳 オリックスの命運を握る二枚看板の一人。MAX154km/hのストレートは威力抜群。変化球に関しても二種のスライダーはそれぞれLv5,6とキレも増してきた。特殊能力が増えればさらに活躍が期待できる。今期は昨シーズンを上回る15勝が目標。
12 羽馬ライダー soft 24歳 直球は150キロを越え、変化球はスライダー、カーブ、フォークと切れも中々。その上スタミナも人一倍ある。安定した能力で成績を伸ばす。そしてついに今期は先発の一角を担う。初の先発ローテということもあり、少々不安。入団当時の期待どおりオリックスのエースとなれるか。今後の課題は、コントロールの強化であろう。
13 零崎美織 傍観者 28歳 ストレートが武器。変化球も多彩。
14 ちぇんじあっぷ 栗くん 24歳 直球の速さとチェンジアップの遅さで勝負する。スタミナ・コントロールも高い。
15 impo ipon 22歳 今期から入団した期待の新人。スタミナに若干の不安はあるが三種の変化球と150kmを超えるストレートで勝利の山を築き上げて欲しい。
16 野茂 カメレオン壱 18歳 新規参入の期待の投手。決め球はHスライダー。球速、コントロール、スタミナはまだまだ成長が期待できそう…。
17 DC-2 名無し 29歳 名無しになってしまった。これからの選手だっただけに残念。
18 高宮 ボビー 33歳 16年目の不動の守護神。スライダー、スクリュー、シュート、どれも最高のキレである。


総評

昨季は投打ともに成長し、最下位を脱出。4位になった。
野手・投手ともに中心選手がチームを引っ張っていく。野手陣の打撃の奮起に期待。
野手陣は、走力の高い選手が城戸円・ジョンソンと、2人入ってきた。この2人がカギとなる。
しかし、DNA4・周杰倫.が抜けたのは痛い。若手に期待。
投手陣は、先発の前田公輝・アルクェイドの2枚看板で勝数を稼ぎたい。

野手

得点力の高い上位打線での得点がどれだけ取れるか。安定してきた守備に今は不安は少ない。

投手

先発は前田公輝を中心としてローテーションしていく。なおかつ先発はバランスの良いいい選手ばかりだ。だが問題は中継ぎ陣…。先発がいい働きをしても中継ぎが悪くては試合には勝てない。
なのでこのチームの投手陣は先発・抑えは揃っていても、中継ぎ陣がまだまだだと思う。

前回結果

チーム成績

4位 62勝70敗8分

勝率.469   打率.270   防御率3.75   得点率3.9   本塁打168   盗塁65   失策72

ついに最下位を脱出したオリックス。明らかに生まれ変わった姿が見られた。
注目すべきは、HR数。なんとリーグ1位を記録した。そのほかにも防御率は4.18を大幅に下回る3.75を記録。
投手・野手ともに成長した。
今後の課題は、守備走塁面と安定した先発投手である。
チーム失策数は失策数5位楽天のなんと2倍の72個。盗塁数も西武と並び最下位の65個である。
特に失策数を改善すれば、もっと強いチームになるであろう。
投手陣は、エース核がもう一人ほしいところ。
これらが改善できれば今期は十分優勝を狙えるはずである。

トップ10入り選手紹介

順位 成績 選手名 監督名
打率9位 .310 中川なん ナンバ4
本塁打2位 39本 中川なん ナンバ4
本塁打10位 28本 DNA4 TAKA
打点3位 105点 中川なん ナンバ4
打点10位 81点 クロサギ 黒崎
盗塁8位タイ 18個 ハイパー小倉 レッド
防御率8位 2.87 前田公輝 Bill
勝利数10位 11勝 アルクェイド 偽琥珀
奪三振3位タイ 117個 ちぇんじあっぷ 栗くん
奪三振6位 114個 前田公輝 Bill
奪三振7位タイ 112個 アルクェイド 偽琥珀
セーブ数6位 18個 高宮 ボビー

最終更新者…カメレオン壱(6/14)